2024年5月 5日 (日)

「陰陽師0」晴明と博雅の関係性は良い

このところ「キングダム」や「ゴールデン・カムイ」など原作の映画化作品の主演を務め、大ヒットを連発している山崎賢人さんが安倍晴明を演じているのが、この作品。
上記の作品は非常にアグレッシブなアクションが売りで動的な印象でしたが、本作ではどちらかというと静的で優美なアクションを披露しています。
原作は夢枕獏さんの「陰陽師」シリーズで、タイトルに「0」とあるのは、まだ晴明が陰陽師になる前の学生(がくしょう)の頃を描いているためです。
「陰陽師」シリーズは野村萬斎さん主演で2度映画化されていますが、私はそちらは未見です。
が、原作の方は数冊読んでいます。
「陰陽師」シリーズは夢枕獏さんらしい独特の世界観を持っているのと、もう一つ、安倍晴明と源博雅の深いつながりがシリーズを通して描かれているところが魅力です。
晴明は古今の知恵と呪術に精通していて、それを持って京の街で起こる怪異に向き合います。
そもそも怪異というのは、本作でも触れられる「呪」のように、自分でも気がつかないうちに持ってしまった思い込みによって、歪んでしまった目で世界を見ることにより引き起こされます。
時折、晴明ですら、その歪みに囚われることもあるわけです。
源博雅という男は非常に素直な人間で、そのため騙されることも多いのですが、その素直なものの見方が時として歪みを払ってくれることがあり、それによって何度か晴明は救われています。
このように晴明と博雅の友情は固く結び付けられており、小説でも二人が酒を酌み交わす場面がしばしば描かれています。
映画化するにあたり、この二人の関係性は大事にしてもらいたいと思っていましたが、原作者の夢枕獏さんもかなり関与しているということで、ちゃんと描かれていましたね。
博雅のキャスティングは染谷将太さんで少々意外でしたが、素直で愛すべき彼になっていました。
山崎賢人さんはかなりがっしりしているイメージで合うかな、と思っていたのですが、こちらも静かでありながら揺るぎない晴明にあっていたと思います。
ストーリーとしてもシンプルでありながら「陰陽師」の世界観を捉えていて、かつ先に書いた二人の関係性もしっかりと押さえていたので、よかったですね。
残念だったのは、幻想的な世界を見える形にするVFXで、少々物足りないところがありました。
今回は深層心理の世界なので、舞台としては複雑なものではなくなるのだと思うのですが、もっと幻想的であっても良いかなと思いました。
独特の世界観をもう少し作り上げられたら、より個性的になったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2024年4月27日 (土)

「アイアンクロー」束縛するも、解放するも、家族

タイトルにあるアイアンクローとは、本作の中心となるプロレスのエリック兄弟の父親フリッツ・フォン・エリックの必殺技である。
強靭な握力で相手の頭を握り潰す技だ。
大きな手でがっしりと頭を握られてしまうと、その万力のような力から逃げることは困難になる。
アイアンクローは父親の後を継ぐ息子たちにも引き継がれて象徴的な技となるが、もう一つ兄弟たちを縛り付け、逃れられられない力の暗喩だろう。
フリッツはプロレス団体を立ち上げ、そこで息子たちをスターにしようと目論む。
息子たちは幼い頃よりそう言い聞かされ、自然とその道を歩んでいくことになる。
長男は早逝したため、次男のケビンは自分こそが父親の期待に応えなければいけないと思っている。
そして三男のデビッド、四男のケリーも相次いでプロレス界に飛び込んでくるのだ。
興行として客を呼べると思ったか、父親の関心は華のあるデビッド、ケリーに移っていったため、ケビンは嫉妬に苦しむものの、ストイックに弟たちを支えようとする。
最後に兄弟の中では穏やかな性格でありミュージシャンを目指していたマイクもプロレスを始める。
そして彼ら兄弟たちに次々と不幸が訪れる。
父親のフリッツは息子たちに目標とそれを叶える義務を負わせる。
それらは自身の目標であり、夢なのだが、それと同じ夢を息子たちも持つものであると信じて疑わない。
息子たちにはそれぞれ個性があり、やりたいことも異なるのに、それを認めることができない。
だから義務は負わせるが、彼らの人生に対して責任は負わない。
また母親も同様なところがある。
一見、信心深い愛情のある母親にも見えるのだが、強い信仰心を持っているため、教義的に息子たちを縛る。
息子が隠れてマスターベーションをするシーンがあるが、彼らがそのような点でも非常に抑圧されていることが窺える。
この親たちが兄弟間のトラブルがあった際に助けを求められた時に言う言葉が「兄弟たちで話し合って解決しろ」だ。
父親も母親も子供たちを強く束縛し義務を負わせるが、彼らを救おうとはしない。
息子たちには強い義務が負わされ、そこから逃げられないということが、彼らに不幸な選択肢を取らせたことにつながったのだろう。
三男のデビッドは体調不良を我慢して父親の期待に応えようとしたために突然死。
四男のケリーは、世界王者になったものの交通事故で片足を失い、その鎮痛剤中毒に苦しんだ末に、自殺。
五男のマイクはプロレス試合中の負傷により後遺症を患い、それを苦に自殺。
彼らは両親の強い期待に応えようとしたが、その期待の重さに耐えられなくなったものの、逃げられなかった。
この両親は今の時代の言い方をすればまさに毒親なわけで、そこから彼らは逃げ出せばよかったのに、とも思うが、それをさせなかったのはやはり家族なのだろう。
彼らからすると、家族以外に拠り所となるところはなかった。
そこが全てだった。
だから逃れるのであれば、死しかなかったのだろう。
唯一、兄弟の生き残りとなったのはケビンであった。
彼も両親の束縛に耐え、期待に応えようとしたものの、いつしか期待をかけられる存在ではなくなり、別の苦しみを背負った。
その苦しみの中で、彼が持ち堪えられたのはやはり兄弟たちがあってこそだった。
また彼は兄弟の中で一人、愛する人と結婚し、子供を授かった。
彼には彼だけの家族、居場所ができたため、フリッツと同じ父親として対峙することができたのかもしれない。
人を束縛し苦しめるのも家族なら、苦しみから救い解放してくれるのも家族。
家族というのはかくも濃い。

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

「オッペンハイマー」揺れる

本作の冒頭にプロメテウスの神話の件が語られる。
すなわちプロメテウスは天上から火を奪い、人間に与えた罪により、ゼウスにカウカーソス山に磔になったと。
人はプロメテウスに与えられた火によって文明を発展させたものの、また武器を生み出し争いを続けるようになったのだ。
プロメテウスに与えられた火によって人間は後戻りできない道に踏み出したのだ。
オッペンハイマーはプロメテウスに準える。
彼は核の扉を開けた。
核は夢のエネルギーでもあったが、地球を破滅させることができるパワーでもあった。
核以前と、核以後は異なる世界であり、まさにオッペンハイマーは新世界を生み出したとも言える。
核爆弾はウランやプルトリウムにを爆薬により臨界点を突破させ、核分裂を引き起こすことにより莫大なエネルギーを生み出させる。
核分裂により飛び出した中性子は次々に周囲にも反応を連鎖させて急激にエネルギーを解放するのだ。
これが核爆弾の連鎖反応(チェーンリアクション)なのだが、オッペンハイマーの核爆弾により、米ソによる核開発競争という別のチェーンリアクションも引き起こさせる。
主人公であるオッペンハイマーは本作において常に揺れている。
世界や宇宙の成り立ちを探ろうとする冷静な洞察力を持っていて、周囲の誰よりも先見の明を持っているように見える。
しかし、目先の欲望や名誉に囚われて、馬鹿げた過ちも繰り返す。
戦中は熱心に核爆弾開発を指揮し、しかし広島・長崎への爆弾投下で動揺し、後悔する。
戦後はしばらくは核開発に従事するものの、その後核爆弾反対論へ転向する。
妻を愛し家庭を愛しているものの、ジーンとの関係にも溺れそこから抜けることもできない。
どちらが本当のオッペンハイマーなのか。
彼の主義はどこにあるのか。
彼はずっと揺れている。
彼は揺れ続けたまま、己の行為によって引き起こされた結果(原爆の投下やジーンの自殺)に慄くのだ。
しかし、両方とも彼なのかもしれない。
彼が信望する量子論で、光が波であり粒子でもあるように。
これがこういうものであるという確定さは人を安心させる。
ずっとこのままでいられると思えるからだ。
しかし、ノーラン監督はものが見えたままである確信をいつも揺さぶる。
「ダークナイト」では正義という価値観を揺さぶったし、「TENET」が常に時間が過去から未来へ流れるという前提を揺らがせた。
彼は全てのものの前提を揺さぶるのだ。
クリストファー・ノーランの演出は見事で、特に圧巻だったのが、原爆投下後にオッペンハイマーが研究所で多なったスピーチの場面だ。
彼が演説すると同僚たちは歓喜の叫び声をあげ、互いに肩を抱きながら泣く者も見える。
しかし、それは視点を変えて見てみると、原爆を落とされた広島・長崎の人々が苦しみの叫び声をあげ、悲しみで互いの肩を抱きながら泣いているようにも見えるのだ。
歓喜と悲哀という全く逆の感情をオーバーラップさせている。
原爆を生み出したことの両側面を表した驚異的な演出であり、物事は見えるままだけではないという彼の共通したものの見方を表した象徴的なシーンであったと思う。

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒よ」青春のおしりたんてい

こちらの作品は例によって「おしりたんてい」好きな娘と一緒に鑑賞です。
前作ではシリアーティという好敵手が現れ、なかなかに盛り上がりましたが、本作では初めておしりたんていの過去に触れるお話となります。
本作に登場するゲストは、かつておしりたんていが大学生だった頃、彼をサポートしていたスイセンという相棒。
ずっと音信不通だった彼女は、おしりたんていに仕事を依頼します。
おしりたんていと現在の相棒ブラウンが訪問したハッタンタウンでは、美術品のすり替え事件が発生しており、それを二人とスイセンは捜査し始めます。
スイセンは何か隠し事がある様子ですし、次第に明らかになっていく大企業ビックフラワー財団の秘密・・・。
子供が理解できる程度でそれなりに凝った話にはなっているので、うちの娘も非常に満足したようでした。
私はというと少々物足りなさもあり、途中で睡魔と戦いながら見ていました(なので薄い感想ですみません)。
スイセンの声を演じているのは、仲里依紗さん。
「おしりたんてい」の劇場版はゲストの声には上手い方を持ってきますね(前回は福山雅治さんでした)。
仲さん、上手ですよね。
そういえば、仲さんが世間で注目を浴びたのは、「時をかける少女」での主人公の声からでしたね。

| | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

「アーガイル」芸達者によるトリック

「キングスマン」のマシュー・ヴォーン監督の新作のスパイ映画ということで期待して行ってきました。
スパイ映画というのは、どんでん返しつきものだったりしますが、本作について二転三転どころか五転六転くらいしているんじゃないかという感じですね。
まさにジェットコースターに乗せられて、いいようにストーリーに振り回されている感じがしました。
主人公はスパイ小説でヒットを出し、注目を浴びている女性作家エリー。
しかし彼女は自身が書いた小説が、現実の出来事を反映し過ぎているということで、謎の男たちに狙われてしまいます。
そのピンチから救い出したのが、エイダンというスパイの男。
この男は果たして本当に味方なのか、そしてなぜエリーは命を狙われなければならないのか・・・。
エリーを演じるのはブライス・ダラス・ハワードで、いい具合なおばさんとなっています(これがまたどんでん返しに繋がる・・・)。
そして彼女を救うエイダンを演じるのが、サム・ロックウェルで彼もまたいい具合。
というのも、彼が演じるエイダンは凄腕のスパイということなのですが、見かけがそういうふうに見えない。
凄腕のスパイというと、どうしてもジェームズ・ボンドかイーサン・ハントのような完璧な男のイメージがありますものね。
実際、エリーが書いている小説の主人公がイメージとして劇中でも登場しますが、それを演じるのはヘンリー・カヴィルでまさに「スーパーマン」。
エイダンが本当に凄腕なのか、そもそも味方なのか敵なのか、この辺りがどうにも掴みきれない。
よくミステリーなど見ていても、この配役だとこういうキャラじゃないかと類推することがありますが、サム・ロックウェルだとこの辺りがどうとでもなるので、予断を許しません。
これはブライス・ダラス・ハワードについても同じで、彼女の演技の幅の広さこそが、一つのトリックとなっているのです。
全く展開を予想することができず、まさに乗せられながら最後まで見ることができるという点で、最高のエンターテイメント作品であると思いました。
マシュー・ヴォーンというと戦闘シーンを血生臭いアクションとして取るのではなく、ダンスでも撮っているかのように優雅さも漂うようなヴィジュアルで見せてくれるところが印象的です。
本作でもまさにダンスのようなシーンもありますし、驚きのフィギュアスケートを利用したアクションもあり、見せ場を作ってくれています。
この辺は彼らしさを存分に楽しめるところですね。

| | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」生命讃歌

今年の「ドラえもん」劇場版は音楽がテーマ。
宇宙や恐竜などの冒険がテーマになることが多い「ドラえもん」シリーズですが、音楽がテーマというのは珍しい印象です。
わかりやすく冒険が描けるわけではないので、なかなか劇場版としてエンターテイメントと仕上げるのが難しそうだと思いましたが、なかなかどうして非常に楽しめる作品に仕上がっていました。
音楽はとても原始的でありながら、人の生命力が表現される芸術であると思います。
原始的であるというのは、この芸術はとても身体的であるからだと思います。
ただ何かを叩んでリズムを刻むというのも音楽ですから。
今回の作品で最終的にドラえもんたちが戦うのは、宇宙の星々を飲み込んでいくノイズという存在。
ノイズは生命が奏でる音楽(ファーレ)が苦手であり、ドラえもんたちは音楽で立ち向かっていきます。
音楽はまさしく生命の象徴。
ドラえもんたちが音楽を演奏しながらノイズと戦っている時に、地球上の人間たちが日常の営みから奏でられる音が重ねられていきます。
お料理を作るときの包丁の音。
家を建てる時のノコギリの音。
人が、生命が生きている時に奏でる音、音楽が、すべての生命を飲み込もうとするノイズに対抗していくのです。
まさに生命讃歌です。
ドラえもんたちがノイズと戦う時の音楽とその映像表現も見事で、なかなか映像化しにくい音楽をダイナミックに表現できていたと思います。
ストーリーとしても凝ってい益田、
のび太たちは共にノイズと戦うことになるミッカという異星の少女と出会います。
ミッカたちはノイズに滅ぼされた星から宇宙船で逃げ出してきて、地球の近くに長年隠れ住んでいた種族です。
古代にその種族は一族を途絶えさせないために、ミッカの妹を地球に送り込みました。
彼女は古代人とやがて結ばれ、そしてそこから地球にもファーレ(音楽)が根付いていくのです。
そしてその子孫である歌姫ミーナも、のび太やミッカに手を貸すことになります。
連綿と続いていく生命、そして音楽。
これもまた生命讃歌ですね。
「ドラえもん」の映画として見ると、ややドラえもんとその秘密道具の印象は薄く、そこを期待した方からすると少々物足りないところもあるかもしれませんが、いつもと異なる冒険を描こうとする心意気は私としては支持次第です。

| | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

「哀れなるものたち」かくあるべしを超えた存在

独特の世界観であり、エログロ的な描写も躊躇なく盛り込まれているため、個人的には得意なテイストではなかったものの、非常に惹きつけられるところもありました。
主人公のベラは天才的な科学者によって生み出されました。
自殺した女性の体に彼女が宿していた胎児の脳を移植することによって生み出された人造人間なのです。
そのため肉体は成人女性のままでありながら、精神は赤子というチグハグな状態なのがベラなのです。
通常、人は肉体の成長に合わせて精神も成長していきます。
肉体は一つの制約でもあり、その制約により世界は限定されています。
赤ん坊の頃は子供にとっての世界には親しかおらず、そこから成長していくに従い、活動範囲が広がって世界は拡張していきます。
また出来ることということも成長に合わせて可能性が広がっていきます。
出来ることが広がり、世界が広がっていくにつれ、人は精神も成長していくのです。
ある意味、やることが制約されるということで肉体は精神にとって檻とも言えるわけですが、人は成長していきながら肉体と精神が相互に関わりながら徐々に拡張していくわけですね。
ベラの場合はそれが非常にアンバランスになっているのです。
このことがわかってたからか、彼女を生み出した科学者はベラを自身の屋敷に閉じ込めています。
しかし子供らしく世界を見たいという好奇心を持つベラは子供のような肉体的な制約はなく、彼女にとっては我が家を檻と認識していきます。
いくら親代わりの科学者が止めようと、その制止を振り切ることができる肉体を彼女を持っているからです。
彼女の強い好奇心を知り、科学者は彼女を束縛から解き放ちます。
人は肉体的制約があるからか、成長していく過程で、かくあるべきという常識、規範を自然と身につけます。
しかし、ベラはその規範を身につける前に広い世界に漕ぎ出しました。
彼女はそういった制約から自由であり、だからこそその行動は突飛なものと周囲の目には映ります。
なぜならば周囲の人々(特に彼に関わる男性は)こうあるべきという規範・常識に凝り固まったものの見方しかできないからです。
ベラはそういった男たちの常識を超えた行動をとる。
故に彼らは彼女に翻弄されます。
本作はフェミニズムをテーマにした作品と言われますが、フェミニズムに限らず、かくあるべしとした常識にとらわれない個性のありようを語っているように感じました。

| | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

「『鬼滅の刃』 絆の奇跡、そして柱稽古へ」

昨年に引き続き「鬼滅の刃」ワールドツアーとして、「刀鍛冶の里編」の最終話とこれからオンエアされる「柱稽古編」の第一話がセットで公開されました。
「刀鍛冶の里編」は時透無一郎、甘露寺蜜璃の二柱のそれぞれエピソードが描かれつつ、最終話では禰󠄀豆子の進化が描かれました。
最終話の炭治郎の葛藤はまさにジリジリとするようなもので、それもあって禰󠄀豆子の進化には救われた想いを強く感じるものでした。
炭治郎と禰󠄀豆子が互いを大切に思っていることが、伝わってくる締めくくりであったと思います。
私は原作未読のため、「柱稽古編」についてはどのように展開していくのかは知りません。
今回見た第一話はまだ導入といった様子であり、どのようなものになるかはまだわかりませんでした。
「刀鍛冶の里編」では登場していなかった善逸、伊之助も戻ってきている様子で、コメディ的な要素が強めなのかという印象です。
今まで詳しく描かれてこなかった個性ある柱たちにもフォーカスが当たるようで、この辺りは楽しみなところです。

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

「ある閉ざされた雪の山荘で」映像化が難しいとは

原作は東野圭吾さんの初期のミステリーで、映画化は難しいと言われていたようです。
ミステリーでは、クローズドサークルという設定が使われることがあります。
これはある山荘や孤島などで交通が遮断された状況の中で殺人事件が起こるというものです。
外部との出入りができないという状況なので、犯人は必ずその閉じられた環(クローズドサークル)の中にいるわけですので、互いに疑い合うという状況となり、緊迫感が生まれる設定です。
本作はクローズドサークルをベースにしながらも、ユニークな設定となっています。
登場人物は皆、役者である山荘にオーディションとして集められます。
主催者からそこは雪で閉ざされた山荘で、誰も外に出ることができないという設定であると告げられます。
そしてそこで起こる出来事に対して、アドリブで対応し、その演技を審査すると言われるのです。
実際には自由に出入りできるのにも関わらず、想像上でクローズドサークルを作るというユニークなアプローチですね。
ユニークな設定なのですが、本作を見ていて、どうにも緊迫感が出てこないという印象を受けました。
そして、そのワケと、映像化が難しいと言われてきた理由もわかりました。
先ほどあげたユニークな設定は、小説だからこそより面白いものであったのだと思います(原作読んでいないんで、想像ですが)。
雪の山荘であるという設定で演技をする役者たちの様子を小説を読んでいる時、我々の頭の中には雪に囲まれている山荘がイメージされているのか、それとも現実の山荘がイメージされているのか。
それは非常に曖昧じゃないかと思います。
時には雪で囲まれているようでもあり、別の時はそうではない。
そのあやふやな感覚は小説ならではないのでしょうか。
対して映像化作品の場合は、すべてが見えてしまう。
雪で囲まれている山荘と、現実の山荘がオーバラップするという演出はところどころで見られましたが、あまり効いていない。
多くの場面では、現実の山荘の中で、役者たちが演技をしているという「様子」が見えてしまいます。
そのためクローズドサークルならではの緊迫感がどうしても薄れてしまいます。
殺人現場でのヒントとなるアイテムに関しても、割とわかりやすく映像として捉えられているので、不自然さには気づきやすい。
小説だとサラッと触れられているだけだと、感度を上げてないとスルーしてしまうため、あからさまには気づきにくい。
設定にしても、ヒントにしても、あまりに「見えすぎる」ので、小説では気が利いている設定でも映像ではあまり効果的にはなっていない気がしました。
映像化が難しいというと、映像で再現ができないというように捉えられがちですが、本作の場合は映像で再現されすぎることでつまらなくなってしまうという意味で、映像化が難しいと言われたのであったのだろうと思いました。

| | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

「アクアマン/失われた王国」飾れなかった有終の美

前作「アクアマン」が公開された頃、DCのユニバース(DCEU)は方向性を見失っていたように思います。
DCEUはザック・スナイダーが牽引してきていましたが、期待の「ジャスティス・リーグ」などが振るわず、MCUと比べて見劣りする様子がありました。
その中で、「ワンダーウーマン」や前作の「アクアマン」はユニバースとの連携にあまり比重を置かず、独立した作品として見て、充実感のあるものとなっていました。
「アクアマン」は公開時「海中のスター・ウォーズ」とも言われ、派手な戦闘シーンなどが見どころとされ、実際に目を引くようなスペクタクルが展開されました。
よくも悪くもザック・スナイダーは独自のテイストがあり、DCEUはそれに縛られていた感がありましたが、「アクアマン」ではその縛りはほとんど感じなかったように思います。
個人的にはMCUとは違う単体主義の方向性は悪くないと思っていましたが、結果的には再びDCはユニバース化へ舵を切り、ジェームズ・ガンにそれを託すこととなったのです。
その結果、本作「アクアマン/失われた王国」はDCEUの最終作となりました。
最終作として有終の美を飾れたかというと、それはそうではなかったような気がします。
監督はジェームズ・ワンで前作から変わらないのですが、前作ほどの圧倒的な映像の迫力は感じられませんでした。
ストーリーはわかりやすく、典型的なヒーローものの脚本で、無難にまとめられています。
「ワンダーウーマン」「アクアマン」「シャザム!」と単独主義になった頃のDC EUはストーリーもそれぞれにユニークで楽しめたのですが、最近の「ブラックアダム」「シャザム!の続編などもストーリーが陳腐であって、退屈な印象がありました。
本作についても同様の感想を持ちました。
「スーパーヒーロー疲れ」と言われながらも、個人的にはMCUは大きな流れがあり、それが作品それぞれの個性と相まって、惹きつけられるものがあると感じています。
対してDCEUは大きな流れもなく、個々の作品としてのパワーも落ちているため、非常に厳しいと言わざるを得ません。
リブートされる新しいユニバースが、その状況から脱するきっかけになれるのでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧