2022年12月21日 (水)

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」段違いの映像表現

13年ぶりに公開される「アバター」の続編となります。
「アバター」はエポックメイキングな作品で、それまでもあった3DCG表現を1段も2段も超えさせた表現で観客を驚かせました。
当時の私の記事を見返してみると、それまでの3DCGとは異なり奥行き感を表現していたと書いていました。
本作ではさらに進化をしていて、空気感のようなものまでも描写できていたと思います。
本作の舞台は海となり、水中での表現もかなり多くなっているのですが、見事に表現をしていました。
海中は厳密には透明ではなく、非常に細かいプランクトンのようなものも漂っていますし、光の透過も空気中とは異なります。
自分の周りに水があるような空気感(変な表現ですが)を表現できているように思います。
また水中にあるものは水の圧力を受けているわけで、空気中とは違う動き方をします。
水の抵抗感のような質感もリアルに再現されていました。
前作が公開された頃は3Dムービー元年と呼ばれ、「アバター」以外にもかず多くの3D映画が作られました。
しかしその多くは通常のカメラで撮ったものをCGで立体視できるように加工したものが多かったように思います。
そのためか、3Dメガネをかけてみた時も、立体感を感じてもナチュラルさは感じにくかったかと思います。
その不自然さからか、見ていると非常に目が疲れるので、いつしか3Dか2Dかだったら2Dを選んで見るようになりました。
おそらく多くの人もそう思ったので、このところ3D上映はほとんど見かけなくなりました。
本作を見るにあたり、3Dにしようか迷いましたが、キャメロン監督がこだわっているので3Dで鑑賞をしました。
監督が執着しているだけあって、3D表現はまさにリアルで没入感が非常に強かったと思います。
水中のシーンでは先ほどの描写の見事さと3D視のナチュラルさで水の中にいるかと思うほどです。
これならばケチらずIMAX3Dで見ればよかったと思いました。
他の作品との格の違いを見せつけた表現力で、それだけでも一見の価値があるかと思います。
ストーリーについてはどうでしょうか。
3時間越えの作品ではありますが、ストーリーは非常にシンプル。
前作ではアバターの設定や惑星パンドラ、ナヴィの設定などを説明する必要がありましたが、本作ではその必要はありません。
そのためジェイクとその家族周辺の物語にフォーカスされています。
本作はストーリーありきというよりは、見せたいシーンのためにストーリーがあるような気がするほどです。
見せたいシーンであるアクションシーンは非常に見応えがあり、特に後半は息を吐く暇もないほどです。
その分、キャラクターの掘り下げなどは薄く、人物描写にはあまり深みを感じません。
元々キャメロン監督は深い人物描写はあまり得意ではないと思いますので、ある種の割り切りも感じます。
こういう作品でもストーリーとキャラクターも重視したいという方にはあまりお勧めできません。
どちらかというと映画の中に没入して、ナヴィたちと一緒にパンドラに居るという気分で見るのが良いでしょう。

| | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

「ある男」アイデンティティの危機

「アイデンティティ」という言葉があるが、これは自分はこういうものであるという自己認識を意味する。
周囲の何ものにも影響されない確立したアイデンティティを持っている人はいるかもしれないが、多くの人のアイデンティティは帰属意識に関わる。
すなわち、日本人である、誰々の息子である、何々という大学を出ている、など。
大学や会社などは自分で選択はできるが、どこの国の人か、誰の子供であるかなどは自分で選べない属性もある。
本作で窪田正孝さんが演じる谷口大佑(と呼ばれる男)は、殺人を犯した死刑囚の息子であった。
その事実が彼のアイデンティティを非常に不安定なものにしている。
彼が谷口を名乗っていた時期の様子を見るにつけ、彼自身の性格は大人しく、しかし愛情の深い性格のように見える。
しかし、彼は父親が殺人を犯し、そして親と瓜二つの容姿であることから自分の中にも同様の性質があるのではないかということに日々怯えていた。
そのギャップが日々大きくなっていき、彼はアイデンティティの危機(自分が何者かわからなくなる)に陥っていったのだろう。
誰かの息子という事実は普通は変えられない。
追い込まれた彼は、戸籍交換という手段を取るのだ。
自分を一度リセットするために。
谷口の妻に依頼され、彼の出自を追うのが、妻夫木聡さん演じる弁護士の城戸だ。
彼はとても成功している弁護士であり、妻子を持ち、幸せな家庭を築いている。
城戸は谷口の素性を洗っていく中で、次第にそれに惹きつけられるように没頭していく。
実は彼は在日三世であり、日本人に帰化した男であった。
詳しくは語られないが、在日としての苦労は味わってきたのだと思われる。
彼は帰化という手段により、日本人であるという帰属意識を手にいれ、アイデンティティのバランスをとった。
しかし、彼が在日という言葉にあえて無理に反応しないようにしている様子を見るにつけ、彼の奥底では葛藤があるようにも思える。
だからこそ、同じようなアイデンティティの葛藤に苦しんでいた谷口に惹かれたのではないか。
谷口は若い時にアイデンティティの危機に陥ったが、結果的には数年とはいえ、幸せな時間を過ごすことができて、死んでいった。
城戸は日本人となり、誰もが羨むような幸せそうな生活を送っているものの、それが本当の自分ではない、居心地の悪さを感じているのかもしれない。
谷口に対し、城戸は羨みを持っていたのかもしれない。
ラストのバーの場面で、城戸は見知らぬ男に対して、谷口のプロフィールを使い自分のことを紹介していた。
城戸も理想的に暮らしている自分と、内面にある本当の自分の間にあるギャップを感じている。
彼がアイデンティティの危機に向かっていくのではないかという余韻を感じさせる結末であった。

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

「映画 デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!」大人は穢れか、憧れか

6歳になる娘が大好きな「プリキュア」。
現在放映中の「デリシャスパーティ♡プリキュア」の劇場版に、もちろん娘と一緒に行ってきました。
どのくらい娘が好きかというと、七夕の短冊に将来の夢で「ぷりきゅあになりたい」と書くくらいです。
突然ですが、本作はコメコメが主役と言ってもいい。
コメコメとは主人公の和実ゆい=キュアプレシャスのペア妖精です。
「プリキュア」シリーズはお約束として、プリキュアたちをサポートする妖精が登場するのですが、コメコメもそのような立ち位置になります。
大体の作品においてこの妖精はプリキュアをサポートする立場というか、ガイド役のような存在となります(前作のくるるんは何もしなかったです・・・)。
本作でのガイド役はレギュラーで登場しているローズマリーが担っているので、デパプリの妖精たち、特にコメコメはちょっと立ち位置が違うように感じています。
コメコメだけ人間への変身能力を持っていて、当初は赤ちゃん、そして幼児、本作では少女になっています。
コメコメはキュアプレシャスに憧れており、彼女のようになりたいと願っています。
これはこの映画の主題になります。
まさにコメコメの立ち位置は、私の娘のように「プリキュアになりたい」と思っている子供たちそのものなんですよね。
映画独自キャラクターとしてケットシーという登場人物がいます。
ネタバレにはなりますが、彼は幼い頃から天才であり、大人たちに利用されて研究を続けてきました。
彼は大人たちから逃げ出してきた時に、幼い頃の和実ゆいに出会っています。
彼はその後も大人に利用され続け、やがて大人を憎むようになります。
代わりに(幼いゆいに会ったこともあってか)子供の純真さを絶対視するようになります。
そんな彼が子供たちのために作ったのが、ドリーミアというテーマパークで、ここには大人は入ることができません。
子供たちだけのテーマパークなのです。
コメコメはキュアプレシャスに憧れ、彼女の役に立ちたいと思いますが、幼いからか思うようにいきません。
コメコメは早く大人になりたいと願う少女なのです。
そんなコメコメにケットシーは「そのままでいい」と言いますが、それは彼の過去の経験からくる大人への不信が言わせています。
彼に対する大人の扱いは虐待と言ってもいいでしょう。
彼にとって大人は穢れた存在なのでしょう。
それに対し、コメコメにとっては大人は憧れの存在。
大人と言ってもゆいは中学生なのですが、少女にとっては憧れの大人に見えますよね(本作はプリキュアの年齢設定を非常にうまく使っていると思います)。
ゆいはおばあちゃんに「ご飯は笑顔」と言われ、食べること=生きることを大切に素直に育ってきました。
そんな彼女に憧れるコメコメもとても素直な子です。
大人を穢れと見るか、憧れと見るか。
正反対なケットシーの育てられ方、ゆいの育てられ方を見るにつけ、子供たちの周りの大人たちの日頃の接し方が重要であると思いました。
子供たちが少なくとも、こんな大人になりたいという希望を持てるような接し方をしたいと思います。

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

「異動辞令は音楽隊」二重においしい

昭和の鬼刑事を地でいく成瀬は、前時代的な強引な捜査方法のためコンプラ違反で、警察音楽隊に異動させられます。
タイトルにある音楽隊とは、警察音楽隊のことです。
この隊に属するメンバーは当然のことながら警察官で、それぞれ職務を持ちながらも、音楽隊の演奏者でもあり、二足の草鞋を履いています。
本作も音楽を主テーマとしながらも、サブテーマとしては警察の事件を描いていて、そのバランスが非常に巧みで、厚みのあるストーリーとなっています。
おそらく音楽だけをテーマにすると、どこかで見たような作品となってしまったかもしれませんが、サブテーマを織り込むことにより、オリジナリティが出たように感じました。
まず主テーマの音楽についてです。
成瀬は昔の刑事らしく、組織捜査というより、自分の足とカンで操作するタイプです。
時折、現在ではコンプラ的に許されないこともしますが、彼なりに犯罪者を許さないという信念に基づいて行動しています。
ただ現代においては、組織においても、家庭においても彼のような考えは受け入れられにくく、その両方で彼はその立場を失ってしまいます。
人間50歳になって自分の中の価値観を変更しなくてはいけなくなるということは、非常に苦しい物です。
彼はそれぞれの個が最強であれば、その組織は当然最強になるという足し算の考え方です。
しかし、音楽は足し算ではなく、掛け算なのかもしれません。
組織がうまくいっていない状態のことを不協和音と言いますが、これも音楽用語ですよね。
これはそれぞれが1以下のパフォーマンスの時、掛け算でさらに悪くなってしまうことを表していると思います。
一時期の音楽隊もこのような状況であったことも描かれます。
音楽隊の同僚である来島は「音をミスっても周りがカバーすればいいじゃないですか」と言います。
音楽はメンバー皆で作り上げるもの。
次第に成瀬もそこに共感し、今まで感じてなかった充実感を感じるようになります。
そして今までの自分を見直すことができるようになりました。
音楽映画というのは最後に皆の意識が一致して最高の演奏ができたところに見ているものもカタルシスを感じることができます。
本作もまさに王道の音楽映画の展開でした。
もう一つサブテーマの方ですが、こちらは現代を表している特殊詐欺を扱っていました。
老人ばかりを狙う悪質な犯罪は許しがたく、本作のような音楽映画のトーンとはかなり違っているようにも思えましたが、それが本作の個性になっていたと思います。
誰がこの事件の犯人なのか、警察はその犯人を捕まえることはできるのか、それがサブテーマになります。
音楽隊のファンである老婦人がその詐欺の被害者となってしまうということで、主テーマとサブテーマが結び付きます。
終盤で音楽隊のメンバーが警察官として犯人を逮捕するところに警察ものとしてのカタルシスがありました。
本作は音楽ものとして、警察者として二カタルシスを感じられる二重においしい作品であると思います。

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

「アキラとあきら」味わうカタルシス

池井戸潤さんの作品は映像化されていずれもヒットしていますが、本作「アキラとあきら」もその中に加わりますでしょうか。
池井戸さんの作品は読んでいても、見ていても止まらなくなるストーリー展開が共通していますが、やはり最後にカタルシスがあるのですよね。
そこが最も読者・観客を惹きつけるポイントだと思います。
本作においても、全く違う個性の瑛と彬が最初は対立しつつも、お互いに認め合い、最後は協力して難局を乗り越えるという展開が大いにカタルシスを与えてくれます。
ライバル同士が認め合い、協力するという展開は少年漫画によくあるものですが、やはり王道というか見ていても引き込まれるものがありますね。
瑛は幼い頃の経験から、銀行マンになっても情を重んじようとします。
銀行は金を貸し、利益を得るという商売ですが、それ以上にお金を貸すことによって人々の事業が拡大する手助けをして、皆を幸せにしたいと考えています。
業績重視の上司からは甘い、と言われますが、それでも彼はブレない信念を持っています。
方や彬は大企業の御曹司でありながら、一族のしがらみを疎い、銀行に就職します。
すなわち彼は情から、数字だけが物を言う世界に逃げ込んだのです。
そのためか彼は非常に冷徹に見えますが、自分の中にある情を無くしたわけではありません。
違う個性ながらも二人のあきらは、次第にお互いを認め合います。
そして後半に起こる大きな局面に二人は協力して挑みます。
冷徹な数字や戦略だけではなく、情、思いとが結果的には重要となり、関係者の気持ちを動かします。
確かに仕事において精緻な戦略・戦術はもちろん重要ですが、それだけでうまくいくとは限りません。
関わる人の気持ちがそこにうまく向かっていかなければ成功はおぼつきません。
情や思いといった感情的な要素も重要なのです。
この思いというものを描くのが池井戸さんは非常にうまく、それが冒頭に言ったカタルシスにつながっていくのだと思います。

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー」濃いキャラクターたち、楽しめます

前作「機界戦隊ゼンカイジャー」がそれまでのスーパー戦隊シリーズの集大成といった趣でしたが、それを次ぐ「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」はスーパー戦隊のフォーマットをことごとく破り、新しさを全面に出して、可能性を一気に広げている意欲作となっています。
シリーズ当初は見ていて戸惑いもありましたが、キャラクターの濃さ、予期せぬ展開に、次第に病みつきになってしまいました。
その劇場版が本作となります。
通常夏映画は「仮面ライダー」と同時上映で、「スーパー戦隊」は30分弱ぐらいの尺となっており、テレビとほぼ長さは変わりません。
ですので今までは、映画ならではの特別な敵などを登場させるとどうしてもテレビシリーズに比べると慌ただしく、内容としても薄くなりがちでした。
本作はプロデューサー曰く、特別な敵と戦うといった映画ならではの展開は「仮面ライダー」に任せ、前座として賑やかに、あくまで「ドンブラザース」らしさを全面に出すということを狙ったそうです。
それはうまくいっていて、テレビシリーズと同様のはちゃめちゃな展開で楽しく見れました。
「ドンブラザース」の魅力は濃いキャラクターたちと書きましたが、その中でも特別にいい味を出しているのが、メンバーの一人であるオニシスターに変身する鬼頭はるか。
演じるのは志田こはくさんですが、なにしろすごくいい。
ポジションとしてはヒロイン役ではあるのですが、体を張っているというか、若いのに変顔も出し惜しみなく、稀有なコメディエンヌぶりを発揮しています。
今回は映画の中で映画を撮るという劇中劇の体となっていますが、その中での役も通常よりも輪をかけて崩してきてます。
本作はドンモモタロウこと桃井タロウが主役で間違いありませんが、主役を食うほどの存在感は素晴らしい。
男の子向けの「スーパー戦隊」でここまで女性キャラクターが存在感を出しているのは初めてではないでしょうか。
小さい男の子はどう受け取っているのでしょう。
こういうお姉さんは好きそうですけれどね。
最近のスーパー戦隊は脚本がスマートな作品が多い印象があります。
見やすいのは間違い無いのですが、ちょっと物足りない時もあります。
本作を担当しているのは井上敏樹さんで、ベテランだからこその従来からジャンプしたストーリーで毎回意表をつかれます。
はちゃめちゃな展開も「スーパー戦隊」シリーズの面白さでもあるので、そのようなDNAも大事にしていってほしいです。
無茶苦茶やってもストーリーとしては破綻していないのが、さすが大御所な感じです。

| | コメント (0)

2022年7月16日 (土)

「エルヴィス」 境界線上に立つ

「ボヘミアン・ラプソディ」など最近アーティストを主人公とした作品がコンスタントに公開されています。
本作もその一つで、タイトルの通り伝説のロックスター、エルヴィス・プレスリーを主人公とした作品です。
これらの作品は割とストーリーの流れは似通っているところもあります。
才能のある若いアーティストが見出され、世間に衝撃を持って受け入れられて一気にスターダムにのしあがるものの、その後はさまざまなスキャンダル(金や薬やその他諸々)に見舞われ我を見失うが、彼はその困難の中で自分の本質をもう一度再発見するといった流れです。
やはり伝説となるスターは才能だけでなく、そのような波瀾万丈な人生があるからこそ伝説となるわけで、似通った展開となるのは致し方ないところなのかもしれません。
本作を見ていて、もう一つこのようなトップスターとなる人間にはもう一つの特徴があるようにも思いました。
エルヴィスは白人でありながらも幼い頃は貧しかったため、貧しい黒人との交流が多かったようです。
その中で彼は黒人の音楽性に触れ、それを我が身に取り込みました。
彼の音楽はカントリーと黒人音楽のミックスと言われていますが、白人と黒人の境界線に彼は立っており、それだからこそ異なる文化が化学反応を起こし新しい音楽を生み出すことができたのではないかと感じました。
この二つの世界の間に存在しているということが世間にインパクトを与えることができたアーティストの特徴なのではないかと思います。
「ボヘミアン・ラプソディ」で描かれたフレディ・マーキュリーはゲイであり、男と女の境界線上に立っていると言えるような気がします。
この境界線上にいるということは両方に属しているとも言えますが、両方に属していないとも言えます。
だからこそそこには葛藤があり、その人物は不安定さを持つことになると思います。
このような映画で描かれるアーティストは心理的に不安定であり、攻撃的にもなれば臆病にもなるのです。
大概このようなアーティストの不安定さにつけ込む人物が登場しますが、本作の場合はトム・ハンクス演じるパーカー大佐になります。
境界線上に立つことにより、他の人が持ち得ない新しい感性で新しいものを生み出すことはできるものの、その代償として誰にも理解されない孤独感、不安定さを持つのが、このような時代を作るアーティストの特徴なのかもしれません。
エルヴィスを演じたオースティン・バトラーは素晴らしかったです。
若き日から、晩年までを演じきり、見ている側としてはエルヴィスにしか見えませんでした。

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

「映画 クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」 先送りとの戦い

前回に引き続き、5歳の娘と行ってきました。
5歳と言えば、しんちゃんと年齢が一緒ですね。
自分の子供を見ていても思うのですが、子供っぽいおバカなこと(しんちゃんの真似をしてお尻プリプリ〜とかやったりする)もするかと思うと、時折妙にしっかりしたことを言ったりして驚かされます。
改めてしんちゃんのキャラクター設定って、5歳児の生態をうまく捉えているな、と思います。
「クレヨンしんちゃん」は私の子供の頃はまだ始まっていなかったので、子供と一緒に見始める前は見たことがありませんでした。
子供の親になって見てみると、親子の話などはグッとくるものが多いのですよね。
こちらの映画もそうでした。
子供と過ごす日々はかけがえがなくて、親が子供を奪われたならば何があろうと取り戻したい。
そんなひろしとみさえの気持ちに共感しまくりでした。
しんちゃんも家族と過ごす日を大切に思っていて、自分の娘もそう思ってくれていたら嬉しいなとも感じました。
あと、しんちゃんの映画はそのおふざけなトーンの裏に、まじめなテーマが織り込まれていることがあります。
本作で登場する忍者たちは「地球のおへそ」を代々守っています。
そのおへその栓が抜けてしまうと、たちまち地球のエネルギーが放出されてしまい、地球は滅びてしまうからです。
この忍者たちを統べるのが長老です。
彼は地球のおへそを守っているかと思いきや、純金からできている栓から得られる富で私腹を肥やし、地球の将来のことなど全く気にしていないのです。
この長老という人物は現在の社会における指導者たちの姿と重なります。
環境問題を含め、地球が課題を持っていることを知りながら目先の利権ばかりに目を奪われ、問題を未来の子供たちに先送りにしてしまっている。
そういう施政者のメタファーがこの長老なのです。
彼に対して、子供たち、そして彼らの親たちが戦いを挑むのが本作です。
子供にはずっと幸せに暮らしていってほしいと思うのが、親心。
その親心を施政者は忘れているのではないか。
相変わらず「クレヨンしんちゃん」は奥が深いと思った次第です。

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

「映画おしりたんてい シリアーティ」単独公開なのでのびのびと

「映画おしりたんてい」前作は昨年夏に公開されましたが、一年経たずして新作の公開です。
今回、名探偵おしりたんていの相手となるのはシリアーティ教授。
まさにホームズVSモリアーティの構図です。
そしておしりたんていの最大の敵となるシリアーティの声を担当するのが、あの福山雅治!
名探偵ガリレオ=福山雅治が、探偵の好敵手となるとは粋なキャスティングです。
テレビシリーズの「おしりたんてい」は子供向けの謎解きものですが、前作の映画は謎解き要素よりも、子供に向けた「良いお話」という印象が強かったです。
見終わった後の読後感としては、「アンパンマン」や「しまじろう」を見た時の印象に近かったように思います。
しかし、本作はホームズVSモリアーティをモチーフにしているため、追うものと追われるものの対決といった要素が強くなり、ドラマ性が上がっているように感じました。
「良い子向け」に作られたいたような前作よりは、大人としては見ていて面白かったように思います。
元々「おしりたんてい」の映画は「東映まんがまつり」の1コンテンツとして始まっていて、前作も他のコンテンツとの同時上映でしたし、「良い子向け」にせざるを得なかったのかもしれません。
本作は単独の公開になりますので、「おしりたんてい」らしく物語を作ることができたのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021」今、自分にできること

昨年春、公開寸前でコロナの感染がひどくなり延期となってしまった「ドラえもん」の新作映画。
ですので、タイトルは「2022」ではなく「2021」となっています。
今年もまた公開直前にロシアによるウクライナ侵攻という世界的事件が起こり、物語と現実が妙にシンクロナイズしている感じもいたします。
子供時代に「ドラえもん」にハマり、映画も欠かさず見ていましたが、中学生になるくらいには当たり前のように卒業。
前回の作品から再び娘と一緒に観にいくようになりました。
前作である「のび太の新恐竜」も過去作のリメイクでしたが、本作も同様にリメイクです。
しかし、前作が公開されていた時は私はすでに卒業をしていたので、初めて見る物語となります。
「ドラえもん」という作品は子供向けではありますが、人にとってとても大事なことを伝えようとしているところがあります。
私も子供の頃に色々と学びました。
本作では戦争や独裁ということをどう考えるかということがテーマであるかと思います。
冒頭で書いたように今の世界情勢に妙にシンクロしてしまうところですが、独裁というものの危うさ、正しいことを正しいと言えなくなることの不自然さを子供たちにも感じ取ってもらいたいと思います。
それに対抗するために戦え、ということまでは言えません。
ただ本作で登場人物たちが何度か言っていたように「今、自分にできることをやる」という考えは大切だと思います。
現在世界で起こっていることに対し、もちろん義勇兵に参加せよ、などと言うつもりはないのですが、それでも自分ができることは何だろうと考えれるようになってほしい。
人道支援のための寄付をするでもいい。
正しくないことにちゃんとモノを申し、自分ができることをちゃんとやる、そういう小さいけど大切なことはしていってほしいと思いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧