2021年4月 5日 (月)

「映画 ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!」 自分の夢、人の夢

娘がハマっている「プリキュア」シリーズの最新の映画です。
2月まで放映されていた「ヒーリングっど♥プリキュア 」と過去作「Yes!プリキュアGoGo!」のコラボ作品となります。
うちの娘にとっては、私が子供の頃の「ウルトラマン」や「仮面ライダー」のような存在なのですね。
すごく真剣に見ているし、現在オンエア作品だけでなく、過去作にも遡って見ているので、大抵のプリキュアについて説明できます。
私も過去作の「ウルトラマン」や「仮面ライダー」の怪獣・怪人まで暗記していたものなあ・・・。
娘に付き合って「プリキュア」を見ているので、私自身の知識も日々レベルアップ中です。
このシリーズ見ていると感心するのは、本当にちゃんと考え得られて作られているということ。
この辺は最近の「仮面ライダー」シリーズもそうなのですが、大人が見ていても結構メッセージが伝わってくるのですよね。
本作のメインとなるヒーリングっど♥プリキュア 」はビョーゲンズという病原菌から地球を守り癒すプリキュアですが、意図せずコロナ禍でフィクションとリアルがリンクしてしまうという状況になりました。
その中で子供たちへ真摯なメッセージを伝えていたと思います。
映画のテーマは夢・想い。
誰でも将来の夢を持っていたり、誰かのことを大切に想ったりしますよね。
ただそれは簡単には実現できなかったりするもので、諦めずにどれだけ強く想い続けられるか、が大事だったりします。
しかし、強く想い続けることによって、他の誰かの夢を犠牲にしても良いのかという問題も起こります。
今回のプリキュアが対峙する事件の首謀者はただの悪ではなく、事件はその人にとって本当に大事な人への想いがあることによって引き起こされます。
ですので、ただの悪とはいえません。
悪役めいた怪物エゴエゴも登場しますが、彼とて生みの親に認められたいという想いから暴走してしまうわけです。
自分の想いを諦めずに大切にすることは大事。
でも他の人の想いも大切にすることも大事。
どっちがより大切かというのはなかなか難しいことですが、それについてちゃんと考えようというのが、子供たちへのメッセージになるのだと思います。
「プリキュア」にせよ「仮面ライダー」にせよ、子供向けのコンテンツはそれだけで見向きもしない方もいますが、実は結構ちゃんと考えて作られているのですよね。
下手なバラエティ見せるよりは子供たちにとって有意義な感じがしています。
本作には最新作の「トロピカルージュ!プリキュア」のショートムービーも同時上映されます。
この作品は割とはっちゃけて元気一杯のテイストで、こういう色々なことで制約がある世の中で、力を与えてくれる作品になっていく作品になるような気がします。
ショートムービーはすごく短いのですが、キャラクターが縦横無尽に動き回りとても楽しく見れました。

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

「映画しまじろう しまじろうと そらとぶふね」 1年越しでようやく公開

子供と一緒に行ってきました。
最近は映画につれて行っても、ちゃんと座って見れるようになりました。
「しまじろう」の映画は通常春の時期に公開されますが、昨年はまさにコロナの拡大時期と重なり、延期になりました。
およそ1年余り経ったところで、ようやくの公開となりました。
今までは2Dであったり、着ぐるみの実写であったりがごっちゃになっていた形式でしたが、今回の「しまじろう」の映画は初の全編3Dでの作品となっています。
コロナ禍の中での公開ということで、感染対策についても考えられています。
今までは鑑賞の前に配られるメガホン状の入場者プレゼントを使い、子供たちが「しまじろう、がんばれ!」と大きな声をかけるというのが恒例でしたが、こちらは今回は見送り。
その代わり、拍手で応援となっていました。
入場した子供たちもその辺りはちゃんとわかっていて、しまじろうたちが言う通り拍手で応援していましたよ。
ストーリーとしては、大人から見ればたわいもないお話ではありますが、子供としては素直に楽しんでいたようでした。
確実に映画好きになってくれているので、大きくなってもいろんな映画を一緒に見に行ってくれるといいなと思っています。
今週末はおそらく新作の「プリキュア」の映画を一緒に観にいくことになりそうです。

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 ???からの大団円

ようやく「新劇場版エヴァンゲリオン」完結・・・。
長かったですねえ。
鑑賞に先立ち新劇場版を改めて見直すことなく、劇場へ。
・・・無謀でした。
初めにこれまでの新劇場版のおさらいはあるにはあるのですが、あまり親切な作りではないので、結局復習にはなりません。
前半は記憶をさらいながらの鑑賞でかなり大変ではありました。
前半はずっと「???」でした。
鑑賞に行く方はおさらいしてから行くことをお勧めします。
さて新劇場版ですが、本題に行く前にタイトルからの考察を。
新劇場版ではアニメで使用していた「エヴァンゲリオン」という記述ではなく「ヱヴァンゲリヲン」となっています。
なぜこのような旧仮名遣いになっているかはどこにも触れられてはいないのですが、旧劇場版と区別するためというのも一つであるかと思います。
それが今回は元々の「エヴァンゲリオン」となっています。
これに意味があるのか、ないのか。
そしてタイトルにある謎の記号「:||」。
これは楽譜で用いられるリピートを表す記号ということです。
繰り返しということですね。
これは本作を考えるにあたり、非常に意味を持ってきます。
そして最近の庵野作品に多く用いられる「シン」という言葉。
これには「新」「真」などの意味が込められていると言われます。
<ここからネタバレありです>
前にもレビューで書きましたが「破」は個人的に評価が高い作品でした。
テレビシリーズや旧劇場版にあったような内へ内へ向かっていく陰性のベクトルではなく、自分以外の他者とのコミュニケーションを前向きに捉えているように感じたからです。
しかし「Q」では再びディスコミニケーションに陥ってしまい、全てが混沌としてしまいます。
結局またテレビ、旧劇場版のようなカオスに陥っていくのかもしれない、と予感しました。
本作前半は「Q」からの混沌感は引き続いていました。
シンジは相変わらず陰々としているし、アスカはそんなシンジに攻撃的です。
ただそういったネガティブな感情が描かれるだけでなく、レイが村の人々に心を開いていく様や、シンジのかつての同級生であったケンスケやトウジ、ヒカリらが人の逞しさや優しさを感じさせてくれます。
「エヴァンゲリオン」という物語は、自分と他者の関わりをテーマにしていると思います。
碇ゲンドウが目指す人類補完計画とは人々の意識も肉体も全て一つとし、何も誰も失うことのない世界を目指すということであろうかと思います。
本作においては初めてゲンドウが彼の気持ちを彼の言葉で語るシーンがあります。
彼もまた息子であるシンジと同様に、周囲とのコミュニケーションでの違和感を感じていました。
彼の孤独でありたいと価値観を覆したのが、妻であるユイであったのです。
妻を失った彼は、そもそも自分と他者というものが分かれて存在することによる生じる摩擦、失うことによる苦痛を無くすために人類補完計画という考えに至ったのでしょう。
人とのコミュニケーションにおいて悩み、自分が人の間でどうあるべきか、自分の居場所はどこなのかと苦悩するという点では、シンジ=ゲンドウでもあるわけですね。
前作「Q」のレビューではシンジとカヲルも裏表のようだと書きました。
そして本作ではカヲル=ゲンドウであることも示唆されます。
つまりはシンジ=カヲル=ゲンドウであるわけですね。
ある意味カヲルは人との関わりをポジティブに捉えたシンジであり、逆にゲンドウはネガティブに捉えたシンジであるとも言えます。
本作の前半のシンジはいつものようにイジイジとしたネガティブなシンジですが、後半の最終決戦でのシンジには悲壮感はなく、前向きな感情を感じます。
これは「破」で感じたシンジにも通じ、ネガティブな感情に支配されたゲンドウを救おうとする意思すら感じます。
人間は人との関係性を厭う気持ちもありながらも、それを求める気持ちも合わせて持ちます。
それがせめぎ合って生きていると言ってもいいでしょう。
しかし厭う気持ちが強くなっていますと、その人の世界はもしかすると壊れていってしまうかもしれない。
誰しも心の中にシンジ=カヲル=ゲンドウを持っている。
 
あとタイトルのところで触れた「:||」ですが、前述したように繰り返しを意味します。
これは「エヴァンゲリオン」という物語が繰り返されてきたということを意味している、つまりはテレビシリーズ、旧劇場版、新劇場版と何度も繰り返しているということであるかと思います。
テレビシリーズ、旧劇場版は決してハッピーエンドであったかというとそうではなかったかと。
シンジは決して幸せとは言えないかと思います。
本作劇中でカヲルがシンジに向かって「君も成長しているんだね」(大人になっただったかな?)的なことを言っていたと思います。
これはこの作品の中でのシンジのことを言っているのでなく、繰り返されるエヴァンゲリオンの物語の中での成長を意味しているかとも思います。
明らかに新劇場版のシンジは人とのコミュニケーションについては旧作よりも大人になってきている。
本作においてもコミュニケーションを前向きに捉えるエピソードが盛り込まれています(レイのエピソード、ケイスケのエピソードなど)。
ようやく本作でシンジが人とのコミュニケーションに対し前向きに挑めるようになり、そして自分のマイナス面でもあるゲンドウにも向き合えるようになったことで、大人になったと言えると思います。
それによりようやく「エヴァンゲリオン」は物語を閉じることができたのだと思います。
そういう意味での「シン=真」であるのかなと。
ラストでは大人になったシンジとマリが付き合っているような様子が描かれます。
チラリとレイとカヲルが一緒にいるところも映ります。
レイ=ユイであり、カヲル=ゲンドウであるわけですから、彼らも幸せになれたようです。
シンジの相手がレイでないのは、彼女はあくまで母親の写し身であり、シンジは大人になるには母親ではなく、あくまで別の女性と結ばれるべきなのです。
ずっと存在が謎であったマリがいる意味というのもわかりました。
 
見てきた直後に書いているので、少々とっ散らかっていますし、読み違いもあるかもしれません。
とはいえ、長年に渡り続いてきた「エヴァンゲリオン」の物語、納得いく形で完結したと思います。

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

「おとなの事情 スマホをのぞいたら」 日本人の感覚に合うのかな?

とある晩に旧知の7人の男女が集う。
彼らは3組の夫婦と一人の独身男性。
ふとしたことから、彼らは自分のスマートフォンをテーブルの上に置き、受信した電話やメール、SNSを見せ合うことになる。
受信するたびに明らかになる秘密や嘘、沸き起こるお互いへの不信・・・。
ワンシチュエーションドラマはかなり好きなジャンルです。
脚本が良くなければ成り立ちませんし、俳優の演技にも巧みさが求められます。
原作はイタリアで作られた同名の映画で、この作品はそのリメイクとなります(私は未見ですが)。
原作は世界各国でリメイクされているということで、最も多くリメイクされた映画としてギネスにも載っているとか。
ワンシュチュエーションドラマでは次々に明らかになっていく事実から、元々描かれていた人物像が次第に変容していく様が見応えのあるところです。
本作でもそこが見どころではあるのですが、明らかになる真実がいただけません。
不倫、浮気、性的嗜好など人が隠したくなるような赤裸々な事実。
こういう人の秘密を知りたいという人もいるのかもしれないですが、私はあまりそういうことは知りたいとは思いません。
ですので、そういう隠し事が明らかになっていく様子は見ていてちょっと不快であったのです。
原作映画はイタリアの映画ということで、そのような性的なことには寛容なのかもしれないのですが、日本においてはどうでしょうね・・・?
最後は綺麗にまとめてはいましたが、実際の人々であればお互いに心に蟠りが残らないわけがないとも思ってしまいます。
正直、許せないという気持ちになるかなと私は思いました。
その辺の感じ方のずれがこの作品に対して、好きになりきれないことにつながったのかもしれません。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

「映画 えんとつ町のプペル」 同調圧力

「鉄コン筋クリート」などで知られるSTUDIO4℃制作のアニメーション。
元々画作りは丁寧でクオリティが高いプロダクションですが、今回は初の全編3DCGで挑みました。
3DCGアニメでありがちなCGライクなタッチではなく、絵本のような肌触りのある作品でした。
本作を見てもはや3DCGでのリアリティさというのは差別化ポイントではなく、作品のタッチなどが重要になってくる時代になっていると認識を改めてしました。
海外ものでは「スパイダーマン:スパイダーバース」などが独自のタッチを出していましたが、技術レベルが上がってくるとその技術の差ではなく、表現の個性が改めて大切になってくるのだと思います。
 
今年一年を振り返ってみると、コロナ禍という状況において、さまざまな人の習性が見れたようにも思えます。
「自粛警察」なんて言葉も新語・流行語大賞にノミネートされていましたが、同調を強いるようなこともしばしば耳にしました。
色々と考えた上で同調を求めるのであればまだいいのですが、あまり何も考えずに強要することは問題がありますよね。
ある意味それは思考停止状態とも言えるわけです。
先が見通せない状況であるからこそ考えなくてはいけないわけですが、単純に同調するということは、すなわち考えなくていいということなので楽でもあるのです。
本作の舞台となるえんとつ町の人々の多くは勤勉に仕事をして生きている印象を受けます。
彼らの姿からは充実している印象を受け、ささやかながらも幸せに暮らしているように見えます。
ただ一つのタブーは、年中煙に覆われた空の向こうに何があるか、また海の先に何があるか、を問うこと。
主人公のルビッチは父の作ってくれた物語を信じ、空の向こうにある星をいつか見てみたいと思っています。
しかし、そう思うこと自体を周りの人々からは否定され、肩身の狭い思いを感じています。
これはまさに同調圧力ですよね。
真実とは異なるかもしれない、だけど皆がそう言っているからそのように思わなければいけない。
幼馴染であるアントニオはルビッチに対し強く当たりますが、実は彼は一度星を見た事がありました。
けれど、それは「ありえない」ことで自分自身でそれを否定してしまった。
だからこそ、ずっと信じていられるルビッチのことが疎ましかったのだと思います。
アントニオのエピソードは一瞬でしたが、これが本作の一番言いたかったことを集約したものであると感じました。
与えられた常識を疑うことをしない、すなわち思考停止状態に我々は自らを置いてしまう時があります。
けれどそれにより停滞しまったり、先に対して夢を持つこともできなくなってしまう。
無茶かもしれないけれど、考えて、自分が信じることをやってみる。
それが現状を打破することに繋がるかもしれない。
ルビッチの行動が、なんとなく同調をしていた人々の心の奥にあったモヤモヤに光を当てました。
きっかけを与えられ人々は考え始めたのだと思います。
エンディングでルビッチたちは海を渡ろうとしていることがわかります。
その先に何があるかわかりません。
けれど前には進んでいる。
考えて、先に進もうとすることが大事なのですよね。

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

「映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」 キャラの扱いが丁寧で好感

「プリキュア」の映画を生まれて初めて見に行ってきました。
4歳になる娘が「行きたい!」と言ったので。
こちらの映画は現在放映中の「ヒーリングっど♥プリキュア」とその前作「スター⭐︎トゥインクルプリキュア」、前々作「HUGっと!プリキュア」のクロスオーバー作品となっています。
これは「仮面ライダー」の「ライダー大戦」などでもお馴染みの東映が得意な企画なので、個人的には全く違和感はありません。
ちなみに「スター⭐︎トゥインクルプリキュア」は子供に付き合ってほとんど見ていて、思いの外、面白かった印象がありました。
ヒーリングっど♥プリキュア」は所々齧って見ている感じで、「HUGっと!プリキュア」に関しては全く見ていません。
すなわち今回は子供の付き合いで見に行ったわけですが、想像していたよりもストーリーもしっかりしていて大人でも楽しめるしっかりとした作りになっておりました。
同じ1日を何度も繰り返す、という設定は私としては「うる星やつら ビューティフルドリーマー」を思い出してしまうわけですが、年齢を感じさせますね・・・。
「プリキュア」初心者の私ですが、フォーマットとしては女児向け「スーパー戦隊」のようなものでしょうか。
「スーパー戦隊」ではチームの中心に立つのは概ね「レッド」ですが、「プリキュア」はピンクなのですね。
戦隊の方はリーダーとなるレッドについては、毎年いろいろなタイプのキャラクターが登場します。
熱血タイプ、冷静なリーダータイプ、底抜けポジティブタイプなど様々です。
私がちゃんと見ていた「スター⭐︎トゥインクルプリキュア」のピンクはキュアスターこと星奈ひかるですが、彼女は底抜けポジティブタイプでしたね。
彼女は基本的にポジティブで揺るぎがない。
自分が夢見ることが必ず叶うと信じられている。
それが彼女の強さであると見ていて感じていました。
現在放映中のヒーリングっど♥プリキュア」、そして本作の主人公であるのはキュアグレースこと花寺のどか。
彼女は幼い頃病気になってずっと入院していたこともあり、ちょっと自分に対して自信がないようなところがあるように感じていました。
ただずっと周りの人の優しさに支えられてきたこともあり、彼女自身も周りの人々を気遣う心を持っています。
それが彼女の力の源泉になっているのでしょう。
本作には過去のプリキュアたちが登場するものの、同じ日を繰り返させるリフレインという謎の存在により、彼女たちは昼の12時を迎えるとそれまでの記憶を失ってしまいます。
そのため、時の妖精ミラクルンのライトをもらった「ヒープリ」の3人のプリキュアは彼女たちの力だけで、リフレインと戦わなければなりません。
皆を救いたいという強い気持ちはあるものの、何度も負けてしまうキュアグレースは心が折れそうになるものの、それを支えたのがキュアスターの底抜けのポジティブさでした。
単純に過去のキャラクターが登場するお祭り的な映画かと思いきや、キャラクターの性格をしっかりと物語に絡めて、コラボレーションとして丁寧に作ってあることに好感が持てました。
敵となるリフレインにも寂しさがある背景が設定されており、そのあたりの回収も上手にできていると思いました。
ヒーリングっど♥プリキュア」はタイトルの通りテーマは病魔に蝕まれる地球をお手当てすること(キメ台詞は「お大事に」!変身シーンにも白衣を着るようなイメージがありますね)。
放送開始は2月でしたが、その後すぐに世界中がコロナ禍に。
まさに現実世界の地球が病魔に蝕まれている状況で、コロナを「予言」したとも言われていましたね。
ちょっと最近はテレビの方は見ていないので、現実の状況を受け、どのようにストーリーが展開しているのか、映画を見て改めて気になった次第です。
娘が録画しているのを見直そうかな・・・。

| | コメント (0)

「浅田家!」写真のチカラ

いろいろあって鑑賞してから記事を書くのに1ヶ月かかってしまいました。
今回は鑑賞した時のことを思い出しつつ、になってしまいます。
まずは本作を見た時、かなりの部分で泣いてしまったのを思い出します。
数年前ではそんなことにはならなかったかもしれないですが、自分で家族を持ち、子供ができたことが大きいかと思います。
脳腫瘍の子供を持った家族のエピソード。
死が間近に迫っている子供を持つ親御さんの気持ちは如何ばかりか。
自分だったら耐えられない。
主人公であるカメラマンの浅田が撮った写真がこれがまたとてもよく。
幸せそうに眠る子供を両親が挟んで川の字で寝転んでいる姿。
平和な一枚だけど、それはずっと続くものではないというのはわかっている。
それでも子供たちを見て優しく微笑んでいるご両親の顔。
泣けてきました。
あとは、後半の東日本の震災の時の写真を持ち主に返すボランティアのエピソード。
このボランティアは報道か何かで聞いたことがありました。
それに浅田さんも関わっていたのですね。
こちらのメインのエピソードとなる女の子のお話にも涙を流してしまいました。
少女は毎日のように写真を再生しているボランティア現場を訪れて、写真を探します。
自分たちの写真は見つかりましたが、亡くなったお父さんの写真だけが見つからない。
少女はお父さんは自分たちのことが好きでなかったから、写真が出てこないのではないかと言います。
けれどそうではありませんでした。
お父さんは家族の幸せな時を切り取った写真を撮ることに夢中になり、自分の写真は残していなかったのです。
確かにそうだ、と思いました。
私も時折iPhoneで家族の写真を撮りますが、確かに自分の写真はほとんどありません。
子供の笑顔とかそういう瞬間を残したい、とばかり思ってしまうのですよね。
浅田が家族写真を撮りたいと少女の願いをかなえるところも素敵でした。
お父さんはもういない。
だから一緒に写真に写ることはできません。
けれどいつも、お父さんがつけていた腕時計を浅田は腕に巻き、シャッターを切ります。
いつも少女のお父さんがそうしていたように。
少女にとっては、いつものように写真を撮ってくれていたお父さんを感じながら写真に写ることができたのではないでしょうか。
浅田さんが家族のインタビューをしてから、写真の構想を考えるというやり方はとっても素敵だなと感じました。
家族の歴史、思い出、夢、関係性、そして未来が一枚の写真の中に凝縮されています。
まさに一枚の写真のチカラはとてつもないものがあると感じました。
映画を見てから、今まで撮ってきた家族の写真を見返しました。
写真を見るだけでその時の情景が蘇るのですよね。
子供がこんなこと言っていたとか、そういうようなことが。
まさに写真のチカラです。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

「エジソンズ・ゲーム」 ジョブズの姿を見た

原題は「The Current War」で、直訳すると「電流戦争」になりますね。
ここでいう電流とは直流/交流のことです。
乾電池などは直流、家庭に電力会社から送られてきてくるのは交流というのは、学校で習ったことがありますよね。
本作ではエジソンが電球を発明し、その後急速にアメリカに電気が普及している時代における、直流式と交流式の覇権争いを描いています。
まさに電流のデファクト・スタンダードをどちらが取るかという争いです。
皆さんもよく知るトーマス・エジソンが直流派。
そして交流を主張するのが、ジョージ・ウェスティングハウスです。
意外だったのが、本作で描かれるエジソン像です。
エジソンといえば「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」という名言で有名ですよね。
私も子供の頃、偉人伝でエジソンの話を読んで、努力家で高潔なイメージがあったのですが、本作のエジソンは全く違います。
天才であることは間違いありませんが、どちらかと言えば自己中心的で、部下に厳しく、また敵となる相手には非常に攻撃的に当たります。
そして名誉欲・自己顕示欲も高いパフォーマーで、仕事を優先して家庭を顧みない人物。
正直言って一緒にお仕事したくないタイプです。
相手となるウェスティングハウスは終始紳士的で、名誉よりは社会へどれだけ貢献できるかということを考えている人物のように見えました。
電力の普及により、社会が大きく変わろうとしている時代、二つのシステムが大きく覇権を争う様が描かれるのが、この作品です。
鑑賞しながら、本作におけるエジソンをどこかで見たことがあるという既視感を持ち始めました。
よくよく考えて見ると、本作のエジソンは、アップルを創業したスティーブ・ジョブズに非常に似ているなと思いました。
彼もまた自己中心的で、周囲に対して非常に厳しい人物でありました。
そして自己顕示欲も高いパフォーマーでもあったのは、皆さんもよく知っているところです。
彼はパーソナルコンピューターやスマートフォンを発明し、その後の社会のありようを大きく変えたというところが、まさに本作のエジソンのようです。
しかし、パーソナルコンピューターにしてもスマートフォンにしても、彼が作ったMacやiPhoneがデファクト・スタンダードになったわけではありません。
主流になったのは、Windowsであり、Androidであったのです。
交流に負けてしまったエジソンと通じるところがありますよね。
そういえば、ジョブズもアイデアを盗まれたと言ってWindowsを訴えたことがありました。
本作で描かれたのは「電流戦争」ですが、スティーブ・ジョブズのMacとビル・ゲイツのWindowsの覇権争いは「OS戦争」とも言われました。
パーソナルコンピューターの登場、そしてスマートフォンが登場も、社会を変容させる圧倒的なインパクトがありました。
その衝撃度は今を生きる我々は知っているわけですが、電力が普及し始めた時の衝撃はさらに凄いものだったのでしょうね。
時代を作る人物には、それを生み出すだけのエネルギーを生み出すことができるエジソンのようなエキセントリックさが必要なのかもしれません。
そしてまたそれを広く遍く普及させるには、ウェスティングハウスのような粘り強さが必要なのかもしれません。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

「映画 賭けグルイ」 ハイテンション!ハイリアクション!

公開時に気になっていた作品だったのですが、見ていなかったTVシリーズを受けての作品だったようで、鑑賞を断念。
改めてNetflixでテレビシリーズを全て見てからの鑑賞となりました。
本作の舞台となる私立百花王学園は生徒会を頂点としたギャンブルによる階級制度があります。
そこに主人公蛇喰夢子が転向してきます。
彼女は一見古風なお嬢様のようにも見えますが、真性のギャンブル狂で、賭事に挑むときは性格が一変します。
まさに「賭けグルイ」です。
この蛇喰夢子を演じるのが現在売り出し中の浜辺美波さん。
普通の少女から、深窓のお嬢様、そしてちょっとズレたような変わり者まで幅広く演じることができる女優さんですが、本作での振れ幅はかつて無いほどのレベルですね。
ギャンブルをテーマとした作品としては「カイジ」シリーズが思い浮かびます。
そこで主人公カイジを演じる藤原竜也さんの演技も、非常にハイテンションでしたが、その藤原さんにも負けるとも劣らないほどのテンションで浜辺さんは夢子を演じます。
彼女の演技の振れ幅は最近の若手女優の中でNo.1と呼べるものだと思います。
夢子以外のキャラクターに関しても、全てがハイテンション・ハイリアクションの演出で通されています。
漫画にもある表現なのだと思いますが、ショックを受けたときの文字通り「目が点」になる時の表現はまさにその究極。
全編的にコミック的な大仰な演出になっていますが、それがギャンブルという究極の心理戦においてははまっています。
全体のトーンはかなり独特でこれは英勉監督のセンスの賜物でしょう。
映画版で描かれる賭け事は大掛かりなものではなく、カードゲームが主体となり、大掛かりな装置によるギャンブルがメインの「カイジ」と好対照ですが、とは言っても地味ということではありません。
シンプルなカードゲームであるということで、より心理戦にフォーカスされ余計にドキドキさせられます。
浜辺さんに負けず劣らずの振れ幅を見せるのが、テレビではあまり姿を表さなかったキャラクター歩火を演じる福原遥さん。
彼女の演技も見ものでした。
前半と後半は全く異なるキャラクターのよう。
浜辺さんと福原さん、この二人の演技だけでも見る価値はあります。
最後は夢子と生徒会長のバトルになるのかと思いきや、そこまでは至らず。
またテレビシリーズなり、映画があるということでしょうか。
夢子が何者であるかも明らかにされておりません。
今後また彼女たちに会えることを期待したいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

「1917 命をかけた伝令」 超絶技巧の撮影

全編がワンカットで構成された超絶技巧の戦争映画です。
実際はいくつかの長回しを編集したものですが、どこで繋いだのかはなかなかわかるものではないでしょう。
それだけ計算され尽くした撮影だったということです。
通常のカットを重ねていく映画であれば、不都合なところや難しいところは編集でうまく逃れるということができます。
しかし長回しの場合は、演技やカメラの動き、そして天候などのコンディションが合わなかった場合は、それで全てやり直しとなってしまいます。
メイキング映像を見ましたが、前半の延々と続く塹壕でのシーンは模型を作り、俳優とカメラの動きを何度もチェックしたということです。
机上での計算を経て、それを実際のスケールのセットを作り、実際の俳優が要求されるタイミングで演技できるようにリハーサルを重ねます。
非常に根気のいる作業であったと思います。
カメラは俳優たちとともに歩き、時にはカメラマンからワイヤーに、そして自動車に受け渡され、延々と彼らの動きを追っていきます。
ただ単純な長回しでは、観客は退屈してしまいます。
自在なカメラワークがあってこその長回しです。
見ていて驚いたのは戦闘地域の街でのナイトシーンで、闇の中を移動する主人公の周囲に照明弾が次々と上がるシーンでした。
ご存知の通り照明弾は打ち上げれて激しい光を放ち、そしてゆっくりと地上に向かって落ちていくものです。
光源が移動するので、照らされている部分と影の部分も動いていきます。
そしてこの作品は長回しなので、俳優もカメラも動いています。
俳優、カメラ、照明といった画面を構成する全てが動いている。
どれかのタイミングが合わなければ成立しません。
全てを計算し、それを本番でぴったりと再現できたらこそこの表現ができているのです。
長回しは技術的な卓越性を表現するだけのためではいけません。
本作では長回しのカメラが捉えているのは主人公だけです。
基本的にカメラはずっと主人公を追いかけます。
それにより見ている我々も彼と一緒の目線となります。
特に中盤から彼が一人となってからは、彼の焦りと不安をともに感じるようになります。
夜の街の陰から敵が突然現れるかもしれない。
砲撃により吹き飛ばされてしまうかもしれない。
そういった恐怖を感じつつも、進み続ける主人公の強い意思をともに感じることができます。
客観的に描くカメラではできない、臨場感があります。
主観視点のカメラとも違います。
まさに寄り添う視点でのカメラです。
本作は今年のアカデミー賞で撮影賞、視覚効果賞、録音賞を取りましたが、それも納得できる結果だと思いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧