« 「青春18×2 君へと続く道」人生は旅 | トップページ

2024年6月 9日 (日)

「猿の惑星/キングダム」繰り返される所業

リブートされた「猿の惑星」シリーズ3部作に続く、第4作目です。
しかし、前作までの主人公であったシーザーは既に亡くなり、その死から300年が経過しています。
前作でもその予兆があった通り、人間はウイルスに犯され退化して野生化しており、変わって猿たちが地上の覇者となっています。
本作の主人公はノアという名のチンパンジーで、彼の種族は緑豊かな地で平和に暮らしていました。
一方、「キングダム」とタイトルにあるように、シーザーという猿が強権的な王国を築いており、彼は人類が残した遺産(兵器と見られる)を利用し、さらに覇権を広げようとしています。
これまでの3部作では人類VS猿の覇権争いが描かれていましたが、本作では人類の存在は後退し、エイプ同士の戦いが描かれます。
シーザーは人類の善良さも愚かさも知っていた指導者であり、彼はそれを踏まえて平和な世界を築こうとしていましたが、結果的はエイプの中でもかつての人類のような覇権主義の考えを持つ者たちが現れたわけです。
もはや、これは知能というのものは、いずれそのような道を歩まざるを得ないということを表しているのでしょうか。
人類が表舞台を退いても、エイプたちは同じことを繰り返しています。
シーザーがこれを知ったら、どう思ったでしょう?
ノアたち一族がシーザーの王国に移住させられ、強制労働させれられるのはバビロン捕囚のようでもあります。
主人公ノアは、シーザーに比べれば未熟で、猿の王国で自らも同族の仲間たちが虐げられる中、リーダーとして目覚めていきます。
本作はノアの成長譚とも言えるかもしれません。
本作は上記のようなエイプたちの争いが中心に描かれますが、その中で特異な存在がメイという女性で、ノアたちと行動を共にするようになります。
当初は他の人類と同様、退化し言葉を使えないと思われていましたが、実は言葉も操り、かつての人類と同様の高い知能を持っていることが明らかになります。
彼女は彼女の思惑があり、ノアたちと共に行動しており、それがエイプたちの戦いというストーリーに変化を与えています。
彼女の思惑とは何なのか、何のために行動しているのか、というのが、エイプたちとの戦いとは別のもう一方のストーリー上の牽引力となっていると思います。
結果、エンディングでウイルスに侵されていないかつての人類の生き残った子孫たちが存在することが明らかになります。
メイは地球上の各コロニーで生き残った人類たちが、ネットワークで繋がるためのキーを探していたのでした。
人類たちはこれで反撃できる力を得るのでしょうか。
次回作では再び人類とエイプたちの戦いが描かれるのでしょうか。
新展開の期待がされますね。

|

« 「青春18×2 君へと続く道」人生は旅 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「青春18×2 君へと続く道」人生は旅 | トップページ