« 2024年1月 | トップページ

2024年2月12日 (月)

「サイレントラブ」想いを行動で

久しぶりに純愛映画を見たような気がします。
過去に自分が起こした事件のために声を失った青年、蒼。
彼は罪を償った後、清掃員として暮らしていました。
事故で視力を失ってしまった音大生、美夏。
彼女は名家の娘で、ピアニストを目指していました。
彼らは暮らす世界が全く異なりますが、二人の運命が交わり、次第に互いに惹かれていきます。
蒼は自分の思いを美夏に言葉で伝えることはできません。
今の時代はどこでも誰でも繋がることができ、言葉を伝えることができます。
気軽に言葉を発することができます。
そのせいか、言葉自体の重みは軽くなっているような気もします。
蒼は言葉を失い、自分の想いを伝えることはできません。
だから、せめて彼は美夏をただ守ります。
その愛を、言葉ではなく、行動で示します。
美夏は蒼の顔や容姿を見ることはできません。
その声も聞くことはできません。
感じることができるのは、彼女が「神の手」と呼ぶ蒼の手の感触。
昨今、世間の恋愛にはとかく見た目が重要です。
男女を問わず、イケメン、可愛い、といったことを気にします。
しかし、美夏にとっては見た目ではなく、その手から伝わってくることがすべてです。
その手が自分のためにしてくれること、そのことから蒼の愛を感じます。
世の中の全てが自分にとって障害となるように感じた彼女にとって、その手だけが救いなのです。
マッチングなど様々なツールが発展し、人との出会いもより手軽にライトになってきています。
その分、言葉や見た目などがただ消費されるだけで軽くなったようにも思います。
蒼や美夏にはそれがない。
自分の想いを媒介するものがない。
だから、ただ彼らは行動します。
相手への想いを、行動で。
綺麗に飾られたものではなく、荒々しかったり、不器用だったりしますが、だからこそ彼らの想いが、純粋であることが伝わってきます。
彼らの想いが伝わり、最後は救われた気持ちになります。

| | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

「『鬼滅の刃』 絆の奇跡、そして柱稽古へ」

昨年に引き続き「鬼滅の刃」ワールドツアーとして、「刀鍛冶の里編」の最終話とこれからオンエアされる「柱稽古編」の第一話がセットで公開されました。
「刀鍛冶の里編」は時透無一郎、甘露寺蜜璃の二柱のそれぞれエピソードが描かれつつ、最終話では禰󠄀豆子の進化が描かれました。
最終話の炭治郎の葛藤はまさにジリジリとするようなもので、それもあって禰󠄀豆子の進化には救われた想いを強く感じるものでした。
炭治郎と禰󠄀豆子が互いを大切に思っていることが、伝わってくる締めくくりであったと思います。
私は原作未読のため、「柱稽古編」についてはどのように展開していくのかは知りません。
今回見た第一話はまだ導入といった様子であり、どのようなものになるかはまだわかりませんでした。
「刀鍛冶の里編」では登場していなかった善逸、伊之助も戻ってきている様子で、コメディ的な要素が強めなのかという印象です。
今まで詳しく描かれてこなかった個性ある柱たちにもフォーカスが当たるようで、この辺りは楽しみなところです。

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

「ある閉ざされた雪の山荘で」映像化が難しいとは

原作は東野圭吾さんの初期のミステリーで、映画化は難しいと言われていたようです。
ミステリーでは、クローズドサークルという設定が使われることがあります。
これはある山荘や孤島などで交通が遮断された状況の中で殺人事件が起こるというものです。
外部との出入りができないという状況なので、犯人は必ずその閉じられた環(クローズドサークル)の中にいるわけですので、互いに疑い合うという状況となり、緊迫感が生まれる設定です。
本作はクローズドサークルをベースにしながらも、ユニークな設定となっています。
登場人物は皆、役者である山荘にオーディションとして集められます。
主催者からそこは雪で閉ざされた山荘で、誰も外に出ることができないという設定であると告げられます。
そしてそこで起こる出来事に対して、アドリブで対応し、その演技を審査すると言われるのです。
実際には自由に出入りできるのにも関わらず、想像上でクローズドサークルを作るというユニークなアプローチですね。
ユニークな設定なのですが、本作を見ていて、どうにも緊迫感が出てこないという印象を受けました。
そして、そのワケと、映像化が難しいと言われてきた理由もわかりました。
先ほどあげたユニークな設定は、小説だからこそより面白いものであったのだと思います(原作読んでいないんで、想像ですが)。
雪の山荘であるという設定で演技をする役者たちの様子を小説を読んでいる時、我々の頭の中には雪に囲まれている山荘がイメージされているのか、それとも現実の山荘がイメージされているのか。
それは非常に曖昧じゃないかと思います。
時には雪で囲まれているようでもあり、別の時はそうではない。
そのあやふやな感覚は小説ならではないのでしょうか。
対して映像化作品の場合は、すべてが見えてしまう。
雪で囲まれている山荘と、現実の山荘がオーバラップするという演出はところどころで見られましたが、あまり効いていない。
多くの場面では、現実の山荘の中で、役者たちが演技をしているという「様子」が見えてしまいます。
そのためクローズドサークルならではの緊迫感がどうしても薄れてしまいます。
殺人現場でのヒントとなるアイテムに関しても、割とわかりやすく映像として捉えられているので、不自然さには気づきやすい。
小説だとサラッと触れられているだけだと、感度を上げてないとスルーしてしまうため、あからさまには気づきにくい。
設定にしても、ヒントにしても、あまりに「見えすぎる」ので、小説では気が利いている設定でも映像ではあまり効果的にはなっていない気がしました。
映像化が難しいというと、映像で再現ができないというように捉えられがちですが、本作の場合は映像で再現されすぎることでつまらなくなってしまうという意味で、映像化が難しいと言われたのであったのだろうと思いました。

| | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

「アクアマン/失われた王国」飾れなかった有終の美

前作「アクアマン」が公開された頃、DCのユニバース(DCEU)は方向性を見失っていたように思います。
DCEUはザック・スナイダーが牽引してきていましたが、期待の「ジャスティス・リーグ」などが振るわず、MCUと比べて見劣りする様子がありました。
その中で、「ワンダーウーマン」や前作の「アクアマン」はユニバースとの連携にあまり比重を置かず、独立した作品として見て、充実感のあるものとなっていました。
「アクアマン」は公開時「海中のスター・ウォーズ」とも言われ、派手な戦闘シーンなどが見どころとされ、実際に目を引くようなスペクタクルが展開されました。
よくも悪くもザック・スナイダーは独自のテイストがあり、DCEUはそれに縛られていた感がありましたが、「アクアマン」ではその縛りはほとんど感じなかったように思います。
個人的にはMCUとは違う単体主義の方向性は悪くないと思っていましたが、結果的には再びDCはユニバース化へ舵を切り、ジェームズ・ガンにそれを託すこととなったのです。
その結果、本作「アクアマン/失われた王国」はDCEUの最終作となりました。
最終作として有終の美を飾れたかというと、それはそうではなかったような気がします。
監督はジェームズ・ワンで前作から変わらないのですが、前作ほどの圧倒的な映像の迫力は感じられませんでした。
ストーリーはわかりやすく、典型的なヒーローものの脚本で、無難にまとめられています。
「ワンダーウーマン」「アクアマン」「シャザム!」と単独主義になった頃のDC EUはストーリーもそれぞれにユニークで楽しめたのですが、最近の「ブラックアダム」「シャザム!の続編などもストーリーが陳腐であって、退屈な印象がありました。
本作についても同様の感想を持ちました。
「スーパーヒーロー疲れ」と言われながらも、個人的にはMCUは大きな流れがあり、それが作品それぞれの個性と相まって、惹きつけられるものがあると感じています。
対してDCEUは大きな流れもなく、個々の作品としてのパワーも落ちているため、非常に厳しいと言わざるを得ません。
リブートされる新しいユニバースが、その状況から脱するきっかけになれるのでしょうか。

| | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

「ゴールデンカムイ」全編高密度

原作漫画の再現レベルが高いと評判の本作ですが、私自身は原作は読んでないため、純粋に映画の感想となります。
大正時代の北海道を舞台とし、元軍人の杉元とアイヌの娘アシリパがバディとなり、アイヌの隠された金塊を探します。
彼らと北海道独立を企む鶴見が率いる第七師団と、戊辰戦争の生き残り土方歳三らが三つ巴の戦いを繰り広げられます。
ストーリーの展開は非常に早く、見どころが次から次へと展開されるので飽きることはありません。
まず登場するキャラクターたちが非常に魅力的です。
杉元は日露戦争で何発もの銃弾を受けても必ず生還することから「不死身の杉元」と呼ばれています。
そう聞くと殺伐としたキャラクターのように思えますが、時折見せるユーモアや、アシリパと一緒の時には穏やかな表情を見せ、多面的な魅力を感じます。
主人公杉元を演じているのは「キングダム」でもその再現性が高いと言われている”実写化俳優”山崎賢人さん。
「キングダム」でもそうですが、この方は非常に身体能力が高く、アクションの見栄えが素晴らしい。
アクション映えする俳優としては佐藤健さんも挙げられると思いますが、彼のアクションは非常にスマートであるのに対し、山﨑さんの場合は本作でも鍛えられ上げた肉体を披露していますが、肉や骨の感触を感じるような肉弾戦のイメージがあります。
冒頭の戦闘シーンなどは鬼神格やという形相ですが、先ほどあげたような穏やかな表情も見せ、この辺りの振れ幅は山崎さんならでは。
杉元の相棒となるアシリパを演じるのは山田杏奈さん。
この方はあまり知らなかったのですが、役柄に非常にマッチしていたと思います。
アシリパもシリアスな背景を持ちながらも、時に見せる勇敢な凛々しさ、そして歳相応の可愛らしさもあり、山崎さん同様に幅広いキャラクターを体現できていたと思います。
敵役となる鶴見を演じるのは玉木宏さんで、二枚目俳優である彼が、相当にぶっ飛んだ役を演じるのは観ていて新鮮でした。
戦争で頭に傷を負い、興奮すると髄液が流れてくるなんて狂った役、なかなか演じるのも大変そうですが、非常に生き生きとしていたように思います。
登場するキャラクターたちは、漫画的といえば、その通りなのですが、それらをしっかりと血が通っている人物として俳優陣が演じレているところが、実写化映画として評価されているポイントなのでしょう。
あと、実写映画ならではなのが、監督がこだわったという雪深い北海道の風景でしょう。
やはりリアルな風景はCGなどで作られた風景とは全く違う空気感があります。
この空気感により、そこに暮らしていたアイヌたちの息吹を感じることができたように思います。
もちろんアクションシーンも見せどころが多数あり、冒頭の203高地の戦いしかり、ラストのソリでのチェイスしかり、見応えがありました。
かなり密度の高い作品で、上映時間はあっという間に過ぎた感じがします。
これでもまだ原作の漫画で言うと、まだ序盤ということで。
この後の展開が楽しみです。
しかし、「キングダム」と「ゴールデンカムイ」掛け持ちとなると山崎さんはかなりこれからも肉体的にハードそうですね。

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ