« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月28日 (日)

「信虎」歴史オタクによる趣味映画

スルーする予定だったのですが、ネットの記事で三谷幸喜さんが褒めてるらしいことを知り、見に行きました。
信虎とは武田信玄の実父であり、息子に故郷を追われた男です。
今までも大河ドラマなどで登場人物として知ってはいましたが、主人公として描かれるのはあまり聞いたことはありません。
そういう点でも興味が湧きました。
また監督が実績のある金子修介さんでもある点も安心材料でした。
が、正直言って鑑賞するのが苦行のような作品でした。
物語は信虎が息子信玄が死んだことにより武田家の存亡の危機と知り、故郷甲斐へ帰還しようとしたところから始まります。
そこから彼の歩みを追っていく展開となるのですが、粛々と物語が進んでいくため、起伏に欠けます。
本作は歴史研究を趣味とする古美術商の方が共同監督・脚本・編集など多くのポジションで関わっており、そのためかマニアックに細々と様々な人物や歴史的な出来事が詰め込まれていて、脚本も編集も非常に流れが悪い。
普通だったらバッサリ切ってしまうような部分も入っているので、まるで素人の作品を見ているような印象を受けました。
あまり金子監督の手が編集には入っていないのではないか、と思ってしまったりします。
歴史オタク的な人が見ると、こんな人物も出ているとか、こんなトピックにも触れているとか楽しむところがあるのかもしれないですが、一般的な観客にとってはちょっとマニアックな感じもしました。
最終盤では信虎のサイキック(?)な能力なども現れ、これは伝奇ものか?と思ったりもして、ちょっとチグハグな感じも受けました。
結果2時間15分にも及ぶ長尺の苦行となってしまいました。
本作は江戸時代武田家復興に力を貸した柳澤保明が語り手となっており、その息子が聞き手となっています。
その息子は保明の話を聞いてあまりの長さにうたた寝をしてしまうという描写がありましたが、私が唯一共感できたのがこの息子でした。
久しぶりに早く劇場を出たいと思った作品です。
三谷さんがどこを評価したのかが全くよくわかりません。

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

「アイス・ロード」 兄と弟

タイトルにあるアイス・ロードとはカナダで冬の期間のみ利用できる湖上に張った氷の上に作られた道のこと。
この上を大きなトラックが物資を運んで行き交うらしい。
日本に暮らしている身としては、氷の上をトラックで走るなんていうことはかなりおっかない感じがしますが、冬季の間、政府によって管理されているこの道は安全ということです。
極地にほど近い鉱山である日落盤が発生し、何人かが閉じ込められてしまいます。
彼らを救うにはガスを抜くための掘削機を高山まで運ばなければなりませんが、その機械は非常に重量がありヘリなどでは運べません。
唯一の方法は大型トラックでアイス・ロードを走って送り届けること。
しかし時期は春に差し掛かろうとする時期で氷が薄くなってきており、政府はすでにアイス・ロードを閉鎖しています。
さらにはその運搬を妨害しようとする者たちもいて・・・。
70歳も近いというのにアクション映画に次々と出演しているリーアム・ニーソン主演の作品です。
最近の彼のアクション映画は割と大味なものが多く、本作もご多分に漏れません。
大体ストーリーの展開も予想できますし、VFXもややチープな感じも否めませんでした。
とは言いながらも全く楽しめないわけではないので、気軽にアクション映画を楽しみたいのであれば問題ありません。
最近長尺の作品が多い中では、上映時間もコンパクトなので見やすいかと思います。
本作の中で良かったのはリーアム演じる主人公マイクとその弟であるガーティの関係でした。
マイクはドライバーとして、ガーティは整備士としてコンビで運送会社に雇われいます。
しかしガーティ絡みで彼らはしばしば問題をお越し、何度も転職を繰り返しています。
というのもガーティはイラク戦争に出兵し、そのためPTSDを患い、失語症になっており、そのため仕事仲間から馬鹿にされたりすることがあったからでした。
ガーティはPTSDのためちょっとしたことにびくついたりしますが、整備士としての腕は一級品であり、その能力は高いものです。
しかし、病気のために周りの人から軽んじられていたのです。
マイクはそんなガーティを庇い、支えて生きてきました。
ガーティを馬鹿にする者たちへ彼は鉄拳をふるいます。
彼自身は自分は弟のことを完璧に信じていて、支えているという自負があったのだと思います。
しかし、内心では思うようにいかない弟に対し、苛立ちも感じていました。
様々な妨害を受けながらアイス・ロードを爆走する彼らがトラブルを受けスタックしてしまった時、マイクはガーティへの苛立ちを爆発させます。
ガーティがどうしてもマイクの言うことを聞かなかったからでした。
しかし、実際はガーティはウインチが寒さで脆くなっていることに気づいており、無理をすることに危険を感じていたからマイクを止めていたのでした。
それに気づかずマイクが強硬したため、ガーティは瀕死の状態になります。
マイクは考えるより先に拳がでる直情型です。
決断力・行動力はありますが、我を忘れることもあります。
対してガーティは冷静に状況を見る目を持っています。
マイクは常に世話をしているため、いつしか弟を手がかかる者という目で見てしまう様になってしまったのかもしれません。
本来は肉親であるからこそ、弟が持つ本質的な力をきちんと認めてあげなければならなかったのだと思います。
とはいえ、日常的に世話をすることによるストレスでは、なかなかそのようには見れなくなることも事実だと思います。
色々介護の現場でも問題となることもありますが、このような身近な者の間の軋轢みたいなことが描かれるとは意外でした。
マイクが弟が瀕死となった時に、嗚咽するのは、自分の中にある暗部に気づいたからだと思います。
その後息を吹き返したガーティとマイクが力を合わせて、危機を乗り越えていく姿はカタルシスがありますね。
それだからこそ最後はちょっと残念でしたが・・・。
アクション映画としてはそこそこでしたが、個人的には二人の兄弟の関係性にはドラマを感じて見ることができました。

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日)

「エターナルズ」生々しい神々

<ネタバレあります>
MCUに初めて登場する不死の宇宙種族、エターナルズを描く本作で、アカデミー賞を「ノマドランド」で受賞したクロエ・ジャオが監督をしました。
エターナルズとは、宇宙をつくったと言われるセレスティアルズに作られた存在で、地球の人類を文明の黎明期より守ってきました。
彼らはそれぞれが強大な力を持っており、そのため人々からは神のように見えた存在であったのでしょう、彼らを描いた神話が各地に残されました。
そのような力を持っているのにも関わらずサノスに対して何もしなかったのは、彼らはディヴィアンズという人類に脅威を与える邪悪な存在にしか関与が許されていなかったからなのです。
本作は従来のMCUの作品とは大きくテイストが異なります。
エターナルズを神のような存在と書きましたが、本作はまさに神々の叙事詩といったような雰囲気を持っています。
ここでいう神とは、キリスト教のような超越神ではなく(どちらかと言えばこれはセレスティアルズに近いか)、ギリシャ神話に登場する神々のイメージに近いです。
ギリシャ神話の神々は、神と言っても非常に人間くさい。
愛しもするし、憎みもする。
欲深いし、嫉妬もする。
人の良いところと悪いところを極端にしたような存在です。
まさにエターナルズもそのような存在に見えました。
彼らは人を愛し、慈しむ。
そして彼らも悩み、迷う。
初めてMCUの作品でラブシーンが描かれたのも驚きましたが、それも彼らが非常に人間らしいということを印象付けました。
クロエ・ジャオの作品で見たことがあるのは「ノマドランド」だけですが、彼女は人間と自然を対比させて描いているように見えました。
彼女は人間が暮らすこの地球の自然を雄大に印象付けているように見えます。
そのことにより自然がそもそも人を超越している存在であるように感じさせ、そしてその自然との対比により個々の人の存在をより際立たせているように思えたのです。
本作でも彼女がこだわったというロケによる自然の描写が各所に見受けられます。
雄大な自然の前に、スーパーパワーを持ったエターナルズの人間が持つ生々しさが強く印象に残ります。
この生々しさは今までのマーベルのヒーローにはなかったもののように思えました。
そんな生々しさを持ったエターナルズがそもそも生物ではなかった、というのは衝撃的でした。
その事実を知った彼らはそれぞれに悩み、その結果エターナルズ内部でお互いに戦い合うようになります。
これもギリシャ神話を見ているようでありました。
結果、神々の幾人かは滅び、幾人かは生き残ります。
本作はMCUに属するものですが、他作品とのクロスオーバーはほぼありません(もちろん設定は共有されているので地つづきではあります)。
生き残った彼らは次回作でMCUの他メンバーと開講するのでしょうか。
本作を見ていて、湧いてきた疑問が一つ。
セレスティアルズは新たなセレスティアルズを生み出すため、ディヴィアンズに対抗させるためにエターナルズを創造しました。
セレスティアルズは宇宙をつくりだすほど力を持っているわけですから、どの様なものでも作れそうな気がします。
ディヴィアンズに対抗するためであったら、まさにロボットのように人間性を持たない存在をつくっても良かったように思います。
人間性を持ったからこそ、本作で描かれるような顛末が起こったわけですから。
長い宇宙の歴史の中で、このような事態になったのが地球だけというのは不自然です。
他の星でもこの様なことが起こったと思われます。
そうなるとあえてセレスティアルズがエターナルズに人間性を持たせる意味があったのではないか、と思ったのです。
その理由は今のところなんだかわかりません。
次回作などで明らかになることを期待したいです。
とはいえ、ディヴィアンズのような失敗作も作ってしまったセレスティアルズですから、ただの間違い、ということもありえます。
その場合は、セレスティアルズ自体も創造神のような絶対性は持っていないということになるので、その辺の展開も気になります。
さらには「ホワット イフ」に登場した、また一つの超越した存在であるウォッチャーとの関係性も気になるところです。
これも今後の展開で謎が解けることを期待しましょう。

| | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

「劇場版 きのう何食べた?」食事の大切さ

こちらの作品、知り合いがスタッフの一人なのでドラマ版からしっかりと見させていただいていました(知り合いは映画ではちらっと登場もしておりました)。
本作はドラマ版がヒットしたので、その映画化という話はすぐに進んでいたようなのですが、撮影の段になってコロナ禍となり一時制作がストップしていたようです。
無事に公開されて良かったです。
そしてコロナを経たことにより、本作のテーマがより強く感じられるようになったようにも思えました。
本作は「孤独のグルメ」のヒット以降作られている食をテーマにしたドラマの一つに位置付けられると思います。
しかし、その中で描かれている食事は高級料理でもなく、手の凝ったものでもなく、日常食です。
主に調理をするのは主人公の一人シローさんですが、彼が作るのは特売の食材と市販の一般的な調味料を使ったありきたりの料理です。
まさに日常食なのですが、それが本当においしそう。
高級店で食べる料理はもちろんおいしいのですけれど、こういう毎日の食事のおいしさにも幸せを感じますよね。
まさにこの2年近く皆が苦しんできたのは、コロナによって当たり前の日常がなくなってしまったことだと思います。
普段であれば遠くに住む親のところに行って、一緒にご飯を食べたりすることもできました。
けれど、ここ一年ほどは規制もままならない状況です。
大切な人と食事をできないこと、というのがいかにストレスかということを私たちは改めて認識しました。
当たり前すぎる日常の大切さを痛感しました。
主人公のシローとケンジは同性愛者です。
それが世間からどのように思われているかはわかりつつも、お互いにかけがえのない存在だと思っています。
劇場版では(お互い勘違いして)相手が病気で死んでしまうかもしれないと思ってしまいます。
想像してみてください。
本当に大事な人が突然いなくなってしまうかもしれない、ということを。
いかに当たり前の日常が大切であったかというのがわかると思います。
コロナでもたくさんの家族がそのような思いを感じたことでしょう。
私自身も昨年中等症でひと月弱ほど入院しました。
ずっと家族に会えず寂しい想いをしました。
毎日食事をとりますが、一人で食べる病院食は虚しいものでした。
家に帰ってきて、皆で食事をした時、こういう時が大切なのだと改めて思ったのです。
食事は毎日することなので、あまり気にしないこともあります。
けれど、ただ栄養をとるということだけでなく、大切な人と過ごす時間としてとても大切なものなんだと思います。
そのようなことを感じさせてくれる作品だと思いました。

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

「燃えよ剣」 かたち、型、形

「それはかたちが悪いよ」
劇中で主人公土方が度々口にする言葉です。
この「かたち」とは何でしょうか。
かたち、かた、形、型・・・。
「形」は物の形状のことを意味し、「型」はある物の形を作るためのもの、鋳型のようなものを表します。
土方は「かたち」をこの二つの言葉の意味を包含しているような使い方をしているように思いました。
土方は天然理心流の使い手ですが、剣法にも型があります。
その剣法の思想が込められた基本の型。
他のさまざまな武術にも型があります
その基本があるからこそ、あらゆる状況においても戦うことができる。
型がしっかりしていなければ、動きがぶれる。
気持ちもぶれる。
土方の定めた新撰組局中法度も型の一つでしょう。
隊士たちが持つべき基本の心構えを定めたのが、この法度でした。
また土方はこの型を理性的に捉えていたようにも思います。
土方は天然理心流を納めていますが、後は洋式軍隊の必要性も説きます。
旧来の型にこだわりすぎず、それが良いものであれば新しい型も取り入れることができたということなのでしょう。
また土方の言う「かたち」には形の意味もあったように思います。
形とは外見の姿の意味になりますが、その形の持つ美しさも含意します。
「かたちが悪い」と言うのは美しくないという意味も入っているように感じました。
そこには生き様の美しさがあるのか、ということを問うているようにも思います。
土方は将軍領の農民の出身で、侍に憧れ剣を納め、京に登りました。
侍でなかったからこそ、侍らしい生き様にこだわりを持っていたのかもしれません。
自分の初志を貫き通す、そこに彼は美しさを感じていたように思います。
盟友近藤勇が土方から見た時に変節しているように思えた時も、彼は「かたちが悪い」と言います。
江戸から明治へ価値観が大きく変わっていく中で、人々はそのうねりに翻弄され、変わっていきます。
その中で土方は函館の地で死ぬまで初志を貫き通した稀有の人物でした。
土方にとっての「かたち」とは彼が思い描くあるべき姿であり、あるべき生き様であったのかもしれません。
激動の世の中でも、彼の中に芯としてあるぶれないもの、それが「かたち」なのでしょう。
このぶれなさ、潔さが人々が土方に魅力を感じる理由なのかもしれません。

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

「DUNE/砂の惑星(2021)」壮大なプロローグ

デイヴィッド・リンチの「DUNE」が公開されたのは自分が高校生の頃だったと思います。
すでにその頃はSF好きではあったので、「DUNE」の存在は知っていましたが、高校生には独特のセンスを持つデイヴィッド・リンチの敷居は高かった。
品の評判も芳しくなかったため、結局見ずじまいになっていました。
その頃の評価としてはまとまりがないということだったと思いますが、作品のボリュームが多く、「映画化不可能」の作品と言われていたことも後で知りました。
なので「DUNE」というと個性的であり、難解なイメージが自分の中でできてしまいました。
そして今回再び「DUNE」の映画化にトライしたのはドゥニ・ヴィルヌーブです。
監督をドゥニがやることを知った時、私はしっくりとした感じがしました。
書いたように私の中では「DUNE」はSF映画と言っても「スター・ウォーズ」のような万人受けするタイプではなく、よりマニアックで個性的なイメージがあったからです。
ドゥニは今までの作品でも彼独特の映像センスと難解さを持っているように感じていて、それはデイヴィッド・リンチにも通じるように思います。
「複製された男」も「メッセージ」も好きな作品です。
今、SF作品も非常に大衆的な作品が多いですが、これらは非常にハードなSFらしい作品でした。
また、「ブレードランナー」の続編も成功させており、デイヴィッド・リンチよりは一般受けするようなバランス感覚は持っていると思います。
ですので、個人的には非常に期待しておりました。
公開されてしばらく経っていますが、日本での評価はイマイチなようです。
個人的には嫌いではありません。
今までの作品同様にドゥニの乾いたような硬質な映像のテイストは他の監督にはないものであったと思います。
後半で物語が動き始めたところは続きが見てみたいという気持ちを起こさせました。
しかし、如何せん前半が非常に重い。
おそらくここが「DUNE」を「映画化不可能」と言わせているところだと思います。
まず物語の舞台となる世界の状況を観客に理解させるまでに非常にエネルギーを使わなければなりません。
「スター・ウォーズ」などはあの世界の状況をわからなくても、主人公の周りで展開される物語を追っていけば十分楽しめます。
オープニングのタイトルのところで状況説明をさらっとやって済むわけですね。
ですが、本作の場合は主人公自身がこの世界の状況に対して深く関わっていくため、状況がわからないとなかなか主人公の気持ちなどが理解しにくくなってしまいます。
おそらくデイヴィッド・リンチ版はこの辺がまとめきれなかったのではないかと思われます。
本作では物語の破綻は起こっていなかったと思いますが、その分、前半はなかなかストーリーが展開せず非常に重いバランスになってしまっていると思います。
本作は「DUNE」のプロローグで終わってしまったという印象は少なからずあります。
その辺りが低評価につながってしまっているのではないかと思います。
ファストムービーなどと言われているように、長い時間を映画を見ることに耐えられない人が多くなっているのかもしれません。
個人的にはドゥニらしい映像を楽しめましたし、後半の展開は続きを期待させるところもあり、悪くないと思いました。
Part2の製作は決定したということなので、そちらを期待したいと思います。
ドゥニの「DUNE」はPart1だけで判断するのではなく、Part2まで見たところで評価すべきではないかなと思いました。

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

「映画 トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」夢を持つということ

5歳の娘と一緒に行ってきました。
うちの娘は幼稚園で「将来になりたいのはプリキュア」と書くぐらいのプリキュア好き。
ですので、私も日曜の朝は付き合って見ているので、相当詳しくなっています。
現在放映中のプリキュアは「トロピカル〜ジュ!プリキュア」で、タイトルからも伝わってくるように南国のように明るいトーンが特徴です。
昨年の「ヒーリングっど プリキュア」は恐ろしいほどにコロナ禍の状況にシンクロしていましたが、「トロピカル〜ジュ!プリキュア」は世間に蔓延している鬱屈した気持ちを吹き飛ばすように底抜けの明るいのです。
子供たちも親や周りの人々のモヤモヤした気分を察知していて子供なりにストレスを感じていると思う中、好きなテレビを見ているときは明るい気分になれるのはいいですよね。
制作者もそのような意図でこの作品を企画したのではないかと思っています。
「トロピカル〜ジュ!プリキュア」の主人公はキュアサマーこと夏海まなつという中学生の少女。
「トロピカってる?」というのが口癖ですが、これは今とっても楽しい気分でイキイキとしているか、ということを言っているのですね。
まさに今を大切に生きている女の子で、エネルギーに溢れています。
まなつと共にもう一人の主人公とも言うべき存在が、グランオーシャンという人魚の国からやってきたローラという人魚です。
彼女もキュアラメールというプリキュアに変身します。
ローラはまなつと違い自分の将来の夢をしっかりと持っている少女です。
その夢とはグランオーシャンの女王になり、皆を幸せにしたいということ。
ローラ自身は自信家で少々鼻持ちならないところもありますが、彼女の夢に対しての思いは真っ直ぐです。
今回の映画はまなつというよりは、ローラが主役と言ってもいいストーリーとなっています。
彼女たちは不思議な生き物に招待され、雪の国のプリンセスが女王となる戴冠式に向かいます。
そこでローラは雪の国のプリンセス、シャロンに出逢います。
まなつはローラの夢を応援してくれているものの、その夢の大きさを叶えることの大変さ、重さは本当にわかっているかわかりません。
シャロンは同じような大望を持っているという点でローラが共感できる存在でした。
ストーリーは後半大きく動きます。
詳しくは書きませんが、自分の夢を叶えるために他の人を犠牲にして良いか、というテーマに行き着きます。
そしてもし夢に敗れた時、忘れられていってしまうかもしれないという恐ろしさ。
でも本当に忘れられるのではなく、誰かはきっと夢を叶えるための頑張りは見てくれている。
そういう救いも語られます。
うちの娘の将来の夢は今のところプリキュアです。
夢というのは恐ろしい側面もあり、ある種の呪いともなります。
叶えられなくて苦しくなるのだったら、そもそも夢なんて持たない方がいいと考えるかもしれません。
でも夢があるからこそ、「今」という時間が充実したものにもなってきます。
彼女の夢は叶うかどうかわからないけど、夢はずっと持っていってほしい。
そこに行き着こうと頑張る姿をお父さんは見ています。

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

「最後の決闘裁判」 女VS男二人

リドリー・スコットによる「羅生門」とも言うべき作品。
騎士であるジャン・ド・カルージュの妻マルグリットが夫の友人である従騎士ジャック・ル・グリに強姦されたと訴えますが、ル・グリは領主のお気に入りであったことから裁判では無罪となります。
しかし、カルージュは国王に直訴し決闘裁判に持ち込みます。
当時決闘裁判が行われていたのは、神は何が実際にあったことかを全て知っているはずなので、真実を述べる者を勝者とするだろうという考えがあったからです。
「羅生門」スタイルとは関係者それぞれの見方から物語が語られていくというものです。
本作もカルージュ、ル・グレ、そしてマルグリットの視点から物語が語られていきます。
「羅生門」では3人が語るストーリーは結局は全て真実ではないということでした。
本作ではそれぞれのパートの頭に「カルージュの真実」といったタイトルが入ります。
しかし最後に語られるマルグリット視点のパートの部分は「Truth(真実)」というワードが最後まで残ります。
このことからマルグリットの語る物語が真実であるということなのだと解釈しました。
ル・グリの話は、本人は愛だと言いつつもその実は女性を欲望の対象としてしか見ない、極めて男性本意の価値観で語られていました。
対して寝取られた側のカルージュですが、妻のために真実を明かそうとする男かと思いきや、その戦う理由は己の名誉のためという極めて自分本位の考えでした。
そもそもがル・グリに対して悪感情を持っていたのに加え、妻がその相手に寝取られたとあってはプライドが傷つけられます。
また彼が妻を本当に愛していたかは疑わしく、ただの跡取りを生み出すための存在として見ていたようにも思えます。
この決闘裁判は側から見ると妻の名誉を挽回しようとする夫と、愛する女性を愛しただけだと主張する男の戦いのようにも見えます。
が、戦い合う男二人ともマルグリットを人格のある一人の愛する女性としてはいません。
男二人が戦いあっているように見えますが、実のところマルグリットが男二人と戦っているのです。
中世を舞台にしていますが、これはMe Too運動にも通じる極めて現代的なテーマであると感じました。
マルグリットを演じたのはジョディ・カマー。
「フリー・ガイ」のヒロインを演じた方だったのですね。
全然違う雰囲気の役なので、調べるまでわかりませんでした。

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »