« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月22日 (月)

「ファーストラヴ」親とはどうあるべきか

ざわざわとする気持ちを抱きながら、この映画を最後まで見ていました。
予告を見た時の印象では、サイコスリラーのようなものかと思っていましたが、そういう映画的な設定ではなく、もっとリアリティがあるテーマであると感じました。
無論親が人が殺すということ自体は一般的なものではないのですが、親が子にどのように接していくべきかという点では、全ての親への問題提起であるように思いました。
犯人である環菜は、なぜ自分が父親を殺してしまったかがわかりません。
公認心理士である主人公由紀は、そこに彼女が子供の頃に負った心の傷があることを突き止めていきます。
そしてそれは自分自身のトラウマとも向き合っていくことになりました。
環菜の父親は子供を支配する親でした。
そして母親は子供の言うことに耳を貸さない親でした。
少女の環菜は自分の本当の気持ちを誰にも話すことができず、助けを求めることができませんでした。
自分も4歳の娘がいるのですが、人を育てるということを日頃より悩みながら楽しみながら行っています。
言うことを聞いてくれない時もありますから、時々は苛立って叱ったりもします。
ただ意識しているのは、4歳にもなると赤ん坊ではなく人としての自我は十分になるので、一人前として扱ってやること。
何を思っているのか、どうしたいのか聞いてあげるようにしたいと思っています。
聞いてみると4歳なりにしっかりと考えていたりするのですよね。
そのような思いは大事にしてやりたいと思います。
これから大きくなっていく中で、もっと自我が強くなり、親と意見が合わないことも多くなってくるのでしょう。
それでも親は子供のことをちゃんと聞き、大きく包んであげていかなくてはいけないのですよね。
この映画に登場する環菜の親や由紀の父親を見て、その時の子供たちの気持ちを想像すると、胸が苦しくなってきます。
やはり子供は親が救ってあげなくてはいけません。
子供を追い込んでしまう親ばかりが登場してきますが、その中で唯一理想的な親像であるのが、我聞です。
彼は由紀の夫ではありますが、彼女にとっては父親のようなものでもあるのかもしれません。
彼女の全てを受け入れ、彼女を包み込んであげる。
親というものはこうありたいものです。

| | コメント (0)

「新解釈・三國志」 ・・・退屈

昨年末から公開していましたが、ようやく見てきました。
福田雄一監督の作品は何本か見てはいますが、正直言ってどれもあまり面白いと思ったことがなく・・・。
どうも笑いのセンスが合わないようです。
とは言いつつも、「三国志」の方は大好きで小説や映画など三國志ものは何度も読んだり見たりしてきました。
その三国志がどのようにコメディとして料理されているか、が興味はあったので、迷いつつも劇場に足を運んだわけです。
その結果ですが、やっぱり福田監督作品は自分には合わない・・・。
映画を見ると面白いなり、つまらないなり、何か作品について語りたくなるものですが、そういう気持ちが湧かなかったのです。
一言で表現すると「退屈だ」ということでしょうか。
映画を見ながら、寝そうになることはこのところありませんでしたが、本作ではしばしば意識が飛びそうになりました。
大泉洋さん演じる劉備玄徳も、ムロツヨシさんの諸葛孔明も、彼らのバラエティのようなノリのキャラとなっていて、言っちゃなんですが、薄っぺらい。
繰り出されるギャグも軽すぎて笑えません。
いや、こういうのが好きな人もいるのかもしれませんが、私にとってはツボではなかったです。
どうも本当に書く気がしない。
短めですが、終了です。
もう福田監督の映画は見に行かないだろうなあ。

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

「スパイの妻 劇場版」 夫の正体は

第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した「スパイの妻」を遅ればせながら、見に行ってきました。
軍の活動を巡るサスペンス劇、男女の愛情を描く恋愛もの、太平洋戦争を描く歴史ドラマという様々な要素を持ち、その要素全てで満足させ、さらにはそれらをバランスさせて成立させている作品でした。
確かに賞を取るのもわかります。
私が見ていて、惹かれたのは高橋一生さん演じる福原優作というキャラクターです。
彼は貿易商であり、戦時下に置いて次第に厳しい締め付けが厳しくなっている状況においてもコスモポリタンを自認して活動をしています。
物語が始まったあたりでは、彼は理想を持っているながらも、社会の状況に合わせうまく立ち回っている人物のように見えました。
しかし、彼と甥が満州で軍が人体実験をしているという秘密を知ってしまった後は、今まで通りの貿易商という仮面を被りつつ、軍の悪事を明らかにしようと画策をします。
戦争は止まらない、しかしアメリカに参戦させることにより戦争を収束させることはできるのではないか。
アメリカに参戦させるきっかけに彼が持っている証拠が役立つのではないかと。
彼は国際派らしい人権主義の価値観で、軍の行いが許せなかったのです。
彼は心に怒りを持ちつつも、冷徹さを持って着々と準備を続けます。
ここで見えてくるのは、それまでの彼にはなかった冷たいまでの冷静さです。
その冷たさは元々彼が持っていたものなのか。
それとも満州での体験により、彼の中で芽生えたものなのか。
妻・聡子も自分が愛してきたそれまでの夫が変わっていくように感じました。
聡明な聡子が夫の秘密を明らかにした後、優作は妻も仲間とし、彼の計画を実行しようと進めます。
聡子はようやく再び夫が心を開き、自分を必要としてくれたと感じました。
そしてアメリカに旅立つ最後まで、そう思っていたのです。
しかし、密航しようした聡子は誰かの密告により、当局に拘束されてしまいます。
この密告をしたのは優作であったと思われます。
彼は妻を囮にし、当局が彼女に注目をした隙をついて国外に脱出したのです。
この行為にも彼が持つ冷徹さが現れていると思います。
結局聡子は精神病院に収監され、そこで戦争末期のアメリカ軍による空襲に巻き込まれます。
そこで彼女が見た光景は、焼き払われた街で苦しむ人々の姿でした。
それは優作が持っていった証拠によって引き起こされたのかもしれません。
彼は日本軍が人々の命を弄んだことに対する怒りで行動した。
しかし、その行動により、無垢な人々が大量に死に、苦しむこととなった。
それが本当にしたかったことなのか。
人権主義という理想を実現するために、行動した結果、引き起こされたこのことを優作はどう見ているのか。
この冷徹さは彼の中に元々あったものなのか。
彼は何者であるのか。
焼け野原となった神戸を見て、聡子は彼女の夫がわからなくなったのでしょう。
海岸を彷徨う彼女の姿からそう感じました。
彼女は数年後アメリカに渡ったとありました。
聡子は彼女の夫が本当はどのような人間であったのか、確かめずには居れなかったのかもしれません。

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

「ヤクザと家族 The Family」 親子って何だろう?

親子って何だろう?
家族って何だろう?
自分にも娘がいて、理屈を越えて彼女のことを愛しいと思う。
それは血が繋がっているから?
血が繋がっていても、昨今は虐待という悲劇もよく聞くし、子が親を憎むという話も耳にする。
子は親を選べないと言われる。
ヤクザの世界では親子の契りというものがある。
元は他人同士ではあるが、親子の絆をお互いに結び合うのだ。
本作の主人公山本は父親を覚醒剤で亡くす。
しかし、山本自身はその親をクソ野郎と呼ぶ。
そして彼は自分を拾ってくれたヤクザの組長である柴崎と親子の契りを結ぶ。
柴崎は本当の息子のように山本を気遣い、山本を柴崎を慕う。
本当の親子以上に。
親子というのは血の繋がりではなく、互いが相手をどれほどに思っているのかということなのか。
けれどもそうとも言い切れない。
山本は刑期を終えて出所した時に、自分に娘がいたことを知る。
彼はヤクザをやめた後、愛した女性と娘と一緒に暮らすようになる。
その時間違いなく山本は娘のことを愛おしく思った。
これは理屈抜きに湧き上がる血の繋がりによる愛情なのだろう。
山本が子供の頃から可愛がってきた翼は親のことは知らないが、その親を殺した人物を知る。
翼は親のことは覚えてはいないが、親の仇を討とうと相手を襲撃しようとする。
これも血の繋がりによる愛情だろうか。
そもそも山本も親の仇であるクスリの売人を半殺しにしていた。
親子って何だろう?
血の繋がり?
それとも互いの想い?
どれが正解なのかなどないのだろう。
確かに血が繋がっていようとなかろうと、親子、家族の間には何か特別な絆がある。
親、子という役割というのではなく、この人間でなくてはならないという特別な何か。
他の誰かには代えられない絆。
かけがえのない絆。
それを感じられる関係が親子であり、家族なのかもしれない。

| | コメント (0)

「おとなの事情 スマホをのぞいたら」 日本人の感覚に合うのかな?

とある晩に旧知の7人の男女が集う。
彼らは3組の夫婦と一人の独身男性。
ふとしたことから、彼らは自分のスマートフォンをテーブルの上に置き、受信した電話やメール、SNSを見せ合うことになる。
受信するたびに明らかになる秘密や嘘、沸き起こるお互いへの不信・・・。
ワンシチュエーションドラマはかなり好きなジャンルです。
脚本が良くなければ成り立ちませんし、俳優の演技にも巧みさが求められます。
原作はイタリアで作られた同名の映画で、この作品はそのリメイクとなります(私は未見ですが)。
原作は世界各国でリメイクされているということで、最も多くリメイクされた映画としてギネスにも載っているとか。
ワンシュチュエーションドラマでは次々に明らかになっていく事実から、元々描かれていた人物像が次第に変容していく様が見応えのあるところです。
本作でもそこが見どころではあるのですが、明らかになる真実がいただけません。
不倫、浮気、性的嗜好など人が隠したくなるような赤裸々な事実。
こういう人の秘密を知りたいという人もいるのかもしれないですが、私はあまりそういうことは知りたいとは思いません。
ですので、そういう隠し事が明らかになっていく様子は見ていてちょっと不快であったのです。
原作映画はイタリアの映画ということで、そのような性的なことには寛容なのかもしれないのですが、日本においてはどうでしょうね・・・?
最後は綺麗にまとめてはいましたが、実際の人々であればお互いに心に蟠りが残らないわけがないとも思ってしまいます。
正直、許せないという気持ちになるかなと私は思いました。
その辺の感じ方のずれがこの作品に対して、好きになりきれないことにつながったのかもしれません。

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

「劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal 前編」 セーラームーン初体験

誰もが知っている「美少女戦士セーラームーン」ですが、しっかり見るのはこれが初めて。
なぜ見に行ったかというと・・・。
4歳になる娘が「プリキュア」にどハマりで、ネットフリックスやアマゾンプライムで過去作まで遡って見ていまして、それらの原点とも言える「セーラームーン」まで手を出し始めているのです。
その「セーラームーン」の映画をやることを聞きつけた娘がぜひ行きたいということで、そのお供でありました。
アニメの「セーラームーン」は初めてではありますが、実は東映が制作した実写版の「セーラームーン」(まだ無名だった北川景子や泉里香など錚々たるメンバーが出演している伝説の特撮)は見ていまして、主なキャラクターは知っていたので、ついていけるかなと。
まず見て感じたのは思っていたより恋愛要素が強いのね、ということですね。
元々少女漫画ですものね。
娘に付き合って「プリキュア」を散々見ているのですが、あちらは中学生設定ですが、あまり恋愛要素はありません。
「セーラームーン」も中学生くらいの設定(本作は高校生になったところ)ですが、結構大人っぽい。
恋愛要素の強い少女漫画は苦手なので、個人的にはあまりグッとくるところはありませんでした。
今回登場する敵は、うさぎ以外のセーラー戦士の心を惑わし、戦士としての力を削ごうとします。
セーラーマーキュリーこと亜美ら戦士たちはそれぞれその惑いを跳ね返すわけですが、この辺りのエピソードの積み重ねが少々たるい。
テレビシリーズで一話ずつ各戦士の戦いを描いていくのであれば良かったと思いますが、映画というフォーマットには向かなかったかもしれません。
うちの娘もこの辺りは退屈していたようです。
まだ恋愛のなんたるかもわかっていないので、恋愛要素にも娘的にはあまり気持ちは惹かれなかったようですね。
断然「プリキュア」の方が食いつきが良いです。
後編はどうしようかな・・・?
娘が行きたいといえば行ってみると思います。
劇場に行ってみると、小さな子たちもいましたが、大きなおともだち(お姉さん)も結構いましたね。
やはり子供の頃見ていて好きだったという方たちでしょうか。
私も子供の頃好きだったものが今でも好きなので、その気持ちわかります。
 
「月にかわっておしおきよ!」はさすがに私でも知っていましたが、他の戦士にも決め台詞があったとは知りませんでした。
その中でも気に入ったのはセーラーマーキュリーの「水でもかぶって反省しなさい!」です。
これは娘も気に入って、しばらく私らの間でプチブームとなりました(笑)。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »