« 「ダンスウィズミー」 自分の解放 | トップページ | 「SHADOW/影武者」 陰陽変転 »

2019年8月31日 (土)

「ロケットマン」 本当の自分

クイーンの自伝的映画「ボヘミアン・ラプソディー」が昨年大ヒットしたという記憶は新しいですが、本作はエルトン・ジョンの半生を描く作品です。
監督はデクスター・フレッチャー。
「ボヘミアン・ラプソディー」はブライアン・シンガーが監督としてクレジットされていますが、最終盤で解雇されていて、最後の仕上げをしたのはデクスター・フレッチャーなのですよね。
2作連続でイギリスの大ミュージシャンを題材にしている作品を作っています。
エルトン・ジョンを演じるのは「キングスマン」シリーズで主演を務めているタロン・エガートン。
そう言えば、「キングスマン2」でエルトン・ジョンが本人役で出演していましたね。
タロン・エガートンがエルトンを演じるのは運命だったのかも。
エルトン・ジョンの本名はレジナルド・ドワイト。
レジナルドは音楽の才はありましたが、内気な少年でもありました。
そんな少年がド派手な衣装を着て、どうしてサービス精神あふれるステージを見せてくれるエルトン・ジョンになったのか。
少年時代のレジナルドは父親にも母親にも愛されませんでした。
ずっと自分の居場所を見つけることができなかった少年だったのです。
唯一彼が自分自身を解放できるのが、音楽でした。
音楽を通じて親友と呼べる人物と出会うことができ、そして才能を発揮することで多くの人に認められることができた。
内向的で癇癪持ちな男が、ステージに上がると別人のようなパフォーマンスを見せるという描写が本作ではいくつもありました。
才能を認められれば、なりたい自分になれると彼は言われます。
レジナルドは、自分の理想の姿であるエルトン・ジョンという人間を無意識に演じていたのかもしれません。
しかし、それが本当の自分であるのか。
彼は次第にエルトン・ジョンという人物を演じることに疲れていってしまったのかもしれません。
だから酒や薬に手を出し、その葛藤から逃れようとした。
「自分探し」という言葉が以前、流行りました。
しかし自分とは、探して見つかるものなのでしょうか。
そもそも本当の自分ってなんなのでしょうか。
理想の自分と現状の自分のギャップはあるかもしれません。
ただ理想の自分が、本当の自分なのかというとよくわかりません。
レジナルドは理想の自分こそが本当の自分だと思っていたのかもしれません。
普通の人は理想の自分になるというのはなかなか難しい。
才能も必要ですし、もちろんお金も必要でしょう。
でも彼はそれを得てしまった。
理想の自分になることができた。
けれどそれが本当の自分であったのか。
結局すべてを吐き出して、まっさらになって初めて彼は自分自身を見つめることができたのかもしれませんね。

|

« 「ダンスウィズミー」 自分の解放 | トップページ | 「SHADOW/影武者」 陰陽変転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ダンスウィズミー」 自分の解放 | トップページ | 「SHADOW/影武者」 陰陽変転 »