« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月24日 (日)

「アクアマン」 単独作品主義へ?

マーベル・シネマティック・ユニバースの作品群に比べて、あまりパッとしないDCエクステンデッド・ユニバース。
特にDCのヒーローたちが一堂に会する「ジャスティス・リーグ」は、同様にヒーロー総登場となっている「アベンジャーズ」と比べると見劣りがします。
その一方で「ワンダーウーマン」はマーベルの作品と比較しても、遜色がない出来栄えだと思います。
「ワンダーウーマン」はDCエクステンデッド・ユニバースを構成する一つの作品というよりは、独立している話として成立していると思います。
本作「アクアマン」も同様だと感じました。
DCエクステンデッド・ユニバースがなかなかうまくいかないのは、登場するヒーローたちが個性的な世界観と背景を持っているということではないかと思います。
そのため一堂に会する時は、それぞれの世界観をぼかすこととなり、それが中途半端な印象を与えるのではないかと思うのです。
マーベルがうまくいっているのは、個性的に見えるヒーローたちもその根っこは我々が見ている現実と同じような世界であり、ベースとした同じ世界を背景として持っているためと考えています。
ヒーローたちのスーパーパワーの根源は科学であったり、魔法であったり、神の力というようにそれぞれがユニークだったりするわけですが、彼らが暮らす世界は我々の世界にとても近くそして、ヒーローたちによって共有されています。
しかしDCのヒーローたちの世界はそれぞれが独立しているように思えます。
バットマンが活躍するのは架空の都市ゴッサムシティーです。
そこには不可思議な格好をした犯罪者たちがいます。
バットマンの能力は科学の力と極限まで追い込んだ肉体と精神力なわけでリアリティはあるのですが、ゴッサムシティー自体はファンタジーな存在だと思います。
スーパーマンが暮らすのは現実世界と地続きのようなニューヨークですが、彼の能力はスーパー過ぎて、ある意味誰も叶わないと思えるほどです。
そのため、なかなか他のヒーローと世界を共有しにくい。
アクアマンもそれに近いかと思います。
彼らが一緒の世界にいるという設定は、どうしても物語的に無理が生じてくる。
日本の「仮面ライダー」シリーズがやっているようにアクロバット的なメタな設定でいくのであれば、強引であろうとも筋は通るわけですが、そこを曖昧にしているからキレ味が鈍くなる。
「ワンダーウーマン」「アクアマン」がほぼ独立した世界観で成功していることを考えると、DCはマーベル的なユニバース構想で勝負するのではなく、魅力的なそれぞれの世界を描くという単独作品主義にしたほうが勝負できそうな気がします。
本作「アクアマン」は冒頭の激しいカメラワークのニコール・キッドマン演じるアトランナの華麗なアクションに目を奪われ、そして「海のスターウォーズ」とも称される後半の水中での大乱戦に至るまで見所がたくさんありました。
マーベル・シネマティック・ユニバースは強いシリーズではありますが、どこかで見逃すと置いてけぼりをくらう感もあります。
もちろん単独の作品としても成立はしているのですが、初見ではわけがわからないところもあるのではないでしょうか。
そういうストレスは単独作品主義では生じないので、そこを勝負のしどころとしたほうがいいかと考えます。
おそらくマーベルもそのあたりは気にしているようにも思えます。
「キャプテン・マーベル」そして次回の「アベンジャーズ エンドゲーム」は一旦リセットをしようとしている感じがします。
マーベル、そしてDCともに今後の展開から目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2019年2月11日 (月)

「七つの会議」 サラリーマンは侍

<ネタバレありますのでご注意ください>
「半沢直樹」も「下町ロケット」も「陸王」も見ていません(珍しいですよね)。
なのでこれらの作品がどのようなトーンで作られているのか知りません。
割と演技が濃ゆい感じであったというのは聞いていますが。
本作「七つの会議」はそれらの作品と同じ著者である池井戸潤さん原作で、監督も池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄さんです。
なので他の池井戸ドラマと同じようなトーンなのでしょうか。
確かに本作の出演者の演技は濃い、というより暑苦しい。
かなり誇張した表現だと思いましたが、ストーリーが展開していく中で、ふとこれは現代的な衣装をまとった時代劇なのだ、と思い、合点がいきました。
エンドロールで八角が、日本のサラリーマンとは江戸時代の侍と同じだと語ります。
昔は侍は藩に仕え、そして藩は侍を守る。
現代は、藩が会社になっただけ。
なるほど日本のサラリーマンの体質にはそういうところはありますよね。
特に40代以上のサラリーマンには。
本作に登場する架空の大手家電メーカーのゼノックスの社長は御前と呼ばれています。
まさにこれは殿様のようなものです。
ある藩で不正が執り行われていて、それに関わった者、それを探った者は次々に亡き者とされる。
過去に藩と色々とあった昼行灯も事件に巻き込まれて、不正に気づく。
それを正そうと殿様に直訴したが、結局は握りつぶされてしまう。
しかし幕府も藩の不正に気づき・・・。
こうやって書いてみるとまさに本作のストーリーはそのまま時代劇としていけそうです。
逆に返せば、時代劇的なストーリーだからこそ、池井戸作品はこれほどまでに多くの人に支持されているのかもしれません。
日本人のDNAに組み込まれているような侍の精神構造が、作品の中にあるのでしょう。
池井戸作品は、不正などによって虐げられた人々が、最後の最後に逆転勝ちすることの爽快感が受けているのだと思います。
これは絶対的な権力で支配されていた人々が物語の中だけでも、胸が空く思いを持ちたいと思っていた時代に芸能がそういう思いをすくっていたことに通じるかもしれません。
池井戸作品が喝采をもって受け入れられるというのは、今の時代もそういう見えない権力によって人々が虐げられていると人々が感じているということなのでしょうか。
そうかもしれませんよね。
いくら不正があっても政治は変わらない。
大きな企業の不正が次々と明らかになっています。
何も変わらないという閉塞感、鬱屈した感じが現代社会にはあると思います。
だからこそ、池井戸作品が受け入れられる。
このような物語が古臭い、それこそ前時代的なったときこそが、よりよい時代になっているということなのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マイル22」衝撃のラスト1マイル

<ネタバレがあるので注意してください>
最近はアクション映画といえど長尺の作品が多いですが、本作は1時間半と上映時間がコンパクト。
そのためストーリーの展開はスピーディです。
個人的には余計な説明をそぎ落としていることは評価したいです。
テンポよく見ることができますから。
時間が短いことになっているのはキャラクター造形でしょうか。
登場人物を描く時間が少ないため、どうしてもキャラクターの掘り下げは甘くなり、深みがあるようには描きにくいですよね。
それでも主人公のシルバと彼の同僚のアリスについては、ちょっとしたエピソードを入れることにより、彼らの生き方がうかがい知れるようにしていた努力がうかがえます。
見所の一つはアクションでしょうか。
中盤からラストまでの証人を空港まで運ぶシークエンスでのアクションは見応えがありました。
マーク・ウォールバーグ演じるシルバらはガンアクションがメイン。
そして証人であるリーはフィジカルなアクションです。
リーを演じるのはイコ・ウワイスで、彼は「ザ・レイド」に出演していました。
「ザ・レイド」は未見ですが、シラット(インドネシアの格闘技)をベースにしたアクションがすごいというのは聞いたことがあります。
本作を見る限り、彼のアクションはスピーディでありながら重みもある(痛みもある)で、見ていて興奮しますね。
ぜひどこかで「ザ・レイド」も見てみたいと思います。
特筆すべきはラストの展開です。
これはかなり意外でした。
通常ハリウッドのアクション映画というのは、途中経過はいろいろありますが、最終的には敵となる組織や個人は主人公たちに倒されるという展開になります。
映画なので当たり前ですが、その方が収まりがいい。
しかし、本作は違います。
ラストで主人公が属するチームは彼を残してメンバーが全滅してしまうのです。
最後の最後まで、主人公たちには真の敵の姿を認識することはできず、彼らの本当の目的がわかったのは自分たちが襲撃されたときでした。
敵の目標は「オーバーウォッチ」、テクノロジーを駆使し相手を追跡し、コントロールするアメリカの極秘の戦略チームです。
現在の戦いは前線部隊ではなく、全体を俯瞰することができる「神の目」を持つ部隊が鍵を握っているのです。
その目を壊すことが敵の本当の目的でした。
この作品は現代的な戦争の姿を描いているのです。
そしてまた現代世界での最強の国家であるアメリカの地位も盤石ではないということも描きます。
最強である理由の一つは最新式のテクノロジーですが、それすらもひとりの男の強い意志によって破られることもあり、脆弱だということです。
本作で結果最強のテクノロジーを破ったのは、ひとりの男が自分の犠牲も厭わず挑んだ作戦だったわけです(最初にリーが自分の写真を燃やしているところに彼の強い意志を感じます。彼がどのような人生を背負っているのかは明かされませんでしたが)。
複雑になったシステムは、単純な強いものに脆いということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »