« 「ラプラスの魔女」 これは三池作品なの? | トップページ | 「ワンダー 君は太陽」 コンプレックスの克服 »

2018年7月15日 (日)

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 スピンオフの難しさ

「ローグ・ワン」に続く「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフです。
前回の「ローグ・ワン」ではメインストリームには関わらない名もなき人々を取り上げたことが新鮮で、彼らの献身がその後の帝国への逆襲へのきっかけとなったことが明らかにされました。
ローグ・ワンのメンバーたちが全滅してしまうという悲劇的な結末も今までの「スター・ウォーズ」シリーズとは異なり、新鮮な印象を受けました。
本作は「スター・ウォーズ」シリーズの中でも最も有名なキャラクターの一人であるハン・ソロを主人公としており、「ローグ・ワン」とは異なる難しさは持っていたと思います。
あまりにもハリソン・フォードが演じるハン・ソロのイメージが強く(私もそうですが)、彼以外の俳優が演じるハン・ソロが受け入れられるかということですね。
本作で若きハン・ソロを演じるはオールデン・エアエンライク。
私は全く彼が今まで出演した作品を見たことはなかったのですが、
上手な俳優であるとは思いました。
時折、以前のハン・ソロを彷彿とさせるような場面もありましたし。
ただやはりハリソン・フォードと比べてはしまいます。
この辺は重要なキャラクターについてスピンオフを作るということの難しさではあると思いました。
監督は職人ロン・ハワードですので、作り自体は手堅くまとめています。
こちらの作品は若手の監督を抜擢したところ、方向性の違いなどで製作サイドと意見が合わず、降板。
その後をロン・ハワードが引き継いだということです。
そのせいかこれといった新しさを感じることはありませんでした。
無難にまとまっているという感じですね。
ロン・ハワードは好きな監督なのですが、普段はもう少しエモーショナルな要素が強い監督だとは思いますが、なんとか作品として成立させるべくまとめた印象で、彼らしいという感じは受けなかったです。
ハン・ソロとトバイアスの親子・師弟を彷彿とさせる関係や、ソロとキーラの関係がもう少し深く描ければ、ロン・ハワードらしい感じが出たかなと思います。
そうすればもっとドラマチックにできたんではないでしょうか。
ストーリーとしても冗長な感じがややありましたね。
旧三部作につながるようなポイントもいくつかあり、「スター・ウォーズ」ファンとしては嬉しい部分もいくつかありましたが、それ自体は作品の出来とは別物であるので、そういったところばかりに注目がいくのもどうかとも思います。
日本では本作は好調のようですが、アメリカでは期待ほどにはいかなかった様子。
今後のスピンオフについてもいろいろ方向が変わる可能性があるとのこと。
どのように展開していくか、見守っていきたいと思います。

|

« 「ラプラスの魔女」 これは三池作品なの? | トップページ | 「ワンダー 君は太陽」 コンプレックスの克服 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/66942232

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 スピンオフの難しさ:

» 映画 『ハン・ソロ』 [こみち]
nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; JUGEMテーマ:映画館で観た映画 nbsp; nbsp; nbsp; ... [続きを読む]

受信: 2018年7月21日 (土) 21時47分

« 「ラプラスの魔女」 これは三池作品なの? | トップページ | 「ワンダー 君は太陽」 コンプレックスの克服 »