« 「トランスフォーマー/最後の騎士王」 ここまできたら最後まで付き合います | トップページ | 「ダンケルク」 英雄と卑怯者 »

2017年9月11日 (月)

「関ヶ原」 青年VS大人

歴史を題材にした作品のベースになるのは史実であるのですが、それは文書などによる記録であるため、(私的な書簡を以外では)そこに記載されている人物がどのような性格で、どのように考えていたのかというのは実際のところ想像するしかありません。
だからこそ物語の語り手によって、その人物のキャラクターが想像力により膨らませられていくので、語り手ごとに解釈が変わるわけで、それが歴史ものの面白いところと言っていいでしょう。
日本の歴史において戦国時代というのは、歴史の大きな転換点であり、そのため数々のドラマがあります。
そのためいくつもの小説、映画、ドラマでもこの時代が扱われているのはみなさんがご存知の通りです。
その中でもクライマックスと思われるのが、いわゆる「天下分け目の関ヶ原」です。
数え切れぬほどの作品が関ヶ原を扱っています。
この戦いに参加した大名の中でも、それぞれの作品において描かれ方が全く違うことが多いのが、本作の主人公である石田三成でしょう。
徳川方の見方による物語においては、家臣でありながら豊臣家を思うがままに操る佞臣であったりします。
逆に豊臣方から見れば、多くの大名が豊臣を見捨てる中で、最後まで忠義を尽くす者として描かれます。
立場が変わればその人物を評する意見も異なるということの良い例でしょう。
本作の視点はどちらかといえば、豊臣側のものになります。
ですので岡田准一さん演じる三成は、忠義の士として描かれます。
しかしこの三成はなかなかに生きるのが不器用な男です。
忠義であり、自分を律することができる男なのですが、それと同じレベルを周りの者にも要求するところがあります。
なんというか融通の利かない男なのですね。
三成に対する家康が、計算高く狡猾で、また手練手管を駆使できる男として描かれているので、余計にその融通のなさが目立ちます。
人というのは正論だけで動くものではないということが、自分が真面目なだけあって、わからないというのがこの作品における三成像のように見えました。
それでもその青臭さに惹かれる者はいるわけで、それが島左近であり、大谷刑部であり、初芽であったのでしょう。
初芽に対する三成の想いは、まさに少年のようでもあり、それが本作における三成の青臭さをより強めているようにも思います。
想いに純であり、生真面目である。
だから老練で、ずるい大人に勝つのはなかなかに難しい。
生きるためにだんだんと汚れていったのが家康であったのであったのであるならば、三成は汚れていかなかったために死ぬ運命だったのかもしれないですね。

|

« 「トランスフォーマー/最後の騎士王」 ここまできたら最後まで付き合います | トップページ | 「ダンケルク」 英雄と卑怯者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/65779536

この記事へのトラックバック一覧です: 「関ヶ原」 青年VS大人:

» 「関ヶ原」観てきました [鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ]
石田三成好きなんですよ。なのでこの作品が岡田准一主演で作られると聞いた時、おおお〜!それは是非ゼヒ観に行かなければと期待していました。平岳大のヒゲに★を進呈して5点満点の満点★★★★★ <公式サイトはこちら> 今年に入ってから度々目にしていたTOHOシネマズの予告で、この作品に平岳大が出ていることを知りました。 しかも大河ドラマ「真田丸」で見た、落ち武者のような姿のシー...... [続きを読む]

受信: 2017年9月16日 (土) 20時53分

» 関ヶ原 ★★★ [パピとママ映画のblog]
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描く。これまで描かれてきた人物像ではない三成を岡田准一、策略を駆使し三成を追い詰めていく家康を役所広司、三成への恋心を胸に彼を支え続ける忍びを有村架純が演じる。日本の戦国時代における重要な合戦が、どのような切り口で映し出されるのか注目。 あらすじ:西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、... [続きを読む]

受信: 2017年9月16日 (土) 21時33分

« 「トランスフォーマー/最後の騎士王」 ここまできたら最後まで付き合います | トップページ | 「ダンケルク」 英雄と卑怯者 »