« 「パッセンジャー」 自分を必要としてほしい | トップページ | 「ハクソー・リッジ」 信念を貫く »

2017年6月24日 (土)

「キング・アーサー(2017)」 聖剣無双・・・、気持ちはわかる

ガイ・リッチー監督といえば、どんな題材を選んでも彼流に染め上げてしまうように感じます。
「シャーロック・ホームズ」では19世紀を舞台としながらも、アクションシーンは現代的というかロックな感じがバリバリしましたものね。
スーパークイックなカット割り、かと思えばスーパースローを合わせて使う極端な緩急のアクションシーンは、ガイ・リッチーならでは。
最近はどの映画も同じような印象で監督の個性が感じにくいものも多いですが、ガイ・リッチーは見ていても彼らしい感じがにおいますよね。
今回の作品ではアーサーが聖剣エクスカリバーを持って戦うシーンが見どころですが、ここに彼らしいアクションの演出が冴えています。
エクスカリバーを振り回すアーサーは一撃で群がる敵の騎士たちを吹っ飛ばすのですが、このシーンでは「まるで三国無双!」と思ったりしました。
そんなことを考えてたら、後で本作の邦題は「キング・アーサー 聖剣無双」だったと知りました。
急遽公開前にタイトルが変わったようですが、ゲームの開発元からクレームがあったのかな。
でも、映画を見ると「無双」ってタイトルをつけたくなる気持ちもわかる(笑)。
ストーリーについては、大味この上ないのですが、まあアクションシーンは楽しめたのでいいかなという感じですね。

|

« 「パッセンジャー」 自分を必要としてほしい | トップページ | 「ハクソー・リッジ」 信念を貫く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/65453136

この記事へのトラックバック一覧です: 「キング・アーサー(2017)」 聖剣無双・・・、気持ちはわかる:

» キング・アーサー★★★★ [パピとママ映画のblog]
アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。メガホンを取るのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。出演に、テレビシリーズ「サン・オブ・アナーキー」などのチャーリー・ハナム、『コールド マウンテン』などのジュード・ロウ、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』などのジャイモン・フンスーらが結集。壮絶なソードバトルの数々に圧倒される。 あらすじ:王の息子として生まれ、その跡を... [続きを読む]

受信: 2017年6月25日 (日) 13時52分

» キング・アーサー (試写会) [風に吹かれて]
売春宿で育ち路地で鍛えられた 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/king-arthur6月17日公開 監督: ガイ・リッチー イングランド王ユーサー(エリック・バナ [続きを読む]

受信: 2017年6月27日 (火) 10時26分

« 「パッセンジャー」 自分を必要としてほしい | トップページ | 「ハクソー・リッジ」 信念を貫く »