« 「マグニフィセント・セブン」 「七人の侍」の素晴らしさを再確認 | トップページ | 「ラ・ラ・ランド」 ミュージカルの力 »

2017年3月 3日 (金)

「ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち」 他の人と違うことは弱みではなく、個性

ティム・バートンらしい作品。
彼の作品には、周囲になじめない奇妙な人々が登場することが多い。
「シザーハンズ」しかり「バットマン」シリーズしかり。
これらの作品では、社会になじめない人々は他の人とは何か違うというだけで、社会的に隅に追いやられてしまうことが描かれている。
最近の作品では「ビッグ・アイズ」の主人公マーガレットも社会になじめなかった人とも言える。
ティム・バートンの目線はそのような奇妙な人々に対してのシンパシーに満ちている。
彼は変わっていること自体をおおらかに、その人の個性として尊重して描いている。
透明人間であろうが、空気よりも軽かろうが、すべてを燃やしてしまう力を持っていようが、それはその子の個性であると肯定している。
聞くところによればティム・バートン自身も相当に変わっていた子供だったようなので、それが彼の作風にも表れているのだろう。
トランプ政権後のアメリカ社会、また最近のヨーロッパ等ではマイノリティに対して、以前よりもさらに厳しい態度をとるようになってきている。
日本でもヘイトスピーチを巡る問題が上がってきているが、同様な雰囲気を感じる。
非寛容さが蔓延してきている社会の行く末を想像すると恐ろしくもある。
ティム・バートンの初期作品では異端者・異能者は迫害されたり、搾取されたりした中で、割と悲劇的な方向の結末である印象がある。
それが彼特有のもの悲しさを作品全体にトーンとして与えていたように思うのだが、最近はちょっと変わってきている印象もある。
どのあたりからかとは明確には言えないのだが(「アリス」あたりかと思うが)、異端者・異能者が虐げられる弱者としてではなく、最後には反撃することができる人物に成長していくさまが描かれているように思う。
これは主人公たちが自分自身を認めることができる力を持つことができるようになってきているとも言える。
変わっていることにより迫害され弱者として生き続けるのではなく、自分はこうであると認め、それを周囲にも認めてもらうことができる自立できる人間として描こうというような印象を受けるのだ。
本作でもジェイクは自分自身と子供たちのために、彼らを搾取する人々と戦う。
世の中の雰囲気は非寛容へと触れていて、社会になじめにくい人々はより一層生きにくい社会になってきているわけではあるが、それらに対し、自分自身を主張できる強さは持っていたいというメッセージなのかもしれないと思う。
他の人と違っていることは個性であり、個性は大事な力であるのだろう。

|

« 「マグニフィセント・セブン」 「七人の侍」の素晴らしさを再確認 | トップページ | 「ラ・ラ・ランド」 ミュージカルの力 »

コメント

Good website! I truly love how it is simple on my eyes and the data are well written. I'm wondering how I might be notified when a new post has been made. I've subscribed to your RSS feed which must do the trick! Have a great day!
dacotaka

投稿: dacotaka | 2017年3月 7日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/64965383

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち」 他の人と違うことは弱みではなく、個性:

» ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 3日 (金) 20時54分

» ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [rambling rose]
高校生ジェイクは幼い頃から祖父の語る不思議な冒険の話が大好きだった。が、ある日その祖父が謎めいた死を遂げ、ジェイクは彼のメッセージを頼りにある島へと渡ることに・・ [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 21時40分

« 「マグニフィセント・セブン」 「七人の侍」の素晴らしさを再確認 | トップページ | 「ラ・ラ・ランド」 ミュージカルの力 »