« 「ドクター・ストレンジ」 次期アベンジャーズのキーマン? | トップページ | 「ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち」 他の人と違うことは弱みではなく、個性 »

2017年2月 6日 (月)

「マグニフィセント・セブン」 「七人の侍」の素晴らしさを再確認

「荒野の7人」のリメイク作品です。
監督はアントワーン・フークアなので男っぽい雰囲気に仕上がっていて好感が持てます。
「荒野の7人」自体がそもそも黒澤明監督の「七人の侍」をベースに作っているわけですが、本作を観ると「七人の侍」のプロットがすばらしく優れているということが改めてわかりますね。
無法者に搾取されている村の農民たちが、七人のアウトローを雇い、悪人たちを追い払おうとします。
アウトローたちは農民たちのなけなしの金を受け取り、彼らのために戦いますが、ひとりまた一人と命を落としていきます。
そのおかげで彼らと農民は無法者たちを追い払うことができ、村には平和が訪れます。
これが「七人の侍」のプロットですね。
まず優れているのがアウトローたちがそれぞれに個性的であること。
様々なバックボーンを持った男たちが偶然に集まり、無法を許さず村人たちを守るということのために戦います。
本作においても、若者から壮年まで年齢も幅広く、白人・黒人・東洋人・メキシカン、・ネイティブアメリカンなど人種も様々、南北戦争で南軍に属していた者、北軍にいた者など出自もいろいろです。
バックグラウンドが違う彼らですが、目的のためにいつしか固い絆を作っていきます。
それぞれ戦うことに関してはプロフェッショナルであり、それぞれにリスペクトを持っていくわけです。
七人の男たちが次第に結束を高めていくプロセスによって観る者が共感を高めていけるんですよね。
また決戦において一人またひとりと命を落としていく姿もぐっとくるものがあります。
自分の信じる正義のために戦い、そのために命を落とすというのは、やはり男のロマンのようなところはありますよね。
そういう姿は素直にかっこいいと思ってしまうところはあります。
そして最後には悪は敗れ、平和が訪れるというのも見ている側としてカタルシスを感じます。
七人のメンバーが全員死んでしまうというわけではないというもいい。
あまりに悲劇に寄りすぎても、ハッピーな気分にはなれないので。
こう見るとこの作品を観ていいなと思うところはすべて「七人の侍」のプロットに含まれていることなのですよね。
いかにこのプロットが優れているかどうかがわかります。
「七人の侍」にあってこの作品にないのは、実は農民は子狡く、そしてたくましく生きているということ。
ここに黒澤明は生命力のようなものを重ねていたように思いますが、この感覚は本作にはありません。
アメリカ人にはわかりにくい感覚かもしれないですね。

|

« 「ドクター・ストレンジ」 次期アベンジャーズのキーマン? | トップページ | 「ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち」 他の人と違うことは弱みではなく、個性 »

コメント

ケフコタカハシさん、こんにちは!

他民族で構成されているというのが、かの国の最大の特徴であり、力であると思うのですが、最近はちょっと???ですよね。
他の国にはない力を持っているのに、なんでと思ってしまいます。

投稿: はらやん | 2017年6月11日 (日) 09時01分

こんにちは。
土地とか農地の大切さというのを、アメリカの人に理解してもらうことはできないんだろうなぁ、と思うことがあります。
何しろ移民だらけで構成されている国ですものね。
と、こういう話を振ると嫌でもアノ人のことに触れなきゃならないから止めときますわ。笑

そうそう、新宿スワン2観たんですけど。
綾野剛ファンには受けてるんでしょうね、たぶん。
私の感触としては、レンタルになってからで良かった1100円はちょっと高かったなぁ、といったところです。

投稿: ケフコタカハシ | 2017年2月 9日 (木) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/64858150

この記事へのトラックバック一覧です: 「マグニフィセント・セブン」 「七人の侍」の素晴らしさを再確認:

» マグニフィセント・セブン [風に吹かれて]
人種多様の7人 公式サイト http://www.magnificent7.jp 監督: アントワーン・フークア  「クロッシング」 「エンド・オブ・ホワイトハウス」 「イコライザー」 「サウスポー」 [続きを読む]

受信: 2017年2月 6日 (月) 13時49分

» マグニフィセント・セブン観てきた [鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ]
「七人の侍」「荒野の七人」を原案とした痛快アクション活劇。うまい具合に両方の良いところをミックスし、なおかつ現代的に味付けした見応えのある作品でした。ヒゲ満足度5点満点で5★★★★★ 南北戦争後のアメリカ とある小さな田舎町ローズ・クリークの住人たちは 悪徳実業家ボーグによって苦しめられていた 彼に家族を殺されたエマ(ヘイリー・ベネット)は 荒れ果てた大地にやってき...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 6日 (月) 17時37分

» マグニフィセント・セブン★★★・5 [パピとママ映画のblog]
黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン...... [続きを読む]

受信: 2017年2月11日 (土) 22時52分

» マグニフィセント・セブン [あーうぃ だにぇっと]
マグニフィセント・セブン@ニッショーホール [続きを読む]

受信: 2017年2月12日 (日) 11時20分

» マグニフィセント・セブン [ハリウッド映画 LOVE]
nbsp; デンゼル・ワシントンかっこよかったー! [続きを読む]

受信: 2017年2月18日 (土) 17時27分

» 『マグニフィセント・セブン』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「マグニフィセント・セブン」□監督 アントワン・フークア□脚本 ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク□キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、       ビンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、...... [続きを読む]

受信: 2017年2月19日 (日) 08時55分

» 「マグニフィセント・セブン」☆湧きたつ西部劇の基本 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
『あの』曲が流れただけでもういいの♪ 何度もテレビの再放送で見た「荒野の7人」が好きすぎて☆ たとえこのリメイク作品がそれぞれの個人的背景が描かれなさすぎても・・・・・精神的に参っているスナイパーが突如として復活する違和感があったとしても・・・・・... [続きを読む]

受信: 2017年3月 8日 (水) 11時16分

» No.564 マグニフィセント・セブン [気ままな映画生活]
黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)という2つの名作を原案に描いた西 ... [続きを読む]

受信: 2017年3月12日 (日) 22時29分

« 「ドクター・ストレンジ」 次期アベンジャーズのキーマン? | トップページ | 「ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち」 他の人と違うことは弱みではなく、個性 »