« 「バイオハザード:ザ・ファイナル」 原点回帰 | トップページ | 「新宿スワン」 掃き溜めの白鳥 »

2016年12月30日 (金)

20156年を振り返って<映画>

そろそろ2016年も終わりますので、恒例の1年間の振り返りを行いたいと思います。
今年の鑑賞本数は44作品で、過去最低だった去年を更に下回る本数になってしまいました。
年明けすぐに長期で海外出張に行ったり、子供が生まれたりと公私ともどもいろいろあったため、劇場に足を運ぶ時間を都合つけるのがなかなか難しかったですね。
それでもがんばったほうではないかと。
どちらかというとレビューを書く時間がないのが、悩みの種でしたね。
今までは鑑賞後すぐに書いていたのですが、数日後、下手をすると二、三週間後などに書いていることもあり、観終わってすぐのフレッシュな感想ではなくなってレビューの内容が薄くなる傾向にあったのは否めません。
来年は本数は稼げなくても、内容はもう少し充実させたいですね。

1.「オデッセイ」
2.「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
3.「64 (前編)」「64(後編)」
4.「レヴェナント:蘇りし者」
5.「君の名は。」
6.「シン・ゴジラ」
7.「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
8.「スター・トレック BEYOND」
9.「スポットライト 世紀のスクープ」
10.「ズートピア」

1.「オデッセイ」
こちら2016前半の作品なのですが、1位にあげさせてもらいました。
この作品の好きな点は、人類の知恵や思いやりということにとてもポジティブなところですね。
最近の映画は未来というと暗いイメージが多い作品が多いのですが、人間という生き物は色々あっても、知恵や良心で困難を克服できるのだという気にこの作品はしてくれます。
またSF的にも考証がちゃんとされていて、ファンタジーでないSFを久しぶりに映画で楽しませてくれました。

2.「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
こちらはファンタジーの方のSFですね。
古くからの「スター・ウォーズ」ファンとしてはEpisode4に繋がる話ということで気分が盛り上がりました。
しかし、記事の方でも触れたのですが、フォースを持たない人々に焦点を当てるという点では「スター・ウォーズ」シリーズとしては新しい試みでもありました。
こうやって上手に「スター・ウォーズ」の世界を広げてくれると毎年ファンとして楽しみに待つことができますね。

3.「64 (前編)(後編)」
軽いタッチの邦画が多い中で、骨太の警察ドラマを味あわせてくれました。
事件自体の謎を解いていくという面白さもありましたが、佐藤浩市さん演じる主人公の気持ちが深く描かれていて見ごたえがありました。
後編の最後の方の佐藤さんと緒形直人さんの河原のシーンは圧巻でした。
あと永瀬正敏さんの抑制した演技も素晴らしかったです。

4.「レヴェナント:蘇りし者」
こちらも主人公を演じるディカプリオの演技が圧巻でした。
追い込まれて追い込まれて撮ったという、演技者の魂のようなものを感じます。
ディカプリオは上手い役者だと思うのですが、なかなか評価されてこなかったので、この作品で認められて良かったです。
もちろんアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの映像美も素晴らしい。

5.「君の名は。」
今年の邦画を席巻した作品の一つ。
年末だというのにまだロングラン上映を続けています。
この作品、とても計算されて作られているという感じがしました。
そういう点でとてもプロらしい。
新海監督はアマチュア感というかインディーズな印象を持っていましたが、とても見る側のことを考えて作っている感じがします。

6.「シン・ゴジラ」
多くの人がこの作品を1位するのではないかと思うのですが、私はちょっと低め。
元々「ゴジラ」への思いがあるため、どうしても辛口になってしまうというのが一つ。
あとはやはり「エヴァンゲリオン」を彷彿とさせるので、それなら早くエヴァ作ってよと庵野監督に言いたいって行こうとがもう一つの理由。

7.「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
マーベルが長年にわたって構築してきた「マーベル・シネマティック・ユニバース」の一つの頂点とも言える作品ですね。
ここに至るまでの全ての作品が「シビル・ウォー」のドラマティックな盛り上がりに貢献していると思います。
それに比べDCの映画化作品は、急ぎすぎ。

8.「スター・トレック BEYOND」
「スター・トレック」らしさをしっかりと理解している人が作っているとわかる作品です。
「フォースの覚醒」とこの作品を見ると、「スター・ウォーズ」は基本的にファンタジーで、「スター・トレック」はSFであることがわかると思います。

9.「スポットライト 世紀のスクープ」
渋めの作品も一つ入れておきました。
なかなかこういう作品は見る機会が減ってきてしまっているのですが・・・。
お話も面白かったですし、出ている役者さんがいいところをおさえているのですよね。
マイケル・キートン、レイチェル・マクダアムズ、マーク・ラファロ、みんな好き。

10.「ズートピア」
ディスニーではありますが、ダイバーシティとか色々と深いところをテーマにしています。
ピクサーのジョン・ラセターが絡むようになってディズニーのアニメは格段にレベルが上がりました。
クリエイターはそうそう変わらないと思うのですが、彼らの力を引き出せる体制になったということですよね。

さてワーストの方ですがこちらになります。
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「テラフォーマーズ」
「10 クローバーフィールド・レーン」
「スーサイド・スクワッド」
「デスノート Light up the NEW world」
つまりは二匹目のドジョウ的なことを考えるとダメということです。
三池さんは最近ちょっと外しているぞ。

今年はレスがかなり遅くなってしまいました。
そういう状況が続くと思いますが、来年も何卒よろしくお願いします。

|

« 「バイオハザード:ザ・ファイナル」 原点回帰 | トップページ | 「新宿スワン」 掃き溜めの白鳥 »

コメント

ここなつさん、こんにちは!

こちらもずっとご無沙汰をしております。
子供ができると生活が変わりますね。
今年もあまり映画を観れていないので、年末にもこの企画ができるかどうか・・・。
とはいえ、今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん | 2017年6月11日 (日) 08時47分

aq99さん、こんばんは!

映画を観る目線は確実に親目線になってきましたねー。
けれど、映画を劇場に観に行く時間がめっきりと減ってしまいました・・・。

投稿: はらやん | 2017年4月27日 (木) 22時55分

メビウスさん、こんばんは!

すみません、レスが遅くなってしまいまして・・・。
やはり子供に手がかかってしまい、なかなか映画にも行けず、碌にブログもチェックできずという有様で。
限られた時間の中で映画をセレクトしようとすると特撮系に偏った鑑賞になってしまいます(笑)。
今年の「ワンダーウーマン」はちょっと楽しみです。
DCも挽回してくれるといいのですけれどね。

投稿: はらやん | 2017年2月12日 (日) 00時02分

こんにちは。
だいぶ御無沙汰をしており大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
はらやんさんがベストに選ばれた作品の中で、「64」は私も押しでした。内容も濃かったですし、とにかく役者さんの演技が真に迫っていた!
今年もまた良い作品との出会いがあるといいですね。
ではまた!!

投稿: ここなつ | 2017年1月26日 (木) 11時08分

みぃみさん、こんばんは!

メッセージありがとうございました。
子供が生まれてなかなか映画も見れず、ブログもチェックできずでレスが遅くて本当にすみません。
「オデッセイ」はもう1年も前になりますかね。
今年もなかなか映画を観に行ける状況ではなさそうですが、マイペースでやっていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん | 2017年1月23日 (月) 22時46分

2016年のブロガーが選んだ映画ベスト10ができあがりました(ついでに2015年も)。

お子さんのお誕生、おめでとうございます。

これから映画もパパ目線になりそうで楽しみですな~~。

投稿: aq99 | 2017年1月22日 (日) 21時27分

はらやんさんこんばんわ♪かなり遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。

自分も去年は早い時期に県外出張とかがあって忙しかったのですが、はらやんさんお子さんもお生まれになってたんですね。これまたかなり遅くなりましたが、おめでとうございます^^

それとはらやんさんの一位は『オデッセイ』ですか♪火星に一人置いてけぼりで絶望的な状況なのに、凄いポジティブな姿勢が確かに面白くもありましたよね。

ワーストはDC作品目立ってますね。でも納得(笑)今年のワンダーウーマンで既存のマイナスイメージを払拭してほしいですね。

それでは、今年も一つよろしくお願いいたします。

投稿: メビウス | 2017年1月12日 (木) 22時40分

こんばんは。

お子さんの誕生、おめでとうございます。

オデッセイ見ると前向きな気持ちになれます。
それならこうしてみたらいい♪な考え方は
つまづいた時、一歩前に進むのに役立つ~
と思いながら見ていました。

今年もお世話になりました。

良いお年を~☆

投稿: みぃみ | 2016年12月31日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/64695756

この記事へのトラックバック一覧です: 20156年を振り返って<映画> :

» 2016年下半期に印象に残った作品 [いやいやえん]
【2016年下半期に印象に残った作品】 【ホラー】 ザ・ボーイ〜人形少年の館〜 ソムニア -悪夢の少年- 死霊館 エンフィールド事件 クランプス 魔物の儀式 【サスペンス】 薔薇は死んだ 【アクション・SF】 HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス デッドプール キングスマン ウォークラフト 【アニメーション】 ズートピア ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜 今年は全体的に「子供たちを預... [続きを読む]

受信: 2016年12月30日 (金) 17時39分

» 映画・今年のBest10 [Days of Books, Films ]
Best10 Films in 2016 今年は秋以降、いくつかの事情が重なって [続きを読む]

受信: 2016年12月31日 (土) 20時32分

» 2016年洋画部門ベスト10ランキング選出 [パピとママ映画のblog]
今年も後、数時間でお終いですね。 今年は皆様にとっていかがな年でありましたでしょうか。私は持病で入院、退院を繰り返しながらも、何とか12月まで無事過ごしてまいりました。そんな体であっても、どんなことがあっても大好きな映画を観に行くのは、億劫にはなりませんね。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にとっては、選びきれないほどたくさんの名作品に恵まれました。その中でもこれはと思うアクション映画を選出してみました。それでも、順位を付けるとなると迷ってしまいます。私が★★★★★を付け... [続きを読む]

受信: 2017年1月 1日 (日) 19時30分

» 2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出 [パピとママ映画のblog]
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にとっては、洋画のアクション作品に恵まれて大豊作でした。 ...... [続きを読む]

受信: 2017年1月 1日 (日) 19時31分

» 2017新年明けましてと昨年ベスト3 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本当にありがとうございました。 なんとか今年ものらりくらりと続けて行こうと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。... [続きを読む]

受信: 2017年1月 5日 (木) 09時31分

» 2016年の映画ベストテン and more. [Akira's VOICE]
ベストその他いろいろ! [続きを読む]

受信: 2017年1月 7日 (土) 10時22分

» 2016 Movies Best 10 [宇宙のめいぐると]
今年はこちらから! [続きを読む]

受信: 2017年1月 8日 (日) 13時43分

» 今年のベスト1・・・映画編 [あーうぃ だにぇっと]
年末にあたり今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。 [続きを読む]

受信: 2017年1月10日 (火) 09時34分

» 2016年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 [『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記]
今年は、去年休んだんで2015年のものと、「バックトウザフューチャー」2・3の様に同時制作してたら、予想以上に時間かかりまして、えらい遅くなってしまいました。その間、キネ旬のベスト10が発表され、日本アカデミー賞もノミネーションされましたね。で、なにか不満が、ちょこちょこ出てるみたいなんですが、このベスト10を見たら解消されるんでは?というわけでご覧ください。(過去のベスト10 2015年、2014年、2013年 2012年、2011年、2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2... [続きを読む]

受信: 2017年1月22日 (日) 21時38分

» 2016年rambling rose映画賞 [rambling rose]
大変遅くなりましたが2016年のつるデミー賞を発表致します。今回から、このブログ上で。(^^ゞ [続きを読む]

受信: 2017年1月30日 (月) 12時44分

» 2016☆ベスト&ワースト映画/2016 BESTWORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
今年で19年目 独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの。好き。というのを重視 ちなみにつけた得点数順というわけではありません。 対象となるのは 2016年に公開された作品(既に観た来年公開作品はランキングに入れず) ことしは劇場にて79本。 (試写含む、機内映画含まず。気に入って2回以上観た作品は1本と計算。) おウチ鑑賞 DVD 約 62本(以前1度観た作品&レビューを書かな... [続きを読む]

受信: 2017年2月 2日 (木) 01時29分

« 「バイオハザード:ザ・ファイナル」 原点回帰 | トップページ | 「新宿スワン」 掃き溜めの白鳥 »