« 「スター・トレック BEYOND」 SFとしての「スター・トレック」 | トップページ | 「デスノート Light up the NEW world」 二人のいない「デスノート」は・・・ »

2016年10月31日 (月)

「SCOOP!」 執着心の帰結

「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督の最新作「SCOOP!」は原田眞人監督の「盗写1/250秒」(1985年)という作品が原作らしい。
原田監督は好きでけっこう観ているほうだと思うのだけれど、「盗写1/250秒」という作品は聞いたことがない。
よくよく調べてみると、これは水曜ロードショー枠でオンエアされた「テレビ映画」のようだ。
「テレビ映画」というのは映画枠でオンエアされた長尺(2時間弱)のテレビドラマのことを以前はこう言っていたのですね。
最近はそもそも映画枠自体が少なくなっているので、こういったテレビ映画という言い方はしなくなっているに思うけれど、当時は映画のスタッフでこのような番組を作っていたようだ。
原田監督の若いときの作品なので、若手の発掘のようなセンスもあったのかな?(スピルバーグの「激突!」のようなものか)
大根監督はヒットした作品がわりと現代的でポップな印象なので、予告を観たとき本作は毛色が違うなと感じました。
どちらかというと昔の邦画が持っていたギラギラした感じが出ている作品のような印象です。
閉塞感というか、鬱屈感というか、路地裏の油がギトギトとした感じ。
最近の邦画はきれいなところばかりを映している感じがありますが(現代劇でもリアルというより現実味のないファンタジー的な感じがある)、昔の映画はもっとリアリティのある汚いところを映していたように思います。
誰かに作られた枠を壊そうと這いずりまわる人々を描くことこそがリアリティであるというような。
固く蓋をされてしまったエネルギーのマグマがふつふつと泡をふいているような暴発前の不穏な感じをかつての日本映画は持っていたような気がします。
作品ごとのカラーの違いはあるけれども、大根監督が描く人物は執着心の権化のようなところがあるようにも感じます。
「モテキ」の藤本は女の子にモテること、「バクマン。」の真城はマンガを描くことに執着します。
そして本作の主人公都城は写真を撮ることに。
まさに命がけで。
執着することは、人から見ればこっけいであったり、ばかげていたりするのかもしれません。
現代はそもそもそんな執着心、欲求がない人が増えてきている。
ギラギラしている人なんて見かけない。
失敗することを恐れるから、そもそも執着なんかしたくない。
執着心があるから自滅する、そう感じる人も多いかもしれない。
だからこそ大根監督はそういう執着心に支配された人に魅力を感じるのかもしれません。
リビドーにも似たエネルギーが暴発するような不穏さが感じられる作品でした(チョロ源はまさに暴発したとも言えます)。

|

« 「スター・トレック BEYOND」 SFとしての「スター・トレック」 | トップページ | 「デスノート Light up the NEW world」 二人のいない「デスノート」は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/64424275

この記事へのトラックバック一覧です: 「SCOOP!」 執着心の帰結:

» SCOOP! ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督が、1985年の原田眞人監督作品「盗写 1/250秒」を基に、主演に福山雅治を迎えて贈るエンタテインメント大作。芸能スキャンダル専門のしがないパパラッチと、その見習いとなった新人女性記者が、互いに衝突を繰り返しながらもスクー...... [続きを読む]

受信: 2016年11月 1日 (火) 16時54分

» SCOOP! [銀幕大帝α]
2016年 日本 120分 ドラマ/コメディ/サスペンス PG12 劇場公開(2016/10/01) 監督: 大根仁 『バクマン。』 脚本: 大根仁 主題歌: TOKYO NO.1 SOUL SET『無情の海に』(TOKYO NO.1 SOUL SET feat. 福山雅治 on guitar)福山雅治 出演: 福山雅治:都城静 ...... [続きを読む]

受信: 2017年3月31日 (金) 17時36分

« 「スター・トレック BEYOND」 SFとしての「スター・トレック」 | トップページ | 「デスノート Light up the NEW world」 二人のいない「デスノート」は・・・ »