« 「ハドソン川の奇跡」 ヒューマン・ファクター | トップページ | 「SCOOP!」 執着心の帰結 »

2016年10月31日 (月)

「スター・トレック BEYOND」 SFとしての「スター・トレック」

J.J.エイブラムスが「スター・ウォーズ」のほうで忙しかったからか、監督は「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンに交替です。
ジャスティン・リンは「ワイルド・スピード」の中興の祖ですので、シリーズを引き継ぐ役割にはピッタリではないでしょうか。
出来上がった作品を観ても、いい人選であったのではないかと思います。
本作はリブートした「スター・トレック」シリーズとしては3作目に当たりますが、今までの中でもテレビシリーズの「宇宙大作戦」のエッセンスが色濃く出ているように感じました。
「宇宙大作戦」は毎回「宇宙、それは最後のフロンティア」というナレーションで始まります。
カーク船長以下のUSSエンタープライズのクルーが、惑星連邦の辺縁部を5年間調査航海している中で出会う出来事を描いています。
連邦から遠く離れているところを単独で航行しているため、未知の知的種族や生物、現象と出会うことも多く、その場合はいちいち本部に確認して事態に対応することはできないわけで、より船長やクルーの対応力・判断が重要になるわけです。
「スター・トレック」シリーズでは船長やクルーたちにスポットがあたるのはそのためです。
彼らは新大陸の発見のために勇躍した大航海時代の船乗り、探検家、外交官のようなものかもしれません。
またそこには未知のものへの好奇心、冒険心といったものも感じられます。
大航海時代、多くの科学者も船に乗り世界中を周り、新しいものを発見していきました。
エンタープライズのクルーたちは彼らに似ているように思います。
J.J.エイブラムスが「スター・ウォーズ」と「スター・トレック」の違いは何かと問われたときに、『「スター・ウォーズ」はファンタジーだが、「スター・トレック」はSFだ』と言ったという記事を読んだことがありますが、まさにその通りです。
「スター・ウォーズ」はルーカスが神話を研究してそのエッセンスをSF的な要素で描き直したということは有名ですが、これはこの作品がファンタジーであるということを示唆しています。
ですので「スター・ウォーズ」は基本的にドラマティックで情感的であると思います。
「フォース」というものが人の精神に由来する不可思議な力というところであり、これは「ハリー・ポッター」でいう魔法のようなもので、極めてファンタジー的であると言えます。
対して「スター・トレック」は未知のものへの探求心ということがベースになっており、もしこんな生物がいたら、こんな現象が起こったらという仮説に対して、どのように対応していくかということを描くというかなり理性的なアプローチを描く物語なのですね。
そういう点でサイエンス・フィクション(SF)的です。
今回の「スター・トレック BEYOND」はそういったこのシリーズが持つ本来的なSF的エッセンスが色濃く出ている作品であると感じました。
未知のエリアを航行しているときの正体のわからぬ敵の攻撃。
エンタープライズが大破しまうという状況の中、クルーたちは事態を把握し、その対処方法を探していきます。
事態に対して、持っているリソースでクルーたちが自分たちのスキルを駆使して、どのように解決していくかという理性的なアプローチが「スター・トレック」らしい。
本作のテーマとしてはUSSエンタープライズのクルーたちが戦うことがレゾンデートルである軍人ではないということにスポットがあたっているように思いました。
彼らは探検家であり、科学者であり、外交官です。
未知のものに出会い、相互理解を深めていくことにより、平和を築いていくというのが彼ら本来の役割であるということが描かれており、その点でおいても「スター・トレック」らしさが出ている作品であると感じました。
かといって娯楽映画としての見せ所もふんだんに用意してあるので、飽きることもありませんでした。

|

« 「ハドソン川の奇跡」 ヒューマン・ファクター | トップページ | 「SCOOP!」 執着心の帰結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/64423909

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・トレック BEYOND」 SFとしての「スター・トレック」:

» スター・トレック BEYOND ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
往年の大ヒット・ドラマ・シリーズを「M:i:III」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督がリブートしたSFアドベンチャー大作のシリーズ第3弾。深宇宙へ向けて航行を続けていたエンタープライズ号が惑星連邦を否定する新たな敵と遭遇、連邦の理念を守るべく過酷な戦いに身を投じるカークたちクルーの運命を描く。出演はクリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらレギュラー・メンバーに加え、新たにイドリス・エルバ、ソフィア・ブテラが参加。監督は前2作のJ・J・エイブラムスに代わり、... [続きを読む]

受信: 2016年11月 1日 (火) 16時53分

» スター・トレック BEYOND [風に吹かれて]
レナード・ニモイとアントンに捧ぐ 公式サイト http://www.startrek-movie.jp 製作: J・J・エイブラムス監督: ジャスティン・リン  「ワイルド・スピード」シリーズ 宇宙探 [続きを読む]

受信: 2016年11月 3日 (木) 11時22分

» スター・トレック BEYOND [Akira's VOICE]
カーク&スポック以外のメンバーも際立っていて面白かった!   [続きを読む]

受信: 2016年11月 7日 (月) 17時08分

» 「スタートレック BEYOND」☆バツグンに面白い [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝てしまうのがこの私。 暗い中でぐるぐる飛ぶので、目が回ってしまい、酔いやすい私はすぐに目から入る情報をシャットダウンするように体が出来ているだけで、SF映画に何の罪もない。... [続きを読む]

受信: 2016年11月14日 (月) 10時28分

» スター・トレック BEYOND [♪HAVE A NICE DAY♪]
今回も面白かった カーク船長にスポック、そしてお馴染みの仲間達が勢ぞろい エンタープライズが!!敵の異星人によって 大変な事に~~~! いいわ~難しい事が無くドキドキしながら楽しめる スター・トレック! そして、クスッと笑えたり最高です! 逃げるのにカ...... [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 20時31分

» スター・トレック BEYOND [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【STAR TREK BEYOND】2016/10/21公開 アメリカ 123分監督:ジャスティン・リン出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョー STORY:5年におよぶ宇宙探査へと旅立ったエンタープライズ号。それから3年あまりが経ち、ジェームス・T・カークの中には艦長という役目に対する迷いが生じていた。一方、副艦長のスポックもまた別の理由から迷いを抱えていた。そんな中、宇宙基地ヨークタウンに寄航したエンタ... [続きを読む]

受信: 2016年12月14日 (水) 15時56分

» 映画:スター・トレック BEYOND STAR TREK BEYOND 旧来のファンも満足させる魅力を放つ 第3作目。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
今年は「スター・トレック」50周年だそう。 一方でもう一つの大作シリーズ「スターウォーズ」で忙しすぎるエイブラハムスが制作にまわり、監督をバトンタッチ。 ジャスティン・リンは、「ワイルド・スピード」シリーズを育てた監督。 ここでイヤな予感が。。。 当ブログはトレッキーだと公言するほどではないが、第7シーズンまで好評で制作された「スター・トレック ネクスト・ジェネレーション」のファンではある。 第7シーズンまでの人気が出たことで当然映画化され、前の世代の引き継ぎも含め、合計 ... [続きを読む]

受信: 2016年12月18日 (日) 22時00分

» スター・トレック BEYOND [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【STAR TREK BEYOND】2016/10/21公開 アメリカ 123分監督:ジャスティン・リン出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョー STORY:5年におよぶ宇宙探査へと旅立ったエンタープライズ号。それから3年あまりが経ち、ジェームス・T・カークの中には艦長という役目に対する迷いが生じていた。一方、副艦長のスポックもまた別の理由から迷いを抱えていた。そんな中、宇宙基地ヨークタウンに寄航したエンタ... [続きを読む]

受信: 2016年12月28日 (水) 16時28分

» スター・トレック BEYOND [銀幕大帝α]
STAR TREK BEYOND 2016年 アメリカ 122分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/10/21) 監督: ジャスティン・リン 『ワイルド・スピード EURO MISSION』 製作: J・J・エイブラムス ジャスティン・リン 脚本: サイモン・ペッグ 出演: クリス...... [続きを読む]

受信: 2017年2月23日 (木) 20時35分

» スター・トレック BEYOND [だらだら無気力ブログ!]
前2作同様、面白かったな。 [続きを読む]

受信: 2017年3月 4日 (土) 13時00分

« 「ハドソン川の奇跡」 ヒューマン・ファクター | トップページ | 「SCOOP!」 執着心の帰結 »