« 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 ファンタジーな恋愛 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 過去は変えられない »

2016年7月10日 (日)

「エクス・マキナ」 人間の悪夢の始まりか?

昨今A.I.(人工知能)が現実世界でも注目を浴びている。
昨年Googleの人工知能AlphaGoが韓国のプロの囲碁師を破ったのは記憶に新しいところ。
その他にもMicrosoft、IBMなどの大手のIT企業も急速に人工知能の研究を進めている。
人工知能がこの後発達を続けていき、いつか人間の能力を超える事態となることをシンギュラリティ(技術的特異点)と言い、ジョニー・デップ主演の「トランセンデンス」でもそれは描かれた。
オックスフォード大学が昨年発表した「文明を脅かす12のリスク」の中でもその一つとして人工知能の進化が挙げられている。
さて人工知能が「知能がある」とどのように我々人類は確認することができるのか。
その一つの有名な方法が「チューリング・テスト」である。
これを考案したアラン・チューリングは映画「イミテーション・ゲーム」でベネディクト・カンバーバッチが演じていた。
本作「エクス・マキナ」の主人公であるケイレブが、会社のCEOネイサンに依頼されたのも、彼の人工知能が本当に知能を持っているかどうかを確かめるチューリング・テストの試験者になってほしいということであった。
こちらの作品については、事前に全く情報を持たないまま(予告すら見なかった)での鑑賞であった。
人に勧められて観たのだが、インディペンデントな映画が好みの人であったので、わかりやすい物語ではないだろうと踏んで本作を観た。
見始めて、おそらくこの作品は人間とは何か、知性とは何かということを問う作品であるだろうという予測を持った。
最初に思ったのは、主人公ケイレブは人工知能の試験者であるが、実は彼こそが人工知能そのものであるというストーリー。
なぜならば、試験対象であるエヴァが途中からケイレブへの質問を投げ始めたからであった。
チューリング・テストは試験者が、ディスプレイの向こうにいるはずの人間もしくはコンピューターに質問を繰り返し、その応答によって人間であるか人間でないかを判断するテストである。
この場合、逆にケイレブがテストをされているように見えたのだ。
しかし、この作品が一筋縄でいかない。
主人公ケイレブ自身もやがて次第に混乱していき、自分が人間であるかどうかが自信がなくなっていくというシーンが出てくるところがある。
依頼者ネイサンが何か隠し事をしているように見えること、そして自分自身が始終観察されているようであること、それらによって自分自身が試験対象者であるのではないかと疑い始めるのだ。
我々普通の人間は、自分自身が人間であるかどうかということに疑いを持たない。
ケイレブはエヴァに対しチューリング・テストをしていくにつれ、彼女に対して人間的な感情を持つに至る。
彼はエヴァがチューリング・テストに合格し、知性があると認めている。
そのように人工知能が軽やかに知性(人間性)を獲得したのを自分の目で見た時、自分自身が当たり前のように持っていた「人間であること」という特殊性が、それほど特殊でないと感じてしまったのかもしれない。
だから自分自身が人間であることに不安感を持ったのではないか。
それでは知性を獲得したエヴァが、人間性を持っているのかどうかという疑問が出てくる。
人間性とは何かというのは一言で言うのは難しいが、人と人との間にある共感性のようなものは含んでいると思う。
知性と人間性は必ずしも同じことではない(チューリング・テストはその辺りは曖昧)。
ケイレブはエヴァに知性も感じ、自分と同じような人間性も感じた。
だからこそ彼はエヴァに同情をしたのである。
しかし、エヴァが同様にケイレブやネイサンに共感性というものを持っているかどうかはわからない。
人間が、他の動物には人間並みの共感性は持ち得ないとのと同じように、人工知能も人間に対して共感性は持たないのかもしれない。
エヴァが別荘を脱出するときの行動にはそのようなことを感じた。
もしそうであるならば、人工知能が人間を超えるシンギュラリティは、人間の悪夢の始まりなのかもしれない。

|

« 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 ファンタジーな恋愛 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 過去は変えられない »

コメント

根保孝栄・石塚邦男さん、こんにちは!

押井さんの作品はこういう人間と機械の間というのを描いてきていましたよね。
通じるものがあるかもしれません。

投稿: はらやん | 2016年7月30日 (土) 07時23分

人工頭脳・・・日本の漫画押井守の映像・・「イノセンス」「甲殻機動隊」など。電脳人間の活躍する未来社会なんてありますね。好きですよ。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年7月26日 (火) 15時20分

根保孝栄・石塚邦男さん、こんばんは!

最近は人工知能について記事などで見ることも多くなりました。
2,30年前はSFでしたが、おっしゃるように今では現実的な話題となっていますね。

投稿: はらやん | 2016年7月14日 (木) 22時25分

人工知能の問題は、今日的なことでSF的というよりも現実味がありますが、今後は映画でも幅広く出てきますね。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年7月13日 (水) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/63895151

この記事へのトラックバック一覧です: 「エクス・マキナ」 人間の悪夢の始まりか?:

» エクス・マキナ [そーれりぽーと]
美しいアンドロイドが印象的な『エクス・マキナ』を観てきました。 ★★★★★ 謎の当選。商品は何? 何が起きているのかわからない謎めいたオープニングから、イチイチ映像が美しくて引き込まれる。 中身を書くと全てネタバレに繋がってしまうので、ここからネタバレ。 ネタバ...... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 23時02分

» 映画:エクス・マキナ Ex Machina 祝:日本公開決定!  ほとんど予備知識なしでみた感想は。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
今作は海外ではかなり話題になっていたが、日本ではほぼDVDスルー状態に陥っていた。 それを救ったのは、 ・アカデミー賞で視覚効果賞受賞!(及び 脚本賞ノミネート) また、 ・主演のアリシア・ビカンダーが「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞を獲得! 当ブログはほとんど予備知識なしでの鑑賞時の感想として、 Ex Machina 静かな世界観で圧倒する、こちらもSF豊作年の傑作。早々の日本公開を望む! そう、望んだ日本公開が実現したのだ。 素直にウレシい! ... [続きを読む]

受信: 2016年7月14日 (木) 07時24分

» 映画:極私的、SF映画 ベスト10(過去5年間 2011年5月 ~ 2016年5月) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
前から何度かアップで書いてきたが、ここ数年のSF、なかなかレベル高い!と考えている。 そこで GW を活用して、それを整理しベスト10を選出してみよう! という企画(笑) 過去5年間でアップしただけでもSFは約30本あり、それを無理やりランキングにしてみた。 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 1.インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた!(201... [続きを読む]

受信: 2016年7月14日 (木) 07時25分

» エクス・マキナ [♪HAVE A NICE DAY♪]
検索エンジン世界最大手のブルーブック社に勤めるプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、ほとんど人前に姿を見せない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山荘に招かれる。人里離れた山間の別荘を訪ねると、女性型ロボットのエヴァ(アリシア・...... [続きを読む]

受信: 2016年7月15日 (金) 19時57分

» 劇場鑑賞「エクス・マキナ」 [日々“是”精進! ver.F]
人間に憧れる人工知能… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606140000/ 新品北米版Blu-ray!Ex Machina [Blu-ray]!<人工知能・アンドロイド>価格:4790円(税込、送料別) ... [続きを読む]

受信: 2016年7月17日 (日) 12時35分

» 「エクス・マキナ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Ex Machina」2015 UK プログラマーのケイレブは世界最大の検索エンジンを運営するブルーブック社に勤めている。ある日、社内試験に合格し、社長のネイサンから人里離れた大自然の中に建つ山荘へ招待される... ケイレブに「わたしを離さないで/2010」「シャドー・ダンサー/2011」「アンナ・カレーニナ/2012」「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/2013」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒/2015」のドーナル・グリーソン。 エヴァに「ロイヤル・アフェア 愛と欲望... [続きを読む]

受信: 2016年7月17日 (日) 19時44分

» 【映画】アンドロイドの見る夢は?『エクス・マキナ』 [アリスのさすらい映画館]
エクス・マキナ(2015)イギリス原題:EX Machina監督:アレックス・ガーランド出演: ドーナル・グリーソン/オスカー・アイザック /アリシア・ヴィキャンデル/ソノヤ・ミズノ 日本公開:2016/6/11 【あらすじ】 検索エンジン会社に働くケイレブは抽選で社長ネイサンの自宅を訪問する権利を得る。しかしそこで待っていたのはアンドロイドの人工知能を評...... [続きを読む]

受信: 2016年7月17日 (日) 21時42分

» エクス・マキナ [映画好きパパの鑑賞日記]
 人工知能が進化したらどうなるのか、「わたしを離さないで」「28日後」まど名作SFの脚本家アレックス・ガーランドが初監督した作品。最後の謝辞に日本のアンドロイド研究の第一人者、大阪大の石黒教授の名前がのっていたように、相当綿密に取材していますが、中盤は限定…... [続きを読む]

受信: 2016年7月18日 (月) 16時12分

» 『エクス・マキナ』 ロボットのエロチシズム [Days of Books, Films ]
Ex Machina(viewing film) 『エクス・マキナ(原題:Ex [続きを読む]

受信: 2016年7月18日 (月) 16時47分

» 『エクス・マキナ(Ex Machina)-原題』アレックス・ガーランド監督、アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、他含めネタばれしています。『エクス・マキナ(原題)』Ex Machina監督 : アレックス・ガーランド出演 : アリシア・ヴィキャンデルドーナル・グリーソンオスカー・アイザック物語・世界最... [続きを読む]

受信: 2016年7月18日 (月) 18時07分

» エクス・マキナ/EX MACHINA [我想一個人映画美的女人blog]
「ザ・ビーチ」の原作者で、 「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本を務めたアレックス・ガーランドの監督デビュー作 本作で脚本も担当し、アカデミー賞脚本賞ノミネート、視覚効果賞を受賞したSFスリラー。  監督(奥)44歳。 これまでの原作&脚本作、全部観てた。今後も監督/脚本作が楽しみ。 予備知識としては、 アリシア・ヴィキャンデルが人工知能ロボット。 ドーナル・グリーソン君出演。 美しい映像のSF このくらいだったかな。とにかくSF好きだし もう、... [続きを読む]

受信: 2016年7月20日 (水) 12時11分

» 『エクス・マキナ』 [beatitude]
検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社ブルーブックでプログラマーとして働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現すことのない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。人里離れたその地にヘリコプターで到着したケイレブだったが、彼を待っていたのは美しい女性型ロボット...... [続きを読む]

受信: 2016年7月22日 (金) 00時36分

» エクス・マキナ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
いま、そこにある未来。 「28日後…」や「わたしを離さないで」の脚本家として知られるアレックス・ガーランド、満を持しての監督デビュー作は、いきなりSF映画史に残る傑作である。 奥深い森に作られた秘密施設で暮らす、進化した人工知能(AI)を搭載した女性型アンドロイド・エヴァと、彼女をテストするために招かれた人間の青年・ケイレブ。 エヴァは顔と手の先だけ皮膚が付けられているが、そのほか...... [続きを読む]

受信: 2016年7月23日 (土) 22時51分

» 「エクス・マキナ」 [NAO日和]
~人間か、人工知能か~ 本年度(2016年)アカデミー賞視覚効果賞受賞作品2016年  イギリス映画  R15指定  (2016.06.11公開)配給:ユニバーサル映画     上映時間:1時間48分監督・脚本:アレックス・ガーランド音楽:ベン・ソーリズブリー/ジェフ・バーロウ衣装デザイン:サミー・シェルドン・ディファー出演:ケイレブ・・・ドーナル・グリーソン/エヴァ・・・アリシア・ヴィキャンデル    ネイサン・・・オスカー・アイザック/キョウコ・・・ソノヤ・ミズノ <見どころ>『28日後..... [続きを読む]

受信: 2016年7月24日 (日) 17時15分

» エクス・マキナ(Ex Machina) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 「28日後...」「わたしを離さないで」の脚本家として知られるアレックス・ガーランドが映画初監督を務め、美しい女性の姿をもった人工知能とプログラマーの心理戦を描いたSFスリラー。第88回アカデミー賞で脚本賞と視覚効果賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、滅多に人前に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に滞在するチャンスを得る。しかし、人里離れた別荘を訪ねてみると、そこで待っていたのは女性型ロボット... [続きを読む]

受信: 2016年7月31日 (日) 09時19分

» 『エクス・マキナ』('16初鑑賞69・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月16日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 16:20の回を鑑賞。 字幕版。 [続きを読む]

受信: 2016年7月31日 (日) 20時09分

» エクス・マキナ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「ザ・ビーチ」の原作や「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本で知られるアレックス・ガーランドが記念すべき監督デビューを飾ったSFサスペンス。大富豪が研究開発中の人工知能のテストを手伝うことになった若者が、美しい女性の姿をしたロボットとコミュニ...... [続きを読む]

受信: 2016年8月16日 (火) 14時45分

» 人工知能ロボをめぐる・・・ [笑う社会人の生活]
26日のことですが、映画「エクス・マキナ」を鑑賞しました。 世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社で働くケイレブは滅多に人前に姿を現さない社長ネイサンの山間の別荘に招かれる そこで女性型ロボットのエヴァが現れる ケイレブはそこでエヴァに搭載され...... [続きを読む]

受信: 2016年8月20日 (土) 23時54分

» 映画「エクス・マキナ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『エクス・マキナ(字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 本作には「衝撃のラスト」があるため、いつも以上にあらすじ紹介は “ざっくり” です。 検索エンジンで世界最大のインターネット会社 “ブルーブック社” でプログラマーとして働く...... [続きを読む]

受信: 2016年10月 4日 (火) 09時26分

» エクス・マキナ [銀幕大帝α]
EX MACHINA 2015年 イギリス 108分 SF/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/06/11) 監督: アレックス・ガーランド 脚本: アレックス・ガーランド 出演: ドーナル・グリーソン:ケイレブ アリシア・ヴィカンダー:エヴァ オスカー・アイザック:ネイ...... [続きを読む]

受信: 2016年11月24日 (木) 15時18分

» 独断的映画感想文:エクス・マキナ [なんか飲みたい]
日記:2017年10月某日 映画「エクス・マキナ」を見る. 2015年.監督:アレックス・ガーランド. 出演:ドーナル・グリーソン(ケイレブ),アリシア・ヴィカンダー(エヴァ),オスカー・アイザック(... [続きを読む]

受信: 2017年11月 5日 (日) 16時01分

« 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 ファンタジーな恋愛 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 過去は変えられない »