« 「ズートピア」 多数決の怖さ | トップページ | 「高台家の人々」 コミュニケーションの努力 »

2016年6月16日 (木)

「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ

<ネタバレ部分があるので、注意してください>

前編は昭和64年に発生した誘拐事件「ロクヨン」を模倣した事件が発生したところで終わっていました。
事件が始まってすらいないところではあったので、後編も気になって公開後すぐに観に行ってきました。
模倣事件は誰が行っているのか?
誘拐された子供は助けられるのか?
そもそも「ロクヨン」の犯人は見つかるのか?
といった謎が解けていくのも見どころではあるのですが、それよりも親が子供を思う気持ちの深さ、そしてそれが届かぬ時のいたたまれなさに感じ入りました。
「ロクヨン」で娘を殺害されてしまった雨宮は十数年にもわたり、一人で犯人を追っていました。
毎日のように一軒一軒電話をかけ、自分だけが知っている犯人の声を探していたのです。
それは気の遠くなるような作業であったでしょう。
しかし、それは彼にとって唯一、愛娘と繋がっていられる行為であったのでしょう。
雨宮は年月が経ち、娘のことを忘れてしまっていきそうになることが恐ろしいと言ってしました。
彼がいかに娘を想っていても、それを直接伝えることはもうできません。
声をかけてあげたくとも届かない。
そのいたたまれなさといったら。
彼ができる唯一のことは一つ一つ電話番号を潰していくことだけ。
そうすることによって、彼は娘と繋がっていたいと思ったのかもしれません。
また、主人公三上にしても、そのいたたまれなさを抱えています。
彼に反抗的な娘に手を焼き、その気持ちを理解できないという悩みがありました。
しかし、彼は娘と正面を切って向かい会おうとはできず、その結果娘は失踪をしてしまいます。
彼も娘を愛していないわけではなく、それだからこそ娘がいなくなった時、喪失感を感じ、自分が間違ったことをしてしまったのでないかという思いを持ち続けています。
だからこそ三上は、雨宮の本当の思いを理解した時、彼が持ついたたまれなさに共感したのではないかと思います。
そして雨宮も三上が心の中に抱えている思いを察したのではないでしょうか。

また本作では、人は自分の強い思いに支配された時、他人の気持ちを思いはかることができなくなってしまうということも浮かび上がってきます。
「ロクヨン」の犯人は後編で割とあっさりとわかります。
そもそも模倣事件自体が、彼が犯人であることを明らかにさせるために仕込まれたことであるわけです。
かつて自分が行ったと同じように娘を誘拐された時に、犯人は自責の念にかられるのか。
彼は自分の娘を助けるために大金も用意します。
そのために自分は何でもやるとも言います。
彼は模倣犯に対し、娘の命を懇願した時に、かつての自分の姿は思い浮かばなかったのでしょうか。
自分が娘を思う気持ちが何ものにも勝ってしまう。
同じことは、三上にも言えます。
三上が犯人を追い詰めた時、彼は雨宮に共感し、その思いを果たしてあげるためと考えていたのでしょう。
娘のためという雨宮の思いを遂げること、それは三上自身にとっても思いを果たすことと同じになっていたのかもしれません。
だからこそ、三上は禁じ手とも言える手法で犯人を追い詰める。
そして、それにより犯人の娘の気持ちをも傷つけてしまいました。
それは犯人が他人の気持ちをわからずに犯行を行ったことと、同じことであるようにも思えます。
いかに親の子供に対する思いが強く、そのためであるならば他の人間を傷つけてしまうこともしてしまうという業の深さを描いているようにも思いました。

|

« 「ズートピア」 多数決の怖さ | トップページ | 「高台家の人々」 コミュニケーションの努力 »

コメント

ここなつさん、こんばんは!

人はどこか自己本位なところがあるのですよね。
自分や家族なことを大切に思うのと同じようには所詮他人を思えないという。
そこを分かりながら、自分をいかに戒められるかということなのでしょうか。

投稿: はらやん | 2016年7月23日 (土) 22時31分

こんにちは。
特に、>いかに親の子供に対する思いが強く、そのためであるならば他の人間を傷つけてしまうこともしてしまうという業の深さを描いているようにも思いました。
の部分に考えさせられました。
脆い存在の人間は、組織や家族の絆を過大評価しつつ生きていると思うのですが、それすら親子の情愛の中ではちっぽけな大きさなのかもしれませんね。

投稿: ここなつ | 2016年7月20日 (水) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/63788667

この記事へのトラックバック一覧です: 「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ:

» 劇場鑑賞「64 -ロクヨン- 後編」 [日々“是”精進! ver.F]
ロクヨン事件の終焉… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606110000/ 映画「64-ロクヨンー前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2500円(税込、送料無料) ... [続きを読む]

受信: 2016年6月18日 (土) 05時23分

» 64-ロクヨン-後編 [我想一個人映画美的女人blog]
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫るロクヨン捜査の真相と、 現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末とは   前編レビュー64前編   平成14年12月。時効まであと1年と迫った...... [続きを読む]

受信: 2016年6月22日 (水) 09時02分

» 64-ロクヨン 後編 [映画好きパパの鑑賞日記]
 前編は豪華演技陣に満足して、後編のオリジナルの結末が楽しみだったけど、実際にみてみると、前編で懸念した人情泣かせに走っていて、リアリティにかけ、がっかりしました。  作品情報 2016年日本映画 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、夏川結衣、永瀬正敏 上映時…... [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 05時40分

» 64−ロクヨン−後編 ★★★ [パピとママ映画のblog]
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。 あらすじ:平成14年12月。時効まであと1年と迫... [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 18時48分

» 64-ロクヨン-後編 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 STORY:平成14年12月。時効まであと1年と迫った...... [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 23時08分

» 64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久 [西京極 紫の館]
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題をようやく解決した矢先昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を模倣した誘拐事件が発生し、県警内部の政治対立に翻弄され、再びマスコミと衝突してしまう...... [続きを読む]

受信: 2016年6月24日 (金) 23時34分

» 映画「64-ロクヨン-後編」 [FREE TIME]
映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年6月25日 (土) 08時33分

» 64-ロクヨン-後編 [to Heart]
上映時間 119分 原作 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊) 脚本 瀬々敬久/久松真一 監督 瀬々敬久 音楽 村松崇継 主題歌 小田和正『風は止んだ』 出演 佐藤浩市/綾野剛/夏川結衣/緒形直人/榮倉奈々/窪田正孝/坂口健太郎/筒井道隆/小澤征悦/金井勇太/柄本佑/忍成修吾/...... [続きを読む]

受信: 2016年6月25日 (土) 22時22分

» 64 ロクヨン 後編 [映画的・絵画的・音楽的]
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしきる中で公衆電話ボックス(注1)に入って電話をかけようとする雨合羽の男の姿が映し出さ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 09時06分

» 『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村トオル、三浦友和、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆鶴田真... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 12時38分

» 64-ロクヨン【後編】 [森の中の一本の木]
月曜日に前編を見て、一日空けて水曜日に後編を見てきました。 前編の最後に「64」の模倣誘拐事件が起きて・・・・・・ そして事件は一気に解決して行きます。 この映画のラストは原作とは違うらしいですね。どんな風に違うのだろうかと、私は思わず検索してしまいまし...... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 13時02分

» 映画『64−ロクヨン−後編』観てきた・・・ [よくばりアンテナ]
前編の記事はコチラ 前編があまりにも面白かったために、期待値が上がりすぎでした。 ただ、不安がなかったわけじゃない。 だって、前編ですでに原作本のストーリー3/4くらいは進んでるので、 後の1/4をどうやって後編で広げるんだろうかと・・・ もちろん、面白くないわけじゃなかった。 誘拐事件の記者会見だっていうのに、 全く把握してない二課長を記者たちの前に立たせて、...... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 18時36分

» 64 ロクヨン 後編 [勝手に映画評]
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。 って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容だった...... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 18時57分

» 「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやってくれたというかんじ。... [続きを読む]

受信: 2016年6月27日 (月) 00時50分

» 『64 -ロクヨン- 後編』('16初鑑賞58・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2016年6月27日 (月) 21時32分

» 64(ロクヨン) 後編 [映画と本の『たんぽぽ館』]
父親の執念を見よ! * * * * * * * * * * 「64」お待ちかねの後編です。 先の昭和64年の誘拐事件とそっくりな誘拐事件が勃発。 単なる模倣犯か、それとも・・・? 本作の見所は、先の誘拐事件で娘を殺害された雨宮(永瀬正敏)と 三上(佐藤浩市...... [続きを読む]

受信: 2016年6月28日 (火) 20時21分

» 64-ロクヨン- 後編 [そーれりぽーと]
早くも続きの公開!『64-ロクヨン- 後編』を観てきました。 ★★★★ ハイテンションで駆け抜けて描かれる前編が良過ぎた。 後編はテンポにムラが有り、前後編の区切るところを間違えたのかと思うような間延び感を感じてしまったところが残念。 面白いのには間違いないんだけど...... [続きを読む]

受信: 2016年6月28日 (火) 23時53分

» 『64(ロクヨン)』後編  感想 [★ Shaberiba ]
ボタンの文字が見えなくなった公衆電話が語る驚愕の真実に涙。 [続きを読む]

受信: 2016年6月29日 (水) 12時36分

» 「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯人追跡で娘の無念を晴らした父親の執念 [オールマイティにコメンテート]
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ... [続きを読む]

受信: 2016年7月 1日 (金) 00時21分

» 「64-ロクヨン-後編」 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
少女誘拐殺人事件が時を経て繰り返される。 合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】横山秀夫文藝春秋 by G-Tools [続きを読む]

受信: 2016年7月19日 (火) 06時05分

» 「64(ロクヨン)後編」 [ここなつ映画レビュー]
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていたのだけれど、息子と予定を合わせるのが難しいシーズンなので。前編からの期待を裏切らない素晴らしい力作。だが、ラストは原作とは異なるのだという。それは…!大変だ!ということで、自分史上初めて映画を観た後に原作を読む事を決意。で、文庫本を買ってきたのはいいんだけど、読み始めて10ページもいかない内に涙、涙。これは読了するのに相当な気力がいる... [続きを読む]

受信: 2016年7月20日 (水) 12時46分

» 64 -ロクヨン-後編 (2016) 119分 [極私的映画論+α]
正直言っていいですか?(笑) [続きを読む]

受信: 2016年7月21日 (木) 06時15分

» 後編は事件は解決へと向うが・・・ [笑う社会人の生活]
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生 犯人は「サトウ」と名乗り 身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていて・・・ もちろ...... [続きを読む]

受信: 2016年8月19日 (金) 13時29分

» 64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 [いやいやえん]
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サスペンス 【概略】 三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。 サスペンス 犯人は、まだ昭和にいる。慟哭の結末を見逃すな。 「昭和天皇の崩御... [続きを読む]

受信: 2016年12月18日 (日) 21時11分

» 64-ロクヨン-後編 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜、緋田康人、矢柴俊博、加藤虎ノ介、足立智充、大西信満、管勇毅、忍成修吾、森本のぶ、三浦誠己、結城貴史、黒川芽以、渡辺真起子、小橋めぐみ、芳根京子、萩原みのり、渡邉空美、瑛太、滝藤賢一、烏丸せつこ、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、永瀬正敏、三浦友和 【解説】 「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を基に、『... [続きを読む]

受信: 2017年1月13日 (金) 05時33分

« 「ズートピア」 多数決の怖さ | トップページ | 「高台家の人々」 コミュニケーションの努力 »