« 「仮面ライダー電王」<平成仮面ライダー振り返り-Part8> その後に影響を与えたエポックな作品 | トップページ | 「テラフォーマーズ」 火星でどつき合い »

2016年5月 6日 (金)

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 さすがのマーベル

キャプテン・アメリカ、アイアンマン、今まで数々の脅威から世界を救ってきたスーパーヒーローたち。
彼ら一人一人が常人を超える凄まじい能力を持っている。
しかし、彼らがもし暴走をしたら・・・。
世界は破滅してしまうかもしれない。

アベンジャーズたちは人々を救ってきたが、その一方で決して少なくない人々が命を失ってしまっていた。
そのために彼らを危険視する意見が国際的にも増えたため、彼らを国連の管理下に置いた上で、活動を認めるという協定が結ばれようとしていた。
しかし、そのことに対してアベンジャーズ内でも意見が対立、特にスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)とトニー・スターク(アイアンマン)は異なる考えを持つようになった。
その上ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズの事件が起こり、彼らの対立はより激しさを増してしまう。
「スパイダーマン(サム・ライミ)」「アイアンマン」以降のスーパーヒーローものは、かつての「スーパーマン」や「バットマン(ティム・バートン」の時のようなファンタジーではなく、リアルさを持つようになっている。
それはスーパーヒーローの人物像であったり、物語の整合性といった部分にまで細かく描かれることによると思う。
そういった時に出てくる当然の疑問として「街中で派手な戦いがあった時、一般市民はどうなっているのか?社会はどう対応するのか?」ということがあげられると思う。
昔のスーパーヒーローものはそういう部分については「見なかったこと」にしていたものだが、あえてこの疑問に真剣に向き合うと興味深い物語が生まれてくる時がある。
日本の作品だが、「平成ガメラ」などはその好例だし、平成仮面ライダーの一作目である「仮面ライダークウガ」もその疑問に真剣に向き合ったものだと思う。
あまりうまくいかなった例としては、このテーマを消化しきれていない「バットマンVSスーパーマン」があげられる。
本作の一つの見所としてあげられるヒーローVSヒーローという構図、これは彼らがなぜ対立するのかということがしっかりと描かれていないとただのイベントとなり、大人が鑑賞には耐えられなくなってしまう。
この点が「シビル・ウォー」は非常にうまく描かれている。
意見の対立としては、国際機関の管理を受け入れるか、受け入れないかという点である。
トニー・スタークは受け入れ派、スティーブ・ロジャースは受け入れない派となっている。
スタークは元々傲慢不遜があり他人への配慮が足りないところがあったが、実は彼自身もそういう欠点は自覚している。
だからこそ「アイアンマン」で自分が売っていた武器が人殺しに使われることにショックを受けるのであり、また本作でも彼らの活動による被害者の母親の言葉に傷つく。
彼は自分自身がいつもすべての人にとって最良の答えを導くかどうかに自信がないのかもしれない。
スタークは自分が暴走してしまう危険を認識しているからこそ、良心としてのパートナー(例えばポッツとか)を欲するのだろう。
そういう彼にとって、制限が課せられることであっても、人を超えた力が暴走することを阻止しなくてはいけないという思いが強いのかもしれない。
対して、スティーブ・ロジャースはスタークのような自信のなさは感じられない。
彼は生まれながらのリーダーであり決断者で、最良の行動をとることに迷いがない。
そしてまた自らが所属をしていた組織(かつてのアメリカ、そしてSHIELD)が決して最良の行動をとるわけでもないということも知っている。
力があるものはその責任を感じつつ、自らその責任を取る覚悟で決断しなくてはならないと考えている。
その責任から逃げてはいけないと。
どちらの考えが正しいかと、本作では安易に結論づけているわけではない。
簡単に結論づけられるものでもないだろう。
ちょっと極端かもしれないけれども、軍の「シビリアン・コントロール」の問題にも関係があるようにも思う。
「シビリアン・コントロール」を強めると、有事の時に軍の動きの判断が遅れてしまい、対応ができなくなってしまうという危険性。
逆に弱めると、軍事力を持った組織が暴走してしまうのではないかという危険性。
まさに新安保法についても色々な意見があり、なかなか結論づけられるものではない課題ではある。
そういう結論づけられない難しい課題であることを本作は真剣に語っているところが、大人の鑑賞に耐えうる作品になっているところだと思う。
「バットマンVSスーパーマン」はこの問題を「母親の名前が同じ」というわけのわからん理由で、超越してしまったところがご都合主義で安易な感じがしたのだ。
スーパーヒーローは管理されるべきか、否かという課題はマーベル・ユニバースでもしばらく引きずられるテーマとなるのだろうか。

さて、ここからは散文的に。
マーベルの主要キャラクターでありながら、大人の事情でアベンジャーズには参加できなかったスパイダーマンが本作に登場しました。
「アメイジング・スパイダーマン」が低調のためシリーズ打ち切りとなったソニーが折れたのでしょうか(新シリーズがリブートされるようだが)。
本作のスパイダーマンはサム・ライミ版、マーク・ウェブ版よりも、年下の設定なのでしょうか、けれどそれが大人なヒーローたちの間で特徴的に描かれていて興味深かったです。
これからレギュラーになっていくのでしょうか。
あと驚いたのはアントマンのまさかの巨大化。
なるほど小さくなるテクノロジーは大きくなるテクノロジーに応用できるのですね。
派手なヒーローが多い中、ミクロサイズのアントマンがどうするかと思ったら、この手があったかと驚きました。
「帝国の逆襲」的なバトルも良かったですよ。
ブラックパンサーもなかなか存在感ありました。
シンプルなヒーローでありながらアクロバティックな体術で戦うので、ピンでも面白そうな作品ができそうではないでしょうか。

あとマーベルが上手だなと思ったのは、上手な退場のさせ方。
ウィンター・ソルジャーは自分自身が利用されるのを防ぐため冷凍睡眠に入り、ウォーマシンは戦いにより重傷を負う。
死んでしまうとかいつの間にか居なくなるといった安易な手法ではなく、そのヒーローを物語の中でうまく退場させるのがうまいと思いました(「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」)のハルクなども)。
「キャプテン・アメリカ」も本作で3部作簡潔で、クリス・エバンスは今後の「アベンジャーズ」への出演にはサインをしているということですが、登場場面は少なくなるかもしれないですね。
そうであっても、彼はアメリカの奥地にいるのだろうということで納得ができるわけです(スタークがピンチの時にやってくるという感じかな)。

いろんな視点で堪能できた作品でした。
それにしても「バットマンVSスーパーマン」は・・・。

|

« 「仮面ライダー電王」<平成仮面ライダー振り返り-Part8> その後に影響を与えたエポックな作品 | トップページ | 「テラフォーマーズ」 火星でどつき合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/63590138

この記事へのトラックバック一覧です: 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 さすがのマーベル:

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [だらだら無気力ブログ!]
あいかわらずド派手なアクションは観ていて楽しい。 [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 20時30分

» 「シビルウォー キャプテン・アメリカ」☆目まぐるしく戦う [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が期待ほどではなかったので、今回はハードルを下げての鑑賞。(アベンジャーズじゃないんだけど) ほとんど今回はパスしてもいいくらいかなと思っていたけど、おや?いい評価も現れ始めたし・・・・ 思っていたよりしっかりした話だったけど、終始目まぐるしく戦い続けていて、敵と味方が判んないし~~と、結果、1週間後には内容を忘れちゃう映画だったかなぁ。... [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 01時06分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [Akira's VOICE]
おもしろかったー! でも、主役は誰??  [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 10時31分

» ガメラ:「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」とガメラ 2016/05/07 [ガメラ医師のBlog]
 ※)本項は公開直後の新作映画を扱ったまとめ記事でございまして、リンク先を含む内容に多くのネタばれを含みます。そういうのが苦手な方は、本項はスキップして下さいますようお願い申し上げます。 m(_ _)ノシ  本日三本目の更新です。一本目「 第1週のフィギュア情報...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 17時55分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [miaのmovie★DIARY]
【Captain America: Civil War】 制作国: アメリカ  制作年:2016年 アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。 しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが 問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府 組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことト...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 19時30分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。アベンジャーズのメンバー同士でもあるキャプテン・アメリカとアイアンマンの対立を、あるテロ事件と絡めて活写していく。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 8日 (日) 12時18分

» 劇場鑑賞「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」 [日々“是”精進! ver.F]
友だから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604290000/ シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ -オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2700円(税込、送料無料) 【ムービー・マスターピース】『シビル・ウォー/キャプテン・ア...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 8日 (日) 12時42分

» シビル・ウォー キャプテン・アメリカ [花ごよみ]
キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)等の戦いが 世界各地の被害に関わったことがトラブルとなる。 確かに爆発したり色々毀したりして 多くの人に多大な迷惑をかけています。 そのためアベンチャーズは活動を制限され 国連の管理下に置かれることに。 アイア...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 8日 (日) 22時10分

» 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)』アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ監督 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』Captain America: Civil Warアンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ監督物語・アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・ [続きを読む]

受信: 2016年5月10日 (火) 00時26分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ  監督/アンソニー&ジョー・ルッソ [西京極 紫の館]
【出演】  クリス・エヴァンス  ロバート・ダウニー・Jr  スカーレット・ヨハンソン  セバスチャン・スタン  チャドウィック・ボーズマン 【ストーリー】 アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な...... [続きを読む]

受信: 2016年5月10日 (火) 01時06分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [あーうぃ だにぇっと]
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ@ユナイテッドシネマとしまえん [続きを読む]

受信: 2016年5月10日 (火) 10時14分

» 因果応報?『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 [水曜日のシネマ日記]
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第三弾です。 [続きを読む]

受信: 2016年5月11日 (水) 19時17分

» 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ヒーロー同士の凹り合い! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[シビル・ウォー] ブログ村キーワード  “マーベル・シネマティック・ユニバース 第13弾!”「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)。シリーズもここまで来ると、憶えておかないといけない“予備知識=お約束事”がテンコ盛り!オジサンには、正直ツライわ(^^;。  キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)率いる“アベンジャーズ”は、クロスボーンズ/ブロック・ラムロウ(フランク・グリロ)によるテロ行為制圧のため出動したナ... [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 00時22分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2D字幕) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR】 2016/04/29公開 アメリカ 148分監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ジェレミー・レ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 11時36分

» 映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(IMAX・3D)」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
日本よ、これが特撮だ!? 正義という流動的な定義、どちらの側にも言い分はある。 この映画でブラック・ウィドウが一部で裏切者と叩かれているそうですが、国連や政府の表も裏も知り尽くしている彼女だからこそ、今何が必要なのか判断が出来たという事だと思うのですよね。それはクリントも同じ。ニックがこだわったシールドの独立性も根っこは同じ。 テーマとしては「バットマン vs スー...... [続きを読む]

受信: 2016年5月15日 (日) 03時52分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (Captain America: Civil War) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ 主演 クリス・エヴァンス 2016年 アメリカ/ドイツ映画 147分 アクション 採点★★★★ チーム・キャプテン・アメリカとチーム・アイアンマン。主義主張はそれぞれ一長一短なので置いておくとして、自分だったらどっちの…... [続きを読む]

受信: 2016年5月18日 (水) 20時32分

» オールスターバトルはド派手。(;´∀`)〜シビル・ウォー キャプテン★アメリカ〜 [ペパーミントの魔術師]
フツーだったら、自由奔放でチャラいはずのアイアンマン(わわわわわ)がたしなめる側に回るって なんか笑ってもた。いつもと逆じゃん。(爆) 個人的な好みで暴言吐きますけど、 あたしゃ〜どうもキャプテン・アメリカのクソ真面目なとこが苦手でして。 あまりにもいい...... [続きを読む]

受信: 2016年5月22日 (日) 18時18分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [風に吹かれて]
アベンジャーズ 分裂 公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar 監督: アンソニー・ルッソ,ジョー・ルッソ  「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ [続きを読む]

受信: 2016年5月23日 (月) 10時52分

» キャプテン VS.社長~『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 [真紅のthinkingdays]
 CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR  「地球最強軍団」 としてスーパーヒーローたちが結集していたアベンジャー ズ。しかし彼らは人類の危機を救う反面、闘いの中で多大な被害を出してい ることが問題視され始める。  前作 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 が自分としては今ひ とつだったので、アベンジャーズとは決別...... [続きを読む]

受信: 2016年5月23日 (月) 12時51分

» 映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 [FREE TIME]
GW中に映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年5月24日 (火) 06時02分

» 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』('16初鑑賞41・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月29日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて12:55の回を鑑賞。4DX・字幕版。 [続きを読む]

受信: 2016年5月24日 (火) 20時13分

» シビル・ウォー キャプテン・アメリカ [そーれりぽーと]
完全に『アベンジャーズ』本編の続きのような大集合映画と化した『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』を観てきました。 ★★★★★ あいつや、前々からうわさされていたまさかのあいつまで遂に登場しての大混戦に大満足。 但し、常識外のパワーを持つハルクとソーは今回お...... [続きを読む]

受信: 2016年5月28日 (土) 08時51分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)**CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR [銅版画制作の日々]
 友情が、友情を引き裂く―― MOVIX京都にて鑑賞。連休中ということで、やっぱり映画館は作品によっては超満員!ご多分にもれず本作はそのひとつ。前席2列目や1列目しか空きがなく仕方なく2列目にて鑑賞することに・・・・・。相変わらず私はキャラクターが覚えられず...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 9日 (木) 23時26分

» No.547 シビル・ウォー キャプテン・アメリカ [気ままな映画生活]
マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作。キャプテン・アメリカとアイアンマンという「アベンジャーズ」を代表する2人のヒーローの対立を描く。人類の平和 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月10日 (日) 14時34分

» 16-104「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
帝国は内側から崩壊する  力を一つに合わせ、世界の危機を何度も救ってきたスーパーヒーロー・チーム“アベンジャーズ”。しかし、その強大な力を危険視する声が高まり、彼らを国連の監視下に置くことが議論される。  これに対し、アイアンマンはアベンジャーズを守るためには受け入れざるをえないとの考えを示す一方、キャプテン・アメリカは己の信念を貫きこれに強く反対する。  そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配されてしまう。  アイアン...... [続きを読む]

受信: 2016年7月19日 (火) 00時31分

» シビル・ウォー キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作。マーベルヒーローが集結した「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」後の物語となり、キャプテン・アメリカとアイアンマンという「アベンジャーズ」を代表する2人のヒーローの対立を描く。人類...... [続きを読む]

受信: 2016年8月 7日 (日) 08時46分

» シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [銀幕大帝α]
CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR 2016年 アメリカ 148分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2016/04/29) 監督: アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 製作総指揮: スタン・リー 出演: クリス・エヴァンス:キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース ロバート・ダウニー・Jr:アイアンマン/トニー・スターク スカーレット・ヨハンソン:ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ セバスチャン・スタン:... [続きを読む]

受信: 2016年9月16日 (金) 21時33分

« 「仮面ライダー電王」<平成仮面ライダー振り返り-Part8> その後に影響を与えたエポックな作品 | トップページ | 「テラフォーマーズ」 火星でどつき合い »