« 「仮面ライダー1号」 本郷猛は不死身だ! | トップページ | 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 生と死の生々しさ »

2016年4月17日 (日)

「アーロと少年」 父親の自覚

予告もあまり見ていなかったので、少年と動物の交流なんて割と普通の題材なんてピクサーらしくはないなあと思って、食指が動かなかったのですが、たまたま見に行くチャンスがあったので行ってきました。
観始めるとすぐに想像していた通りではなかったことに気づきます。
通常考えられる少年と動物の関係性というのが、この作品では逆転しているのですね。
恐竜であるアーロが少年役で、人間のスポットがペット(?)というか動物役というわけです。
なんでこういう逆転の関係性で物語を描こうとしたのでしょうか?
ただ物珍しいから、ということではないかと思います。
今回劇場でこの作品を鑑賞したのですが、やはり親子連れのお客さんがたくさんいらっしゃいました。
この作品の物語の序盤で、アーロとその父親は急な川の増水に巻き込まれてしまいます。
その場面で父親はアーロを救うために犠牲になり、亡くなってしまうのですね。
その時、劇場の各所で子供たちが大泣きを始めました。
みんな、「パパ〜(泣)」「怖いよ〜」というように泣いていたのです。
見事に作品の中のアーロに共感をしている状況でした。
パパがなくなってしまうシーン、そしてその後アーロがひとりぼっちで旅をしなくてはいけないシーンはピクサーにしてはかなりシリアスに描かれていたと思います。
大人が見ても、恐ろしい感じがしました。
今回CGによる大自然の表現もかなりリアリティがあり、よりシリアス感が増幅されていたように思います。
なので、これが通常の考え方で主人公が人間の少年だったとすると、さらにシリアス&リアリティが増し、子供たちにとっては結構きつい印象の作品になってしまったかもしれません。
悪意の塊であるイナヅマドカンのあたりも実は結構怖い。
いい意味でマンガ的な表現をされているアーロがいるからこそ、そのあたりの深刻さが軽減されている感じがします。
子供たちが「パパ!パパ!」と泣いている時、一緒に来ているお父さんたちは「ここにいるから大丈夫だよ」と言って慰めていたのが印象的でした。
その姿にちょっとうるっときてしまいました。
実は今度自分にも子供ができるので、生まれてから一緒に映画とか見に行ったらこういう風に子供も感じてくれるのかなと思ったりしましたね。
しっかりとした父親にならなきゃと、初めて自覚ができました。

|

« 「仮面ライダー1号」 本郷猛は不死身だ! | トップページ | 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 生と死の生々しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/63497439

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーロと少年」 父親の自覚:

» 『アーロと少年』をトーホーシネマズ六本木2で観て、素晴らしい映画に泣きながらひねくれた妄想もするよふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★こんなんで泣かんで何で泣くんやあ】 って事で大変涙腺の崩壊しやすいお爺ちゃんになってる今、これは泣く。 今まで映画の中で語られてきた「出あいと別れ ... [続きを読む]

受信: 2016年4月23日 (土) 21時21分

» ■アーロと少年 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第396回「素敵なことを素敵だと思える心を持っていたい。」 なんだか月一更新みたいになってしまっていますが、こういうのって無理しないことが長続きのコツだと思うので、あくまで自分のペースで行こうと思います。って誰に言い訳しているんだろう・・・とにかく観た...... [続きを読む]

受信: 2016年4月24日 (日) 23時28分

» アーロと少年 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが、恐竜と少年の出会いを軸に壮大なスケールで描くアニメーション。絶滅せずに生き残った恐竜たちが高度な文明を築いた地球を舞台に、恐竜と人間の子供を待ち受ける大冒険を描く。監督を務めるのは、『モンスターズ・...... [続きを読む]

受信: 2016年4月25日 (月) 15時15分

» 劇場鑑賞「アーロと少年」 [日々“是”精進! ver.F]
二人なら、強くなれる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】アーロと少年 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジ...価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】アーロと少年 [ 俵ゆり...... [続きを読む]

受信: 2016年4月29日 (金) 14時01分

» アニメ越えの風景の中で! [笑う社会人の生活]
15日のことですが、映画「アーロと少年」を鑑賞しました。 3兄弟の中でも体が小さな末っ子アーロは甘えん坊で臆病な性格のため みんなにからかわれ兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていた ある事故で父は亡くなったが 深い愛情に包まれて育ったアーロだが、ある日川の...... [続きを読む]

受信: 2016年4月30日 (土) 18時02分

» 『アーロと少年』('16初鑑賞26・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:25の回を鑑賞。2D・吹き替え版 [続きを読む]

受信: 2016年5月 2日 (月) 14時33分

» アーロと少年 [いやいやえん]
【概略】 嵐で父親を亡くし、川に流され見知らぬ土地で目覚めたアーロは、人間の少年・スポットに助けられ…。 アニメ 怖がりの恐竜・アーロと体は小さくても怖いもの知らずの少年・スポットの友情を描くアドベンチャーファンタジー・アニメ。 冒頭から恐竜が畑を耕して種をまいて稲刈り…萎えた。その後の父親の子供をかばっての死…ライオンキングかよ!で萎えた。けど、少年にスポットと言う名をつけて絆が芽生え始めてから次第に面白くなった。 牛を追う他の恐竜たちとの交流や、いかにもな悪役の鳥類。幻をみ... [続きを読む]

受信: 2016年7月 7日 (木) 08時10分

» アーロと少年 [銀幕大帝α]
THE GOOD DINOSAUR 2015年 アメリカ 93分 アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2016/03/12) 監督: ピーター・ソーン 製作総指揮: ジョン・ラセター 原案: ピーター・ソーン 声の出演: レイモンド・オチョア:アーロ ジャック・ブライト:スポット サム・エリオット:ブッチ アンナ・パキン:ラムジー A・J・バックリー:ナッシュ ジェフリー・ライト:アーロのパパ フランシス・マクドーマンド:アーロのママ スティーヴ・ザーン:サンダークラップ 声の出演(日本... [続きを読む]

受信: 2016年7月14日 (木) 21時59分

» アーロと少年(日本語吹き替え版) [映画好きパパの鑑賞日記]
 ディズニー・ピクサーの新作アニメーションで、舞台は恐竜が農耕文明をもち、人間が野生動物のままという架空世界。オーソドックスなストーリーだけど、この設定にはまれなかった人もいるみたいですね。  作品情報 2015年アメリカ映画(アニメ) 監督:ピーター・ソ…... [続きを読む]

受信: 2016年7月17日 (日) 11時49分

« 「仮面ライダー1号」 本郷猛は不死身だ! | トップページ | 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 生と死の生々しさ »