« <お知らせ> | トップページ | 「ザ・ブリザード」 リーダーの条件 »

2016年2月27日 (土)

「スティーブ・ジョブズ」<2015> ジョブズのパーソナリティーに迫る

改めてまして、ご無沙汰しております。
先週、海外出張より帰国しまして、こちらのブログも再開いたします。
帰国後、最初に観た作品ですが、こちらの「スティーブ・ジョブズ」になります。
ジョブズの映画というとアシュトン・キャッシャー主演で2013年に公開された同タイトルの作品がありました。
あちらは若かりし頃のスティーブ・ジョブズにスポットを当てて描いていたように思います。
アシュトン・キャッシャーの風貌が、若い頃のジョブズに似ていたのが印象的でした。
それに対し、本作はジョブズの人生を描くということよりも、ジョブズという人物そのものを描くということを主眼としているように感じました。
ですので、描かれる場面としては初代マッキントッシュの発表プレゼン前の様子、Appleを追い出された後にネクストを発表するときの様子、そしてApple復活後にiMacの発表の時が描かれます。
ジョブズを演じるのはマイケル・ファスベンダーです。
彼は決してスティーブ・ジョブズに似ているわけではありませんが、このような伝記ものでよくあるような風貌を寄せていくというアプローチはせず、ジョブズのパーソナリティーを表現することに注力しているように感じました。
またジョブズを取り巻く登場人物についてもかなり絞り込んでおり、ただ事実のみを描いていくというよりも、彼らを通じてジョブズという人物を描こうとする意図を感じます。
この辺りのミニマム化して描こうとするスタイルは、監督のダニー・ボイルらしいかなと思います。

この映画を通して感じるジョブズ像ですが、まずはコントロール・フリークであるということでしょう。
そしてまた彼はビジョナリストでもあります。
誰も想像できていないようなことが、彼の中にビジョンとして存在している。
おそらくそれは彼にとっては自明なことで、確信的なことなのですね。
突飛なことでもそれが必ず世の中を変えるという強い信念が彼の中にある。
彼からするとそんな自明なことがわからない周囲の人々が、とても愚かしく、またもどかしく見えていたのでしょう。
彼独特の上から目線の物言いはそう言ったところからきているのだと思います。
人々がそのビジョンを理解できていないから、彼はそれを実現するためにコントロールしなくてはいけないと思いに駆られていたのでしょうね。
彼がコントロール・フリークであるのは、ジョン・スカリーが指摘していたように養子にされたということが影響をあたえられているかもしれません。
育ての親に育てられながらも(ジョブズの養父母はとてもいい人であったようですが)、いつ気に入らないから戻されるかわからないという不安感を持っていたのかもしれません。
だからその不安を払拭するために、自分と自分の環境を自分にとって良い状態にコントロールしたいという気持ちが強まったのかもしれないですね。
だからこそ、ジョブズは自分がコントロールできないものについて非常に強い拒否感を持ちます。
例えば、しばしばこの映画で言及される、コンピューターをオープンシステムにするか、クローズドシステムにするかという議論にもそれは現れます。
ジョブズはクローズドシステム派なのですが、これは全てを自分のコントロール下に置きたいという意思の表れでしょう。
オープンシステムは彼のビジョンから逸脱する可能性がある。
それをジョブズは嫌うのです。
同様に、娘のリサに対しても同じように感じることがあったのかもしれません。
世の親たちは当然わかっているように、子供というのは親の思い通りにはなりません。
親がこうあってほしいと思っても、子供は子供のパーソナリティーを持っており、彼らの生きたいように生きます。
ジョブズもそれはわかっていて、だからこそコントロールできない娘に対し、居心地の悪さを感じていたのではないでしょうか。
しかしまた、子供は新しい可能性も持っている。
それはジョブズが目指していた世界を変えることにも通じます。
その点において、ジョブズはリサへ未来を投影することができたのだと思います(リサが初めてMacで絵を描いたとき)。
リサに対しては拒否感と親近感という相反する感情をジョブズは持っていて、だから彼女に対しては複雑な対応を彼はとっていたのだと思います。
またジョン・スカリーに対しては、父親を投影していたようにも思えますね。
頼りになる父というイメージ、そしてそれに裏切られ、自ら自分の父を倒そうとする。
まさにギリシャ神話から繰り返し語られる父親殺しのイメージが重なります。

冒頭に書いたようにジョブズに関する2作品は、同じ人物描かれますが、全くアプローチが違います。
狙いによって表現が変わってくるわかりやすい例ですね。

|

« <お知らせ> | トップページ | 「ザ・ブリザード」 リーダーの条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/63269351

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブ・ジョブズ」<2015> ジョブズのパーソナリティーに迫る:

» スティーブ・ジョブズ [風に吹かれて]
会話劇のスティーブ・ジョブズ 公式サイト http://stevejobsmovie.jp 原作: スティーブ・ジョブズ 1 (ウォルター・アイザックソン著/講談社)監督: ダニー・ボイル  「トレイ [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 10時02分

» スティーブ・ジョブズ [映画と本の『たんぽぽ館』]
3シーンで、人生を浮かび上がらせる * * * * * * * * * * 2011年に56歳で亡くなったスティーブ・ジョブズ。 もう5年も前になりますか・・・。 もはや伝説の人物ですねえ・・・。 本作は氏の半生を描くのではなく、 彼の節目となる3つの大きな新作...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 3日 (木) 21時29分

» スティーブ・ジョブス [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

受信: 2016年3月 5日 (土) 17時47分

» スティーブ・ジョブズ/STEVE JOBS [我想一個人映画美的女人blog]
ダニー・ボイル監督がメガホンを取り、故スティーブ・ジョブズの半生に迫る伝記ドラマ。 ウォルター・アイザックソンのベストセラー評伝を基に、アーロン・ソーキンが脚本を手がけた。 ということで楽しみにしてた本作。 わたしも、Apple製品のシンプルなのに...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 00時50分

» スティーブ・ジョブズ/STEVE JOBS [我想一個人映画美的女人blog]
ダニー・ボイル監督がメガホンを取り、故スティーブ・ジョブズの半生に迫る伝記ドラマ。 ウォルター・アイザックソンのベストセラー評伝を基に、アーロン・ソーキンが脚本を手がけた。 ということで楽しみにしてた本作。 わたしも、Apple製品のシンプルなのに...... [続きを読む]

受信: 2016年3月22日 (火) 12時03分

» スティーブ・ジョブズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『スティーブ・ジョブズ』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)予告編で見て面白いと思い映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、『2001年宇宙の旅』のアーサー・C・クラークが、巨大なコンピュータの側で子どもたちに向かって、「未来になれば、こんな大...... [続きを読む]

受信: 2016年3月30日 (水) 05時35分

» スティーブ・ジョブズ(2015) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【STEVE JOBS】 2016/02/12公開 アメリカ 122分監督:ダニー・ボイル出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 口先ひとつで、世界を変えた男。 STORY:1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月10日 (日) 23時20分

» スティーブ・ジョブズ★★★ [パピとママ映画のblog]
「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイル監督が、独創的な発想で数々の革新的商品を生み出し、人々の日常生活に革命をもたらしたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る異色の伝記ドラマ。主演は「SHAME -シェイム-」のマイケル・フ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月11日 (月) 16時54分

» スティーブ・ジョブズ [象のロケット]
1984年、アメリカ。 Macintosh発表会の40分前、スティーブ・ジョブズは激怒していた。 本番で「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。 そこへ元恋人クリスアンが、娘リサの認知を求めにやって来る。 公私ともに緊張が高まるなか、15分前に何かが閃いたジョブズは、次々と周りに指示を出し始める。 それは重大なプレゼンの度に勃発する闘いの幕開けだった…。 実話ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年4月12日 (火) 11時14分

» スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs [勝手に映画評]
第73回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞受賞。第88回アカデミー賞主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)ノミネート。 2013年にも、アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズを演じた作...... [続きを読む]

受信: 2016年4月17日 (日) 16時55分

» 『スティーブ・ジョブズ』 [beatitude]
1984年。スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は激怒していた。Macintosh発表会の40分前、本番で「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。マーケティング担当のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)はカットしようと説得するが、ジョブズは折れな...... [続きを読む]

受信: 2016年4月18日 (月) 21時16分

» ジョブズの3つの転換期 [笑う社会人の生活]
16日のことですが、映画「スティーブ・ジョブズ」を鑑賞しました。 1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生で波乱に満ちた時期 3つの新作発表会にスポットを当て 伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓...... [続きを読む]

受信: 2016年4月20日 (水) 23時32分

» "どっちのアンディ?"『スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)』ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『スティーブ・ジョブズ』Steve Jobs脚本 : アーロン・ソーキン監督 : ダニー・ボイル出演 : マイケル・ファスベンダーケイト・ウィンスレットセス・ローゲンジェフ・ダニエルズ、他物語・198... [続きを読む]

受信: 2016年4月21日 (木) 02時55分

» Think different.~『スティーブ・ジョブズ』 [真紅のthinkingdays]
 STEVE JOBS  1984年、Macintosh。1988年、NeXT Cube。そして1998年、iMac。 米Apple社の創業者にして稀代のカリスマプレゼンテーター、スティーブ・ジョ ブズは2011年、56歳の若さでこの世を去った。彼が世に出した三製品の、 新作発表会直前の舞台裏を描いた会話劇。三幕構成の舞台のようでもあ る。タイトルロールを演...... [続きを読む]

受信: 2016年4月23日 (土) 10時54分

» スティーブ・ジョブズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
創造主の心の中味。 天才が天才を描いた本作、なるほどさすがの仕上がりである。 2011年に死去したAppleの共同創業者にして、ピクサー・アニメーション・スタジオの生みの親、スティーブ・ジョブズを描く異色の伝記映画。 彼の物語は2013年にもジョシュア・マイケル・スターン監督、アシュトン・カッチャー主演の同タイトルで映画化されているが、同じ人物を描くのでもアプローチは全く異なる。 ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月23日 (土) 23時00分

» スティーブ・ジョブズ [あーうぃ だにぇっと]
スティーブ・ジョブズ@一ツ橋ホール [続きを読む]

受信: 2016年5月 1日 (日) 05時09分

» スティーブ・ジョブズ [そーれりぽーと]
ダニー・ボイルが撮ったジョブス映画の本命、『スティーブ・ジョブズ』を観てきました。 ★★★★★ タイトルはジョブズですが、記事の中ではジョブスに統一します。 彼が世界を変えた製品への拘りを象徴する製品発表会。 人生の転期となった各時代における製品発表会の裏側...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 2日 (月) 19時38分

» スティーブ・ジョブズ (2015) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
こちらは2月に観た映画です、『トレイン・スポッティング』 などの鬼才ダニー・ボイル監督の新作で、主演を 『悪の法則』などのマイケル・ファスベンダーが務めた、 アップル創始者の故スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ 『スティーブ・ジョブズ』が公開されましたので観に…... [続きを読む]

受信: 2016年10月 9日 (日) 17時41分

« <お知らせ> | トップページ | 「ザ・ブリザード」 リーダーの条件 »