« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月 9日 (土)

<お知らせ>

みなさまにお知らせです。
このブログの管理人である私ですが、来週よりひと月半ほど海外に出張に行ってまいります。
帰国予定は2月中旬過ぎになりますが、その間ブログの更新をお休みさせていただきます。
戻ってきましたらまた再開する予定ですので、その時はまたご覧になってくださいませ。

管理人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「キングスマン」 主役じゃなかったんだ?

お正月休みの間でiTunesで鑑賞しました。
去年公開した時に観たかったのですけれど、なかなかタイミングが合わずに見逃してしまいました。
なぜ観たかったかというと、予告編がかっこよかったのですよね。
最近の「007」シリーズはリアリティ路線なので、スパイガジェット的なものはあまり登場しませんが、本作のスパイ組織「キングスマン」は違います。
予告でやっていたパブでの格闘シーンに登場する、イギリス紳士必須のアイテム、傘のガジェットなんかはワクワクしちゃいます。
こういうガジェットがふんだんに登場するスパイ映画もいいですよね(もちろんリアリティ路線の「007」も好きですが)。
本作を見はじめて途中で驚いたのは、主演だと思っていたコリン・ファースが死んじゃうこと!
見ていて、「あれ?主人公じゃなかったっけ?」と思ってしまいました。
予告からすっかり彼が主人公だと思っていたのですよ。
最後まで見てみれば主役はコリン・ファース演じるハリーではなく、彼が指導するエグジーであるとわかりますけれどね。
ハリーは主人公ではなく、オビ・ワン的な役回りだったのですね。
予告を見る限りそうは見えないけど。
監督がマシュー・ヴォーンであると分かれば、それも納得できるかもしれません。
マシュー・ヴォーンといえば、「キック・アス」の監督です。
「キック・アス」も普通の少年は、人を守るヒーローになっていく物語でした。
本作「キングスマン」も普通の青年が、様々な経験を積み、一人前のスパイへ成長していく物語なので、共通した構造も持っていると思います。
アクションシーンについては「キック・アス」に引き続き、キレがいい。
この監督の映画のアクションシーンはスピード感があって、キレがいいのが特徴であると思います。
見ていて飽きません。
しっかりとスタイルを作り上げた気がしますので、本作もシリーズ化可能じゃないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (30)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »