« 「エベレスト 3D」 登場人物が把握しにくい・・・ | トップページ | 「ハンガー・ゲーム  FINAL:レボリューション」 価値観のすりこみ »

2015年11月23日 (月)

「グラスホッパー」 緑色のバッタ

伊坂幸太郎さんの小説「グラスホッパー」の映画化作品です。
彼の作品は登場人物のバックグラウンドに悲しい出来事、自分ではどうしようもない不条理事件などがあって、そこから生み出される暗さが作品を通じて低く流れているイメージがあります。
ストーリーを追っていくと、次第にその悲しい出来事がわかってきて、事件の因果や登場人物たちの行動が明らかになっていく。
映画になった作品「アヒルと鴨のコインロッカー」、「重力ピエロ」などもそうですよね。
悲しい出来事は割と陰々鬱々としていることだったりするので、本でも映画でも、読んでいたり観ていても、辛い気分になったりもするのですよね。
結末も悲しい終わり方だったりもするのですけれど、ほんの少し希望のようなものが残ります。
それが伊坂作品に共通するところだったりするかもしれません。
本作「グラスホッパー」もそのような伊坂作品の系譜に連なっているように感じました。
作品全体に通奏低音のように響く陰々とした感じは、他の伊坂作品よりも強い感じはしました。
それは最初に主人公鈴木の恋人が遭遇してしまった陰惨な事件のせいかもしれません。

作品を観ていきながら鈴木が巻き込まれるだけで、事件の展開にそれほど積極的に関与しないキャラクターであることが不思議でした。
最後は彼が動くことにより、大どんでん返し的な展開になるかと思っていたのですよね。
そうではありませんでした。
物語をドライブさせているのは、別の主人公ともいうべき、鯨と蝉でした。
バッタは密集して育つと色が黒くなり、凶暴性が増していくという話が劇中でされました。
これが作品のタイトル「グラスホッパー」の由来になっているのでしょう。
人間も正しくそうで、人の数が増え、都会で密集して暮らしていく中、バッタのように凶暴化し、自分の欲望だけを優先し、他人に対して暴力を使っていってしまうというのが、作品の言いたいことなのでしょう。
三人の主人公の中で一番バッタに近いのが蝉であると思います。
終始何かにイラつかされている、そのイラつきを抑えるために暴力を振るう。
人で埋め尽くされた空間(渋谷のスクランブル交差点が象徴)で、自分が何者であるかがわからない。
生きているということですら、わからない。
だからイラつく。
生きていることを確認するために、人を、殺す。
鯨もイラつき・闇を抱えています。
蝉ほどにそれがダイレクトに行動に表れているわけではありませんが。
彼は人の心の罪の意識を刺激して、自殺に追い込むことで殺します(催眠術か超能力かわかりませんが)。
人は誰かと関係しながら生きていれば、何処かで誰かを傷つけてしまう。
誰も傷つけない人はいないかもしれない。
人が密集すればするほどそういうことが多くなるかもしれません。
だから蝉の術は、人を死に追いやることができる。
しかし、皮肉にもそういった行為が、蝉自身に罪の意識を背負わせているのです。
この二人はまさに群衆の中で育った黒い色のバッタなのですね。
鈴木は怒りや悲しみも背負っているのですが、二人や他の登場とは異なり、暴力化していません。
彼は黒色のバッタ群の中で、一人だけ元のままの緑色のバッタであるかのよう。
黒色バッタの大群の嵐の中でもまれながらも、ただ一人だけ特異点のように緑色のままであることができている。
彼はピエロかもしれない。
ただ巻き込まれ、恋人の仇に自ら手をくだすこともないから(というより最後まで何が起こったのかわからない)。
けれど凶暴化した黒色バッタが互いに攻撃し合い全滅してしまう中で、彼のような緑色バッタが生き残っていくことができるなら、ちょっとは希望があるかもしれないと思ったりもしたのですね。

|

« 「エベレスト 3D」 登場人物が把握しにくい・・・ | トップページ | 「ハンガー・ゲーム  FINAL:レボリューション」 価値観のすりこみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/62736167

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラスホッパー」 緑色のバッタ:

» グラスホッパー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、『人間失格』などの生田斗真主演で映画化したサスペンス。恋人を殺害した犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える元教師、人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の運命が、それぞれの思惑を抱えながら...... [続きを読む]

受信: 2015年11月25日 (水) 14時00分

» グラスホッパー [映画的・絵画的・音楽的]
 『グラスホッパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)伊坂幸太郎氏の原作を映画化した作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、ハロウィンで大混雑する渋谷ハチ公前のスクランブル交差点。  百合子(注2:波瑠)が信号待ちをしています。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月28日 (土) 06時33分

» グラスホッパー [Akira's VOICE]
あさりじゃダメなんですか?(蓮舫風に [続きを読む]

受信: 2015年11月29日 (日) 12時17分

» グラスホッパー/生田斗真 [カノンな日々]
伊坂幸太郎さんの作品を全て読破してるわけじゃありませんけど「グラスホッパー」はめちゃめちゃ面白かったです。傑作じゃないかと思いました。それだけに映画化は期待値が高い一 ... [続きを読む]

受信: 2015年11月29日 (日) 15時35分

» 『グラスホッパー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グラスホッパー」□監督 瀧本智行□脚本 青島 武□原作 伊坂幸太郎□キャスト 生田斗真、浅野忠信、山田涼介、菜々緒、吉岡秀隆       石橋蓮司、 麻生久美子、波瑠、村上 淳■鑑賞日 11月14日(土)■劇場  TOHOシネマズ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月29日 (日) 16時57分

» グラスホッパー [花ごよみ]
原作は伊坂幸太郎の小説。 監督は瀧本智行。 三人の男の物語、 その三人を生田斗真・浅野忠信・山田涼介が演じます。 ハロウィンの夜、交通事故で恋人を 亡くした元教師の鈴木には生田斗真。 教職を辞め裏社会に潜入し 復讐の機会を待ちます。 ところが押し屋が犯人...... [続きを読む]

受信: 2015年11月29日 (日) 21時35分

» 『グラスホッパー』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、基本これは好きだけどもうちっと深いと嬉しいなふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★殺し屋が好きなので】 原作未読。 大体、子供の頃からフィクションの世界では殺し屋が一番好きな職業だった。 魚屋や八百屋と一緒にされたら殺し屋もたま ... [続きを読む]

受信: 2015年11月30日 (月) 08時46分

» 必殺仕事人のオンパレード。〜「グラスホッパー」〜 [ペパーミントの魔術師]
いっこだけもしも物足りないとこをあげるとしたら。 鈴木と蝉と鯨がリンクしてないよ?って話で。 クライマックスの場所にそれぞれの事情で集結はするものの、 今までの伊坂作品だったら原作でも映画でも最後の最後にパズルのピースがカチッとハマったときに ものすご...... [続きを読む]

受信: 2015年11月30日 (月) 16時46分

» グラスホッパー [to Heart]
上映時間 119分 映倫 PG12 原作 伊坂幸太郎 脚本 青島武 監督 瀧本智行 音楽 稲本響 出演 生田斗真/浅野忠信/麻生久美子/山田涼介/波瑠/菜々緒/佐津川愛美/金児憲史/山崎ハコ/村上淳/宇崎竜童/吉岡秀隆/石橋蓮司 ハロウィンの夜。渋谷のスクランブル交差点に一台の暴走...... [続きを読む]

受信: 2015年11月30日 (月) 18時43分

» グラスホッパー [象のロケット]
ハロウィンの夜、東京・渋谷のスクランブル交差点で、中学校教師・鈴木の婚約者・百合子が殺害される。 事件の真相を探るため、鈴木は裏組織に潜入し復讐の時を窺っていた。 一方、“自殺屋”と呼ばれる“鯨”と、若きナイフ使い“蝉”という2人の殺し屋も、別の目的でその事件と関わっていた…。 サスペンス。 ≪グラスホッパー(=トノサマバッタ)は密集して育つと、黒く変色し、凶暴になる。人間もしかり…≫... [続きを読む]

受信: 2015年12月 7日 (月) 18時13分

» グラスホッパー [映画好きパパの鑑賞日記]
 原作ファンから不評のようですが、読んだはずの原作をほとんど忘れた(途中まで、同じ頃に読んだ馳星周の夜光虫と勘違いしていた)僕には楽しめました。突っ込みどころは多いけど、役者陣の好演が光ってましたね。 作品情報 2015年日本映画 監督:瀧本智行 出演:生…... [続きを読む]

受信: 2015年12月 7日 (月) 22時44分

» 映画『グラスホッパー』★菜々緒さんの雌カマぶり♪withタイムカプセル [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165419/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演:生田斗真   ←コレで鑑賞^^; 原作:伊坂幸太郎 暴走車で、フィアンセを轢き殺された鈴木は それが、フロイライン社の陰謀と知り、仇を討つため フロイライン社で、働くことにする―― 仇を討つことしか考えていなかった、という鈴木が 正体がばれて、ボコボコにされた予告編。 鈴木..... [続きを読む]

受信: 2015年12月 7日 (月) 23時33分

» グラスホッパー [Break Time]
今日は、仕事でして・・・ [続きを読む]

受信: 2015年12月 8日 (火) 06時00分

» グラスホッパー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2015/11/07公開 日本 PG12 119分監督:瀧本智行出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠、菜々緒、金児憲史、佐津川愛美、山崎ハコ、村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司 あの日から僕は、復讐することばかり考えていました。 Story:恋人を殺害し...... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 16時03分

« 「エベレスト 3D」 登場人物が把握しにくい・・・ | トップページ | 「ハンガー・ゲーム  FINAL:レボリューション」 価値観のすりこみ »