« 「バクマン。」 友情、努力、勝利 | トップページ | 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 表現の自由を守るために »

2015年10月18日 (日)

「アンフェア the end」 裏切られても・・・

前作の「the answer」から本作までずいぶん間が空いていたため、いろんなことを忘れているので、観てもついていけるかやや心配だったのですが、テレビシリーズからここまで付き合ってきたのだしということで行ってきました。
そういうことも脚本が意識していたのか、もしくは本作ですべてを収斂させるということなのか、シナリオはそれほど複雑ではなく、見やすい感じはしました。
「the answer」はいろいろな要素が新たに登場したりして、複雑な感じがありましたから。
本作でも新たな登場人物などは出てきましたが、見ていて整理はしやすい感じはしました。
本作の印象でいうと、「アンフェア」らしかったなということです。
「the movie」は映画らしい絵作り(病院たてこもり等)を優先させて気負いを感じました。
その分、「アンフェア」らしくもないと言えたかなと。
前作は誰が味方かわからなく先が読めないというところがテレビシリーズの「アンフェア」らしさを出していたように思います。
とはいえ、どんどん風呂敷が広くなっていく感もあり、この物語が収束できるのかという疑問も持ちました。
そういう意味では、本作はやや強引な感じもしたとはいえ、物語を収集できたような感じがします。
改めて前作の自分のレビューを読み直してみたら、雪平が信じた人に必ず裏切られているというようなことが書いてありました。
雪平という女性は、もともと人を信じたいと思えっている人なのでしょう。
しかし、信じてもその人に裏切られ、裏切られ、裏切られということが続いていく中で、クールな仮面を身につけていった。
本作でも一条に対しては、雪平の想いが溢れ出るところがありますが、ああいう部分が雪平の本性なのでしょうね。
登場人物の津島が言っていましたが、裏切られても人を信じてしまう、それが雪平の優しさ。
このシリーズのらしさというのは、登場人物の誰もが信じられない、誰が裏切るかわからないという展開であったと思います。
しかし、それは雪平という女性が人を信じるという優しさを持っていればこそなのかもしれません。
シリーズを雪平というキャラクターの本質に落とし込んで収束させたという点で、よくまとまっていると思いました。

テレビシリーズで雪平のバディであった安藤を演じていたのは瑛太さんですが、本作では彼の実弟である永山絢斗が出演してました。
本作での役柄的には、雪平とともに行動するところがあり、バディ感がありましたね。
改めてこの役柄を演じている永山さんを見ていると、瑛太さんに似ているなと思いました。
たたずまいもそうですし、けっこう声も似ています。
テレビでの安藤を彷彿させる、
「無駄に美人だなと思って」
「バカかおまえは」
雪平とのやりとりもあったので、余計にそう思いました。
この配役はファンへのサービスでしょうね。

美央ちゃんが大きくなっていてびっくり。
AKBのメンバーなんですね。

|

« 「バクマン。」 友情、努力、勝利 | トップページ | 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 表現の自由を守るために »

コメント

みぃみさん、こんにちは!

そうですよね、救われましたよね。
薫ちゃんは映画になってから怪しい雰囲気を出しまくりでしたが、彼は味方だったので、ほっとしました。
あんなに裏切られ続けたら、雪平がかわいそう。
それでも信じてしまうのが、雪平なんですけれどね。

投稿: はらやん | 2015年11月15日 (日) 09時24分

こんにちは。

いい感じにまとまった最後だったと思います。

おっしゃるように信じた人に裏切られ続け、傷付く雪平。
それでも誰かを信じようとしている彼女に魅かれていく人達。
薫ちゃんは彼女の味方で、ほっとしました…。
最後の最後、彼女が警察官になったきっかけをつくった一条も雪平を助けてくれて…。
前途は多難そうですが、雪平、救われたんでは(^^)と思いました。

投稿: みぃみ | 2015年11月11日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/62502012

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンフェア the end」 裏切られても・・・:

» 「アンフェア the end」☆ネタバレはアンフェア [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
映画版だけ観ていて、確かに面白いけど、過去の想い出シーンなどやっぱり分からないな~~と思っていたので、試写状が届いてから大慌てでドラマ版を一気見!! なるほど! そしてついにファイナルでスッキリしたかと思いきや。... [続きを読む]

受信: 2015年10月21日 (水) 17時18分

» 『アンフェア the end』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アンフェア the end」□監督・脚本 佐藤嗣麻子□原作 秦 建日子□キャスト 篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、佐藤浩市、       AKIRA、阿部サダヲ、寺島 進、吉田鋼太郎■鑑賞日 9月6日(日)■劇場  TOHOシネマ...... [続きを読む]

受信: 2015年10月28日 (水) 08時41分

» アンフェア the end ★★★ [パピとママ映画のblog]
秦建日子のベストセラー小説を基にした、人気テレビドラマの劇場版第3弾にしてシリーズ完結編。国家の陰で暗躍する一団に関する機密を手にした警視庁捜査一課の女性刑事・雪平が、壮絶な戦いに身を投じていく。前作『アンフェア the answer』に引き続き、佐藤嗣麻子が監督...... [続きを読む]

受信: 2015年10月31日 (土) 21時18分

» 「アンフェア the end」 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
正義と復讐と信じることと。 アンフェア DVD-BOX篠原涼子 瑛太 香川照之ポニーキャニオン by G-Tools [続きを読む]

受信: 2015年11月 2日 (月) 20時51分

» アンフェア the end [象のロケット]
ネイルガン殺人事件から4年。 元夫の命と引き換えに、国家を裏で操る秘密組織の機密データを手に入れた雪平夏見は、最も効果的な反撃の方法を探していた。 そんな時、東京地検特捜部の検事・村上と、その父親が殺害される。 容疑者のシステムエンジニア津島は、雪平を取調官に指名し、闇の組織に嵌められたと主張。 一方、最高検察庁の武部は、警察内部の不正を追及したいと雪平に協力を求める…。 人気刑事ドラマ劇場版第3弾。... [続きを読む]

受信: 2015年11月 3日 (火) 08時24分

» アンフェア the end/篠原涼子 [カノンな日々]
TVドラマから劇場版へと引き継がれついに完結編となった劇場版第3作。さすがに前作とも間が空き過ぎて結局何が謎のままなのか内容忘れかけてますけど、それは制作サイドもふまえて ... [続きを読む]

受信: 2015年11月 3日 (火) 13時47分

» 映画「アンフェア the end」 [FREE TIME]
映画「アンフェア the end」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年11月 3日 (火) 19時54分

» 映画:「アンフェア the end」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成27年9月9日(水)。 映画:「アンフェア the end」。 監督・脚本:佐藤嗣麻子 原   作:泰建日子 キャスト: 雪平夏見:篠原涼子・津島直紀:永山絢斗 小久保祐二:阿部サダヲ・ 山路哲夫:寺島進 三上薫:加藤雅也・雪平美央:向井地美音 特捜部長:…... [続きを読む]

受信: 2015年11月11日 (水) 14時38分

» アンフェア the end [のほほん便り]
さすが人気シリーズ作品。初心に帰り、おさらい、みたいな部分もあり、個人的には「やっと終わらせてもらい、ヨカッタね」と感じてしまったのでした。 出演者達は、アンフェア・ファン感謝デーの感。 でも、今回パートナーを組んだり、宿敵の黒幕だったりする永山絢斗とEXILEのAKIRA、なかなか奮闘してはいましたし、新鮮でしたが、やや存在感が弱かったかなぁ、との念も、少々 だけど、最後をしめくくるエンタメ、として、追って追われて、サスペンスフル。どんでんの繰り返し、見応えがありました。納得 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月11日 (月) 11時25分

« 「バクマン。」 友情、努力、勝利 | トップページ | 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 表現の自由を守るために »