« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 今を生きる | トップページ | 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 進撃できたか? »

2015年8月 7日 (金)

「インサイド・ヘッド」 ピクサーのチャレンジ

ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ、人の感情をそれぞれ一人のキャラクターとしてアニメーション化するという試みに、予告を観たときは驚きました。
これはかなり難易度が高いのではないかと。
今までもピクサーは、意外な「モノ」を主役にしてきました。
おもちゃ、魚、車、ネズミ・・・、これらもなかなか難しそうな題材ですが、それでもピクサーはしっかりと感情移入できるキャラクターとして仕上げる実績はあります。
しかし、そうは言っても「感情」という極めて抽象度の高いものが、今回は題材になっていますから、困難さは予想されます。
とはいえふたを開けてみれば、さすがピクサーで、「感情」たちキャラクターがいきいきと動き、また彼らが宿る少女ライリーの思春期の心情も丁寧に描くという離れ業をやってのけています。
このあたりはさすがです。
常に新しいものにチャレンジしていこうというピクサーの姿勢がうかがえます。
この作品は人間の頭や心の仕組み(認知や記憶など)を、ただの解説としてではなく、豊かなイメージ溢れる世界として描いているのもチャレンジングであったと思います。
頭や心の仕組みを科学的にも正しい情報をベースににしながらも、誰にでもわかるような形でユニークな世界観に仕立てていました。
人間の心の中ではいくつかの感情が、その時の状況で常に競合しているということ。
幼い時の強い体験が、その人の人格形成に大きく影響を与えるということ。
短期記憶は失われ、長期記憶は別のところ(海馬)に蓄えられるということ。
イマジナリー・フレンドのこと。
こういった脳の構造や心理学、認知学に基づいている知識が、楽しく描かれていました。
とても子供が見るアニメーションとはそぐわない内容であるのですけれどね、ストーリーや世界観の作り方がほんとにうまいです。
映画に登場する感情のキャラクターたちは、それぞれに役割があり、その究極の目的はライリーが健康的で幸せな生活を送れるようにすることです。
イカリやムカムカ、ビビリはライリーを守ることが主な任務ですよね。
イカリは自身に対する脅威に対する対抗的な感情。
ムカムカは不愉快さを表す感情で、これは周辺の環境が自分にとってよろしくないということに気付くための感情です。
ビビリはまさにそのままで、危険を察知し、その状況を避けようとする感情ですね。
対してヨロコビは、前向きにポジティブに成長していこうというエネルギーを生み出す感情になります。
この物語を引っ張っていくのもこのヨロコビで、この作品の主人公であると言っていいでしょう。
一方、本作の陰の主役と言えるのが、カナシミです。
他の感情たちと異なり、ライリーが生きていくために必要な感情であるか、他の感情たちも、本人(?)も思えていない。
なぜ彼女=カナシミがライリーの中にいるのかが、物語の一つの謎になります。
結果を言ってしまうと、カナシミとヨロコビはまさに表裏一体の関係なのですね。
悲しいと感じる感情があるからこそ、嬉しいと思う気持ちが強くなる。
悲しいと感じ、嬉しいと感じる。
正反対の感情だけれど、その両方を持っているからこそ、豊かな感情をもった性格になれるのでしょう。
豊かな感情を持つということは、より強く生きていることの素晴らしさを感じられるということなので、人としても幸せな生活を送っていけるということなのですよね。
なかなかとっつきにくいテーマであるので、いつものピクサーとは違うと思った方もいるかもしれませんが、個人的にはとても共感できる内容でありました。

|

« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 今を生きる | トップページ | 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 進撃できたか? »

コメント

ここなつさん、こんにちは!

人間にとって悲しいという感情はより喜びを感じるためのものなのですかね。
どちらか一方だけでもダメなんでしょうね。
だからこそこの二人は一緒に冒険をしたのでしょう。

投稿: はらやん | 2015年8月15日 (土) 07時26分

こんにちは。

>結果を言ってしまうと、カナシミとヨロコビはまさに表裏一体の関係なのですね。
悲しいと感じる感情があるからこそ、嬉しいと思う気持ちが強くなる。
悲しいと感じ、嬉しいと感じる。

そうなんですよね。そこの所がこの作品では上手く訴えられていたと思いました。
「ヨロコビ」がバックグラウンドである哀しみの記憶を、都合よく忘れていたシーンがそこを一層強調していたと思います。

投稿: ここなつ | 2015年8月13日 (木) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/62035710

この記事へのトラックバック一覧です: 「インサイド・ヘッド」 ピクサーのチャレンジ:

» インサイド・ヘッド ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
11歳の少女の頭の中を舞台に、喜び、怒り、嫌悪、恐れ、悲しみといった感情がそれぞれキャラクターとなり、物語を繰り広げるディズニー/ピクサーによるアニメ。田舎から都会への引っ越しで環境が変化した少女の頭の中で起こる、感情を表すキャラクターたちの混乱やぶつか...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 8日 (土) 22時50分

» 映画:インサイドヘッド Inside Out SFが豊作な今年、新たに登場した巨星(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
日本映画で同じようなバターンの「脳内ポイズンベリー」が先行し、話題に。 で、真打ち? ビクサーバージョン登場、で早々に観てきた。 その感想は… まず、つかみはOK。 というのは出演陣が(写真)  喜びキャラ  哀しみキャラ  不安キャラ  怒りキャラ  嫌悪...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 10時45分

» インサイド・ヘッド [愛猫レオンとシネマな毎日]
ディズニー/ピクサーの最新作は、主人公の少女、ライリーの頭の中が舞台。 頭の中の5つの感情「ヨロコビ」「カナシミ」「ムカムカ」「イカリ」「ビビリ」 彼らは、ライリーの幸せのために、奔走するのですが・・・ 本編開始までの時間が長いです。 最初に、ドリカムの主題歌が、フルコーラスで流れます。 フツーは、エンドロールとかなのに、コレって、VIP待遇しなきゃいけなかったの? その後、短編アニメがあって、やっと本編が始まります。 親子で見るには、いい映画だと思う。 それぞれが、気持ちにリンク... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 21時42分

» インサイド・ヘッド / 南の島のラブソング [チケット持って、おさんぽ行こう]
INSIDE OUT(2015) メディア: 映画#8195;Anime 上映時間: 94分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(ディズニー) 初公開年月: 2015/07/18 ジャンル: ドラマ/ファンタジー/ファミリー 映倫: G なぜ、カナシミは必要なの・・・? これは、あ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月10日 (月) 23時04分

» インサイド・ヘッド [あーうぃ だにぇっと]
インサイド・ヘッド@TOHOシネマズシャンテ [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 05時55分

» 『インサイド・ヘッド(吹替版)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インサイド・ヘッド」 □監督 ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン□脚本 ピート・ドクター□キャスト(声の出演) 竹内結子、大竹しのぶ、浦山迅、小松由佳、      落合弘治、伊集院茉衣、花輪英司、田中敦子、佐藤二朗■鑑賞...... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 07時59分

» 劇場鑑賞「インサイド・ヘッド」 [日々“是”精進! ver.F]
喜びは、悲しみの先にある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507190000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】インサイド・ヘッド オリジナル・サウンドトラック [ (オ...価格:2,700円(税込、送料込) インサイド・ヘッド ベーシックフィギュア カナシミ(ホ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 14時28分

» インサイド・ヘッド [映画的・絵画的・音楽的]
 『インサイド・ヘッド』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作は、『脳内ポイズンベリー』を見た際に、アメリカでも類似の映画があるとして取り上げられていたことから、興味を持っていました。  字幕版だからいきなり本作が映し出されることになるのだろう、...... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 18時57分

» インサイド・ヘッド [そーれりぽーと]
『脳内ポイズンベリー』をパクッてるんじゃないかと一部で言われた『インサイド・ヘッド』を観てきました。 間違えて吹き替え版。 ★★★ 『脳内ポイズンベリー』ももったいない映画だったけど、こちらももったいない印象。 脳内から指令を送る感情を司るキャラクター達に性...... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 20時35分

» インサイド・ヘッド(日本語吹替版)  監督/ピート・ドクター [西京極 紫の館]
【声の出演】  竹内 結子 (ヨロコビ)  大竹 しのぶ(カナシミ)  佐藤 二朗 (ビンボン) 【ストーリー】 田舎町に暮らす11歳の女の子ライリーは、父親の仕事の影響で都会のサンフランシスコに移り住むことになる。新しい生活に慣れようとするライリーの頭の中で...... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 22時26分

» インサイド・ヘッド・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
カナシミはなぜ必要なのか。 ピクサー・アニメーションスタジオが、史上初の長編3DCGアニメーション「トイ・ストーリー」を発表し、映画史に革命を起こしたのは1995年のこと。 いまやCGは、アニメーション表現のメインストリームとしてすっかり定着している。 そして、20周年という記念すべきアニバーサリーイヤーに、15本目の長編作品としてピクサーが送り出すのが、人間の心をキャラクター化し...... [続きを読む]

受信: 2015年8月12日 (水) 12時06分

» インサイド・ヘッド [象のロケット]
住み慣れた大好きなミネソタから、友達もいない見知らぬ街サンフランシスコへ。 突然の引っ越しで11才の少女ライリーの心は不安定になり、ヨロコビとカナシミの感情が行方不明になってしまった! ライリーの幸せを守っている、頭の中の“5つの感情たち”―ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミは、心を閉ざしたライリーを、どうにかして救おうとするのだが…。 冒険ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2015年8月13日 (木) 09時12分

» 「インサイド・ヘッド」 [ここなつ映画レビュー]
「もうそんな年じゃないから」と言う息子を半ば強引に連れ出して鑑賞。確かに主役の少女ライリーとほぼ同世代の息子にとっては、「もうそんな年じゃない」感が満載なのかも。背伸びのジェネレーションであるにも関わらず、一段上がって高見で見ることもできない。そう、これはむしろ子供を持った大人のあるあるネタなのかも。内容は極めて普通。「脳内ポイズンベリー」で学習済みなので、脳内での役割分担に新鮮な驚きもない。いや、もちろん着想はこちらの方が先なんでしょうが。子供というものが無条件に両親から愛される存在であるという前... [続きを読む]

受信: 2015年8月13日 (木) 13時26分

» インサイド・ヘッド [映画の話でコーヒーブレイク]
洋画は基本字幕で観るのですが、何と!本作の神奈川県での上映はすべて吹き替え アニメ=子供向け→吹き替えという流れなんでしょうが、 神奈川全域で一館くらい字幕上映をやってもいいんじゃないですか? ほぼ満席の館内は、9割が小学生くらいの子供とお母さん、この組み...... [続きを読む]

受信: 2015年8月13日 (木) 18時43分

» 『インサイド・ヘッド』('15初鑑賞55・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月18日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 13:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2015年8月16日 (日) 20時44分

» インサイド・ヘッド(吹き替え版) [映画好きパパの鑑賞日記]
 人間の脳内には感情がいて、人の行動を司るって「脳内ポイズンベリー」でみたばかりのような気もしますが、やはり自分には合わないなあ。結局、人の主体性がみられないわけだから。映像は見事でした。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ピート・ドクター 声の出…... [続きを読む]

受信: 2015年8月17日 (月) 06時52分

» 感情たちが揺れ動く [笑う社会人の生活]
28日のことですが、映画「インサイド・ヘッド」を鑑賞しました。 少女ライリー、彼女の頭の中では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が。 ある時 誤ってヨロコビとカナシミが司令部の外に放りだされてしまい 急いで司令部に戻ろうと ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月26日 (水) 21時31分

» ヨロコビとカナシミ~『インサイド・ヘッド』 【2D・吹替え版】 [真紅のthinkingdays]
 INSIDE OUT  両親に慈しみ育てられた11歳のライリーは、アイスホッケーが大好きな、 明るくお茶目な少女。しかし生まれ育ったミネソタからサンフランシスコへ 引っ越すことになり、彼女の内面に変化が起こり始める。  毎夏恒例、ピクサーの新作アニメーション。本国でも当然のごとく大ヒット &高評価らしく、めちゃめちゃ楽しみにしていました。そして当然です...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 8日 (火) 11時45分

» ヨロコビの猪突猛進。(^_^;)〜「インサイド・ヘッド」〜 [ペパーミントの魔術師]
吹き替え版しかありませんでした。TOHOシネマズくずはモールにて。 ・・・HEROが舞台挨拶で結構ながかったから焦ったよ〜〜。 ソッコーで食べて2本目。(;´∀`) えっとね〜、他人の結婚式にでも迷い込んだような写真のオンパレードに 歌詞テロップつきのドリカムはちょ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月10日 (木) 15時19分

» インサイド・ヘッド 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
アメリカのアニメーション・スタジオ「ピクサー」の 長編アニメーション20周年記念作『インサイド・ヘッド』 が公開、字幕版が観たかったので調べてみると2Dのみ でしたがまだ上映していましたので、そちらまで行って 鑑賞です。 困ったのが上映前のドリカムの歌に載せて…... [続きを読む]

受信: 2015年9月16日 (水) 18時40分

» インサイド・ヘッド [映画と本の『たんぽぽ館』]
大人になるための脳内再構築 * * * * * * * * * * 頭のなかで、喜びや悲しみ、いろいろな感情が会議を繰り広げている・・・ 先日見た「脳内ポイズンベリー」と同じ発想なのですが、 それぞれに見どころはあり、 今回こちらのライリーの脳内も、泣...... [続きを読む]

受信: 2015年9月19日 (土) 11時28分

» インサイド・ヘッド [いやいやえん]
【概略】 ミネソタを離れ、見知らぬ街・サンフランシスコで暮らし始めたライリーの心は不安定になってしまう。以来、彼女の頭の中の5つの感情のうち、ふたつをなくしてしまい…。 アニメーション 11歳の普通の女の子の頭の中に存在する感情たちが繰り広げる冒険ファンタジー。 喜び、悲しみ、怒り、不安、苛立ちなどの感情を、そういったキャラクターとして表現し、彼らが人間の言動を操作しているという設定はなかなか面白いと思うものの、正直映画としてのパッとした明るさがなく、いまいちじゃないかと観る前... [続きを読む]

受信: 2015年11月20日 (金) 08時16分

» インサイド・ヘッド [銀幕大帝α]
INSIDE OUT 2015年 アメリカ 95分 ドラマ/ファンタジー/アニメ 劇場公開(2015/07/18) 監督: ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 製作総指揮: ジョン・ラセター 脚本: ピート・ドクター 声の出演: エイミー・ポーラー:ヨロコビ フィリス・...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 6日 (水) 16時12分

» インサイド・ヘッド [のほほん便り]
11歳の女の子ライリーが愛情深い両親に育てられ、だけど、引っ越しによる転校デビューのつまづきから、家出を決意。 その時の、頭の中での、いろいろな感情が冒険を繰り広げる物語 ある意味で、引っ越しショックによる、ヨロコビとカナシミの冒険物語でしたね。 司令塔から、ヨロコビとカナシミを失った頭の中はどよよんとするばかり。ついにライリーは失意のあまり、家出を決意して… 個人的に同じぐらいの年齢で、引っ越しを経験してるので、他人事とは思えませんでした。 感情の擬人化って、大人が見... [続きを読む]

受信: 2016年5月10日 (火) 12時32分

« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 今を生きる | トップページ | 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 進撃できたか? »