« 「トゥモローランド」 ディストピアへのアンチテーゼ | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 1と2を合わせて再構成した感じ? »

2015年7月 5日 (日)

「予告犯」 「区別」する側の態度の蔓延

前作の「白ゆき姫殺人事件」ではネットに溢れる匿名のつぶやきが根拠のない「真実」を作り出していく怖さを中村義洋監督は描きました。
本作「予告犯」でも、犯人グループらの行動によりネットの世論が方向付けられていく様子が描写されます。
そういう点においては、本作は前作の「白ゆき姫殺人事件」の延長線上にあるとも言えますが(「ゴールデンスランバー」もこの線上かもしれません)、僕は本作は中村監督のデビュー作「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じような雰囲気を感じました。
ある事件が起こる。
その事件の背景を明かしていく中で、犯人らの背景にある悲しい事実が浮かび上がっていく。
この二つの作品では、犯人はある意味、社会から脱落してしまった者と言えます。
本人たちがどうこうということだけでなく、生まれた時の境遇やその後の立場からなどから、社会からあぶれてしまった。
しかしそういった差別や区別というものは、いったんレッテル化してしまうと、本人たちががんばったと言ってもそれをなかなか覆すことはできません。
格差社会、二極化と言われて久しいですが、それが固定化してしまっているのが社会の課題なのでしょう。
奥野の回想シーンにある事務所のシーンは見ていて、辛くなってしまう場面です。
自分とは違うもの(往往にして自分たちよりも社会的な立場が低い者)を「区別」という態度は、自分自身の立場を安泰なものであると認識しているためにやっているのかもしれません。
それが側から見ると、とてもいやらしく醜く見えてしまいます。
しかし、これほど露骨でないにしても、少なからず似通った場面というのは社会の中でもありますよね。
自分だってやっているかもしれないという怖さもあります。
そういった「区別」をする態度が「アヒルと鴨のコインロッカー」が作られたときよりも、今の方がより多く現れているかもしれません。
自分の立場に自信が持てない人が増えてきているのでしょうか。
だから自分よりも立場が低い人々を「区別」しようとする。
ネット上での匿名での無責任なつぶやきも、同様な気持ちから発生しているかもしれません(そういう意味では「白ゆき姫殺人事件」も通じる)。
「区別」される側である4人の友情が切ないです。
この切なさは「アヒルと鴨のコインロッカー」のときにも感じたものでした。
「区別」される者同士での、友情、思いやり。
誰かのために何かをしてあげられるならば、自分のことを犠牲にしてもいいという気持ち。
「アヒルと鴨のコインロッカー」のドルジも亡くなってしまった友人のために行動をしました。
さきほど書いた「区別」する側の態度は、そのことにより自分の立場を安泰と考えたいという自分中心の者考え方でした。
4人組の行動は、自分のためではなく誰かのためのもの。
彼らの行動が尊く見えるのは、「区別」する側の態度が現代には蔓延しているからかもしれません。

「アヒルと鴨のコインロッカー」の記事はこちら→

|

« 「トゥモローランド」 ディストピアへのアンチテーゼ | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 1と2を合わせて再構成した感じ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61842610

この記事へのトラックバック一覧です: 「予告犯」 「区別」する側の態度の蔓延:

» 予告犯 [映画的・絵画的・音楽的]
 『予告犯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)生田斗真の主演作であり、また予告編で見ても面白そうな気がして、映画館に行ってきました。  本作(注1)の最初の方では、新聞紙で作った仮面をかぶった男(シンブンシ)が、「6時間のナイトパック1500円のこのタコ部...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 06時34分

» 映画『予告犯』★斗真さんのイイ人オーラが“予告“したような結末か [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165911/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 動画サイトで、翌日の犯罪行動予告をするのは 新聞紙で、顔を隠した男(=シンブンシ)。 まあ、黙ってみてろよ、と…… ↑ 生田斗真 さんの、この“挑発“に誘われて、鑑賞しました。 顔を隠して、正体を伏せながらも、やることは 世間的に共感を得そうな、善玉的な制裁行動。 ..... [続きを読む]

受信: 2015年7月11日 (土) 19時34分

» 予告犯 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。監督は『ゴールデンス...... [続きを読む]

受信: 2015年7月11日 (土) 21時50分

» 予告犯 [花ごよみ]
原作は筒井哲也のコミック。 監督は中村義洋。 主演は生田斗真。 動画サイト上で制裁を予告、 そして実行する予告犯。 新聞紙で作った覆面マスクを被った 主人公ゲイツを演じます。 戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々が共演。 社会から見放されてしまった男達。...... [続きを読む]

受信: 2015年7月13日 (月) 20時36分

» 『予告犯』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「予告犯」□監督 中村義洋□脚本 林 民夫□原作 筒井哲也□キャスト 生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田 岳、荒川良々、       宅間孝行、窪田正孝、小松菜奈、田中 圭、小日向文世■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 TOHOシネ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月14日 (火) 07時46分

» 人は未来に希望がなければ生きてはゆけない。『予告犯』 [水曜日のシネマ日記]
法律では裁けない悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシの物語です。 [続きを読む]

受信: 2015年7月21日 (火) 23時07分

» 予告犯 [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
予告犯 15:日本 ◆監督:中村義洋「白ゆき姫殺人事件」「ゴールデンスランバー」 ◆出演:生田斗真、鈴木亮平、戸田恵梨香、濱田岳、荒川良々、宅間孝行、坂口健太郎、窪田正孝、小松菜奈、福山康平、田中圭、滝藤賢一、本田博太郎、小日向文世 ◆STORY◆インターネッ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月10日 (月) 22時20分

» 予告犯 [単館系映画と舞台]
予告犯 MOVIXさいたま 2015/6/6公開インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗真)が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を ... [続きを読む]

受信: 2015年8月11日 (火) 21時25分

» 予告犯 [あーうぃ だにぇっと]
予告犯@有楽町朝日ホール [続きを読む]

受信: 2015年8月12日 (水) 20時33分

» 予告犯  監督/中村 義洋 [西京極 紫の館]
【出演】  生田 斗真  戸田 恵梨香  鈴木 亮平  濱田 岳  荒川 良々 【ストーリー】 インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。...... [続きを読む]

受信: 2015年8月12日 (水) 20時34分

» 予告犯 [愛猫レオンとシネマな毎日]
筒井哲也の同名コミックを「ゴールデンスランバー」や「白ゆき姫殺人事件」の 中村義洋監督が映画化。 インターネットに、犯行予告を投稿しては実行する、謎のマスク集団“シンブンシ”と それを追う警視庁の戦いが描かれます。 内容は、クライムサスペンスなんだけど、結末は意外なものでした。 エッ?こんなオチなのかって・・・ 本作は、いい意味で、観客を裏切ってくれます。 ワタシの中では、見終わった後の感覚が、中村監督の「アヒルと鴨のコインロッカー」の 時と似てました。やるせないんだよね。 中村監督... [続きを読む]

受信: 2015年8月13日 (木) 23時43分

» 15-205「予告犯」(日本) [CINECHANが観た映画について]
どんな小さなことでも人のためになると思えば動く  ある日、新聞紙を被った男がネット上で、集団食中毒を起こした食品加工会社に対する制裁を予告する。  翌日、確かにそれは実行された。その後も、法律では裁かれない不正義に対する制裁の予告とその実行が繰り返され、マスコミも巻き込んで社会現象化していく。  ネット犯罪を取り締まる警視庁サイバー犯罪対策課の吉野絵里香は、通称“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。そしてシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることを突...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 9日 (月) 00時49分

» 予告犯 [象のロケット]
新聞紙の頭巾を被った謎の男が、犯罪を予告するような動画をネットに投稿し、その内容が実行されるという事件が多発する。 警視庁サイバー犯罪対策課に所属するキャリア捜査官・吉野絵里香は、4、5人のグループと思われる謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出した。 模倣犯も出現し、“シンブンシ事件”は社会現象へと発展していくが…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2015年12月15日 (火) 10時28分

» 予告犯 [銀幕大帝α]
2015年 日本 119分 サスペンス 劇場公開(2015/06/06) 監督: 中村義洋 『白ゆき姫殺人事件』 原作: 筒井哲也『予告犯』 出演: 生田斗真:奥田宏明(ゲイツ) 戸田恵梨香:吉野絵里香 鈴木亮平:葛西智彦(カンサイ) 濱田岳:木村浩一(ノビタ) 荒川良々:...... [続きを読む]

受信: 2016年3月17日 (木) 20時42分

» 予告犯 [のほほん便り]
ネット犯罪の恐怖を描いた筒井哲也による同名コミックを生田斗真主演、戸田恵梨香共演で映画化したサスペンス・スリラー。 キャスティングと、彼等のアダ名がぴったり、でしたね。 また、俳優達も実力派で、今旬な面々。ストーリー共々、見応えありました。 ネットを自在に駆使した意味で、非常に現代的な物語だった気がします。 なかなかに興味深かったです。     (解説) 「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス... [続きを読む]

受信: 2016年5月16日 (月) 17時33分

» 予告犯 (2015) 119分 [極私的映画論+α]
 戸田恵梨香・・・痩せすぎ(笑) [続きを読む]

受信: 2016年5月30日 (月) 18時39分

» 映画 『予告犯』 [こみち]
nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; JUGEMテーマ:邦画 nbsp; nbsp; nbsp; 少年ジャンプ連載されていた漫画が原作の『予告犯』。 nbsp; 原作では超能力を使って、様々な事件を起こしていたように nbsp; 思えたが、映画... [続きを読む]

受信: 2017年1月31日 (火) 05時26分

« 「トゥモローランド」 ディストピアへのアンチテーゼ | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 1と2を合わせて再構成した感じ? »