« 「仮面ライダーカブト」<平成仮面ライダー振り返り-Part7> | トップページ | 「極道大戦争」 三池節、暴走 »

2015年6月15日 (月)

「海街diary」 描写の余白

このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監督作品ですし、さっそく観に行ってきました。
是枝監督の前作は「そして父になる」でカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したことは記憶に新しいです。
本作もカンヌのコンペにエントリーしましたが、惜しくも受賞は逃したようです。
「誰も知らない」や「そして父になる」のような社会的な課題を題材にしているわけではなく、鎌倉に住む4姉妹の日常を描いているだけなので、受賞作品としてはインパクトがない感じがあったのでしょうか。
しかし、4人の日常を四季を通して描いているだけではありますが、個人的には観ていてとても心地よい印象を残す作品であると感じました。

今回この作品を観て感じたのは、是枝監督の作品というのは状況説明的なセリフやシーンを極力排除しながらも、その人物がどのような人で、どのような状況にあるのかということを感じさせるのが巧みであるなといういうことでした。
登場人物の仕草、言葉の間のとり方、カットのつなぎ方、シナリオには書いていないニュアンスで伝わってきます。
シンプルであるのだけれど説明不足ではなく、その登場人物の状況や気持ちを素直に感じることができます。
これは脚本、監督、編集を一人でやっている是枝監督ならではのセンスなのかもしれません。
ドキュメンタリー出身であることも関係あるかもしれませんね。

登場人物を描いているのですが、とことんまで細かく彼女たちを描写(説明)しているわけではありません。
でも彼女たちの性格や気持ちというのは感じることができ、シーンに映っていないにせよ、彼女たちはどのように感じて、どのように行動したかというのが想像することができます。
登場人物の描写に余白があって、そこを観ている側がいろいろ想像できる余地があるという感じですね。
例えば、次女の佳乃は銀行員ですが、ずっと窓口をやっていて仕事にはあまり関心ががもてない様子です。
仕事よりは、恋やおしゃれのほうに興味がいっている今どきの女性です。
しかし、外回り担当になり、最初はそれに浮かれていますが、知り合いの食堂の女性、二ノ宮さんを担当したとき、彼女が末期がんであることを知ります。
それに関して具体的な描写として描かれているのは、下記の通りです。
・佳乃が上司とともに二ノ宮の元を訪れ、店を閉めること、彼女に死期が迫っていることを知る。
・海辺で上司と二ノ宮のために遺言書の提案をしようと話す。
・佳乃が珍しく自宅で仕事のための準備をしている。
・二ノ宮の葬式で佳乃は号泣している。
佳乃は二ノ宮の死期を知り、今までの彼女とは違い仕事に対してまじめに取り組み、おそらく二ノ宮にも喜ばれた提案をしたのであろうと思われます。
ふつうの映画だと佳乃の行動を仔細に見せたくなるところだろうけれど、それはあえて描写していません。
お葬式で佳乃が泣いている姿を見せるだけで、彼女がどれだけ二ノ宮と仕事に対して真剣に向き合ったかを想像させることができているように感じます。
このようなところが本作にはいくつもあり、それが先ほど書いた「描写の余白」のようなものであると思います。
饒舌な作品ではないけれど、登場人物の気持ちは繊細に描けています。
それが観終わったときの心地よさにつながっているのかなと思いました。

|

« 「仮面ライダーカブト」<平成仮面ライダー振り返り-Part7> | トップページ | 「極道大戦争」 三池節、暴走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61745995

この記事へのトラックバック一覧です: 「海街diary」 描写の余白:

» 海街diary ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重...... [続きを読む]

受信: 2015年6月17日 (水) 19時00分

» 劇場鑑賞「海街diary」 [日々“是”精進! ver.F]
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary [...... [続きを読む]

受信: 2015年6月19日 (金) 05時32分

» 海街diary/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず [カノンな日々]
吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。 出演はその ...... [続きを読む]

受信: 2015年6月19日 (金) 09時03分

» 血は争えない。『海街diary』 [水曜日のシネマ日記]
鎌倉で暮らす3姉妹と父親が他の女性との間に儲けた異母妹が共同生活を送る様子を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2015年6月19日 (金) 12時27分

» 『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月19日 (金) 13時44分

» 4姉妹がそこで暮らす [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「海街diary」を鑑賞しました。 鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の3姉妹。そんな彼女たちのもとに15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。 その葬儀で父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面、そこで鎌倉で自分たちと一緒...... [続きを読む]

受信: 2015年6月21日 (日) 09時07分

» 海街diary [とりあえず、コメントです]
吉田秋生著の同名コミックを是枝裕和監督が映画化した人間ドラマです。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4人が四姉妹を演じている予告編を観て これは観たい!と楽しみにしていました。 鎌倉の自然と共に映し出される四姉妹の姿がとてもいとしく感じるような優しい余韻の残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月21日 (日) 22時31分

» 映画「海街diary」 [FREE TIME]
映画「海街diary」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年6月21日 (日) 23時40分

» 幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。〜海街diary〜 [ペパーミントの魔術師]
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが〜〜〜い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま〜〜い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではいちばん...... [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 02時03分

» 海街diary [Akira's VOICE]
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!   [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 10時12分

» 海街diary [あーうぃ だにぇっと]
海街diary@東宝試写室 [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 13時47分

» 海街diary [象のロケット]
鎌倉に住む三姉妹(長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳)のもとに、父の訃報が届く。 15年前に父は家族を捨て、その後、彼女たちの母は再婚して家を去って行った。 父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。 三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界しており、中学生のすずは、父の3度目の妻である義母と暮らしていた。 幸はすずに、鎌倉で一緒に暮らさないかと声をかける…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 17時04分

» 海街diary [映画的・絵画的・音楽的]
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)...... [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 21時04分

» 海街diary [勝手に映画評]
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...... [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 22時28分

» 海街diary [映画の話でコーヒーブレイク]
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...... [続きを読む]

受信: 2015年6月24日 (水) 00時33分

» 「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。... [続きを読む]

受信: 2015年6月24日 (水) 13時32分

» 海街diary [映画と本の『たんぽぽ館』]
鎌倉の四季と4姉妹 * * * * * * * * * * 吉田秋生さんの原作コミックが大好きで、 当ブログでもご紹介していましたが、待ちに待った映画公開。 でも、一抹の不安もありました。 大好きな本やコミックの映画化。 これには私としては2パターンありま...... [続きを読む]

受信: 2015年6月24日 (水) 20時57分

» 海街diary [映画好きパパの鑑賞日記]
 是枝裕和監督が、鎌倉に住む美しい3姉妹が、異母妹を迎えた1年を描いた作品。鎌倉が舞台ということもあり、小津安二郎を彷彿とさせる作品ですが、「トイレのピエタ」同様、抑制的な描写が続いているため、物足りない人もいるかもしれません。  作品情報 2015年日本…... [続きを読む]

受信: 2015年6月28日 (日) 06時45分

» 『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月29日 (月) 21時16分

» 海街diary [そーれりぽーと]
是枝裕和監督最新作、『海街diary』を観てきました。 ★★★★★ 親の離婚や、家出、死別に振り回され続けても、強い絆で結ばれ、助け合って暮らす四姉妹の様子が、日本の四季を背景に、美しく、ハートウォーミングに描かれている。 振り回した親たちに対する思いは、実際に...... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 01時20分

» 『海街dairy』 [仲間が増えるといいなぁ・・・]
是枝裕和監督の作品。「そして父になる」の映画もそうだったのですね。 なんか感じたのよね。一人一人の人間の心のありようが丁寧に描写されているように 思ったのよね。 第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を 受賞した吉田秋生の人気コミック...... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 12時09分

» 奇蹟の四姉妹~『海街diary』 [真紅のthinkingdays]
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生のコミックを、是枝裕和監督が映像化。美し 過ぎる四姉妹と、もしかしたら彼女たち以上にフォトジェニックな鎌倉の街を存分 に堪能でき...... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 13時03分

» 海街diary・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南の美しい四季を背景に、個性的な姉妹それぞれの葛藤を、出会いと絆の物語の内に描く。 四人の綺麗どころが揃ったビジュアルは、観ているだけ...... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 22時45分

» 海街diary [単館系映画と舞台]
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 2日 (木) 21時41分

» 映画『海街diary』★優しく爽やかな“すず”風に吹かれる姉妹の季節 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165422/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 長女: 綾瀬はるか 次女: 長澤まさみ 三女: 夏帆 末娘すず: 広瀬すず 父の死をきっかけに、腹違いの末娘が 姉たちと、同居することになります。 末娘が、姉と打ち解けていく過程が、メインのようですが 末娘は、まるっきり..... [続きを読む]

受信: 2015年7月 2日 (木) 22時17分

» 『海街diary』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 TOH...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 3日 (金) 08時47分

» 『海街diary』 言葉にならないもの [Days of Books, Films ]
Our Little Sister(viewing film) 土曜日の午後、有 [続きを読む]

受信: 2015年7月 3日 (金) 17時05分

» 『海街diary』 小津をほうふつって本当? [映画のブログ]
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常のディテールをきっちり押さえた作り込み、無駄のないセリフ、冴えた映像、研ぎ澄まされた編集、そして家族という普遍的なテーマが、日本とかど...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 3日 (金) 18時52分

» 海街diary [Break Time]
7月に 入ってから梅雨らしい日が続きます・・・ [続きを読む]

受信: 2015年7月 3日 (金) 23時08分

» 映画『海街diary』 [健康への長い道]
 是枝監督の最新作、カンヌ映画祭正式出品の『海街diary』をようやく鑑賞してきました。  僕が女優で作品を選ぶとしたら、宮崎あおいさんだけですので(それでも全部観るわけではない)、この作品も是枝監督作でなければ、スルーしていたことでしょう。  『歩いても歩…... [続きを読む]

受信: 2015年7月10日 (金) 21時34分

» 海街diary [花ごよみ]
鎌倉が舞台。 鎌倉の四季の景観が美しい。 3姉妹と異母妹が一緒に暮らす中 色々な出来事を経ながら 一つの家族になっていく。 監督は是枝裕和。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、 広瀬すずが姉妹を演じます。 鎌倉で生活している 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月13日 (月) 20時39分

» 映画・海街diary [読書と映画とガーデニング]
2015年 日本 鎌倉ある夏の朝、祖父母が遺してくれた古い日本家屋に暮らす、幸(綾瀬はるか)・佳乃(長澤まさみ)・千佳(夏帆)の三姉妹のもとに父の訃報が届きます15年前、父は家族を捨てて出て行き、母(大竹しのぶ)もその後再婚して今は札幌に暮らしており鎌倉...... [続きを読む]

受信: 2015年7月22日 (水) 16時35分

» 海街diary [愛猫レオンとシネマな毎日]
吉田秋生の同名コミックを「そして父になる」の是枝裕和監督が映画化。 四姉妹に扮したのは、人気若手女優の4人。 今年のカンヌでは、華やかなドレス姿を披露して、注目を集めてましたね。 豪華共演は、是枝作品だから実現したんだと思う。 見終わった後も余韻の残る作品です。ヨカッタです! 鎌倉の海に行ったら、四姉妹に会えるような気がしました。 四姉妹、それぞれ性格が異なっていて、それぞれが魅力的なの。 でもダントツは、広瀬すずさんかなぁ~ 演技がどうのこうのと言う前に、彼女がスクリーンに存... [続きを読む]

受信: 2015年8月13日 (木) 12時35分

» 海街diary [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
海街diary 15:日本 ◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」 ◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ ◆STORY◆長...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 1日 (日) 21時33分

» 海街diary [のほほん便り]
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となった鎌倉の美しさにも目を見張ります。 風景は、もちろん、女優さん達が、とても美しく余韻深く撮れてました 個人的には、ちょっとだけ、向田邦子っぽい匂いを感じました。 映画を観てる時間が、とても芳醇に感じて、しみじみ… ... [続きを読む]

受信: 2015年12月27日 (日) 12時58分

» 海街diary [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:邦画 「海街diary」 監督:是枝裕和 2015年 日本映画 128分 キャスト:綾瀬はるか      長澤まさみ      夏帆      広瀬すず 鎌倉に住む幸、佳乃、千佳は、家族を捨てた父の 葬儀へ出席する。そこには父の再婚相手の娘すずが おり、義母との関係が芳しくない彼女を引き取る ことに決めるが...。 <お勧め星>☆☆☆☆ 静かな映像と美しい姉妹、 そして音楽、景色が心地よいです。 原作の吉田秋生さんの漫画はものすご... [続きを読む]

受信: 2016年1月27日 (水) 09時06分

« 「仮面ライダーカブト」<平成仮面ライダー振り返り-Part7> | トップページ | 「極道大戦争」 三池節、暴走 »