« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 劇場版2の焼き直し感が気になる | トップページ | 「メイズ・ランナー」 少年版「LOST」 »

2015年5月21日 (木)

「シンデレラ」 今時珍しい直球勝負のおとぎ話

最近のディズニー映画ではプリンセスを扱ったとしても、「眠れる森の美女」とか「白雪姫」などの昔懐かしいアニメーションのときとは違ったように描いている。
大ヒットした「アナと雪の女王」では、登場したプリンセスたちは自立した女性として描かれ、行動的である。
これは最近のプリンセスものには胸痛した傾向であると思う。
「魔法にかけられて」や「イントゥ・ザ・ウッズ」などもおとぎ話を斜めから見た切り口で、新解釈として描いていた。
それら最近のディズニー映画と比べると、本作「シンデレラ」は今時珍しい直球ど真ん中勝負の作品であると言える。
皆が知っている「シンデレラ」のお話が、ほぼそのまま語られます。
この点、古典なども数多く手がけるケネス・ブラナーを監督に起用したのは、いい選択であったと思う。
皆が知っているストーリーを扱いながらも、実写映画として観ていて満足ができる映像に仕立て上げられている。
シンデレラの着るドレスはアニメと同じようにブルーを基調としつつも、キラキラとしていてふわふわとしていて、不思議なつやとグラデーションを持っていた。
この質感はやはり実写ならではのものであると思う。
おそらく、かつてアニメーションの「シンデレラ」を初めて見た女の子がワクワクしたような気持ちと、本作実写版のシンデレラの姿を見た現代の女の子も同じように感じるのではないだろうか。
かなりアニメ版に沿った作品であるが、現代的な部分もいくつかある。
「シンデレラストーリー」という言葉があるように、あまり注目されなかった女の子が王子様的な男性に見初められてどんどん美しくなっていくという物語の構造は定番中の定番である。
この場合の女の子はどうしても受け身の要素が強くなるわけで、現代風な(「アナと雪の女王」的な)ヒロインのようには描くことは難しい。
しかし本作の主人公エラは「シンデレラストーリー」的な受け身でありつつも、ときおり「愛と勇気」を持った女性として精神的には自立した女性として描かれる。
「ありのままの自分」をさらけ出す勇気を持った女性が本作のエラなのだ。
この点は今時であると言える。
また本作での悪役のまま母(ちなみに「まま母」という言葉を知ったのは「シンデレラ」であったと思う)もただ悪役なのではなく、なにゆえ悪役かの説明もされる。
彼女は自分が生きていくうちになくしてしまったもの、若さであったり純真さみたいなものをシンデレラの中に見て、それがもう取り戻せないということに嫉妬するのだ。
これは「イントゥ・ザ・ウッズ」の魔女にも通じる。
悪役をただ悪役とするのではなく、少しでもその人間性に触れようとするところは現代的であると言える。
まま母を演じたケイト・ブランシェットのオーバーアクションな意地悪っぷりは見ものである。

|

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 劇場版2の焼き直し感が気になる | トップページ | 「メイズ・ランナー」 少年版「LOST」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61624225

この記事へのトラックバック一覧です: 「シンデレラ」 今時珍しい直球勝負のおとぎ話:

» 『シンデレラ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「シンデレラ」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 クリス・ワイツ□キャスト リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、       リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ■鑑賞日 5月9日(土)■劇場...... [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 08時08分

» 『シンデレラ』(2015) [【徒然なるままに・・・】]
画面の美しさと音楽の流麗さにうっとり…。おとぎ話の映画化はこうじゃなければ。主役二人にあまり華が感じられませんが、ケイト・ブランシェット扮する継母の憎々しさ、出番僅かながらフェアリ-・ゴッドマザーをチャーミングに演じたヘレナ・ボナム=カーター(実はナレーション兼務だったんですね)の安定感。ディズニーが自社製作のアニメーション映画を実写でリメイクした作品ですが、ディズニーらしいといえばディズニーらしい仕上がりの作品だと言えます。ただ、綺麗にまとまってしまっているだけに、何となく物足りなさを感じる出来で... [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 11時11分

» シンデレラ/同時上映 : アナと雪の女/エルサのサプライズ [カノンな日々]
いまさらシンデレラを観て何が面白いんだろ?と思いつつ同時上映の短編『アナと雪の女/エルサのサプライズ』観たさに行ってきました。 では、ポチっと。 [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 16時31分

» 映画「シンデレラ」 [FREE TIME]
GW中に映画「シンデレラ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年6月 6日 (土) 17時57分

» 映画『シンデレラ』観た(*бωб*)♪ [よくばりアンテナ]
いやぁ〜ほんとに映画館で映画観るの久しぶり。 半年も観てなかった・・・ 『美女と野獣』以来です。 最近になってようやくあれもこれも観たいって気分になってきました。 映画館で観るための時間が前ほどあるわけじゃないなってこともわかっていて、 今後はさらにホントに観たい作品をしぼって出かけたいって思ってます。 なので久々の鑑賞作品はやっぱりはずれの少ないディズニーがいい...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 9日 (火) 10時03分

» キラ☆キラの魔法~『シンデレラ』 【字幕版】 [真紅のthinkingdays]
 CINDERELLA  両親を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、継母(ケイト・ブランシェット)と義 理の姉妹に 「シンデレラ」=灰かぶり姫と呼ばれ、召使同然の扱いを受ける。 辛い日々を送っていたある日のこと、彼女は森で王子(リチャード・マッデン)と 出逢うのだが・・・。  誰もが知っている名作童話 『シンデレラ』 の実写映画化。いや~、素晴らし...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 9日 (火) 12時42分

» シンデレラ(2015) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
有名なおとぎ話であるシンデレラの最新映画版で 製作はディズニー、監督はシェイクスピア俳優 としても有名で脚本や監督業と多岐に渡って活躍する ケネス・ブラナーが務める『シンデレラ』が公開 されましたので観に行ってきました。 同時上映は『アナと雪の女王 エルサの…... [続きを読む]

受信: 2015年6月12日 (金) 20時30分

» シンデレラ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
シンデレラも、ありのままで! 古くからヨーロッパ各地に伝わる灰かぶり姫の民話をもとにした、シャルル・ペローの童話「シンデレラ」を、ウォルト・ディズニーが美しいアニメーションとして映画化してから、今年で65年。 ウォルト自身が「もっとも好きな作品」と語る、ディズニープリンセスの代名詞ともいうべき大古典の実写化を担ったのは、コスチューム・プレイならお任せ!のミスター・シェイクスピアこと、...... [続きを読む]

受信: 2015年6月15日 (月) 22時26分

» シンデレラ [風に吹かれて]
頼れる王子様登場 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/cinderella 監督: ケネス・ブラナー 幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くし、彼女の“どんな時で [続きを読む]

受信: 2015年6月18日 (木) 09時42分

» 劇場鑑賞「シンデレラ」 [日々“是”精進! ver.F]
本当の愛を見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ オリジナル・サウンドトラック [ パトリック...価格:3,240円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】spoon. (スプーン)...... [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 13時20分

» シンデレラ [象のロケット]
シンデレラ(灰まみれのエラ)と呼ばれ、まま母と連れ子の姉妹から召使い代わりにこき使われている女性エラは、森で“キット”と名乗る青年と出会う。 実は王子であるキットは、エラと再会するため舞踏会に国中の未婚女性を招待する。 ところがエラは舞踏会へ連れて行ってもらえず、一人家に残ることに。 絶望しかけたエラの前に、フェアリー・ゴッドマザー(妖精)が現れた…。 ラブ・ストーリー。 ≪本当の魔法は、あなたの勇気≫... [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 14時43分

» シンデレラ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラ...... [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 20時20分

» 『シンデレラ』('15初鑑賞37・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 20時43分

» シンデレラ [映画好きパパの鑑賞日記]
 だれもが知るディズニーのおとぎ話を忠実に映画化。連休中とあり、小さな子供をつれた親の姿も目立ちました。ディズニー映画にありがちですが、併映の短編アニメ、「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」のほうが面白かった。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:…... [続きを読む]

受信: 2015年6月28日 (日) 23時56分

» シンデレラ [心のままに映画の風景]
“どんな時でも勇気と優しさを忘れないで”という亡き母の言葉を胸に、まっすぐな美しい女性へと成長したエラ(リリー・ジェームズ)。 ある日、貿易商を営む父親が再婚し、継母トレメイン(ケイト・ブランシェット)と、連れ子の姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことにる。 だが、父親が不慮の事故で命を落とし、継母と義理の姉妹から召使いのように扱われる辛い毎日を送ることになった。 そんな時、城で国...... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 16時40分

» シンデレラ 字幕 [♪HAVE A NICE DAY♪]
これぞ!!シンデレラ もう大満足です 娘と二人もう〜〜大満足で劇場を出てきました もう〜〜〜〜王道(笑)のシンデレラ シンデレラのテーマは勇気と優しさ ありのままの自分〜 出てました〜 魔法使いのゴッドマザーのヘレナ・ボナム=カーターも 可愛かった カボ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 4日 (土) 16時25分

» 映画『シンデレラ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
女子ならおばさんも憧れる「シンデレラストーリー」 これは観ておかなくっちゃ! 『シンデレラ』(公式サイト)を、観て参りま [続きを読む]

受信: 2015年7月15日 (水) 13時32分

» 機内鑑賞★アンフィニッシュド・ビジネス/シンデレラ/俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員! [我想一個人映画美的女人blog]
オスロ行きと帰りで観た数本の中からまずはやっと3本まとめてちょこっとレビュー。 Unfinished Business/アンフィニッシュド・ビジネス ヴィンス・ヴォーン、トム・ウィルキンソン、シエナ・ミラー、デイヴ・フランコ、ジェームス・マースデン、ニック・フロ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月15日 (水) 20時15分

» 15-159「シンデレラ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
勇気と優しさをもって  幼くして母を亡くし、彼女の“どんな時でも勇気と優しさを忘れないで”という言葉を胸に、まっすぐな女性へと成長したエラ。  ある日父が再婚し、エラにはまま母とその連れ子としてやって来た2人の姉ができる。しかし父が亡くなると、まま母と義姉たちはエラに辛く当たるようになる。  そんなある日、城で国中の若い女性を集めて舞踏会が開かれることになり、エラの家にも招待状が届くが、舞踏会に行きたいというエラの願いはまま母によって阻止されてしまう。  悲しみに暮れるエラだったが...... [続きを読む]

受信: 2015年8月31日 (月) 00時59分

» シンデレラ [いやいやえん]
【概略】 過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛を圧倒的な映像美で描き出す。 ラブストーリー 誰もが知っているおとぎ話「シンデレラ」をロマンティックにゴージャスに実写化、監督はケネス・ブラナー。ディズニー印だしケネスなら変なの撮らないだろという妙な安心感(誰もが知っている…からこそ、手を抜けないというのもあるけどね)。 でも私はどちらかといえば、白雪姫のほうが思い出深い。寝る前のお話担当は父だったのですが、いつも白雪姫で、しま... [続きを読む]

受信: 2015年9月 5日 (土) 08時56分

» シンデレラ [銀幕大帝α]
CINDERELLA 2015年 アメリカ 105分 ファンタジー/ロマンス 劇場公開(2015/04/25) 監督: ケネス・ブラナー 『マイティ・ソー』 出演: ケイト・ブランシェット:まま母(トレメイン夫人) リリー・ジェームズ:エラ/シンデレラ リチャード・マッデン:王子...... [続きを読む]

受信: 2015年9月10日 (木) 15時04分

» 「シンデレラ」 [ゆっくり歩こ。]
評価が良いので行ってみました なかなかいいですね〜  心洗われる映画です もう充分承知のストーリー、感動を期待してたわけでも何でもないんだけれど つつー。。と自然に涙が  王子様との恋物語に泣けたわけでもないし、可哀想な境遇のシンデレラが不憫で泣...... [続きを読む]

受信: 2015年9月18日 (金) 17時27分

» 忘れないうちに姫DVDの感想を。(;´∀`)〜「シンデレラ」&「美女と野獣」〜 [ペパーミントの魔術師]
えっと実際に見たのは10日以上前です。(おい) とにかく!このドレスが半端なく綺麗で現実離れしてて それが見たかったんですよね〜。(え) だもんだからそこんとこは大大大満足でございました。 いかにも魔法のドレスでございますってな質感がサイコーでございまし...... [続きを読む]

受信: 2015年9月24日 (木) 17時49分

» シンデレラ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【CINDERELLA】 2015/04/25公開 アメリカ 105分監督:ケネス・ブラナー出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月25日 (金) 23時48分

» 『シンデレラ』 [beatitude]
幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな心を持つ女性へと成長していた。ある日、仕事で家を留守にすることが多い貿易商の父(ベン・...... [続きを読む]

受信: 2015年9月28日 (月) 23時40分

» シンデレラ [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
シンデレラ 15:米 ◆原題:CINDERELLA ◆監督:ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」「マイティ・ソー」 ◆出演:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジ...... [続きを読む]

受信: 2015年10月 5日 (月) 22時50分

» シンデレラ [I am invincible !]
母(ヘイリー・アトウェル)が病気で亡くなった後、父(ベン・チャップリン)と幸せに暮らしていたエラ(リリー・ジェームズ)だったが、父から再婚の話しを聞くととても喜んだ。 [続きを読む]

受信: 2015年12月27日 (日) 13時20分

» シンデレラ(2015) [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 nbsp; nbsp; 「シンデレラ(2015)」 原題:Cinderella 監督:ケネス・ブラナー 2015年 アメリカ映画 105分 キャスト:リリー・ジェームズ      ケイト・ブランシェット      ヘレナ・ボナム=カーター      リチャード・マッデン      ソフィー・マクシェラ nbsp; 母を亡くしたエラは、父の再婚相手トレメイ... [続きを読む]

受信: 2017年1月 6日 (金) 11時46分

» シンデレラ(2015) [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ケネス・ブラナー 出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル、ヘ...... [続きを読む]

受信: 2017年1月22日 (日) 13時32分

» 映画 『シンデレラ』 [こみち]
nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; JUGEMテーマ:洋画 nbsp; nbsp; nbsp;  エラの継母であるトレメイン夫人は、嫉妬深い。 nbsp; 旅に出る前にエラの父親が実の娘と親しく話をしていることに nbsp; 嫉妬するなんて、とても業が深いトレメイン夫人... [続きを読む]

受信: 2017年5月16日 (火) 05時19分

» シンデレラ [そーれりぽーと]
ディズニースタジオ自らによる、実写リメイク版『シンデレラ』を観てきました。 ★★★★ たまに『フランケンシュタイン』や『マイティ・ソー』みたいな娯楽映画を撮る事も有るけど、シェイクスピアが得意なケネス・ブラナーが、こんなコテコテのディズニー映画をのりのりで...... [続きを読む]

受信: 2017年5月23日 (火) 00時12分

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 劇場版2の焼き直し感が気になる | トップページ | 「メイズ・ランナー」 少年版「LOST」 »