« 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 | トップページ | 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 ポール・ウォーカーを悼む »

2015年4月30日 (木)

「寄生獣 完結編」 共感性という希望

人間こそが地球という星に寄生する寄生獣である、とパラサイト側についた広川は言う。
人間というただひとつの種だけが繁栄するという現在の状態こそが是正されるものである、と。
地球という生態系で考えた場合、あまりに人は増えすぎた。
やがて増えすぎ地球を食い尽くすことにより、人間という種も滅んでしまうかもしれない。
確かに人は他の種や星の生命に無頓着であるかもしれない。
しかし、一方で人は共感性を持つただ一つの種であると言ってもよい。
動物は死のうとする他の生き物を思い、涙することはない。
道路で死んでしまった子犬のことを思い、木の下に埋めてあげることができるのも人間だけである。
人間という生き物を固体としてみた場合、実は他の動物に比べても苛酷な環境で生き延びるには”やわ”な生命体である。
だから、人は脳というものを発展させ、その脳が生み出すテクノロジーによって作られた人工の環境で身を守り、また社会性というものを育み、集団で自分たちの生命を守るように進化したとも考えられるかもしれない。
社会性を発展させる上で、重要になるのが、自分以外の他者に対する共感性なのではないだろうか。
人の痛みをわかり、自分のことのように感じる。
その対象が大切に想う人であれば、それこそ自分の身が切られるように痛みを感じるものだ。
自分が想う人を失ったとき、想うがゆえにその悲しみ、憎しみは普段では考えられない発現の仕方をする。
パラサイトたちが人に敗れていくのは、決して個体の能力が人間に劣っていたわけではない。
むしろ戦闘力という点においては、パラサイトは圧倒的に人間を超えている。
しかし、彼らは互いに共感しあう能力が人に比べてとても薄い。
だから想いや考えをあわせた人間たちに敗れ去っていく。
その人間の特徴に気づき、考えを深めていった唯一のパラサイトが田宮であった。
パラサイトたちもすべてが滅んだわけではなく、人間に同化していったものもいるという。
彼らは人間と同じように共感性を学んでいった一派なのかもしれない。
完結編において重要な役割を担うのは浦上という人物であった。
彼は根っからの殺人者で、他者に対する思いやり、共感性というものが欠如している。
だからこそ同じように共感性がないパラサイトを見抜けるのかもしれない。
そして人として大切なところが欠けているから、バケモノなのだ。
彼は殺しあうことが人間らしさであると言った。
確かに人間は殺し合い、時には他者に対して無感覚なところも持っている。
しかし、その一方で共感性や思いやりというものも持っている。
おそらく本作の中で浦上と対極にあるのが、新一のガールフレンドである里美なのだろう。
彼女は新一のことをひたすら想い、そしてすべてを受け入れる。
里美は共感性の象徴である。
ラストのシーンは浦上と里美という両極の人物が対することに意味がある。
人はやはり他者を陵辱し奪い殺すだけの生き物なのか、それとも他者への共感性や思いやりをもった存在なのか。
(原作は読んでいないのでどんな話が知らないのだが)原作は里美が死ぬと聞いた。
映画では彼女は助かるのだが、それはただ主人公のガールフレンドが助かってハッピーエンドであること以上の意味があると思う。
彼女は人間という種の共感性の象徴。
彼女が救われたということは人間にもまだ可能性があるということ。
確かに人間は残酷で、利己的なところをもっている。
しかし共感性や思いやりも持っている。
パラサイトの一部が変わったように、人もその良さをもっとよりよいように伸ばして変わっていけるのではないか。
田宮は新一とミギーのことを希望と呼んだ。
それは彼らが種の違いを超えて思いやり、共生できたということを希望であると感じたのであろう。
新一と里美が生き残ったということは人がまだ希望を持っているということの象徴である。

|

« 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 | トップページ | 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 ポール・ウォーカーを悼む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61517970

この記事へのトラックバック一覧です: 「寄生獣 完結編」 共感性という希望:

» 寄生獣 完結編 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。監督に山崎貴、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛、北...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 1日 (金) 20時00分

» 15-025「寄生獣 完結編」(日本) [CINECHANが観た映画について]
オレにこいつを殺す資格は無いのかもしれない  右手に寄生生物の“ミギー”を宿す高校生・泉新一は、いまや人間からもパラサイトからもマークされる存在に。  そんな中、新一の住む東福山市にパラサイトが結集、市庁舎をアジトに組織化を図り、更なる勢力拡大へ向けて水面下で周到な準備を進めていた。対する人間側も、徐々にパラサイトの正体と脅威を把握していき、対パラサイト特殊部隊を結成してその殲滅に乗り出す。  一方、人間の子供を産んだことで意識に変化が生じたパラサイトの田宮良子は、新一とミギーの存在...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 5日 (火) 02時43分

» No.493 寄生獣 完結編 [気ままな映画生活]
「寄生獣」2部作の後編。右手に寄生生物ミギーを宿した高校生・泉新一の暮らす東福山市は、広川市長を中心に組織化されたパラサイトたちが一大ネットワークを構築。寄生生物殲滅を ... [続きを読む]

受信: 2015年5月 6日 (水) 09時43分

» 寄生獣 完結編  感想!! [★ Shaberiba ]
人間こそが寄生獣!? [続きを読む]

受信: 2015年5月10日 (日) 12時29分

» 「寄生獣 完結編」☆原作超え [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
巷では評価があまり高くなさそうだったので、期待値を下げて鑑賞したら、なんのなんのカンペキですわ。 原作ファンから見ても、原作やアニメでもたもたした部分はスッパリカットし、この漫画が名作として名高い所以ともなる『壮大なテーマ』がしっかり息づいている傑作として仕上がっていたyo... [続きを読む]

受信: 2015年5月12日 (火) 21時59分

» 寄生獣 完結編 [映画的・絵画的・音楽的]
 『寄生獣 完結編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前作の前篇の出来栄えが素晴らしかったので、後篇にあたる本作もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、前作のあらましが描き出された後、車列がビルの地下室に入っていく場面。  平間警部補(國...... [続きを読む]

受信: 2015年5月12日 (火) 22時06分

» 寄生獣・完結編 [単館系映画と舞台]
寄生獣 完結編 MOVIX川口 2015/4/25公開 新一(染谷将太)の暮らす東福山市で、市長・広川(北村一輝)が 率いるパラサイトたちの強大なネットワークが形成されていく。 彼らの動向を ...... [続きを読む]

受信: 2015年5月17日 (日) 22時39分

» 寄生獣 完結編 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
寄生獣 完結編 15:日本 ◆監督:山崎貴「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日’64」 ◆出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、大森南朋、北村一輝、余貴美子、ピエール瀧、新井浩文、國村隼、浅野忠信 ◆STORY◆人間の脳に寄生し肉体を操り人間を捕食す...... [続きを読む]

受信: 2015年5月25日 (月) 22時35分

» 寄生獣 完結編/染谷将太 [カノンな日々]
主人公の高校生と彼の右手に寄生した謎の生物ミギーとの奇妙な絆と人類を侵略しようとするその他の寄生生物との戦いを描くSFアクション映画『寄生獣』二部作の後編・完結編です。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年5月31日 (日) 20時55分

» 寄生獣 完結編 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆ 製作:2014年日本 上映時間:118分 監督:山崎貴  原作マンガの完成度の高さにつられて前作を観てしまったのだが、邦画としてはCGやVFXの出来に感心したものの、ストーリーの省略度が激しく、いま一つだというイメージが残っていた。だからそれほど... [続きを読む]

受信: 2015年6月 5日 (金) 11時00分

» ■寄生獣 完結編 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第376回「これはこれで、いい作品なのだと思う。」 さて、今回の作品「寄生獣 完結編」も私から言わせれば、最近多くブログに登場する「乗りかかった舟」的な作品である。原作が描く壮大なテーマをどうしても1本にすることができず、2部作となった。(どうしてもな...... [続きを読む]

受信: 2015年7月12日 (日) 22時09分

» 寄生獣 完結編 [いやいやえん]
【概略】 右手に寄生生物・ミギーを宿した泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。そんな中、パラサイト・田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出す。 SFアクション 短文失礼。 原作ファンとしては「削られたシーン」や「改変」が多すぎて非常に残念な面もありますが、「人間こそが『寄生獣』だ」と言う台詞、放射能汚染で統合分裂する後藤さんのシーンはよかったです。 個人的にババアとナタは外せないと思ったが、あの燃えたぎる中に投げ込むんだろうなあ〜と思って... [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 15時59分

» 寄生獣 完結編 [銀幕大帝α]
2014年 日本 118分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/25) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『コロニー』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月12日 (木) 15時33分

« 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 | トップページ | 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 ポール・ウォーカーを悼む »