« 「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの | トップページ | 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 »

2015年4月20日 (月)

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 そして彼はバードマンになった

タイトルだけを見てヒーロー映画と思って、この作品を観に行くと痛い目にあうことだろう。
個人的には監督が「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥであるから一筋縄ではないだろうとは思っていた。
が、予備知識はない中で観始めたため、どこに物語の終結がたどりつくかわからなく、頭はかなりフル回転ではあった(終わらせ方を考えながら観てたが、しばしば予想を覆された)。

この物語の主人公は伝説となったヒーロー役を演じ、かつては人気俳優であった男リーガン。
リーガンを演じるマイケル・キートンはティム・バートン監督の「バットマン」でブルース・ウェインを演じるときとバットマンを演じるときの声のトーンをかなり変えていた(バットマンのときの声はかなり低い)。
「バットマン」ではブルース・ウィルスと正義の実行者であるバットマンは二重人格的な関係があった(リブートである「バットマン・ビキンズでもそうだったが)。
本作においても(おそらく意識的であるだろうが)、リーガンの時と、バードマンのときのマイケル・キートンは声のトーンを変えている。
これはリーガンとバードマンが「バットマン」のときと同様に、二重人格的な関係性であることを暗示させている。

二重人格的な関係性とは何なのか。
東西にかかわらずヒーローという存在には何かしら「変身」というプロセスが存在する(日本のヒーローは文字通り「変身」する作品が多く、アメリカは「着替え」をしているケースが多いが)。
「変身」という行為には、別の人物になるという意味合いがある。
最近は例外も多いが、変身後のヒーローは変身前と人格がことなることもかつては多かった(「ウルトラマン」がわかりやすい)。
そしてまた別の人間になるという行為を仕事にしている人々がいる。
それは俳優である。
ある人格からある人格に変わる。
そのプロセスの中で次第にその境目があいまいになっていき、二重人格的な関係性が生まれていく。
ヒーロー役を演じる俳優は、二重に変身のプロセス(本人→登場人物、登場人物→ヒーロー)を行っている。

リーガンのこうありたいという自己イメージ(「認められたい」という願望、これは彼の舞台で自身が演じていた「愛されたい」男に通じる)と他者が彼を見るイメージは乖離している。
主人公の中には、かつて人気俳優であったが今は落ち目であるリーガンという名の俳優と、一世を風靡したバードマンというキャラクターが存在している。
バードマンというキャラクターは当然のことながら架空のキャラクターではあるが、世間には本人であるリーガンよりも認められ、愛されているのだ。
世間はリーガンを「バードマン」を演じた俳優としてしか認識していない。

バードマンはハリウッドの映画文化が生み出したキャラクターである。
ハリウッドの映画は消費される文化である。
劇中で舞台の批評家が批判しているように。
さらには現代ではYouTube、Twitterというネット上のバーチャルな世界で、真実だか何だかわからない自分像が、圧倒的なスピードで興味をもたれ、そして打ち捨てられていく。
だからこそバードマンというキャラクターもいつかは飽きられ、消費されるとリーガンは無意識的に感じたのではないだろうか。
だからかつてリーガンはバードマンと同一視されるのを嫌がったのかもしれない。
しかし皮肉なことに、リーガンが「バードマン4」をやらなかったために、バードマンというキャラクターは伝説化し、リーガンは忘れられていった。
そしていつしかリーガンの精神をバードマンが侵食していってしまう。

最後のプレビューで衝撃のあと、リーガンの顔は包帯でぐるぐる巻きにされている。
包帯の間から覗く目の周りは鬱血のためか黒ずんでおり、その様子はバードマンのマスクの目穴から見える目のようであった。
また鼻は包帯によって、バードマンのマスクの特徴的なシルエットとなっている。
その声は低く、バードマンを演じているときの声であった。
これはリーガンであった男が、その精神をいよいよバードマンというキャラクターに飲み込まれてしまったということを表しているのだろう。

この作品は文学的なタイトルがついている。
リーガンは自分がこうありたいという姿(俳優として正当に評価される)ではなく、自分が予期しない姿(パンツ一丁でブロードウェイを走る)という姿で有名になってしまう。
また最後の最後に自分らしくあるために死のうとするが、手元が狂ったのか失敗により、死に損なう。
それがかえって予期せぬ彼の高評価につながっていく。
リーガンは自分が理想とする姿のためにさまざまな努力をするのだが、その努力は何も実を結ばない。
むしろ彼が意図しない姿でのみ、評価されてしまう。
「The Unexpected Virtue of Ignorance」は「無知がもたらす予期せぬ奇跡」と訳されていてちょっと感動的なニュアンスを感じる。
ただ「Virtue」は効果や効力という意味なので「無知がもたらす予期せぬ効力」というのが、本来の意味合いのような気がする。
そうすると「奇跡」といった感動的なニュアンスではなく、意図したようにはうまくいかず、意図しないことでしか評価されない男の喜劇として感じられるのだが、どうだろうか。

本作のキャスティングはさえている。
マイケル・キートンは冒頭でぶれたように「バットマン」でブルース・ウェイン/バットマンを演じていたが、最近は作品に恵まれているとは言い難い。
このキャリアが本作のリーガン/バードマンとイメージとリンクすることは誰も思うことだろう。
しかしこういったリンクだけで、本作のリーガン役を演じられるものでもないと思う。
リーガン、バードマンの声などでの演じ分けもそうだし、後半でリーガンが街路を歩きながら徐々にバードマンとして覚醒(?)していくときの表情などは、なかなか簡単に演じられるものではない(ワンカットなのに顔すら変わっていくように感じられる)。
またエドワード・ノートンもよい。
エドワード・ノートンというと、かつてマーベルヒーローのひとつで「インクレディブル・ハルク」でハルクを演じた。
演技派でどちらかというとブロックバスター作品とは縁遠い彼が、ヒーローものに出るということでそのときは驚いたのを覚えている。
結果、作品自体はいまいちで、ノートンもそれからヒーローを演じることはなくなった。
「アベンジャーズ」でもハルクは登場しているが、彼はオファーを断っている。
彼がハルク役を断った真意は知らないが、リーガンが「バードマン4」を断ったときの心理に通じるものを感じる。
「ハルクの」エドワード・ノートンと世間に覚えられるのをいやになったのではないだろうか。
そういう背景も含めてのキャスティングだとするとやはりさえていると思える。

|

« 「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの | トップページ | 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 »

コメント

りおさん、こんばんは!

リーガンがほんとに臨んだ展開ではないかもしれないというのが、「奇跡」っていう言葉とは違う感覚かもと思ったんですよね。
なかなかこういう哲学的な内容は日本語訳も難しいですよね。

投稿: はらやん | 2015年10月12日 (月) 21時50分

>ただ「Virtue」は効果や効力という意味なので「無知がもたらす予期せぬ効力」というのが、本来の意味合いのような気がする。

なるほど、そうなのですね。
恐らく、ラストで結果的にうまくいったので、“奇跡”と訳したんでしょうね。
効力、確かにそちらの方がぴったりな気がします。

投稿: りお | 2015年9月26日 (土) 09時50分

ここなつさん、こんにちは!

リーガンという人格はバードマンのそれにのっとられてしまったと言えますね。
本来は演じていた人物に次第に乗っ取られていってしまう。
コメディに分類される映画ですが、「ブラック・スワン」にも通じるようなところも感じました。

投稿: | 2015年5月24日 (日) 10時57分

こんにちは。
そうですね、そうですね。
ラストの包帯ぐるぐる巻きの様相は、バードマンのそれにダブるものでしたね。
結局リーガンはバードマンから逃れられなかったのでしょうね。

投稿: ここなつ | 2015年5月15日 (金) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61469194

この記事へのトラックバック一覧です: 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 そして彼はバードマンになった:

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [あーうぃ だにぇっと]
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2015年4月20日 (月) 22時42分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ [西京極 紫の館]
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること...... [続きを読む]

受信: 2015年4月20日 (月) 22時55分

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロー映画...... [続きを読む]

受信: 2015年4月21日 (火) 00時02分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [♪HAVE A NICE DAY♪]
絶賛!!ではないけれど面白く観ました アカデミー賞の他のノミネート作品はあまり観てないけど・・・ バットマンを演じたマイケル・キートンが演じるし マイケル・キートン自体のストーリーでもあるような作品だそうですね。 バードマンの声、ふと思ったけど クリスチ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月21日 (火) 20時46分

» 『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞、ラストについて触れています。『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)監督 [続きを読む]

受信: 2015年4月21日 (火) 22時35分

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う [映画のブログ]
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。  そ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月22日 (水) 00時54分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) [我想一個人映画美的女人blog]
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続...... [続きを読む]

受信: 2015年4月22日 (水) 02時29分

» 劇場鑑賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [日々“是”精進! ver.F]
彼は、本物のバードマンになれたのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】D...... [続きを読む]

受信: 2015年4月22日 (水) 05時35分

» 映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』★長いタイトルの“奇跡”を見てみよう(^_-)-☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166403/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督 : アレハンドロ・ G ・イニャリトゥ 主演: マイケル・キートン =元バードマン(リーガン) この作品は、イニャリトゥ監督だと知ってから、絶対..... [続きを読む]

受信: 2015年4月22日 (水) 16時29分

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。... [続きを読む]

受信: 2015年4月23日 (木) 14時59分

» 翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [真紅のthinkingdays]
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再起を かけてブロードウェイの舞台に打って出る。しかし演出・脚本・主演で臨...... [続きを読む]

受信: 2015年4月24日 (金) 10時37分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [風に吹かれて]
舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ [続きを読む]

受信: 2015年4月24日 (金) 23時46分

» 映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...... [続きを読む]

受信: 2015年4月25日 (土) 12時51分

» 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [FREE TIME]
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年4月25日 (土) 22時11分

» バードマン Birdman 祝アカデミー4冠。 獲得のそのワケを、ばっちり鑑賞済の 当ブログが分析! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
今日のアカデミー賞で4冠。 作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞 どの賞も入選がナットクできる! そこで改めて、鑑賞後にアップした感想を振り返ってみたい。 <はじまった瞬間に気付く。 <「何か違うわ、これ 」 <タイトルのロゴの出方といい、リズムを刻むドラムス...... [続きを読む]

受信: 2015年4月26日 (日) 06時51分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★ [パピとママ映画のblog]
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月26日 (日) 15時28分

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー、エ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月28日 (火) 08時07分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`) [ペパーミントの魔術師]
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...... [続きを読む]

受信: 2015年4月28日 (火) 18時14分

» No.487 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [気ままな映画生活]
第87回アカデミー賞では同年度最多タイの9部門でノミネートされ、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞。かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で世界的な人気を博しながらも、現在 ... [続きを読む]

受信: 2015年4月30日 (木) 10時50分

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [beatitude]
俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 1日 (金) 02時37分

» バードマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 1日 (金) 21時36分

» 『バードマン』 映画と舞台 微妙な関係 [Days of Books, Films ]
Birdman(viewing film) 落ちぶれたかつてのスターが過去の栄光 [続きを読む]

受信: 2015年5月 2日 (土) 14時12分

» 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー [映画を観たからイラスト描いた]
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ... [続きを読む]

受信: 2015年5月 3日 (日) 10時28分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance [映画の話でコーヒーブレイク]
本年度アカデミー賞最多9部門ノミネート。 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門で受賞 主演のマイケル・キートンはゴールデングローブ主演男優賞受賞です 前評判もよく、かなり期待して見てきたのですが・・・ 非常にユニークで不思議な映画でした。    ****...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 6日 (水) 02時02分

» 再起をかけた男 [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...... [続きを読む]

受信: 2015年5月14日 (木) 18時49分

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ここなつ映画レビュー]
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間に制約のある身としては厳しい。だからと言ってきっちり時間通りに終る芝居なんて本末転倒で、時間に制約のある私にと... [続きを読む]

受信: 2015年5月15日 (金) 13時03分

» [映画][☆☆☆☆★]「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(兼脚本・製作)、「バットマン」のマイケル・キートン主演。かつてヒーロームービーで一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばずの俳優人生を送ってきた男が、再起をかけてブロードウェイの舞台劇に挑む。 奇... [続きを読む]

受信: 2015年5月23日 (土) 19時37分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督 の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度 アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と 4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 が公開されまし…... [続きを読む]

受信: 2015年5月26日 (火) 23時20分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [secret boots]
評価点:60点/2014年/アメリカ/120分 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ すくなくとも、私には奇跡は起きなかった。 「バードマン」という超大作ヒーロー映画で映画界のトップに君臨したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)だったが、す...... [続きを読む]

受信: 2015年5月31日 (日) 09時40分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [チケット持って、おさんぽ行こう]
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)(2014) メディア: 映画 上映時間: 120分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(FOX) 初公開年月: 2015/04/10 ジャンル: コメディ/ドラマ 映倫: PG12 もういちど輝くために、 もういちそ愛...... [続きを読む]

受信: 2015年8月15日 (土) 15時53分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [銀幕大帝α]
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 4日 (金) 14時39分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [いやいやえん]
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。しかも決別したはずの“バードマン”が現れ、彼を責め立てる。果たしてリーガンは、再び成功を手... [続きを読む]

受信: 2015年9月11日 (金) 07時07分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [映画三昧、活字中毒]
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年/アメリカ/120分 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: マイケル・キートン/ザック・ガリフィナーキス/エドワード・ノートン/アンドレア・ライズブロー/エイミー・ライアン 公式サ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月26日 (土) 09時45分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [象のロケット]
シリーズ終了から20年経った今でも、世界中で大人気のスーパーヒーロー映画“バードマン”。 だがバードマン役で大スターになった男リーガンは、仕事も家庭も失い失意のどん底にいた。 リーガンは再起をかけ、自身の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立つことを決意する。 ところが俳優の一人が降板。 代役として現れたマイクは実力派だが、とんでもないトラブルメーカーだった…。 ブラック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2015年9月27日 (日) 08時27分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Akira's VOICE]
悪夢も視点を変えればハッピー。   [続きを読む]

受信: 2015年10月 4日 (日) 15時17分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [rambling rose]
ヒーロー映画「バードマン」で人気を博した主演男優リーガンは長年そのイメージを払拭出来ず俳優として行き詰っていた。 [続きを読む]

受信: 2015年10月 7日 (水) 12時33分

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ…... [続きを読む]

受信: 2015年10月 8日 (木) 16時51分

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」2015 USA かつて一世を風靡したスーパーヒーロー映画“バードマン”の主人公を演じたリーガンは、いつまでたってもそのイメージが拭えず、その後もぱっとせず今や落ち目の中年俳優。妻シルヴィアとは離婚し、一人娘のサムはドラッグ依存症で退院したばかり。人生最悪状態のリーガンは一旗揚げようと舞台に取り組む… リーガンに「ビートルジュース/1988」「バットマン/1989」「バットマン リターンズ... [続きを読む]

受信: 2015年10月14日 (水) 23時30分

» 15-176「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
芸術家になり損なった者が批評家になる  かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。  そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。  ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、アシスタントに付け...... [続きを読む]

受信: 2015年11月22日 (日) 13時02分

« 「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの | トップページ | 「ガンダムビルドファイターズ」 ガンプラ文化 »