« 「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」 オトナ戦隊とコドモ戦隊 | トップページ | 「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 »

2015年3月 2日 (月)

「烈車戦隊トッキュウジャー」 コドモターゲットとしていいのでは

映画の方のレビューを先に書き、順番が逆になってしまいました。
こちらはテレビシリーズのレビューです。
昨年の「VSシリーズ」で最後にちらっと登場したのが「トッキュウジャー」の初お披露目であったのですが、そのときの印象はブログにも書きましたけれど、コメディ戦隊になるのかなと感じたのですよね。
蓋を開けてみると、全体的にはいつもよりも明るいトーンであることは確かでしたが、コメディという感じではありませんでしたね。
脚本の小林靖子さんらしい感じはして、過去の出来事や運命にトッキュウジャーたちが翻弄されつつも、それに打ち勝っていこうとする前向きな物語でした。
でも毎週待っているということではなく、ちょっと惰性で見てしまっているというところもありましたね。
いまいち乗り切れなかったというか。
けっしておもしろくないわけではなかったのですが。
キャラクターたちに感情移入しきれなかったのかな。
昨日の映画版のレビューでも書いたのですが、トッキュウジャーは姿形が大人になってしまった子供たちが変身する戦隊です。
だからかキャラクターに子供っぽさはあるわけで、かわいいとは思いましたけれど、感情移入って感じはなかったですね。
同じ小林靖子さんの作品の「シンケンジャー」なんかはばっちり感情移入して観ていたのですけれど。
けれど本来のターゲットである子供たちからみると、ちょうどいいくらいなのかもしれません。
終盤はずいぶんとストーリーもだいぶシリアスになってきて、面白くなってきた感じはありました。
キャラクターに感情移入はそれほどできなかったと書きましたが、トカッチとミオはなんかよかったですね。
小学生らしい初恋ぽさがあって。
なんか甘酸っぱい感じがありました。
来年の「VS」シリーズでは彼らがどんな風に大人になっているのかな。

|

« 「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」 オトナ戦隊とコドモ戦隊 | トップページ | 「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/61218224

この記事へのトラックバック一覧です: 「烈車戦隊トッキュウジャー」 コドモターゲットとしていいのでは:

« 「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」 オトナ戦隊とコドモ戦隊 | トップページ | 「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 »