« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 新たなる旅たちを期待 | トップページ | 「神さまの言うとおり」 そもそも世界は不条理かもしれない »

2014年12月20日 (土)

「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」 世界観異なりすぎてて違和感

本作は年末のこの時期に恒例となった「仮面ライダー」のMOVIE大戦企画です。
今年は9月までオンエアされた「仮面ライダー鎧武」と現在絶賛放送中の「仮面ライダードライブ」のコラボとなっています。
MOVIE大戦という企画は、もともと独立した物語として作られている平成ライダーシリーズを、10作目である「仮面ライダーディケイド」という(半ば強引に)クロスオーバーできる設定を武器に成立したものであると言えます。
当初誰しもこの無茶な企画に驚いたかと思いますが、この無謀も何度も見ていると当たり前となってくるわけで、物語の整合性が多少合っていなくてもOKというおおらかさが観る側にも出てきます。
それぞれしっかりと世界観を確立させてきた平成ライダーらしくないという意見もあるでしょうし、映画なのでお祭り的でイベント的な作品もありだろうという意見もあるかと思います。
とはいえ、世界観の違いが大きすぎると、やはりストーリーに無理矢理感が感じられる場合も多々あるわけで、それがMOVIE大戦が作品によって出来不出来の差があるという理由になっているのでしょう。
「ディケイド」という物語はもともと「数々の物語世界を渡り歩く」という設定であるため、異なる世界観をつなぐ媒介としては極めて使いやすい存在です。
しかし、このところはMOVIE大戦にディケイドが登場することもなくなってきたので、異なる世界観がガチにぶつかることとなってきました。
そうなると世界観が異なっていることによる映画としての分断感が気になってくるのですよね。
そういう点からすると今回のMOVIE大戦「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」については、個人的にはあまり評価は高くはありません。
ひとつは昨年の「仮面ライダー鎧武」が平成ライダーシリーズの中でも特に独特の世界観が強く、また大河性も完結性も高い作品であったことがあります。
「鎧武」についてはシリーズが開始する当初より虚淵玄さんの脚本がシリーズ最後までのストーリーができていたということで(これは1年かける東映の特撮番組では珍しい)ということで、完成度高く構築された物語であると言えます。
逆を言えば融通がきかないお話であるとも言えます。
テレビシリーズでも「トッキュウジャー」や「キカイダー」とコラボしていますが、どうしても相当に番外編感が強く、違和感を残すエピソードでもありました。
かたや「ドライブ」の方はシリーズ全体と通す大きな物語はあるにせよ基本的には1話完結方式の構成です。
今までの作品でいうと「W」が近いでしょうか。
1話完結的な物語は大河性はやや落ちるかわりに、ある種の融通さは持っている。
このようにタイプの違う作品でコラボをするのですから、なかなか無理やり感はぬぐいきれません。
融通が利く方(今回では「ドライブ」)が合わせていけばよいのですが、それでも「電王」「ディケイド」のような無理を無理ともしない設定ではないわけで、こじんまり感はあります。
結果、「鎧武」の番外編の映画、「ドライブ」のスペシャル版、あと無理やり共演させたお話というような構成になってしまい、あえてコラボする意味合いに疑問をもってしまうような作品になってしまいました。
難しいのはわかるのですけれどね・・・。
現在進行形のテレビシリーズの「ドライブ」がいまいちパワーにかけているというところもあり、ちょっと盛り上がり感に欠けました。

個人的には無理やりな作品同士を組み合わせるよりは、親和性のある作品を組み合わせたコラボが見てみたい。
探偵ライダーの「W」、警官ライダーである「ドライブ」のコラボなんかはおもしろそうですけれどねー。
脚本は同じ三条陸さんですし、実現してくれないかなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 新たなる旅たちを期待 | トップページ | 「神さまの言うとおり」 そもそも世界は不条理かもしれない »

コメント

メビウスさん、こんにちは!

そうですね、「鎧武」はああいう終わり方だったので、主人公を他の物語に絡ませるのが力技になってしまいます。
そういうところがちょっと無理やり感がありましたかねー。
「鎧武」がスケールが大きくなっていったのと違い、「ドライブ」の方は割とあの町周辺の出来事だからまたそのあたりもスケール感の違いも感じました。

投稿: はらやん | 2014年12月27日 (土) 11時38分

こちらにもお邪魔します。

何度も観てると当たり前・・・MOVIE大戦も数えて6回目になりましたから、ホントもう普通な感じで観てますよね^^;当初は異色だと思ってたのに、慣れって怖いすわーw

でもMOVIE大戦って2つのライダー作品を混合した作品なので、確かに毎年良し悪しにバラつきがありますよね。自分は今年は結構お祭り感強い感じがして面白かったんですが・・・内容的に観れば鎧武とドライブの相性はイマイチといった所でしょうかね?鉱汰は神様になっちゃいましたし、他のキャラクターと絡めるのは確かに大変そうな気はします^^;

投稿: メビウス | 2014年12月23日 (火) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/60836980

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」 世界観異なりすぎてて違和感:

» 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦2015 [象のロケット]
紘汰と舞がいた星に、謎の機械生命体メガヘクスが出現。 紘汰はメガへクスの次なる標的が、地球であることを知る。 光実と兄・貴虎は、人類を救うことができるのか…? 一方、伝説の怪盗アルティメット・ルパンが出現。 ルパンの目的は“仮面ライダー”の称号を奪い取り英雄になることだった。 進ノ介はルパンを追ううちに、ある古城へと辿り着く…。  人気ヒーローアクション劇場版。... [続きを読む]

受信: 2014年12月20日 (土) 22時42分

» 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】柴崎貴行 【出演】竹内涼真/内田理央/クリス・ペプラー/佐野岳/志田友美/高杉真宙/久保田悠来/小林豊/三木眞一郎/他 【公開日】2014年12月13日 【製作】日本 【ストーリー】 激しい戦いの末人類を絶滅の危機から救った葛葉紘汰は、高司舞とともに宇宙の荒れ果てた惑星で新たな世界を創造しようとしていた。しかし、二人の力で少しずつ生命が育まれ始めてきたその星に謎...... [続きを読む]

受信: 2014年12月23日 (火) 19時20分

» 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル [田舎に住んでる映画ヲタク]
【仮面ライダー鎧武/ガイム】 ―進撃のラストステージ―人類滅亡の危機を救った紘汰は、舞とともに遠く離れた星で新たな世界を創造しようとしていた。しかし、その星に異変が。謎の機械生命体メガヘクスが出現し、自らと星を融合してしまったのだ。メガヘクスの次なる...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 3日 (火) 07時37分

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 新たなる旅たちを期待 | トップページ | 「神さまの言うとおり」 そもそも世界は不条理かもしれない »