« 「仮面ライダー鎧武<ガイム>」 力を得て、使うということとは | トップページ | 「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき »

2014年10月 5日 (日)

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する

前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心しましたが、正直なところ、ストーリーそのものについてはそれほど惹き付けられる感じはしませんでした。
愚かな人間の所行を、ピュアな心を持つ猿から見ることにより、浮かび上がらせるという手法でしたが、まあよくある手であるといえばそうでしたので。
悪いお話ではないのですけれどね。
なので、本作「猿の惑星:新世紀」についてはさほどの期待はしていませんでした。
予告を観てみると、やはり愚かな人間の代表的のようなゲーリー・オールドマンが暴走して、猿との直接対決の道を歩み始めてしまうというストーリーかな、と。
しかし本編を観てみると、これは予告編による巧みなミスリードでした。
ゲーリー・オールドマンは時折キレた役をやるので、今回もそっち系かと思ってしまいましたよ。

猿の暴動が起こり、人は次々にウィルスに感染して死亡し始めて、10年が経っています。
猿、そして人間はそれぞれのテリトリーで接触をせずに暮らしていましたが、ある出来事で再び接点ができてしまいます。
人間社会、そして猿社会、それぞれのコミュニティーの中で、相手への恐怖心、敵愾心が起こります。
そしてその心は相手への疑心暗鬼に繋がり、また仲間内でも同じように不信が広まり始めます。
それは愚かしい人間社会の中だけではなく、そういう人間の愚かさを嫌っていた猿の社会の中でも同様のことが起こるのです。
まさにテロリズムのような陰謀が起こり、煽動されて暴動が怒り、そのエネルギーはイデオロギーの違うコミュニティーに向けられる。
今でも世界の各地で散々起こっている状況ですが、同じようなことが猿社会でも起こる。
猿インフルが人間を滅ぼしていったように、疑心暗鬼という心がウィルスのように猿社会に蔓延していく。
権力への志向、他者への不信、そういった醜い感情のない平和なコミュニティー、いわば理想の社会を目指していたシーザーでしたが、結局は人間と変わらない社会となってしまったのです。
「我々(猿も人間も)は変わらない」とシーザーはマルコムに言いますが、これは理想を目指していたシーザーが、その理想を実現できないことを知ってしまった絶望の声であったのでしょう。
しかし、理想を失ってもシーザーは種族の長なのです。
理想社会ではなくても、彼には仲間を守る義務がある。
だから「戦争はすでに始まっている」と告げます。
理想的でなくても、種族と種族の行く末を決める戦いに勝たなくてはならない。
その覚悟をシーザーは決めた。
それは彼が愛する人間との決別を覚悟したということかもしれません。

次回作が作られるのであれば、猿と人間の本格的な争いになるのでしょうか。
そしてオリジナルの「猿の惑星」シリーズの歴史に繋がっていくのでしょうか。
このシリーズ、盛り上がってきたように感じるので、もう1作くらい観たいな。

前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「仮面ライダー鎧武<ガイム>」 力を得て、使うということとは | トップページ | 「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき »

コメント

ミス・マープルさん、こんばんは!

面白かったですね。
僕はかえって一作目より、二作目のほうが面白いと思ってしまいました。
エイプもけっきょくは人間と同じように、賢さと愚かさの両方を持っていくようになったというのが、なかなか興味深かったです。
知性というのはそういうものなのかなーと考えてしまいました。

投稿: はらやん | 2015年2月17日 (火) 22時44分

2作目も面白かったです。
監督が変わっていますが、特に違和感を感じませんでした。
セリフの1つ1つに重みがあるし、武器を持って戦い始めた
コバたちの姿がなんと愚かしいことか。
次回作はどうなるのでしょう。

投稿: ミス・マープル | 2015年2月16日 (月) 13時39分

メビウスさん、こんにちは!

僕は前作よりこちらのほうが見応え感じました。
映画のコピーが「心も進化した」でしたが、より人間らしくエイプがなるのが、進化なのかどうなのか・・・?っていうのを考えさせられました。

ゲイリー・オールドマンてアブナイ感じに見えながらも、実はいい人みたいなのもあるし、その逆もあるし、なかなか見ていても油断がならないですね(笑)。

投稿: はらやん | 2014年10月19日 (日) 15時59分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

欺瞞・不信感・主義主張の違いなど、争いの原理となるものを猿と人間の両陣営で丁寧に描いていた感じがして前作以上に重厚な内容になってた気がしましたね。シーザーの視点で見ても親子ドラマあり友との確執ありと見応えたっぷりだったのも良かったと思いました。

でもゲイリー・オールドマンは確かにもうちょっとキレた役でも良かったですねw少々丸かったかも?^^;

投稿: メビウス | 2014年10月18日 (土) 20時44分

sakuraiさん、こんばんは!

確かに今回のエイプたちは人間のようでしたよね。
人間の悪いところを引き継がないように、というような思いも前作ではありましたが、結局知性はこういう結果を招いてしまうのかもしれないというような感じもしました。
オリジナルの「猿の惑星」でも猿たちは人間のように行動していましたし、それにつながっていく物語であるかなと思いました。

投稿: はらやん | 2014年10月17日 (金) 23時29分

わたしは、今回の展開の方が、いまいちに感じてしまいました。
猿の擬人化が、人間の目線寄り過ぎて、猿の世界というよりは、人間の世界の対立に見えてきて。
それも狙いなんでしょうが、若干手あかのついた話に見えてきてしまいました。とか言いつつ、次も見るんですがね。
これでアンディ・サーキスが主演男優とか取ったら面白いんですが!

投稿: sakurai | 2014年10月17日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/60424151

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する:

» 映画『猿の惑星 新世紀』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
前作ですっかりシーザーに 魅了されてしまったワタクシ。   また、会いに行って参りました! 『猿の惑星 新世紀』 (公式 [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 10時22分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) : ”知能”がもたらす悲劇とは [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 16時14分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5 [パピとママ映画のblog]
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 8日 (水) 21時25分

» 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(土)■...... [続きを読む]

受信: 2014年10月11日 (土) 20時52分

» 映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ [よくばりアンテナ]
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支...... [続きを読む]

受信: 2014年10月11日 (土) 23時41分

» 猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは #8232;<「親子の絆」とは #8232;<「人格」とは #8232;<「愛情」とは #8232;<「人権」とは#8232; <「尊厳」とは#8232;#8232; <な...... [続きを読む]

受信: 2014年10月12日 (日) 09時36分

» 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』('14初鑑賞66・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 11時29分

» 猿の惑星:新世紀 ライジング [ダイターンクラッシュ!!]
2014年9月23日(火) 18:30~ TOHOシネマズ日本橋8 料金:1600円(シネマイレージデイ+TCX+DOLBY ATMOS) パンフレット:未確認 まだ、すっぽんぽん 『猿の惑星:新世紀 ライジング』公式サイト 猿ウィルスの猛威で、ほとんど壊滅状態の人類だが、細々と生活している。 一方、猿は、山に引っ込んだままで、これも慎ましく暮らしている。 人間居住区に電気を引くために、水力発電がされるダムに向かう人間たちだが、そこで猿と遭遇。 猿嫌いの人間と人間嫌いの猿、一人と一匹のおか... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 13時52分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [そーれりぽーと]
別に続けなくても良いのにと思いながら『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観てきました。 ★★ うん、別に続けなくても良かった。 前作のラストで、人類にとっては有害な猿の脳を活性化させるウィルスが世界中にパンデミックしていく様子が描かれていましたが、本作は...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 18時25分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [miaのmovie★DIARY]
ポスター A4 パターンC 猿の惑星 新世紀 (ライジング) 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Dawn of the Planet of the Apes】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した 2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類 と驚異的な遺...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 17時53分

» 劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 [日々“是”精進! ver.F]
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつでも送料無...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 19時34分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [♪HAVE A NICE DAY♪]
おお〜〜っ!しっかりと続編になっている。 前作のジェネシスでシーザーは森へと・・ そしてウイルスが・・・で終わったけど その後の物語がちゃんと描かれていて面白かった〜〜〜〜〜〜!!! いや〜〜〜シーザーがいい! ここまできたら、姿は猿だけど、優しいカル...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 20時02分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス [カノンな日々]
SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 21時40分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes [勝手に映画評]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 22時26分

» 猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES [我想一個人映画美的女人blog]
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、 「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 23時03分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【DAWN OF THE PLANET OF THE APES】 2014/09/19公開 アメリカ 131分監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マク...... [続きを読む]

受信: 2014年10月15日 (水) 10時54分

» 『猿の惑星/新世紀(ライジング)』(2014) [【徒然なるままに・・・】]
前作『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』から10年、人類は猿インフルエンザの影響で絶滅の危機に瀕し、免疫を持つ一部の人々だけが細々と生き延びており、一方で蜂起した猿たちは、シーザーの指導の下で一大コミューンを築き上げていた。新たなエネルギー源を求めてダムを再稼働させようとした人間たちのグループは、そうと知らずに猿たちのテリトリーに侵入してしまい、互いの存在を知った両者は一触即発の状態を迎えてしまう。シーザーと人間側を代表したマルコムの二人は戦争を望まず、平和裏にことを解決し共存の道を模索しようとする。... [続きを読む]

受信: 2014年10月15日 (水) 22時53分

» 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(先行上映) [・*・ etoile ・*・]
'14.09.13 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』@TOHOシネマズ日本橋 したまちコメディ映画祭で『西遊記 はじまりのはじまり』を見た後、時間も早いのでせっかくだから1本何か見ようということになり、『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』と悩んで、先行上映だからこちらに決定! 一足先に見てきた 2D字幕版で鑑賞! ネタバレありです! 結末にも触れています! 「ジェネシス社の新薬開発の失敗による伝染病蔓延から10年。人類の90%が死滅した。一方、新薬投与により驚異的な進化を遂げた猿シーザーをリ... [続きを読む]

受信: 2014年10月16日 (木) 00時00分

» 猿の惑星 新世紀(ライジング) [Akira's VOICE]
シーザーの男前のみを観るべき映画。   [続きを読む]

受信: 2014年10月16日 (木) 09時38分

» 映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』★パンツ1枚くらいの差しかない(?)猿と人間 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/162643/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 人類が、ウイルスで滅びかけている一方 高知能の猿たちは、シーザーをリーダーに、社会を形成。 うまく、棲み分けていたのに ある日、人間と猿が出逢ってしまう …… のみならず、 人間たちは、猿の棲家(HOME)へ、 足を踏み..... [続きを読む]

受信: 2014年10月16日 (木) 21時44分

» 【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング) [R.U.K.A.R.I.R.I]
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、 再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考...... [続きを読む]

受信: 2014年10月16日 (木) 23時40分

» 猿の惑星 新世紀ライジング [はるみのひとり言]
先行上映で観ました。前作から10年後の話。森の奥で文明を築き進化を遂げた猿たち。一方、自らが生み出したウィルスによって絶滅の危機に瀕した人類。ゴールデンゲイトブリッジを挟んで、接触せず過ごしていたようだけど、人類が生き残るために必要な電気を再開させるた...... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 00時07分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [風に吹かれて]
恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」 [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 08時04分

» 猿の惑星 新世紀(ライジング) [迷宮映画館]
これはもろに人間の物語ですな。 [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 12時54分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [象のロケット]
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシスコ都市部で共同生活を送っていた。 互いの存在を忘れつつあった人間と猿は森で遭遇し、互いにパニックに陥ってしまう…。 SFスリラー。... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 02時03分

» 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」みた。 [たいむのひとりごと]
2011年公開『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。 遺伝子操作によって高い知能をもった猿たちのその後と、人類との新たなる戦いの始まりが描かれている。先行で鑑賞する予定だったけれど体調を崩したため... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 13時44分

» 『猿の惑星:新世紀<ライジング>』 [ラムの大通り]
(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句...... [続きを読む]

受信: 2014年10月19日 (日) 23時21分

» 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 Dawn of the Planet of the Apes (2014 20世紀FOX) [事務職員へのこの1冊]
前作は、思えば革命の話だった。アルツハイマー治療薬によってldquo;覚醒rdquo;した猿シーザー(この名前はいろいろなことを象徴している)は、群れのリーダーとして森に君臨している。妻帯し(奥さんの名前がコーネリウス!)、子がふたり(じゃないか)生まれ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 22時05分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕した人類と進化した猿たちの予期せぬ出会いから始まる壮大な叙事詩を構築し、あっさりと前作を凌駕してみせた。 二つの種族10年ぶりの...... [続きを読む]

受信: 2014年10月21日 (火) 22時25分

» 「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と不安を掻き立てて、見どころも十分で満足まんぞく。... [続きを読む]

受信: 2014年10月22日 (水) 11時05分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [心のままに映画の風景]
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒廃した都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。 ある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダム...... [続きを読む]

受信: 2014年10月26日 (日) 01時46分

» 猿の惑星 新世紀 (ライジング) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
猿の惑星のリブート作で2011年に公開され好評だった 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編で、監督は 『クローバー・フィールド』のマット・リーヴスに バトンタッチされたSF映画『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』が公開、3Dで観るか2Dのアトモスで 観るか迷いました…... [続きを読む]

受信: 2014年10月28日 (火) 20時10分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) (Dawn of the Planet of the Apes) [田舎に住んでる映画ヲタク]
[続きを読む]

受信: 2014年10月31日 (金) 07時37分

» 猿の惑星 新世紀(ライジング) [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
猿の惑星 新世紀(ライジング) 14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 8日 (土) 22時41分

» 映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)3D』を観て [kintyres Diary 新館]
14-74.猿の惑星:新世紀(ライジング)3D■原題:Dawn Of The Planet Of The Apes■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:130分■料金:300円(ポイント使用)■鑑賞日:9月20日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:マット・リーヴス◆ジェイソン・クラーク◆...... [続きを読む]

受信: 2014年12月 1日 (月) 22時58分

» 猿の惑星 新世紀 [映画好きパパの鑑賞日記]
 猿の惑星シリーズのリブート版第二弾。もともと原作は有色人種の台頭を猿に見立てたそうですが、本作でも人間とまったく異なる生物との対立というよりも、明らかに文明が違う人間同士が対立する現実のメタファーであり、よく考えられていると思いました。  作品情報 2…... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 00時09分

» ■猿の惑星:新世紀(ライジング) [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第361回「あくまで予告編は予告なわけで・・・・」 いつもであれば、公開日を心待ちにして、1日でも早くと劇場に足を運ぶはずなのですが、すでに公開から3週間ほどが過ぎて、今頃になってから観に行くのはその作品に対する期待の薄さを如実に表しているわけで。それ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月11日 (日) 21時36分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [銀幕大帝α]
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 7日 (土) 01時06分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [いやいやえん]
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行くまでの過程(この10年)が見たかったのに。前作のラストで「人間に対し反乱を起こして」という感じではなかったような気がするんだよね。あくまでアルツハイマーの新薬開発で飛躍的に知能が発達した猿たちが団結して人間社会から巣立っていった…と言... [続きを読む]

受信: 2015年2月 7日 (土) 07時56分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 原題:Dawn of the Planet of the Apes 監督:マット・リーブス 2014年 アメリカ映画 131分 キャスト:アンディ・サーキス      ジェイソン・クラーク      ゲイリー・オールドマン      ケリー・ラッセル      トビー・ケベル 猿のシーザーが仲間を率いて人間に反乱を起こして 10年。手話や言語を操るまでに発達した彼らと裏腹 に、わずかに生存し... [続きを読む]

受信: 2015年2月16日 (月) 13時39分

» 14-343「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
強い枝に群がる  高度な知能を獲得した猿のシーザーが自由を求めて立ち上がり、仲間たちを率いて人類への反乱を起こしてから10年。猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。  一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。  そんなある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダムの水力発電を利用しようと猿のテリトリーに足を踏み入れてしまい、一触即発の危機を招く。最悪...... [続きを読む]

受信: 2015年2月23日 (月) 00時55分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [タケヤと愉快な仲間達]
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ケヴィン・ランキン、テリー・ノタリ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月 9日 (月) 19時59分

» 猿の惑星 新世紀(ライジング) [映画と本の『たんぽぽ館』]
やはり続いていく憎しみの連鎖 * * * * * * * * * * 「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」の続編。 前作は確か劇場で見たのですが、続編は見そこねていました。 ・・・というか最近、私、続き物というのは、先のストーリーをすっかり忘れ果てていて...... [続きを読む]

受信: 2015年3月14日 (土) 19時38分

» 猿の惑星 新世紀 ~ 暴走する猿たち (2014/10/24) [黄昏のシネマハウス]
これもハリウッド映画を・・・ 名作SFシリーズ『猿の惑星』の前日譚として、2011年に公開された『猿の惑星 創世記』の続編。 この惑星がなぜ人間から猿の惑星になってしまったのか?が明らかに・・・ 高度な知能を獲得した猿のシーザーが自由を求めて立ち上がり、仲間たちを率いて人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方、人類は自らが蔓延させたウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは荒れ... [続きを読む]

受信: 2015年10月28日 (水) 15時55分

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [のほほん便り]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死滅してしまった、って冒頭が衝撃的!であると同時、やはり、あの名作へ続けねば… ってことから、仕方ないのかなぁ、と感じてしまったのでした。 個人的に、猿も人間も銃を持ったがゆえに、悲惨なことになるあたり、米社会への警鐘でもある... [続きを読む]

受信: 2016年6月 9日 (木) 09時41分

« 「仮面ライダー鎧武<ガイム>」 力を得て、使うということとは | トップページ | 「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき »