« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

「ドラキュラZERO」 ルーク・エヴァンスははまり役

原題は「DORACULA UNTOLD」。
「UNTOLD」は「語られていない」という意味なので、和訳すると「誰も知らないドラキュラ」といったところでしょうか。
バンパイアは映画では人気のある題材で、メジャー級からB級・C級まで今までもたくさんの作品が作られています。
多くの作品がありますから、ハズレの作品もあるわけで(いろいろな作品が思い浮かぶなあ)。
本作は想像していたよりも、面白かったです。
主人公役のルーク・エヴァンスが役にはまっていて良かった。
もちろん主人公はのちにドラキュラと呼ばれる男、ヴラドですが、いままでいろいろな作品で描かれるドラキュラとは一味違うキャラクターでした。
ヴラドはトランシルヴァニアの領主の息子ですが、幼い頃に人質としてオスマン帝国に送られます。
そこで彼は殺人マシーンのように徹底的に訓練され、成長してから残虐な行いをし、恐れらます。
しかし彼は改心し、帝国から離脱し、故郷に戻り、民を守るため君主につくのです。
ヴラドが戻ってから、領地はしばらく平和な日々が続きました。
しかし、再びオスマン帝国が大軍を率い、彼の領地に迫ります。
そのままでは帝国に蹂躙されてしまう。
ヴラドは魔物の力を手にいれるため、禁断の山に登っていきます・・・。
主人公ヴラドはかつては串刺し公として恐れられるほどの残虐さも持ちつつ、妻子や民衆を身を呈して守ろうとする正義の心をもった人物です。
いわば一つの体の中に善と悪の心を内包した男と言っていいかもしれません。
さらに魔物の力を手にいれた後は、血への渇望感という野獣の衝動をも、うちに持つわけです。
ルーク・エヴァンスはワイルドさと知性とを感じさせる役者さんだと思います。
今までの作品でも「ホビット」のような頼りになる役もやりますし、「ワイルド・スピード」のような敵役もこなせます。
今回のヴラドはさきほど書いたように善と悪を併せ持った役(二面性ともちょっと違う)なのですが、この役に彼の持つ個性がぴったりとはまったように思いました。

<ここから先はネタバレ>

ヴラドは妻子や民衆を守るために、その運命を捧げ魔物となるわけです。
しかし、そのことにより民衆は彼に石を投げ、彼を焼きます。
またヴラドは愛する妻を結局は救うことをできず、さらには彼女の血を吸うこととなり、魔物としての運命が定まってしまいます。
彼は息子の命以外は、救おうとしたものを結果的には救うことができずに、魔物として生きていかなくてはいけなくなりました。
本作のヴラドはダークヒーローと呼ばれるタイプのキャラクターだと思いますが、ヒーローというには切ないまでになにもかにも失ってしまうのですよね。
個人的には彼が民のために戦っているのに、人々が彼に石を投げる場面がせつなくて好き。
そういういう点で新しいタイプのヒーローだと感じました。

結局彼の民たちは多くをオスマン帝国の兵士たちに殺されてしまうのですが、生き残った人々に「復讐したいか」と問い、その血を吸っていく場面がありました。
このシーンを観ていて「魔界転生」で天草四郎が無念をもって死んだ人々を魔界衆に誘っていく場面を思い出しました。
このシーンはヴラドの悪の面が現れていてまた良いのですよね。

ラストは現代のシーンになっていました。
続きを予感させる終わり方でしたので、次回作はあるのかな。
次回作あれば観てみたいです。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (40)

2014年10月22日 (水)

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第5章」  アニメ版を彷彿とさせる

さてさて実写版「パトレイバー」の第5章です。

まずはEpisode8は「遠距離狙撃2000」。
特車2課のレギュラーメンバー、カーシャのメインエピソードになります。
実写版「パトレイバー」の設定はアニメで描かれている時代から時を経て、特車2課のメンツは3代目へと代替わりしていますが、キャラクターの性格としては初代も3代目もほとんど変わりがありません(細かい設定は変わっていますが)。
第2小隊第2班の指揮担当はアニメ版では香貫花クランシーから、熊耳武緒にメンバー変更がありました。
どちらかと言えばカーシャは香貫花をベースにしているキャラクターであるかと思いますが、香貫花よりもよりつっけんどんなところがあり、わが道をいく感が強いですよね。
太田莉菜さんの美貌と、このキャラクターの性格があわさって、カーシャはまさにクール・ビューティ。
個人的には実写版の中で最も注目度の高いキャラクターなので、彼女のメイン回は堪能できました。

テレビシリーズの38話「地下迷宮物件」、その続編であるNEW OVAシリーズの13話「ダンジョン再び」をベースにしているのが、Episode9「クロコダイル・ダンジョン」です。
本作は3代目の特車2課を描いているので、さきの2作の後日談のような体になっていますが、多くの部分は「ダンジョン再び」と共通しています。
特に前半の部分は台詞回しまでなぞっていますね。
「地下迷宮物件」、「ダンジョン再び」はともに押井守総監督が書いたもので、彼のカラー、「パトレイバー」らしさが出ている作品です。
本作は押井さんが書いているわけではないですが、さきほど書いたようにかなりなぞっているので、押井さんの「パトレイバー」カラーが出ている回だと思います。
アニメであったワニとの追いかけっこなども、今回の原作でもいい意味でアニメっぽく描かれいて、担当されている田口監督のこだわりが感じられました。

今回の2作品はともに元のアニメ版をより強く意識した作品になっていたかなと思いました。

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第4章」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2014年10月11日 (土)

「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき

以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こちらの映画「ジャージー・ボーイズ」のことだったんですね。
音楽をテーマにしていますが、ミュージカルではないですけれど。
今までもチャーリー・パーカーの人生を描いた「バード」を監督してますし、自身の映画の作曲もしているイーストウッドですから、音楽をテーマにした作品はぴったりかもしれないですね。
この映画で描かれているのは「ザ・フォー・シーズンズ」という音楽グループ。
音楽はあまり詳しくないので名前は知らなかったですが、本作の中でも歌われる彼らの曲はいろんなところで聞いたことがあり、超有名な曲を残したグループだったのだと知りました。
「シェリー」とか「君の瞳に恋してる」などはいろんな映画で使われていますよね。

フランキー・ヴァリ、トミー・デヴィート、ニック・マッシ、ボブ・ゴーディオの4人の若者は、ニュージャージーで「ザ・フォー・シーズンズ」というグループを結成しました。
しばらくは鳴かず飛ばず。
しかし「シェリー」という曲が大ヒットとなり、一躍トップスターとなりました。
フランキーはその天性の歌声で、ボブは作曲の才能で、トミーはグループのマネージメントで、ニックは地味ながらも印象的な低音のコーラスで、グループに貢献しました。
メンバーそれぞれの個性・才能が絶妙に組合わさったアンサンブルが「フォー・シーズンズ」だったのです。
けれど、グループが成功の階段を上り有名になっていけばいくほどに、4人の個性がそれぞれの方向に遠心力が働き、次第に気持ちが離れていくようになっていくのです。
フランキーは純粋に音楽が好きであり、歌うことこそが人生のすべてだと思っていました。
ボブも音楽は好きですが、パフォーマーであることよりも、歌を作ること、プロデュースすることへの興味が元々強い人物でした。
ニックも歌うこと自体は嫌いではなかったのだと思いますが、大勢の人々に注目されることはあまり好ましく思っていない男のようです。
そして逆にトミーは目立つこと、そして派手なことが好きな男で、彼の人生にとっては音楽はそれほど重要な要素ではないのです。
こういった4人の価値観の違いは次第にグループ内での不協和音を産み、そしてトミーの借金問題でグループは崩壊します。

トミーは自身名義だけでなく、会計をまかされていたグループの口座でも借金をしていました。
他のメンバーは怒りますが、結局フランキーはその借金を肩代わりして返済することになりました。
おそらくトミーへの怒りは一番フランキーが強かったのではないでしょうか。
トミーと関わっていたら歌えなくなる。
だからこそ、もうトミーとは関わりたくないという気持ちで、借金を引き受けたのではないでしょうか。
歌い続けるために。
そしてグループのメンバーはバラバラになり、それぞれの道を歩んでいきます。
フランキーは、ソロの歌手として活動していき、そこで得られた金で借金返済を行います。
遮二無二活動をしているため、家にいることは少なく、そのため妻とも不仲となり、愛する娘の気持ちも離れていきます。
フランキーの歌手としての人生もかつての栄光を失い、地方巡業のような体となっていました。
そのような状況の中、歌手への道を目指していた娘がドラッグで亡くなってしまいます。
歌を愛し、音楽に人生を捧げ続けた末に、フランキーは大切な家族を失ってしまいました。
どれだけの失望であったでしょう。
音楽に己を捧げるために、どれだけのものを犠牲にしてしまったのかと。
彼は自分の人生にはじめて疑問を持ったかもしれません。
そういったとき。
沈むフランキーのために、盟友ボブが「君の瞳に恋してる」という曲を作りました。
レコード会社からは売れないと言われていたこの曲は、やがて全米で大ヒットとなります。
栄光も家族も、すべてを失ってしまったフランキーに再び音楽の神が微笑んだのです。
おそらくそのときフランキーは、思うようにならない人生を、去ってしまった家族を、そして歩いていく道と違えた昔の仲間を、許せる気持ちをになったのではないでしょうか。
不器用な生き方ではあったけれど、それほど悪い人生でもないのではないか。
だから何十年後かに再会したトミーともしっかりと握手ができるようになったのではないかなと感じました。

トミーの友人として、ジョー・ペシという人物がでてきて驚きました。
「グッドフェローズ」などに出演している、あのジョー・ペシです。
もちろん本作には本人がでてるわけではないですが、演じている俳優さんの演技がジョー・ペシにそっくりで笑ってしまいました。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (53)

2014年10月 5日 (日)

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する

前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心しましたが、正直なところ、ストーリーそのものについてはそれほど惹き付けられる感じはしませんでした。
愚かな人間の所行を、ピュアな心を持つ猿から見ることにより、浮かび上がらせるという手法でしたが、まあよくある手であるといえばそうでしたので。
悪いお話ではないのですけれどね。
なので、本作「猿の惑星:新世紀」についてはさほどの期待はしていませんでした。
予告を観てみると、やはり愚かな人間の代表的のようなゲーリー・オールドマンが暴走して、猿との直接対決の道を歩み始めてしまうというストーリーかな、と。
しかし本編を観てみると、これは予告編による巧みなミスリードでした。
ゲーリー・オールドマンは時折キレた役をやるので、今回もそっち系かと思ってしまいましたよ。

猿の暴動が起こり、人は次々にウィルスに感染して死亡し始めて、10年が経っています。
猿、そして人間はそれぞれのテリトリーで接触をせずに暮らしていましたが、ある出来事で再び接点ができてしまいます。
人間社会、そして猿社会、それぞれのコミュニティーの中で、相手への恐怖心、敵愾心が起こります。
そしてその心は相手への疑心暗鬼に繋がり、また仲間内でも同じように不信が広まり始めます。
それは愚かしい人間社会の中だけではなく、そういう人間の愚かさを嫌っていた猿の社会の中でも同様のことが起こるのです。
まさにテロリズムのような陰謀が起こり、煽動されて暴動が怒り、そのエネルギーはイデオロギーの違うコミュニティーに向けられる。
今でも世界の各地で散々起こっている状況ですが、同じようなことが猿社会でも起こる。
猿インフルが人間を滅ぼしていったように、疑心暗鬼という心がウィルスのように猿社会に蔓延していく。
権力への志向、他者への不信、そういった醜い感情のない平和なコミュニティー、いわば理想の社会を目指していたシーザーでしたが、結局は人間と変わらない社会となってしまったのです。
「我々(猿も人間も)は変わらない」とシーザーはマルコムに言いますが、これは理想を目指していたシーザーが、その理想を実現できないことを知ってしまった絶望の声であったのでしょう。
しかし、理想を失ってもシーザーは種族の長なのです。
理想社会ではなくても、彼には仲間を守る義務がある。
だから「戦争はすでに始まっている」と告げます。
理想的でなくても、種族と種族の行く末を決める戦いに勝たなくてはならない。
その覚悟をシーザーは決めた。
それは彼が愛する人間との決別を覚悟したということかもしれません。

次回作が作られるのであれば、猿と人間の本格的な争いになるのでしょうか。
そしてオリジナルの「猿の惑星」シリーズの歴史に繋がっていくのでしょうか。
このシリーズ、盛り上がってきたように感じるので、もう1作くらい観たいな。

前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (45)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »