« 「フライト・ゲーム」 あんまり細かいこと考えずに | トップページ | 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 紹介編? »

2014年9月21日 (日)

「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします

劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、初めて気がついた。
「舞妓はレディ」って「マイ・フェア・レディ」のもじりだったんですね。
妙なタイトルだなーとは思っていたのですが。
予告を観てても気づかなかった(恥)。
確かに、田舎出身の少女を一人前の舞妓にするべく周囲の人々が彼女に力を貸して育てあげるというお話ですから、確かに「マイ・フェア・レディ」に通じるお話ですね。
一般庶民はなかなか接することができない花街を舞台にしているので、周防監督らしくその文化について丁寧に調べてお話を作っている感じがします。
単純に舞妓さん、芸妓さんの生活を描くだけではなく、その文化、特に言葉というところに注目しているところが周防さんらしい。
文化はその土地の歴史や気候などに影響を受けてきているものですが、その中でも言葉の役割は大きい。
京ことばのまろやかさは、相手に対して丁寧に応対をするというセンスと、またあまりぎくしゃくとした対立をしないようにするといった配慮というものが現れているのかもしれませんね。
客に誘われたときとりあえず「おおきに」って言うのはまさにそういったセンスです。
センセによれば「おおきに、すんまへん、おたのもうします」というのが舞妓基本三単語ということですが、確かに相手の言うことをいったん受けて、受け流すというような感じがしますね。
まさに言葉の合気道。
とはいえ、いつもほどそこをテーマアップして堅苦しくならないのが、本作品。
あくまで舞妓になりたいという気持ちの女の子の成長物語が中心です。
主演の上白石萌音さんは初めてみましたが、あまりあか抜けない感じ(失礼!)が役にぴったりな感じがしました。
それでも最後は一人前の舞妓さんに見えてくるようになるのだから、ずいぶんがんばったのでしょうね。
脇も周防組らしく、個性ある役者さんが集まっているので安心感があります。
今回ポイントはミュージカル仕立てですが、最近のハリウッドの洗練されたミュージカルとは異なり、一昔前のやや野暮ったさのあるミュージカル風でした。
この一昔前感みたいなのは、伝統を引き継いでいる花街のイメージをうまく表しているような感じもしました。
観終えたときにあったかい気持ちになるハートウォーミングな映画でした。

竹中直人さん、渡部えりさんの「Shall We ダンス?」コンビの仮装は、笑っちゃいました。
ひさしぶりだったのにも関わらず、あの頃とまったくお二人は変わらないですねー。
あと、舞妓時代の千春のミュージカルシーンがあるのですが、それを演じていた女優さんの歌がとてもうまくてびっくりしました。
よくよく彼女の顔を見たことがあるなと思って考えると、「カノジョは嘘を愛しすぎている」の大原櫻子さんだったんですね。
うん、うまいはずだわ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「フライト・ゲーム」 あんまり細かいこと考えずに | トップページ | 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 紹介編? »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

上白石さん、映画の中で初登場の時はほんと野暮ったく見えましたよね。
それが、それが舞妓さんとして修行する中でだんだんとあか抜けていって。
女の人は化けますねー。
まさに「マイ・フェア・レディ」という感じでした。

投稿: はらやん | 2014年10月14日 (火) 14時27分

チョイ役にまで贅沢な布陣を敷けるのは、やっぱ大監督になったからでしょうかね。
生で上白石さん見ましたが、映画よりもずっとあか抜けてましたよ。でも、性格の良さがにじみ出てる感じ。
それがよかったんでしょうね、やっぱ。

投稿: sakurai | 2014年10月14日 (火) 10時47分

みぃみさん、こんばんは!

上白石萌音さん、大原櫻子さん、お二人とも歌が上手でしたよね。
特に大原櫻子さんはさすがです。
ミュージカル女優もいけるんじゃないかしらん。

中村久美さんもよかったですよね。
厳しそうなお師匠さんですが・・・。
最後のダンスは可愛らしかったです(笑)。

投稿: はらやん | 2014年9月24日 (水) 22時25分

こんにちは。

心温まる作品でしたね♪。

冒頭の春子ちゃんの歌にうまっ!!と聞き惚れていたら、
大原櫻子さんのさらにうまうまっ!!な歌に、
うっとり☆でした。お上手ですね~。
相手役の妻夫木君で彼の風貌にほっこり。

敷居が高くて
のぞこうにものぞけない場所にある
いろんな人達の頑張りを
わかりやすくみせてもらえたのも嬉しかったです。

私、歌う役者さんって大好きなのです。
メロディに合わせて踊る台詞達~~。

ツボったのは中村久美さんでした。
弟子入りさせてもらえるなら彼女がいい…です。

投稿: みぃみ | 2014年9月24日 (水) 13時19分

はるみんさん、こんばんは!

ミュージカルシーンはちょっと野暮ったかったですかね。
でも、それも監督の狙いかなーとか思って観ていました。
大原櫻子さん、いいですよね。
本作ではちょこっとしか出番ありませんでしたが、存在感あるなと思いました。
今後の活躍に期待しましょう!

投稿: はらやん | 2014年9月22日 (月) 20時07分

楽しい作品だったのに今一つ乗りきれなかったのは、ミュージカルが少々野暮ったく思えたからかもしれません(^^;
日舞のシーンももう少し取り入れてくれたら良かったのにな~と思ってしまいました。
大原櫻子ちゃんは「カノ嘘」で素晴らしい歌声を披露してはりましたが、女優さんとしても存在感があると思ってます。
どんどん活躍して欲しいです。

投稿: はるみん | 2014年9月22日 (月) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/60350044

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします:

» 「舞妓はレディ」:垢抜けなさも芸の内? [大江戸時夫の東京温度]
映画『舞妓はレディ』は、(往年の)周防正行監督らしい「ニッポンの不思議な異世界」 [続きを読む]

受信: 2014年9月22日 (月) 00時20分

» 舞妓はレディ [はるみのひとり言]
試写会で観ました。舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う〜んだったかな〜。ミュージカル仕立てで楽しめるんだけど。なんかいま...... [続きを読む]

受信: 2014年9月22日 (月) 11時59分

» 舞妓はレディ : 天使のような上白石萌音 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨夜の広島カープ、不可解な継投が裏目に出て巨人に完敗しました。シーズン優勝は、来年の楽しみとしておきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 [続きを読む]

受信: 2014年9月22日 (月) 20時51分

» 舞妓はレディ [とりあえず、コメントです]
周防正行監督が一人の舞妓の成長を描いたエンターテイメント作品です。 楽しそうな予告編を見て、これは楽しそうだなあと気になっていました。 ところどころミュージカルシーンも登場して、予想以上にワクワクする物語でした(^^) ... [続きを読む]

受信: 2014年9月22日 (月) 22時40分

» 舞妓はレディ [あーうぃ だにぇっと]
舞妓はレディ@ニッショーホール [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 07時21分

» 『舞妓はレディ』 (2014) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本: 周防正行 出演: 上白石萌音 、長谷川博己 、富司純子 、田畑智子 、草刈民代 、渡辺えり 、竹中直人 、高嶋政宏 、濱田岳 、中村久美 試写会場: 東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 舞妓がひとりしかいなくなってしまった京都の小さな花...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 10時16分

» 映画『舞妓はレディ』★舞妓版『マイ・フェア・レディ』with京都の雨 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162467/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 映画レビュー (ネタバレ表示)しました。以下とほぼ同じ。 京都育ちでない女の子(春子)が、舞妓になろうと奮闘する―― 舞妓版『 マイ・フェア・レディ 』です。 (映画『 マイ・フェア・レ..... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 10時41分

» 映画『舞妓はレディ』観てきた [よくばりアンテナ]
全然観るつもりはなかったのですが、2〜3日前にTVで 宣伝のために出ていた主役の上白石萌音さんが歌を披露していて 興味がわいたので観ることに。 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が、鹿児島...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 12時26分

» 舞妓はレディ ★★★ [パピとママ映画のblog]
『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。主演は、半年...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 14時11分

» 『舞妓はレディ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 T...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 15時14分

» 『 舞妓はレディ 』京都の雨は大がい盆地に降るんやろか [映画@見取り八段]
舞妓はレディ      監督: 周防正行    キャスト: 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳、小日向文世、妻夫木聡、松井珠理奈、武藤十夢、大原櫻子、…... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 16時54分

» 舞妓はレディ [映画好きパパの鑑賞日記]
 周防正行監督の明るくウエルメイドな作風が戻ってきました。ミュージカル仕立てで往年の名作「マイ・フェア・レディ」を現在の京都に換骨奪胎しています。舞妓とか正直興味が無かったのだけど、そんな僕でも十分楽しめました。  作品情報 2014年日本映画 監督:周防…... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 17時06分

» 舞妓はレディ [映画と本の『たんぽぽ館』]
京都の雨は盆地に降る * * * * * * * * * * 本作は題名を見ただけでも明らかですが、 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の日本版ともいうべき作品です。 舞妓が一人しかいなくなってしまった京都の小さな花街、下八軒。 老舗のお茶屋・万寿...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 19時47分

» 舞妓はレディ  監督/周防 正行 [西京極 紫の館]
【出演】  上白石 萌音  長谷川 博己  富司 純子  田畑 智子 【ストーリー】 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者...... [続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 23時10分

» 映画:「舞妓はレディ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成26年9月18日(木)。 映画:「舞妓はレディ」。 監督・脚本:周防正行 撮   影:寺田緑男 美   術:磯田典宏 装   飾:松本良二 音   楽:周防義和 主 題 歌 :上白石萌音 作   詞:周防正行・種ともこ 振   付:パパイヤ鈴木 キ…... [続きを読む]

受信: 2014年9月24日 (水) 13時08分

» 「舞妓はレディ」みた。 [たいむのひとりごと]
周防正行監督作品。舞妓さんを目指して京都のお茶屋の世界に飛び込んだ少女の成長物語で、ユーモア溢れる和風ミュージカル仕立てになっている。「マイコ ハ レディ」、言うまでもなく『マイ・フェア・レディ』がス... [続きを読む]

受信: 2014年9月24日 (水) 14時55分

» 映画 舞子はレディ [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; 京都の舞妓と芸妓の世界を描いた映画でしたが nbsp;  ミュージカルぽさが、今一つでした。 nbsp;  やはり和服にダンスは、合いません。 nbsp;  和服ならダンスでなく日本舞踊のような感じなら nbsp;  素晴らしかったと思います。 nbsp; nbsp; ... [続きを読む]

受信: 2014年9月24日 (水) 21時44分

» ミュージカルにしなくたって・・・゜・(ノД`)・゜・〜「舞妓はレディ」〜 [ペパーミントの魔術師]
映画.comより引用しました。もしダメなら削除いたしますので ご報告ください。m(_ _)m 花街版「マイ・フェア・レディ」 ド田舎から出てきた女の子が強烈なお国訛りを克服して 舞妓デビューするまでの1年をおっかけた物語。 しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで...... [続きを読む]

受信: 2014年9月25日 (木) 12時23分

» 映画「舞妓はレディ」 [FREE TIME]
映画「舞妓はレディ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014年9月25日 (木) 23時52分

» 舞妓はレディ [象のロケット]
京都。 歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。  節分の夜、八軒小路にある老舗のお茶屋・万寿楽(ばんすらく)へ、おかしな方言を話す少女・春子が「舞妓になりたい」とやってきた。  万寿楽の仕込み(舞妓の見習い)になった彼女は、お茶屋の下働きや芸の稽古、訛りの矯正にと、大奮闘するのだが…。 ミュージカル。 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月26日 (金) 14時19分

» 「舞妓はレディ」、地方出身娘が舞妓デビュー [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ 周防監督好き、京都好き ☆☆☆☆ 「マイフェアレディ」を、もじったシンデレラストーリー。 おまけに、ミュージカル仕立てとあるから斬新。 京都にあこがれを持った周防監督が、長年温めていた映画というから、年季が入っている。 おかみさんに富治純...... [続きを読む]

受信: 2014年9月27日 (土) 17時31分

» 「舞妓はレディ」見習いとなり厳しい稽古指導を受けた先に待っていた舞妓になるための覚悟としきたり [オールマイティにコメンテート]
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月29日 (月) 00時06分

» 舞子はレディ [Break Time]
今週も、終わろうとしています・・・ [続きを読む]

受信: 2014年10月 3日 (金) 23時11分

» 映画『舞妓はレディ』 [健康への長い道]
 周防正行監督、久々の純エンタメ映画『舞妓はレディ』を新宿ピカデリーで。『舞妓はレディ』というタイトルは、『マイ・フェア・レディ』のもじりだそうです。  映画『マイ・フェア・レディ』ではオードリー・ヘプバーン演じたイライザがレディに成長していくように、…... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 20時23分

» 映画『舞妓はレディ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
周防監督作品は大好きなので (『終の信託』はイマイチはまれませんでしたが…) 公開を楽しみにしていました。 『舞妓はレデ [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 10時24分

» [映画][☆☆☆★★]「舞妓はレディ」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「Shall we ダンス?」の周防正行監督、「おおかみこどもの雨と雪」の上白石萌音(かみしらいしもね)主演。京都の花街を舞台に、舞妓になるべく田舎からやってきた少女の成長を描く。 監督曰く、1992年公開の「シコふんじゃった」撮影終了直後から構想を練ってみたも... [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 10時36分

» 『舞妓はレディ』は『マイ・フェア・レディ』と全然違う! [映画のブログ]
 オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えているが)。  粗野で下品な花売り娘を、立派なレディに仕立てられるか。言語学者ヒギンズ教授と友人ピカリング大佐との賭けに使われたイライザは、訛りを矯正すべくヒギンズ教授の猛特訓を受ける。アカデミ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 18時19分

» 舞妓はレディ [そーれりぽーと]
周防正行監督最新作は、なんと舞子さんを夢見る少女を描いたミュージカル?『舞妓はレディ』を観てきました。 ★★★★ ミュージカルかな?と思わせる予告編でしたが、がっつりミュージカルでした。 しかも、タイトルで『マイ・フェア・レディ』へのリスペクト感じさせておい...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 18時25分

» 舞妓はレディ [迷宮映画館]
ご夫婦円満で、何よりでございます。 [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 10時47分

» 『舞妓はレディ』の感想です [ぶるこのひとこと映画感想記]
京都の花街文化のプロモーションの様な映画ですね。 [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 13時30分

» 舞妓はレディ(2014) [銅版画制作の日々]
あたし、舞妓さんになる。 舞妓はレディ、舞妓はレディ♪ 思わず口ずさんでしまう〜〜! ということでMOVIX京都にて鑑賞してきました、この作品。もっとはちゃめちゃな感じなのかと思ったら、京都の色街が舞台なのでしっとりしたミュージカル仕立てになっていました。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 23時11分

» 『舞妓はレディ』('14初鑑賞69・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 3) 9月22日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 15:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年11月 6日 (木) 20時37分

» 『舞妓はレディ』周防正行監督、上白石萌音、長谷川博己、富司純子、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『舞妓はレディ』監督・脚本 : 周防正行 出演 : 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、他 ※Memo ●いわゆるマイ・フェア・レディものとして重要なビフォーアフター落差。太い眉毛、赤い頬、オーバーオー... [続きを読む]

受信: 2015年2月23日 (月) 17時32分

» 14-341「舞妓はレディ」(日本) [CINECHANが観た映画について]
京都に降る雨は、盆地やさかいやろか  京都の歴史ある花街・下八軒(しもはちけん)。そこでは舞妓不足が深刻な問題となっていた。今いる舞妓は10年目になる百春ひとりだけ。  そんなある日、田舎から出てきた少女・春子が老舗のお茶屋・万寿楽に舞妓志願にやって来る。  女将の千春は、鹿児島弁と津軽弁丸出しの春子を追い返そうとするが、偶然居合わせた言語学者の京野が春子に興味を持つ。そして、“あの訛りでは舞妓は無理”という老舗呉服屋の社長・北野と春子が舞妓になれるか賭けをすることに。そのおかげで、...... [続きを読む]

受信: 2015年2月24日 (火) 01時47分

» 舞妓はレディ [銀幕大帝α]
2014年 日本 135分 コメディ/ミュージカル 劇場公開(2014/09/13) 監督: 周防正行 脚本: 周防正行 振付: パパイヤ鈴木 出演: 上白石萌音:西郷春子 長谷川博己:京野法嗣 富司純子:小島千春 田畑智子:百春 草刈民代:里春 渡辺えり:豆春 竹中直人:富...... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 01時51分

» 舞妓はレディ [いやいやえん]
【概略】 舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。 ドラマ・ミュージカル 舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。 失礼ながら田舎娘にしかみえない主人公の春子。彼女が舞妓姿になったときが艶やかでいいですね。この田舎娘が素敵な舞妓に変わるって所は、マイ・フェア・レディのようですね。かけてるんだろうね〜。 生半可な気持ちでは務まらない花街の「芸」の世界、女優も、舞妓も、芸妓も... [続きを読む]

受信: 2015年3月20日 (金) 08時27分

» 舞妓はレディ [のほほん便り]
かなり好みは分かれるかもしれませんが、(実際、「Shall we ダンス?」の熱烈ファンなダンナさんが、ミュージカル仕立てになって脱落)斬新で楽しい作品でした。願わくば、出演者全員に「見せ場を!」との、旺盛なエンタメ精神と、徹底した作り込み、と斬新さに、三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」を連想。ヒロインの、上白石萌音。ちょっと素朴な存在感で、だけど、歌って踊れるところと成長ぶりが素敵でした。異色の存在感だけに、その後に注目です。また、女将の若い頃として、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」で、発掘され、めき... [続きを読む]

受信: 2015年7月22日 (水) 13時08分

« 「フライト・ゲーム」 あんまり細かいこと考えずに | トップページ | 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 紹介編? »