« 「トランスフォーマー/ロストエイジ」  腹十分目 | トップページ | 「ルパン三世(2014・実写)」 あらららら・・・残念 »

2014年8月24日 (日)

「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ?

実は海外に行くのがすごく苦手。
世界遺産とかいろんなところを見てみたいとは思いますが、言葉が通じない環境に行くのが恐かったりします。
実際、仕事でやむなく海外行くことはありますけれど、プライベートで海外旅行をしたことはないのです。
とはいえ仕事で行かねばならないことはあるので、仕方なく行きますが、ひとりで現地まで行く時のドキドキったら。
まさに本作で一人でニューヨークに行かされるシャシの気持ち、よ〜くわかります。
空港やお店でのやりとりとかいちいちドキマギしちゃいますもんね。
海外好きの方からすれば「それも醍醐味!」と言われそうですけれど・・・。

さて、本作はお料理はとても得意だけれどそれ以外は普通のインド人の主婦シャシが、ひょんなことからニューヨークに一人で行かなければいけなくなり、そこでの体験を描いています。
しかし、ただの主婦のニューヨーク探検記という内容ではありません。
シャシは良き妻であり、良き母親であろうと一家を支えてきました。
そのこと自体はシャシも望んでいたことで、そうありたいという姿であったと思います。
けれど、夫は愛情深くはありますが、仕事に忙しいために家庭のことはほとんどシャシに任せっきり。
またインターナショナルスクールに通う娘は、母親と対立しやすい年頃で、英語を話せないシャシのことをバカにしているようなことも言います。
良き妻であり、良き母親であろうとがんばっているのに、家族は自分のことを尊敬してくれていない。
ただの「妻」、ただの「母親」という役割の人、としか見てくれてないのではないのか。
インドだけでなくってこれは世界のどこでも女性に共通する悩みなのでしょうね。
ニューヨークを訪れたシャシですが、英語を話せないことでいろいろとトラブルに合いますけれど、一念発起して英会話スクールに入学します。
そこには同じように英語を学びたいと考えている、世界各地出身の性別も年齢も様々な人々がいました。
彼らは、シャシのことをただの「妻」、ただの「母親」という役割の人としてではなく、シャシという個性のある一人の個人として彼女を見てくれました。
彼らは片言ながらも自分の気持ちを伝えようとがんばり、お互いにコミュニケーションをとっていく。
そのことによって自分のことが、相手に伝わっていきます。
他の人ではない自分を相手に理解をしてもらえていくんですね。
シャシは他の生徒といっしょに学ぶことにより、英語だけでなく自分のことをしっかり相手にわかってもらうように伝えることを学んでいるようにも見えました。
最後の結婚式の場面。
シャシにスピーチをしてもらおうと声がかかりますが、夫は妻は英語が話せないからと断ろうとします。
けれどシャシは、「May I?」と言い、立ち上がります。
そして彼女は英語で凛として新郎新婦にお祝いの言葉を述べるのです。
家族は彼女が英語を話すということに驚いただけではなく、いつも「妻」「母親」という役割としてしか見ていなかったシャシが自分の気持ちを自分の言葉で堂々と話すことにも驚いたのではないでしょうか。
夫も娘もいかに自分の妻や母親の気持ちがわかっていなかったに気づいたのでしょう。
そしてまた、自信をもってスピーチをする彼女の姿に誇らしさを感じたに違いありません。
自分の妻、自分の母親は、素晴らしい女性だと。

スクールの友人たちのキャラクター、それぞれよかったですよね。
特にデヴィッド先生はGood!
すごく善良さを感じるキャラクターで、シャシが伸び伸びと学ぶことができたのは彼のおかげではないかと。
シャシやローランが、自分のほんとの気持ちを伝えたいけれど、伝わってもほしくもないという微妙な気持ちの時、相手がわからない母国語で話すというシチュエーションがありましたけれど、ここがけっこう好き。
なんかわかるなって。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「トランスフォーマー/ロストエイジ」  腹十分目 | トップページ | 「ルパン三世(2014・実写)」 あらららら・・・残念 »

コメント

Nakajiさん、こんばんは!

スピーチ、良かったですよね。
その姿を見て、妻であり母である女性がとても素晴らしい人だと気づく家族の様子もよかったです。
たがいに認められあう家族でありたいですね。

投稿: はらやん | 2014年11月20日 (木) 22時16分

こんにちは。
最後のスピーチ泣けました。
なんかこの人のがんばったんだな~って思いながら見てたら言葉に感動しちゃいました。

本当に彼女の年齢にびっくりでしたね。

投稿: Nakaji | 2014年11月19日 (水) 19時43分

sakuraiさん、こんにちは!

まだまだ伝統的な社会制度が強い国ですから、男尊女卑というのは日本以上にあるのかもしれません。
それでもシャシがイキイキとしていく姿は見ていて晴れ晴れとした気持ちになりました。
シャシの女優さん綺麗でしたね。
インドの女優さんはほんとお顔が整っていて、いつまでも美しい!

投稿: はらやん | 2014年10月31日 (金) 09時00分

あの家族は、ちょっとどうかと思いましたが、インドでは普通によくある風景なんでしょうかね。
いろんなことが含まれてて、とっても面白かったです。
何と言っても、シャシの役者さんの年齢にびっくりでしたが!

投稿: sakurai | 2014年10月29日 (水) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/60202001

この記事へのトラックバック一覧です: 「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ?:

» マダム・イン・ニューヨーク [♪HAVE A NICE DAY♪]
ずっと観に行きたくて、やっと!行って来た 面白かった〜良かった〜笑いあり涙ありの素敵な作品だった 姪の結婚式の準備の為、家族より一足先にニューヨークへ一人で 行って、そこで人とのふれあいや自分に自信を取り戻して いくシャンのストーリー シャンは家族...... [続きを読む]

受信: 2014年8月25日 (月) 21時00分

» マダム・イン・ニューヨーク [はるみのひとり言]
映画館で観ました。日々家族のために尽くす古風な専業主婦のシャシ。お料理上手でおまけに美人で非の打ちどころがないのに、家族からは軽い扱いをされる上に、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカにされています。趣味のお菓子作りで始めた伝統菓子「ラドゥ」が好...... [続きを読む]

受信: 2014年8月26日 (火) 00時50分

» マダム・イン・ニューヨーク ENGLISH VINGLISH [映画の話でコーヒーブレイク]
久々のインド映画です。 シリアスな「パークランド」を見た後、ちょっと銀ブラ(死語?)をしてシネスイッチ銀座へ移動。 「her」同様、本作も神奈川県では公開なし。 2〜3か月したら横浜ジャック&ベティで公開するようですが、待ち切れずに鑑賞決定!です。 いやぁ〜主演...... [続きを読む]

受信: 2014年8月28日 (木) 00時05分

» マダム・イン・ニューヨーク / English Vinglish [勝手に映画評]
英語の出来ないインド人の女性が、姪の結婚式を手伝うために一人でニューヨークに来るという騒動を描く物語。 女性の年齢を言うのは失礼ですが、主演のシュリデビィの年齢は50歳。全然、そんな年齢には見えないですね!30歳位かと思ったので、ビックリです。年齢不詳の女...... [続きを読む]

受信: 2014年8月28日 (木) 22時08分

» マダム・イン・ニューヨーク [象のロケット]
インド。 二人の子供と多忙なビジネスマンの夫サティシュ、姑と暮らす主婦シャシの悩みは、家族の中で自分だけ英語ができないこと。 娘の学校の三者面談では、先生とまともに会話することもできない。 ある日、アメリカに住む姉マヌから、姪の結婚式の手伝いを頼まれ、しばらくニューヨークに滞在することになったのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 08時46分

» マダム・イン・ニューヨーク [映画好きパパの鑑賞日記]
 銀座の映画館で人気があったのは知っていたけど、まさか川崎の映画館でも1時間前に売り切れになるほどの人気で驚きました。映画好きの中高年女性にフィットしたタイトルだけど、男性こそみてほしい作品かも。  作品情報 2012年インド映画 監督:ガウリ・シンデー …... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 17時03分

» マダム・イン・ニューヨーク★★★★ [パピとママ映画のblog]
英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。英会話という小さなきっかけを通して人生の喜びを発見するヒロインの日々を、アクションやミュージカルといったこれまでのインド映画とは異なる語り口...... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 22時26分

» 「マダム・イン・ニューヨーク」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「English Vinglish」…aka「Madame in New York」2012 インド シャシにシュリデヴィ。 夫サティシュに「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/2012」のアディル・フセイン。 フランス人ローランに「裏切りの闇で眠れ/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「スウィッチ/2011」のメーディ・ネブー。 シャシの姪ラーダにプリヤ・アーナンド。 監督、脚本はガウリ・シンデー。 「華麗なるギャツビー/2012」のアミターブ・バッチャンが飛行機... [続きを読む]

受信: 2014年8月31日 (日) 00時19分

» 『マダム・イン・ニューヨーク』 (2012) / インド [Nice One!! @goo]
原題: English Vinglish 監督・脚本: ガウリ・シンデー 出演: シュリデビ 、アディル・フセイン 、メディ・ネブー 、プリヤ・アーナンド 鑑賞劇場: シネスイッチ銀座 公式サイトはこちら。 自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手...... [続きを読む]

受信: 2014年8月31日 (日) 10時58分

» 『マダム・イン・ニューヨーク(ENGLISH VINGLISH)』ガウリ・シンデー監督、シュリーデヴィ主演 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『マダム・イン・ニューヨーク』ENGLISH VINGLISH監督 : ガウリ・シンデー主演 : シュリーデヴィアディル・フセイン、メーディ・ネブーアミターブ・バッチャン、他物語・ビジネスマンの夫、2 [続きを読む]

受信: 2014年9月 3日 (水) 13時22分

» マダム・イン・ニューヨーク [とりあえず、コメントです]
ヒンディー語しか話せない普通の主婦を主人公にしたボリウッドらしいヒューマンコメディです。 家事を真面目にやっていても、英語の得意な夫や年頃の娘に軽んじられてしまう主婦が ニューヨークで人生を変えていくなんて、ちょっと楽しそうだなと気になっていました。 予想以上に楽しくて可愛い物語に、とても元気を貰った気分になれる作品でした~ ... [続きを読む]

受信: 2014年9月20日 (土) 23時43分

» マダム・イン・ニューヨーク [映画と本の『たんぽぽ館』]
ツボのど真ん中 * * * * * * * * * * インドの中流階級の専業主婦シャシ。 夫と2人の子供がいますが、 家族には自分がお菓子を作ることだけがとりえと思われていることに傷ついています。 夫も娘も流暢にこなす英語なのに、 自分だけが全く苦手な...... [続きを読む]

受信: 2014年9月24日 (水) 20時24分

» 「マダム・イン・ニューヨーク」 [事務職員へのこの1冊]
いきなり断定します。世界でいちばん美しいのはインド人女性です!わたしが決めました。いま決めました。エキゾチックということばがあれほど似合う民族はインド人しかいません。え、お前はゲルマンが好みだとか東ヨーロッパ系が好きだとかアンジェラ・アキが美人だとか...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 21時48分

» マダム・イン・ニューヨーク [迷宮映画館]
起承転結、きっちり収まった秀作!!これはよかったです。 [続きを読む]

受信: 2014年10月29日 (水) 09時34分

» マダム・イン・ニューヨーク(English Vinglish) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデヴィ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる...... [続きを読む]

受信: 2014年10月31日 (金) 22時16分

» マダム・イン・ニューヨーク [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
マダム・イン・ニューヨーク 12:インド ◆原題:ENGLISH VINGLISH ◆監督:ガウリ・シンディー ◆出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、アミターブ・バッチャン、プリヤ・アーナンド、スジャーター・クマール ◆STORY◆シャシ(シュリデヴィ)...... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 19時55分

» マダム・イン・ニューヨーク [いやいやえん]
【概略】 シャシは、二人の子供と夫のために尽くす、ごく普通の主婦。彼女の悩みは、家族の中で自分だけ英語ができないこと。 夫や子供たちにからかわれるたびに、傷ついていた。姪の結婚式の手伝いで一人NYへ旅立つも、英語ができず打ちひしがれてしまう。そんな彼女の目に飛び込んできたのは「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告。仲間とともに英語を学んでいくうちに、夫に頼るだけの主婦から、ひとりの人間としての自信を取り戻していく。 ドラマ 美しく聡明で料理も上手なのに英語が話せないという... [続きを読む]

受信: 2015年10月25日 (日) 11時28分

« 「トランスフォーマー/ロストエイジ」  腹十分目 | トップページ | 「ルパン三世(2014・実写)」 あらららら・・・残念 »