« 「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 | トップページ | 「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った »

2014年7月19日 (土)

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳

日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画化された作品です。
原作の小説は未読ですが、小畑健でコミカライズもされているようですね。
読んでみようかな。
日本の小説が原作ということですが、観てみて納得しました。
なるほど日本のサブカルチャーの要素が感じられる作品でした。
そのサブカルチャーとは、テレビゲーム。

地球はどこからともなく現れた”ギタイ”という侵略者による攻撃に晒されていました。
ヨーロッパは”ギタイ”によって占領されてしまいましたが、それに対抗する統合防衛軍がロンドンに本部を置き、ヨーロッパへの上陸作戦を敢行しようとしていました。
主人公ケイジはその上陸作戦に兵士として投入されました。
その作戦は敵の待ち伏せによって失敗、ケイジも命を落とします。
しかし・・・。
ケイジは敵の血をあびたことにより、タイムループの能力を身につけます。
彼は死ぬことにより、過去へタイムループしてしまうのです。
さらにケイジは過去に戻ったとき、死ぬまでの記憶を保持しています。
だから、彼は再び生きるとき、別のシナリオを選択することができるのです。
彼はその”経験”を活かし、兵士としてのスキルをアップし、そして謎の敵”ギタイ”の真実に迫っていきます。

死んでしまったら、ある時点に戻ってもう一度シナリオを繰り返す。
これはまさに「ドラクエ」に代表される日本のRPGを髣髴とさせます。
これらのRPGでは”セーブポイント”でそれまでの経験をセーブすれば、その後ゲームのシナリオを進んでいくなかでキャラクターが死んでも、”セーブポイント”の時点まで戻ります。
当然のことながら、プレイヤーである自分は死んだ”経験”を覚えているわけで、再びゲームのシナリオを進むにあたっては前回の轍を踏まないようにするわけです。
ゲームではたいへん親切なことにいわゆる”経験値”や”レベル”は保持されることが多いため、次の挑戦ではその前よりもクリアしやすくなっています。
まさにこれは本作の主人公ケイジの行動そのものですね。
ケイジが死ぬことを劇中では「リセット」と言いますが、まさにこれはこの作品がテレビゲームの影響を受けているということに他なりません。
状況が悪くなったとき、ケイジの相棒となるリタによって彼は「強制リセット」(つまりは殺される)される場面がしばしばあります。
これもまたRPGで、みなさん経験があるのではないでしょうか。
地下の迷宮で迷路にはまってどうしようもないとき。
戦ってもどうやっても勝てないモンスターに出会ったとき。
ブチッとファミコンのリセットボタンを押したことが。
まさにリタの「強制リセット」はこの行為を表していますね。
”経験”を積んだケイジが、”ギタイ”が襲いかかるタイミングをはかって、相手を見ずに銃を撃つシーンがあります。
これは「スーパーマリオ」などのゲームを思い出させました。
何度もゲームをやる中で、どのタイミングで敵キャラや仕掛けがでてくるとかを覚えてて、タイミングをはかって走ったりとかジャンプをしたりとかしましたよね。
まさにそういう感じ。
本作はテレビゲームという文化をベースにして作られた作品であるということができるかと思います。

同じことの繰り返しというとストーリー的にも画的にも単調になりそうにも思えるのですが、シナリオも演出もそれを避けるように工夫されていたため、たいへんおもしろく観ることができました。

<最後にちょっとネタバレ的な内容なので注意です>

最後のルーブル美術館でのバトル。
その前にケイジはタイムループの能力を失ってしまいます。
ですので、もう1回リセットができない状態になってしまっています。
ここでは昔の「ドラクエ」の最後の魔王の城に乗り込んで行く時の気分を思い出しました。
最近のRPGは親切で、ラストのダンジョンに入っても”セーブポイント”が多くあるので、気兼ねなく(?)乗り込むことができるわけですが、昔のゲームは魔王の城の中には”セーブポイント”がないことが多かったのです。
ですので乗り込む時の緊張感はすごくあって。
何時間もプレイしたのにその苦労が水の泡となってしまう苦い経験があります。
ケイジがルーブルに向かうとき、そのことを久しぶりに思い出しました。
まさにこれもテレビゲームっぽさを感じたところですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 | トップページ | 「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った »

コメント

ミス・マープルさん、こんばんは!

ゲームっぽいですよね。
僕も昔ゲームをやっていたところは、行き詰まるとリセットしていました。
ゲームの中のマリオの方も、ケイジのような気持ちだったのでしょうか。
トム・クルーズはタフな役もあいますが、ヘタレな感じも合いますよね。
以外と幅が広い俳優さんです。

投稿: はらやん | 2014年11月19日 (水) 22時07分

TBありがとうございます。
この映画を見たら、かつてマリオで全クリしようと、必死でゲームをしていた頃を思い出しました。
なので死んだらリセット。いや思うように動けなかったらリセットするという気持ちはよくわかります。
映画のテンポもいいのでラストは気分爽快でした。
冒頭のヘタレのトムはよく似合っていましたね!

投稿: ミス・マープル | 2014年11月19日 (水) 08時34分

sakuraiさん、こんにちは!

2時間!
映画と同じくらいですね(笑)。
今後読んでみます。
同じ日を繰り返すというと単調になりそうですが、テンポも良くて飽きさせることない作品でした。
トム・クルーズは良い作品を選びますよね。

投稿: はらやん | 2014年8月 9日 (土) 16時46分

ほんとに軽く読めるラノベで、2時間くらいでさくさく読めます。
さすがに本の方が納得行きますので、ぜひ。
私はテレビゲームは全くしないので、その辺の事情はわからないのですが、最後の緊張感の持たせ方ってのはうまかったですね。
リセットすりゃいいじゃん!で終わらなかった作りがよかったです。

投稿: sakurai | 2014年8月 9日 (土) 08時44分

みぃみさん、こんにちは!

今度原作本を読んでみますね〜。
やはり昔ゲームをやっていた自分としては、ラスボス戦の緊張感を思い出してしまいました。
僕はビビリーなので、なるべくレベルアップしてから挑んでいましたが・・・(笑)。

投稿: はらやん | 2014年7月26日 (土) 09時58分

りおさん、こんばんは!

テレビゲームをやっているとRPG的なところが「あるある」っていう感じがありました。
ゲームをやってないとわかりにくいかもしれないですかねー。
という自分も最近のゲームは大掛かりすぎて、面倒なのでご無沙汰していますが(笑)。

投稿: はらやん | 2014年7月22日 (火) 20時36分

こんにちは。
原作小説、映画と比べながら読むと、より楽しめると思います。
単行本ですので、持ち運びも便利♪です。

そうですね、ラスボス戦。
セーブポイント、遠かった様に思います。
その分、やっつけた時の達成感は大きかったかと。

輸血されてからのケイジとリタへのドキドキ感、
昔のゲームをした人間の方が感じられ、得してたのかも☆ですね。

投稿: みぃみ | 2014年7月22日 (火) 11時55分

この「テレビゲームっぽい」ところが、どうにもわたしの肌に合わなかったんですよねえ。
自分がゲームをほとんどしないせいもあるのかなーと思うのですが…

投稿: りお | 2014年7月21日 (月) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/60011439

この記事へのトラックバック一覧です: 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳:

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 11時15分

» 劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [日々“是”精進! ver.F]
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All You Need...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 12時52分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル : タイムワープと輪廻転生 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ライトノベル、こんな小説のジャンルがあるということを最近知りました。でも、小説を書いた方にも読んだ方にも失礼な呼び名ですよね。では、本日紹介する作品はこちらになりま [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 12時57分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW [我想一個人映画美的女人blog]
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 16時27分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [♪HAVE A NICE DAY♪]
これは面白かった〜〜〜〜〜! 戦場で死んだはずのトムちんが 目が覚めたら又同じ光景の「前の日」に戻っているではありませんか! 同じ事を繰り返してる。。。 こんな感じの作品ってあるけど やっぱり面白い。 前に殺された時は、この時!と解るので 仲間を助けた...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 17時10分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 18時37分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」(集英社スーパーダッシュ文庫刊)を、トム・クルーズ主演でハリウッド実写化。「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台に、同じ時間を何度も繰り返すはめになった兵士が、幾度もの死を経験し、...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 22時18分

» 『オール・ユー・二ード・イズ・キル』 [ラムの大通り]
(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 22時34分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ [カノンな日々]
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 23時06分

» 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた〜 [よくばりアンテナ]
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として戦地に行かされたケイジは あっという間に戦死。 しかし、目覚めるとまた同じシーンの繰り返しが始まるが、...... [続きを読む]

受信: 2014年7月20日 (日) 23時23分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン [西京極 紫の館]
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 05時28分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [あーうぃ だにぇっと]
オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋 [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 07時38分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow [勝手に映画評]
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 08時30分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [Akira's VOICE]
やっぱりラブストーリーでした。   [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 09時15分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら私を捜して" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 10時09分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D [そーれりぽーと]
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画の世...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 10時43分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [Break Time]
今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・ [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 11時12分

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。 [たいむのひとりごと]
先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況 [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 12時33分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [花ごよみ]
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 15時07分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・グリー...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 16時03分

» 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』★タイトルは殺伐感あるもイイ明日は来ると [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164228/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原作:桜坂洋 英題:『EDGE OF TOMORROW』 原作未読で(さわりだけ)、映画のみの印象です。 地球侵略に来たギタイと呼ばれるものに、応戦している状態です。 戦場で、何度も生死を繰り返す、時間のルー..... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 16時59分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 17時55分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04日 5年前、ドイツの陥落から始まった地球侵略戦争。世界中の国々が統合防衛軍(UDF)を結成し、応戦...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 20時27分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [映画と本の『たんぽぽ館』]
死と覚醒のループ * * * * * * * * * * ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない ・・・などと言いながら性懲りもなく本作を見たのは、 原作が日本のライトノベルということと、 まだやっぱり、すっかり諦める気にはならない・・・...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 21時51分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [beatitude]
近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに...... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 23時49分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥ったのか? やがて絶望的な戦いの中で、強大なエイリアンの秘密を解き明かした主人公は、自分が人類を救う事の出来るただ一人の存在であるこ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 10時28分

» 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ…... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 10時37分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [心のままに映画の風景]
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵を前にあっけなく命を落とすが、次の瞬間、目を覚ますと、出撃前日へと戻っていた。 再び出撃しては、少しずつ状況が変わりながら戦死す...... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 10時58分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [風に吹かれて]
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂 [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 15時13分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [はるみのひとり言]
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 21時13分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [象のロケット]
謎の侵略者“キタイ”の攻撃で滅亡寸前になった近未来の地球。 米軍のメディア担当で戦闘経験ゼロのウィリアム・ケイジ少佐は、将軍の命令に背いたため前線に送り込まれ、あっけなく命を落としてしまう。 意識を取り戻したケイジは、自分が不可解なタイムループの世界にいて、何度も戦闘と戦死を繰り返していることに気づく。 特殊部隊の女性兵士リタ・ヴラタスキと共に戦いを繰り返す度に、ケイジの戦闘技術は磨き上げられていくのだが…。 SFアクション。... [続きを読む]

受信: 2014年7月23日 (水) 07時59分

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [ゆっくり歩こ。]
原作本はけっこう前から家にありました(息子が読んでた) 映画化されると知って・・・ 読もうかな、と思っていたけれどとても読んでるヒマがなく 息子が言うに、「原作はあんなオッサンじゃないよ」と トム・クルーズ、もう立派なおじさんですもんね^^; いっや...... [続きを読む]

受信: 2014年7月23日 (水) 13時12分

» 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [健康への長い道]
 日本の同名ライトノベルが原作(ただし映画としての原題はEDGE OF TOMORROW)のハリウッドSFアクション大作を新宿ピカデリーで。  平日だというのに、結構な人出です。 Story 近未来。地球は謎の侵略者ギタイからの攻撃を受ける。彼等のあまりの戦闘力の高さに人類は…... [続きを読む]

受信: 2014年7月23日 (水) 18時18分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [ダイターンクラッシュ!!]
2014年7月13日(日) 19:20~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」、ちょっと古くて「恋はデジャ・ブ」、本人が死ぬ訳でないが小説の「七回死んだ男」と、数々あるループもの。 使い古されたプロットではあるが、色々と工夫があり、あまり外れのないループものだが、日本のグラフィック・ノベル(?)が... [続きを読む]

受信: 2014年7月26日 (土) 16時56分

» ■オール・ユー・ニード・イズ・キル [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第352回「最近、期待し過ぎていたから・・・今日は。」 ここのところ、自分の中で勝手に盛り上がってしまい、いざ観ると思ったほどでは無くてガッカリするという作品が続いています。今回の作品「オール・ユー・ニード・イズ・キル」も数ヶ月前に観た予告編で私の大好...... [続きを読む]

受信: 2014年7月27日 (日) 20時49分

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [ここなつ映画レビュー]
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん生化学的にも。よくよく考えると私にはこの理論にはついていけない。ま、SFの世界だから。と片付けてしまうのは勿体ない世界観ではあるのだけれど。この作品は、「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台にしている。ギタイは圧倒的に強く、人類は... [続きを読む]

受信: 2014年7月29日 (火) 12時42分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし…... [続きを読む]

受信: 2014年8月 2日 (土) 21時10分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [迷宮映画館]
最近のトムちんは、本当にいい! [続きを読む]

受信: 2014年8月 9日 (土) 09時02分

» 『ALL YOU NEED IS KILL 』('14初鑑賞51・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年8月 9日 (土) 13時58分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [to Heart]
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 23時15分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル EDGE OF TOMORROW [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
トム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観てきました。(カタカ [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 23時27分

» 映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [向う岸]
allcinema  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 アメリカ軍の広報担当官であるケイジは将軍の不興を買い、 実戦経験が全くないのに最前線へ送られてしまう。 初陣でアルファと呼ばれるギタイの血を浴びて戦死したケイジは 出撃前日に戻され、何度も戦闘を繰り返す...... [続きを読む]

受信: 2014年8月15日 (金) 23時00分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
オール・ユー・ニード・イズ・キル 14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット...... [続きを読む]

受信: 2014年8月28日 (木) 21時26分

» 運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [真紅のthinkingdays]
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった が、目覚めると死の前日に戻っていた。  エイリアンの返り血を浴びたことでループ能力を身に付けた男...... [続きを読む]

受信: 2014年8月29日 (金) 15時34分

» 日本原作、トム・クルーズ主演。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014年9月23日 (火) 22時05分

» 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て [kintyres Diary 新館]
14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント◆ビル・...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 3日 (月) 11時54分

» 映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 9日 (日) 10時40分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [いやいやえん]
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事していたケイジ少佐が最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出会う…。 最初は雑魚にもやられていても、何回も繰り返す(ルー... [続きを読む]

受信: 2014年11月12日 (水) 09時03分

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。... [続きを読む]

受信: 2014年11月15日 (土) 00時21分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [銀幕大帝α]
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 00時27分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 原題:Edge of Tomorrow 監督:ダグ・リーマン 2014年 アメリカ映画 113分 キャスト:トム・クルーズ      エミリー・ブラント       ビル・パクストン      ブレンダン・グリーソン      ノア・テイラー 近未来、異星人の侵略を受けた地球では、多国籍軍が 敵との激しい戦いを繰り広げていた。アメリカ軍PR担当 ケイジ少佐は、ブリカム将軍からの前線での作戦... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 08時34分

» 死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)〜「オール・ユー・ニード・イズ・キル」〜 [ペパーミントの魔術師]
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイDVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] by G-Tools ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。 劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まっ...... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 17時07分

» 【映画】 オール・ユー・ニード・イズ・キル [シネマ・クレシェンド]
オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014)アメリカ原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ/エミリー・ブランント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソ ... [続きを読む]

受信: 2014年11月28日 (金) 01時47分

» 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(トム・クルーズ、未来を変える為に死ぬ) [翼のインサイト競馬予想]
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 17時18分

» 何度も死することで、 [笑う社会人の生活]
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...... [続きを読む]

受信: 2014年12月13日 (土) 01時26分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [映画好きパパの鑑賞日記]
 日本のラノベ(桜坂洋作)をハリウッドで大作映画した作品で、ワンアイデアがダグ・ライマン(リーマンから表記が代わった)監督の演出と、トム・クルーズのはまり方があいまり、なかなかできた娯楽作に。SF好きなら見て損はしない傑作です。  作品情報 2014年ア…... [続きを読む]

受信: 2014年12月13日 (土) 22時57分

» 【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...... [続きを読む]

受信: 2014年12月30日 (火) 09時21分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来…... [続きを読む]

受信: 2015年1月16日 (金) 09時26分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [こんな映画見ました〜]
『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』---EDGE OF TOMORROW---2014年(アメリカ )監督:ダグ・ライマン出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント、ビル・パクストン 桜坂洋の同名ライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFバトル・アクション大...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 22時45分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [La.La.La]
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:113分  原題:EDGE OF TOMORROW  配給:ワーナー・ブラザーズ  監督:ダグ・ライマン  主演:トム・クルーズ      エミリー・ブラント      ビル・パクストン      ブレンダン・グリーソン 謎の侵略者の攻撃で滅亡寸前となった世界。同じ日を無限に繰り返すループ能力を持 つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵... [続きを読む]

受信: 2015年2月 1日 (日) 18時59分

» 14-382「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
今日という日は初めてだ、予測がつかない  謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。  そんな中、軍の広報担当だったケイジ少佐は、ある時司令官の怒りを買い、一兵卒として最前線へと送られてしまう。しかし戦闘スキルゼロの彼は強大な敵を前にあっけなく命を落とす。  ところが次の瞬間、彼は出撃前日へと戻り目を覚ます。そして再び出撃しては戦死する同じ一日を何度も繰り返す。  そんな過酷なループの中で徐々に戦闘力が磨かれていくケイジ。やがて彼はカリスマ的女戦士リ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月19日 (日) 00時43分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [miaのmovie★DIARY]
【ALL YOU NEED IS KILL AKA EDGE OF TOMORROW】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落と す。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限 に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵...... [続きを読む]

受信: 2015年7月15日 (水) 21時03分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [のほほん便り]
日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハルヒ・シリーズ、 最近では、深夜ドラマ「明日もきっと君に恋をする」も、そうだった気がするのですが、増えてきたのは、ひょっとするとテレビゲームの影響?とも感じてしまったのでした。 主人公と共闘する特殊部隊の女兵士を演じた、『プラダを着... [続きを読む]

受信: 2016年5月11日 (水) 14時10分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [rambling rose]
謎の侵略者の攻撃によって窮地に陥ってしまった人類。そんな中、軍の広報担当ケイジは、ある事から兵卒として最前線へと送られてしまう。 [続きを読む]

受信: 2016年7月19日 (火) 10時04分

« 「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 | トップページ | 「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った »