« 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ | トップページ | 「ニード・フォー・スピード」 物語に無理がある »

2014年6月17日 (火)

「キカイダーREBOOT」 秀逸なデザイン

タイミングが合わずに観賞を後回しにしていたらそろそろ終わりそうなので、慌てて観にいってきました。
「キカイダー」といったらなんともいっても、石ノ森章太郎さんによる左右非対称の特徴的なデザインですよね。
石ノ森章太郎さんのデザインってヒーローはもちろん敵方の怪人なども非常にコンセプチュアルであると思うのですが、その中でもキカイダーのデザインは秀逸です。
右半身が正義をイメージした青、左半身が悪をイメージした赤であり、「良心回路」を持つことにより、善と悪の間を揺れ動くキカイダー=ジローというキャラクターを一目でわかるように表現しています。
人間でもなく、またアンドロイドとしても完全ではないということを透明パーツの中に機械が見えるということで表していることも優れたアイデアですよね。
本作でキカイダーのデザインのリファインを担当したのが、漫画家で「仮面ライダーSPIRITS」等の代表作を持ち、特撮への造詣が深い村枝賢一さんです。
今回の村枝さんのデザインも、オリジナルのコンセプトをさらに押し進めた感じで良かったです。
右半身は青=正義、左半身は赤=悪という考えを踏襲しているようですが、僕はさらにコンセプトが深くなっている気がしました。
右半身の造形はオリジナルに比べより人のシルエットに近くなっていると思います。
造形技術の進化という点もあるでしょうけれど、これは右半身=正義というより、右半身=理性であり、人間らしさを象徴していると感じました。
「良心回路」が右側についているのも人間らしさを象徴するものだからこそ。
それに対して左半身は、大型の爪をつけた手、怒り肩など、以前よりはメカニカルさというよりは、獣のような印象が強くなっています。
もちろん顔であったり、部分部分にはメカニカルさは残っています。
これは左半身は人間らしさが欠如した状態を象徴しているものでしょう。
この人間らしさが欠如した状態を、獣的なもの(爪や怒り肩)と機械的なもの(メカ造形)という、一見対局にあるものを統合してデザインしたアイデアがいいなと思いました。
また気が利いているアイデアだと思ったのが頭部のデザインです。
キカイダーの顔には左側の目の下から頬のあたりにかけてメタリックなラインが入っています。
これはオリジナルでもあるものですが、今回の村枝デザインではラインの上に、鋲のようなドットが入っているんですよね。
これはメカニカル感を出すものであるかもしれないのですが、これが涙にも見えるんですよね。
キカイダーがハカイダーとの決戦に勝つために自ら「良心回路」を切ります。
そのため破壊衝動にかられミツコにも襲いかかるのですが、そのときのキカイダーのアップを映されます。
そのときキカイダーが泣いているように見えるんです。
アンドロイドであるキカイダーの表情は変わらないのに、なぜか泣いて見える。
それは意図されたデザインなのかはわからないですが、そういうカットを狙った監督には意識はあったでしょうね。
ここはぞくっときました。
完全に機械であるキカイダーが、そのような人間らしさを持つようになっているのに対し、人間の脳を持つハカイダーのほうがより凶悪であるというのは、また人間の負の面を表しています。
獣は必要以上の殺戮は行わない。
機械は命じられた以上の殺戮は行わない。
人間は殺戮をさらにさらにと繰り返していく。
理性がないから獣や機械は暴走する。
だから「良心回路」によってその暴走を抑制するというのがキカイダーというアンドロイドの思想。
しかし人間の脳を持ち、より「人間的」であるはずのハカイダーの方が暴走してしまうというのは、人間への皮肉でもありますよね。
とキカイダーのデザインからはじまり、この作品に込められたものを書いてきましたが。
単純にエンターテイメント映画としてみると、あまり出来がいい感じはしなかったですね。
感情移入がもう少しできたら良かったんですけれど、割と全体的にクールで淡々としていた感じがしました。
もう少しオリジナルは情感があったようなイメージがありました(観たのはうん十年も前ですが)。
監督は下山天さんで特撮畑の方ではないのですが、特撮的なケレン味がもうちょいあってもよかった。

なんとなく続きそうな感じもありますよね?
次はビジンダーが登場するかな。
本作にマリが登場してたからビジンダーにチェンジするかと期待しちゃいました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ | トップページ | 「ニード・フォー・スピード」 物語に無理がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59832796

この記事へのトラックバック一覧です: 「キカイダーREBOOT」 秀逸なデザイン:

» キカイダー REBOOT 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
70年代の特撮ヒーロー「人造人間キカイダー」 のリメイク劇場版「キカイダー REBOOT」 が公開されましたので観に行ってきました。 2010年の下半期から再び劇場通いを始めて 何を観たか記録してきましたが、こちらが400本目 の映画館での鑑賞作品となります。 キカイダ…... [続きを読む]

受信: 2014年6月18日 (水) 20時20分

» キカイダー REBOOT/入江甚儀 [カノンな日々]
70年代に放送された石ノ森章太郎さん原作の特撮ヒーロー「人造人間キカイダー」を現代に甦らせたヒーローアクション・ムービー。「人造人間キカイダー」けっこう好きだったんです ... [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 21時59分

» 『キカイダー/REBOOT』(2014) [【徒然なるままに・・・】]
かなり思い入れが強い『人造人間キカイダー』のリメイク、いやリブート作品ということで、募る不安と高まる期待の両方を抱きつつ鑑賞。ハカイダーを主人公にしたスピンオフ映画や、コミックや小説でのリメイク、更に原作萬画版をベースにしたアニメ作品の製作はあったものの、何度か企画は立てられながら(石ノ森章太郎自身も構想を抱いていたとのこと)正面切って聖典に挑んだのは今回が初めて。現代的にアップデートされリアリティを増した設定、描写は聖典へのリスペクトが十二分に感じられ、スタッフ・キャストの真摯な姿勢は傑作の予感。... [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 23時18分

» 『キカイダー REBOOT』('14初鑑賞43・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 5月24日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 13:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年6月25日 (水) 20時43分

» キカイダー REBOOT  監督/ 下山 天 [西京極 紫の館]
【出演】  入江 甚儀  佐津川 愛美  高橋メアリージュン  鶴見 辰吾 【ストーリー】 日本政府は人間の力では対応できない問題をロボットに解決させるARKプロジェクトを進めていたが、その中心人物であるロボット工学の世界的権威・光明寺ノブヒコが実験中の事故で命...... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 01時13分

» キカイダーREBOOT [ダイターンクラッシュ!!]
2014年5月24日(土) 21:00~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 少しは大人向きなのだが、あまりのスケールの矮小さ。そして、いつもの説明のくどさ。 『キカイダーREBOOT』公式サイト 長島一茂光明寺教授。政府の肝いり組織ARKで、アンドロイドの研究に勤しむ。平和利用を願う一茂は、戦闘利用のギルバート神崎(プロフェッサーギル)と対立し、行方不明となる。 その直後、光明寺の娘と息子が謎の戦闘員(「ギルギル」とか「ダー... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 13時37分

» 映画『キカイダー REBOOT』 [健康への長い道]
 石ノ森章太郎原作の特撮ヒーロー『人造人間キカイダー』。子どもの頃、大好きで夢中で観ていました。後番組の『キカイダー01』も。  そんな作品がリメイク(リブート)されると聞き、不安が半分以上ながら、映画館へ。  同世代の男ばかりを予想していましたが、意外…... [続きを読む]

受信: 2014年6月30日 (月) 19時45分

» ビジュアルに内容がついてこないとアカンでしょ〜!〜「キカイダーREBOOT」〜 [ペパーミントの魔術師]
洋画3本ハチャムチャに感想書いといてこっちはちゃんと書くんかいって話でどうも。(^_^;) キカイダー REBOOT [DVD] いや〜こんだけビジュアルがアップするんですね〜。 映像の進歩ってすごいわ〜と感心してました。 むかしむかしテレビでやっていた「人造人間キカイ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月14日 (水) 20時53分

» 14-285「キカイダー REBOOT」(日本) [CINECHANが観た映画について]
人も不完全だから  日本政府はロボットの平和利用を謳い“ARKプロジェクト”を強引に推進していた。  プロジェクトの主任研究員・光明寺博士は、平和利用を担保するための“良心回路”を組み込んだアンドロイド(キカイダー=ジロー)を開発する。しかし、補佐役のギルバート神崎は戦闘能力を重視して光明寺博士と激しく対立していく。  そんな中、博士が研究中の事故により命を落とす。すると、博士が息子・マサルの体内に隠したキカイダーの開発データを狙って謎の組織が動き出し、マサルとその姉・ミツコが危険に...... [続きを読む]

受信: 2015年3月 9日 (月) 00時34分

« 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ | トップページ | 「ニード・フォー・スピード」 物語に無理がある »