« 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」 可能性、祈りと呪い | トップページ | 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ »

2014年6月 7日 (土)

「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」 莉子の能力

原作小説は何冊か出ているようですが未読ですので、設定や登場人物などについての予備知識は一切なしで観ました。
ちょっと長いなとは思いましたが、おもしろく観れました。
主人公「万能鑑定士Q」こと凛田莉子はあらゆる物を鑑定することができる能力の持ち主。
鑑定をする物と共に持ち込まれる難事件にも挑む探偵役でもあります。
莉子はホームズタイプの探偵役ですね。
普通の人は見落としてしまうような細部に着眼し、広範で深い知識を元に、論理的な推理を展開していく。
・着眼点
・知識(記憶力)
・推理力
という点が普通の人よりも特段に優れているということなのですよね。
それら莉子の能力について現代的な解釈がついているのが興味深かったです。
「着眼点」とは普通の人では見逃してしまう点に目をつける力です。
莉子は鑑定する物を観たとき、何か違和感のようなものを感じます。
違和感のようなものというのは感じたとしてもすっと頭の中をよぎって去ってしまうものですが、莉子の場合はそれをしっかりとつかみ取るのですよね。
劇中ではそれを彼女の「感受性」とか「直観力」という言い方をしていました。
この違和感をつかみ取るというのは、個人的な経験でいうとある種の訓練でできるところもあるかと思います。
自分の心の中に生じた感情などが「どうしてそう感じたのか?」と論理的に考えようとする訓練です。
映画のレビューなんていうのもそうだと思うのです。
どうして感動したか、というのを自分の気持ちを分析するというイメージです。
莉子は自分の心に生じた「違和感」がなぜ生じるかと考える時に、彼女の頭の中にある膨大な知識を駆使します。
その知識によってその「違和感」の原因を探るのが彼女の方法です。
莉子がどのように知識を身につけたかという方法論がまたおもしろい。
記憶をするときに感情とセットにして記憶するという方法。
確かに過去の記憶を思い出すとき、感情がセットになって思い出すことってありますね。
そして感情がセットになっている記憶の方がより強い。
またそのとき聞いていた音楽、嗅いでいた臭いなども思い出すことがあります。
確か音楽などを聴くことによりそれをきっかけに記憶を呼び起こすといったようなことも聞いたことがあります。
そして彼女の推理力ですが、これはビジネスシーンでもよく聞かれる「ロジカル・シンキング」。
さまざまな事象や事実を基に論知的に推理を組み立てていく能力です。
ここには感情が入る余地はなく、これらは事実をベースにした論理的に組み立てられた思考のみとなります。
こうやって莉子の能力を観てみると、それらはけっこうビジネス書などででてくるキーワードだったりするんですよね。
「着眼点」「知識(データと言ってもいいかもしれない)」「ロジカル・シンキング」。
これらはビジネス書ではさまざまなスキルとともに紹介されていますが、莉子はそのスキルを極めに極めた人物ともいえるかもしれませんね。

冒頭に書いたように映画的にはちょっと長いかなとも思いましたが、後半の展開の早さなどはおもしろかったですね。
監督は「GANTZ」や「図書館戦争」の佐藤信介さん。
割とアクション映画のイメージがあったのですが、こういう作品も撮るのですね。
後半の展開の早さなどはアクション映画的なテンポは感じました。
結局「Q」の意味はわからなったですね。
次回作を作る予定なのかな。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」 可能性、祈りと呪い | トップページ | 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

モナリザの真贋を選ぶときの方法は、マジックでやるマジシャンズセレクトですよね。
映画の中でも描かれてましたが、莉子は元々はオバカな娘で、それを高い感受性を用いた記憶法を身につけてあれだけの知識を身につけたということで。
それだからか、ああいう騙しのテクニックにはもろいのかもしれませんね。

投稿: はらやん | 2014年8月13日 (水) 08時09分

そんだけすごいってのに、あんな稚拙なトラップにひっかかるのはどうよと。
もうちょっと面白く作れるんじゃないかと、不満が残る一本でした。やっぱこの監督は、怒涛のアクションで、細かいとこはあんまり見ないで~の方がいいかなと感じましたわ。

投稿: sakurai | 2014年8月10日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59773874

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」 莉子の能力:

» 『万能鑑定士Q/モナ・リザの瞳』(2014) [【徒然なるままに・・・】]
「モナ・リザ」が40年ぶりに日本へとやってくることになった。ルーブル美術館のアジア圏代理人である朝比奈から「万能鑑定士Q」の店主・凛田莉子の元へ、警備強化のための臨時学芸員になって欲しいとの依頼が舞い込んだ。驚異的な記憶力を持つ彼女は、以前その能力を使って鮮やかに美術品の盗難事件を解決に導いたことがあったのだ。偶然その場に居合わせて彼女に興味を持ち、密着取材を続ける雑誌記者の小笠原と共にパリへと飛んだ莉子は、ルーブル側のテストに合格して学芸員となり、今度はもう一人の合格者・流泉寺美沙と一緒に軽井沢の... [続きを読む]

受信: 2014年6月 7日 (土) 23時12分

» 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- [だらだら無気力ブログ!]
綾瀬はるか、相変わらず可愛いわ。 [続きを読む]

受信: 2014年6月 8日 (日) 20時03分

» WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 [だらだら無気力ブログ!]
思ってたより面白かった。 [続きを読む]

受信: 2014年6月 8日 (日) 20時04分

» 「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」:ツッコミ所満載過ぎます [大江戸時夫の東京温度]
いやー、ツッコミ所満載過ぎて、椅子からズリ落ちそうでした。今後「トンデモ映画」と [続きを読む]

受信: 2014年6月 8日 (日) 23時40分

» 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- [映画好きパパの鑑賞日記]
 久々に、がっかりミステリーを見ました。「八重の桜」のファンで、綾瀬はるかの主演作を楽しみにしていたのに本当に残念。ぬるーい演出に、ちょっとありえない解決方法、どちらか1つがしゃきっとしていたらまだ楽しめたのに。  作品情報 2014年日本映画 監督:…... [続きを読む]

受信: 2014年6月11日 (水) 06時38分

» 『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」□監督 佐藤信介□脚本 宇田学□原作 松岡圭祐□キャスト 綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉子、ピエール・ドゥラドンシャン、       村上弘明、橋本じゅん、村杉蝉之介、児嶋一哉、角替和枝 ■鑑賞日...... [続きを読む]

受信: 2014年6月11日 (水) 08時28分

» 万能鑑定士Q [映画的・絵画的・音楽的]
 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)本作(注1)では、絵画の鑑定が描かれているというので映画館に行ってきました。  本作の冒頭は、万能鑑定士である凜田(綾瀬はるか)が、トルコ料理の試食会に関するチラシを鑑定するところから...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 09時08分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [花ごよみ]
松岡圭祐原作のベストセラーミステリ 「万能鑑定士Q」シリーズの 「万能鑑定士Qの事件簿IX」を映画化。 綾瀬はるかが主演、 共演は松坂桃李、初音映莉子、 村上弘明、橋本じゅん等。 モナ・リザの来日が決定。 万能鑑定士Qの店主莉子(綾瀬はるか)が 臨時学芸員に推...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 09時45分

» 映画『万能鑑定士Q−モナ・リザの瞳−』観てきた [よくばりアンテナ]
ようやく観に行けました。 人気の『万能鑑定士Qの事件簿』シリーズ実写映画化作品。 原作本は未読。 主人公の天才鑑定士・凛田莉子に綾瀬はるか、 ダメダメの角川の記者・小笠原悠斗に松坂桃李。 いやぁ〜この二人のキャスティングは、 私の中ではビブリア古書堂の事件手帖シリーズで妄想していただけに なんだか妙な気分になってしまいましたよ(; ^ω^) さて物語は、 4...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 15時38分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [勝手に映画評]
松岡圭祐の人気小説『万能鑑定士Qの事件簿』シリーズの第9巻を映画化した作品。松岡圭祐と言えば、千里眼シリーズはよく読んでいたんですが、この万能鑑定士Qのシリーズは未読でした。こんど読んでみようかなぁ。 今回の作品のポイントは、何と言ってもモナ・リザです。...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 22時27分

» 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-/綾瀬はるか [カノンな日々]
松岡圭祐のさん人気推理小説「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを綾瀬はるかさんの主演で映画化ミステリー・ドラマ。原作本は本屋に行くといつも平積みになっていたので目には留まっ ... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 23時36分

» 万能鑑定士Q−モナ・リザの瞳− [Break Time]
今朝も、梅雨らしい天候で・・・ [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 08時43分

» 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- [ダイターンクラッシュ!!]
2014年6月1日(日) 15:50~ TOHOシネマズ日本橋6 料金:1100円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 それなりに謎解き。 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』公式サイト 中々のトリックと謎解きなのであるが、謎の特訓シーンが長くて退屈で、中盤にだれる。 綾瀬はるかの謎解きが早口すぎて、理解するのに努力を要する。 課題点は、多々あるが、続編を制作しても良いレベル。 しかし、ルーブルに正式採用された筈なのに、直前まで謎の合宿に缶詰めにされて、その間真のルーブル側は何して... [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 16時10分

» 「万能鑑定士Q−モナ・リザの瞳−」モナ・リザの瞳の秘密を知った先にみた巧みに仕組まれたモナ・リザ盗難事件の真相 [オールマイティにコメンテート]
「万能鑑定士Q−モナ・リザの瞳−」はなんでも鑑定できる鑑定士がモナ・リザを鑑定する事となりその鑑定に挑むも、次第に大規模な事件に巻き込まれてモナ・リザ盗難事件が発生し、 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 17時34分

» 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』('14初鑑賞44・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月31日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 19時53分

» 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-(2014) 119分 [極私的映画論+α]
 シリーズ化・・・もしくはTVドラマ化?(笑) [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 12時35分

» 映画 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; 凜田莉子役が、綾瀬はるかと聞いて少し心配していたけど nbsp; 原作のイメージを損なわずに良い演技でした。 nbsp; 綾瀬はるかは凜田莉子よりも浅倉絢奈のほうが nbsp; イメージしやすい感じがします。 nbsp; nbsp; nbsp;  約2時間... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 20時23分

» 劇場鑑賞「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」 [日々“是”精進! ver.F]
“本物”のモナ・リザは、どれ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405310000/ 【送料無料選択可!】映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」オリジナル・サウンドトラック[CD] ...価格:2,700円(税込、送料別) 万能鑑定士Qの事件簿 9価格:555円(税込、...... [続きを読む]

受信: 2014年6月17日 (火) 19時51分

» 万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳− [そーれりぽーと]
ルーブルでロケしたっぽいのが気になって『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』を観てきました。 ★★ 綾瀬はるかが相変わらず只管かわいい。 松坂桃李、ケツでかくない? そんな事ばかり考えながら観ていた。 だってなんか変やん、万能鑑定士っていう設定自体が。 ここのとこ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月17日 (火) 20時16分

» 万能鑑定士Q #8722;モナ・リザの瞳#8722;★★★.5 [パピとママ映画のblog]
綾瀬はるかと松坂桃李が共演を果たし、松岡圭祐原作のベストセラーミステリー「万能鑑定士Q」シリーズを映画化した本格ミステリー。「万能鑑定士Qの事件簿IX」を基に、天才的な鑑定眼を持つヒロインが世界的傑作絵画モナ・リザに隠された謎に迫る姿を描く。『ノルウェイの...... [続きを読む]

受信: 2014年6月17日 (火) 21時39分

» 映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』★モナ・リザの瞳は1万ボルトの魅力だから(^_-)-☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163976/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 名画『モナ・リザ』にまつわる事件☆というだけで、気になってしまいます (*^_^*) かつ、あの神秘的な瞳の中に文字『 LV 』があって、 それを観た人は、どうにかなってしまうと ……(_) 万能鑑定士:凜田 莉子(り..... [続きを読む]

受信: 2014年6月17日 (火) 22時09分

» 万能鑑定士Q モナリザの瞳 [はるみのひとり言]
試写会で観ました。40年ぶりに日本にやってくるモナ・リザため、臨時の学芸員候補になった鑑定士の莉子さんが、モナ・リザを取り巻く陰謀に巻き込まれながらも事件に立ち向かうお話です。ある出来事で天才的な鑑定の才能が開花し、ロジカル・シンキングで事...... [続きを読む]

受信: 2014年6月18日 (水) 23時25分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [象のロケット]
2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。 警備強化のためのルーヴル美術館臨時学芸員に採用された天才鑑定士”凜田莉子は、もうひとりの合格者・流泉寺美沙と共にハードな研修に励んでいた。 ところが“モナ・リザ”について知れば知るほど体調に異変をきたし、鑑定眼が狂い始める。 密着取材を続ける雑誌記者・小笠原悠斗は、その理由を探ろうと奔走。 一方、“モナ・リザ”をめぐって巨大な陰謀が動き出していた…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 01時02分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 14:日本 ◆監督:佐藤信介「図書館戦争」「GANTZ PERFECT ANSWER」 ◆主演:綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉子、ピエール・ドィラドンシャン、橋本じゅん、村杉蝉之介、児嶋一哉、角替和枝、村上弘明 ◆STORY◆フランス・ルーヴル美術館が...... [続きを読む]

受信: 2014年7月17日 (木) 23時02分

» 万能鑑定士Q モナリザの瞳 [迷宮映画館]
原稿はいいのか!間に合ったのかよ・・・。 [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 09時14分

» 映画『万能鑑定士 Q -モナ・リザの瞳』を観て [kintyres Diary 新館]
14-46.万能鑑定士Q−モナ・リザの瞳■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:119分■料金:1,100円■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ有楽座(有楽町) □監督:佐藤信介◆綾瀬はるか◆松坂桃李◆村上弘明◆初音映莉子◆橋本じゅん◆村杉蝉之介◆児嶋一哉◆ピエ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月24日 (日) 23時04分

» 「万能鑑定士Q モナリザの瞳」、綾瀬はるかが鑑定士に挑みます [ひろの映画日誌]
おすすめ度 ☆☆ 綾瀬はるかファン ☆☆☆ 松岡圭祐の人気ミステリー小説「万能鑑定士Qの事件簿」の映画化。 モナリザの瞳が事件の主役で、 モナリザが、東京国立博物館で公開されることになり、フランスのルーブル美術館から移送されます。 そこで、本物を鑑定する鑑定...... [続きを読む]

受信: 2015年2月10日 (火) 08時52分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [いやいやえん]
【概略】 天真爛漫な天才鑑定家・凜田莉子の下にある日、ルーヴル美術館から世界的名画“モナ・リザ”を守って欲しいとの依頼が舞い込む。 サスペンス 万能鑑定士ってなんじゃらほい!ヾ(*`Д´*)ノ彡☆ そこで見る気を失わせられたのに借りてくるという…不思議。 原作はどうなっているのか知りませんが、タイトルだけでのこのラノベ臭…(実際ラノベだったらごめんなさいね)。若い女性が審美眼と知識が必要な店を構えて、現実離れしたありえないストーリーなので、小説やアニメならわかるも... [続きを読む]

受信: 2015年3月28日 (土) 09時58分

» 14-376「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」(日本) [CINECHANが観た映画について]
本物だからこそ見えるものがある  沖縄県波照間島出身の凜田莉子は、上京しアルバイトを始めたリサイクルショップで類い希な鑑定の才能を開花させる。  独立した現在は、多種多様な鑑定を請け負うとともに、依頼品に隠された事件にも自ら首をつっこんでしまう日々。  そんなある日、ルーヴル美術館が所蔵する“モナ・リザ”が40年ぶりに来日することになり、莉子はルーヴルのアジア圏代理人を務める朝比奈から、警備強化のための臨時学芸員候補として推薦される。そこで莉子は、彼女の密着取材を続ける気弱な雑誌記者...... [続きを読む]

受信: 2015年4月 7日 (火) 01時47分

» 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳 [のほほん便り]
シリーズ累計400万部を超える松岡圭祐の超人気ミステリーシリーズ「万能鑑定士Qの事件簿」の中でも、映画化にあたり選ばれたのは、第12巻まで発刊されている同シリーズの中でも読者人気第1位であり、最高傑作との呼び声も高い「万能鑑定士Qの事件簿IX」!驚異的な鑑定眼と論理的思考を駆使して難事件を解決するスーパーヒロイン・凜田莉子(綾瀬はるか)なれど、実は学校時代は、かなりのダメダメちゃんで、ある時期から急に能力開花ってあたり、興味深かったです。突っ込みどころは満載なれど、シャーロック・ホームズか、コナン君... [続きを読む]

受信: 2015年6月 9日 (火) 14時00分

« 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」 可能性、祈りと呪い | トップページ | 「ポンペイ」 ローランド・エメリッヒ作品かと思ったぞ »