« 「ポリス・ストーリー/レジェンド」 シリーズとか言ってるけど、関係ないじゃん | トップページ | 「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な »

2014年6月25日 (水)

「MONSTERZ モンスターズ」 真にわかり合えるのは二人

のっけから痛〜い描写で始まり、観るんじゃなかったと後悔したのですが(肉体的な痛みを感じさせるようなホラーが非常に苦手なのです。「ソウ」とか絶対観ない。)・・・。
その後の展開は緊張感がずっと持続する展開で、結果的にはとても満足できる作品でした。
監督は中田秀夫さんだったので、「そりゃホラーなテイストになるな」と納得。
途中でゾンビっぽいシーンもありましたしね。
中田さんのホラー作品は観てないのですが(苦手なもんで)、「インシテミル」はとてもおもしろい作品だと思いました。
ホラーをずっと手がけていた監督なので、観客の緊張感をコントロールするのが非常にうまいんですよね。

<ここからネタバレ的なものあります>

藤原竜也さん演じる”男”は視界に入るすべての人間を操ることができる特殊能力を持っています。
しかしその”男”にとって唯一操れない男、終一(山田孝之さん)が現れます。
映画の最初に出てくるタイトルは「MONSTER」と単数形、しかし物語の終わりに出てくるタイトルは「MONSTERZ」と複数形(SでなくてZであるのも意味がある)なんですよね。
予告を観ていても、MONSTER(怪物)である人物は人を操る能力を持つ”男”だけだと思っていたのですが、実は終一も別の能力を持った特殊能力者であることが明らかになっていきます。
実は終一はどんな怪我や病気をしても、常人の何倍もの早さで回復する能力を持っていました。
それこそ死ぬほどの怪我をしても驚異的な回復力ですぐに復活するのです。
いわば「X-MEN」のウルヴァリンのような力と言っていいでしょう。
一般人から見れば"男”と同じように終一も特殊能力者、いわばMONSTER(怪物)のようなもので、だからこそタイトルは複数形になっているんですよね。
"男”は幼い頃にその能力ゆえに両親から忌み嫌われて、ひとり社会から姿を隠すように生きてきました。
操られる人間はその間の記憶がないため、そのように生きていくことができたのです。
他人は自分の存在を知られないまま、それを支配しながら生きている。
特別な存在でありながら、自分の存在を知る者はいない。
究極の孤独であったのです。
しかしそういった彼の世界に、自分が操れない男、終一が現れます。
"男”にとって終一は、最初は自分の世界を壊そうとする人物に見えたのだと思います。
破壊者を抹殺しない限りは、自分の世界(それこそ自分のアイデンティティ)が壊されてしまうという恐怖が彼にはあったのでしょう。
しかし、次第に”男”は命をかけて戦う相手である終一が、自分の存在を唯一認識してくれるかけがいのない人物として思えてきたのかもしれません。
操られる人々は誰も”男”のことに気づかない。
しかし生存をかけた戦いを繰り広げる相手である終一だけは、自分をその能力を含め一人の人間として認識してくれている。
両親以外に自分の存在を認めてくれた相手というのが、皮肉にも終一であったんですね。
映画の最後にでてくるタイトル「MONSTERZ」でしたが、「MONSTER」に「Z」が書き加えられるように表現されていました。
僕はこの「Z」が「2」に見えたんですよね。
特殊能力を持つ2人の男、彼ら同士だけが常人とは異なる存在である苦しみを理解し合えるということの意味かなと感じました。
お互いに戦いながらも、真にわかり合えるの二人だけなのかもしれません。

冒頭に緊張感が持続していると書きましたが、キャラクターの能力の設定が絶妙であると思います。
"男”は人を操る力を持っているわけなので、究極の力とも言えます。
しかし一人のキャラクターに圧倒的な力を持たせると物語的には作りにくい(緊張感が生みにくい)。
そのため”男”はその能力を使うと体の一部が壊死していくような設定になっています。
すでに今まで能力を使ってきたため、”男”は片足になっており、激しく動くことはできません。
また相手を見なくてはコントロールできないわけで、眩しいところ、逆に暗いところではその能力を使えない。
こういった制限が緊張感を高めます。
終一も驚異的な回復力をもっており、これもやられないということなので究極の力であり、へたに物語をつくるとなんでもありになってしまいます。
特に体が不自由な”男”が相手であれば、その力で圧倒することも可能でしょう。
しかし、なんといっても終一は一人であり、”男”は多くの人間を同時に操ることができる。
一人VS大勢という圧倒的な数的優位で、”男”は終一のアドバンテージを封じます。
究極の力を持つもの同士がそれぞれの制限の中で戦うという設定が、物語に緊張感を生んでいます。

その他にもいろいろこの作品は書けることが多いですね。
”男”VS終一の戦いは「X-MEN」のマグニートーとプロフェッサーXの戦いとも比することができるかもとか。
「X-MEN」の場合は二人とも世界を変えていくというスケールの大きい方向に展開しますが、「MONSTERZ」の二人はあくまでパーソナルなレベルという内向きのベクトルに展開するというのはもう少し考えてもおもしろいかも。
ほかには、石原さとみさんがものすごーく可愛いとか(笑)。
でも長くなるからこの辺で。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ポリス・ストーリー/レジェンド」 シリーズとか言ってるけど、関係ないじゃん | トップページ | 「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な »

コメント

みぃみさん、こんばんは!

>可愛いさとみちゃん、満喫なさいましたか?
(笑)堪能いたしました。
寝起きのシーンがありましたが、可愛くてきゅんきゅんしちゃいました。
主演の二人はお芝居も上手ですので、観ていてグイグイ引き込まれました。
彼らのその後・・・興味ありますね。
第3の能力者が二人が協力して・・・とか。

投稿: | 2014年7月 5日 (土) 22時44分

kiraさん、こんにちは!

二人とも超能力者とは知らなかったので、観始めてから「まるでX-MEN」と思ってしまいました。
二人ともずっと孤独で、戦い合う相手が現れたことで、孤独から脱することができたということですよね。
そういったドラマの部分が充実していて楽しめました。

投稿: | 2014年7月 5日 (土) 10時46分

こんにちは♪。

ものすごーく可愛いさとみちゃん、満喫なさいましたか?(^^)。
私は、竜也君孝之君、Wで楽しみました←幸せ☆。
せっかくなので、
能力者狩をしているらしい旧人類の松重さんに、
もうちょっと頑張ってもらえたらいいな…とは、思いましたが…。

戦いながらも通じ合える何かを持つ二人。
両方共生きているので、彼等のこれから、も知りたいです。

投稿: みぃみ | 2014年7月 1日 (火) 10時53分

>彼ら同士だけが常人とは異なる存在である苦しみを理解し合えるということの意味かなと感じました
>”男”VS終一の戦いは「X-MEN」のマグニートーとプロフェッサーXの戦い

はい。全く同感!!
「男」に付け狙われるようになって、初めて自分が(自分一人が生き残った)生きる意味を知る終一。
神に試されているかのような奇しき縁のふたりでしたね~。

投稿: kira | 2014年6月30日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59873954

この記事へのトラックバック一覧です: 「MONSTERZ モンスターズ」 真にわかり合えるのは二人:

» MONSTERZ/モンスターズ [そーれりぽーと]
松岡修造のモノマネを起用した予告編がウザすぎてクレームが出たのか、直前になってモノマネバージョンが劇場から消えた『MONSTERZ/モンスターズ』を観てきました。 ★ 今更『X-MEN』の基本的な設定を思いっきりパクって、かったるく重苦しく面白くなくして作ってみました...... [続きを読む]

受信: 2014年6月25日 (水) 23時04分

» 劇場鑑賞「MONSTERZ モンスターズ」 [日々“是”精進! ver.F]
死ぬまで生きることが人生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406010000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】MONSTERZ [ 渡辺雄介 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【新作CDポイント3倍対象商品】Sound of M...... [続きを読む]

受信: 2014年6月26日 (木) 05時32分

» MONSTERZ モンスターズ  監督/中田 秀夫 [西京極 紫の館]
【出演】  藤原 竜也  山田 孝之  石原 さとみ 【ストーリー】 対象を見ることで他人を自由に操れる超能力を持つ男は、その能力ゆえに孤独と絶望の人生を歩んできた。ある日、自分の能力が一切通じない田中終一に出会ってしまった男は、動揺のあまり誤って終一の大切...... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 01時14分

» 『MONSTERZ モンスターズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「MONSTERZ モンスターズ」 □監督 中田秀夫□脚本 渡辺雄介□キャスト 藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀晃、       三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也 、森下能幸 ■鑑賞日 5月31...... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 09時54分

» MONSTERZ モンスターズ/藤原竜也 [カノンな日々]
予告編の冒頭くらいですぐにこれは韓国映画『超能力者』のリメイクだと気付きましたよ。主演が藤原竜也さんと山田孝之さんというちょっと意外な感じもする組み合わせと監督があの ... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 11時26分

» MONSTERZ [映画好きパパの鑑賞日記]
 藤原竜也×山田孝之という、ある意味、ゴジラVSガメラ的なインパクトのある若手俳優の対決とあり楽しみにしていました。穴だらけの脚本、演出を最後まで飽きずにみられたのは、この2人の暑苦しい演技のおかげ。もう少し、設定がこちらに判るようになれば、もっとよか…... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 12時25分

» MONSTERZ モンスターズ [タケヤと愉快な仲間達]
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 【解説】 見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 16時54分

» MONSTERZ モンスターズ ★★★ [パピとママ映画のblog]
見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイク。『リング』『クロユリ団地』などの中田秀夫監督がメガホンを取り、互いに呪われた宿命を背負い、閉塞感漂う社会で葛藤...... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 21時20分

» MONSTERZ [Break Time]
今朝は、久ぶりに朝から晴れて・・・ [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 13時36分

» MONSTERZ モンスターズ [ダイターンクラッシュ!!]
2014年6月1日(日) 13:30~ TOHOシネマズ日本橋9 料金:1100円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 今回も藤原は五月蠅くない。 『MONSTERZ モンスターズ』公式サイト 一睨みで人間を意のままに操る男藤原。 アンブレイカブルな山田と戦う。 例によって人間の屑な藤原だが、戦闘があるので、ヴァーとか喚くかと思ったら、今回も大人しいもんだった。大人しくしていると稀代の大根役者も若き名優山田に引けを取らない。 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」「クロユリ団地」と冴... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 13時50分

» MONSTERZ モンスターズ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2014/05/30公開 日本 112分監督:中田秀夫出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 禁断のバトル、勃発。 生き残るのは、人間を操れる男かそれとも唯一、操れない男か 韓国映画『超能力者』のリメイク。日本の作品や...... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 22時14分

» 映画『MONSTERZ モンスターズ』★結末は“生き方“へと向かったのが良かった [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163367/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 韓国映画『 超能力者 』のリメイクですが、結末は異なります。 私が楽しみだったのは、配役です。 ・ 藤原竜也 :(仮名: F とする )目で人を操れるが、体に負荷がかかるらしい ・ 山田孝之 :(..... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 23時49分

» 「MONSTERZ」 [ここなつ映画レビュー]
日本の若手俳優の中で、好きな男優を二人挙げろと言われたら、山田孝之と藤原竜也、と即答できる私にとっては見逃せない作品。という事で、次男を誘いてくてく劇場へ。作品については、…まあまあ。CM通りのストーリー紹介だけをするとすれば、その眼力で人を意のままに操る不思議な能力を持った男(藤原竜也)が、唯一人自身の能力が通用しない男、田中終一(山田孝之)と出会い、田中を抹殺しようとする物語。幼い頃からその能力の為に、父親からでさえ「化け物」と疎まれ、孤独な人生を歩んできた男であったが、一方田中の方も、家族全員... [続きを読む]

受信: 2014年6月30日 (月) 12時56分

» 映画『MONSTERZ モンスターズ』 [健康への長い道]
 藤原竜也さんと山田孝之さん。個性的な役を演じることの多い演技派若手俳優の2人が初共演。それ見たさに劇場へ。監督は『リング』シリーズで有名な中田秀夫さん。韓国映画のリメイクだそうです。 Story ある孤独な男(藤原竜也)には、幼い頃から視界に入っている人間…... [続きを読む]

受信: 2014年6月30日 (月) 19時48分

» MONSTERZ モンスターズ [to Heart]
製作年度 2014年 上映時間 112分 脚本 渡辺雄介 監督 中田秀夫 音楽川井憲次 出演 藤原竜也/山田孝之/石原さとみ/田口トモロヲ/落合モトキ/太賀/三浦誠己/藤井美菜/松重豊/木村多江 見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男...... [続きを読む]

受信: 2014年6月30日 (月) 22時36分

» 映画:「MONSTERZ モンスターズ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成26年6月2日(月)。 映画:「MONSTERZ モンスターズ」。 監  督: 中田秀夫 脚  本: 渡辺雄介 音  楽: 川井憲次 キャスト: 男:藤原竜也 ・男の父:三浦誠己・男の母:木村多江 田中終一:山田孝之・雲井叶絵:石原さとみ 雲井繁:田口トモロヲ…... [続きを読む]

受信: 2014年7月 1日 (火) 10時50分

» モンスターズ [象のロケット]
生まれつき、眼差しひとつですべての人間を思いどおりに操れる“男”がいた。 相手は操られたことはおろか、男の存在にさえ気づかない。 ところが、男の前に唯一操れない男・田中終一が現われる。 一方、終一にも、どんな大ケガをしても驚異的な早さで回復するという特別な力があった。 男の眼差しの力に気づいた終一は、男の暴走を止めようとするのだが…。 超能力スリラー。... [続きを読む]

受信: 2014年7月10日 (木) 08時07分

» 映画『MONSTERZ モンスターズ』を観て [kintyres Diary 新館]
14-51.Monsterzモンスターズ■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2014年、日本■上映時間:112分■料金:1,800円■鑑賞日:6月22日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:中田秀夫◆山田孝之◆藤原竜也◆石原さとみ◆田口トモロヲ◆落合モトキ◆木村多江◆松重豊【...... [続きを読む]

受信: 2014年9月15日 (月) 21時52分

» MONSTERZ モンスターズ [銀幕大帝α]
2014年 日本 112分 サスペンス/アクション 劇場公開(2014/05/30) 監督: 中田秀夫 『クロユリ団地』 オリジナル脚本: キム・ミンソク(映画「超能力者」) 出演: 藤原竜也:“男” 山田孝之:田中終一 石原さとみ:雲井叶絵 田口トモロヲ:雲井繁 落合モトキ...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 8日 (土) 02時06分

» 「死ぬまで生きる」VS「死ぬまで殺す」〜「MONSTERZ」〜 [ペパーミントの魔術師]
MONSTERZ モンスターズ [DVD] by G-Tools 韓国映画「超能力者」(2010)のリメイクだそうですね。 見ただけで相手をコントロール出来る男と唯一制御されない男。 なんだか「ほこ×たて」みたいな話なんですけども。 藤原竜也は別に悪人顔じゃないんだけど、ヒール...... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 01時24分

» MONSTERZ モンスターズ [いやいやえん]
【概略】 ひと目見るだけですべての人間を思い通りに操れる男と、唯一操れない男。対立する能力を持って生まれたふたりが生死を懸けた壮絶な戦いを繰り広げる。 サスペンス 内容の薄いサスペンス・アクション。藤原竜也の眼力がくどい。オリジナルの韓国映画「超能力者」は格段に面白い作品で、役者二人も良すぎるほどカッコイイので、結末も設定も知っている身からすれば、「なんで邦画でリメイクした?」と思わざるを得ない。 ヒロインも必要ないし、「男」の過去設定もありがち(いらない描写だ)、終一に関して... [続きを読む]

受信: 2014年11月20日 (木) 09時06分

» 14-381「MONSTERZ モンスターズ」(日本) [CINECHANが観た映画について]
死ぬまで生きるだけ  ひと目見るだけで誰でも思い通りに操ることが出来るその男は、その超能力ゆえに哀しい過去を持ち、必要なとき以外は力を使わずに孤独に生きていた。  そんなある日、男がいつものように力を使った時、一人だけ自由に動く男がいた。彼の名は田中終一。なぜだか分からず、終一を消し去ろうとする男。終一も男の悪意に気づき、たった一人で迎え撃つ。  終一にもまた、特別な能力が秘められていたのだったが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2015年4月 9日 (木) 01時27分

« 「ポリス・ストーリー/レジェンド」 シリーズとか言ってるけど、関係ないじゃん | トップページ | 「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な »