« 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 ブレない正義 | トップページ | 「アメイジング・スパイダーマン2」 大人になりきれない少年 »

2014年5月 4日 (日)

「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え!

「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現在、ウォルト・ディズニーと「メリー・ポピンズ」の原作者P.L.トラヴァースとの間にあった物語が作られました。
邦題は「ウォルト・ディズニーの約束」ですが、原題は「SAVING MR.BANKS」で、直訳すれば「バンクス氏の救出」になりますでしょうか。
バンクス氏は「メリー・ポピンズ」の中に登場するキャラクターで、その彼を救い出すというのはどういうこと?
それはこの作品を観ていくうちにわかってきます。
本作はよくよく考えると凝った作りになっています。
それは二つ(もしくは三つ)の物語がこの作品のなかで描かれ、それらが上手に絡み合っているのですね。
一つの物語はトラヴァーズが子供の頃の出来事で、彼女が両親や妹と一緒に暮らしていた頃の話です。
もう一つの物語は、トラヴァースとディズニーが「メリー・ポピンズ」の映画化についてぶつかり合っているときのお話。
三つ目はしっかり描かれているわけではありませんが、「メリー・ポピンズ」という物語そのもの。
トラヴァースとディズニーはお互いに物語を作るクリエーターではありますが、その性格はまるで正反対です。
想像力あふれる物語を作ったトラヴァースですが、実生活では厳格であり、現実主義なところがあります。
彼女の現実主義は、ディズニーの西海岸的な明るさや楽天主義を許せません。
世の中は必ずハッピーエンドをむかえるディズニーの物語のように甘いものではなく、だからこそ子供たちには現実に対処できる術を教えてあげなければいけないと考えています。
現実に目を背け、夢の世界に逃げてはいけない。
トラヴァースがそのように考えるわけは、彼女の子供時代にありました。
彼の父親は子供のような心を持った人でした。
いつも想像の世界に遊ぶギンティ(トラヴァースの子供の頃の愛称)の想像力を彼は認め、それを伸ばそうとし、いっしょに遊んでくれました。
そんな父親をギンティは大好きでした。
しかし子供のような心をもった父親は、厳しい世の中で上手に生きていけませんでした。
彼は銀行に勤めていましたが、そういった世界に馴染めなかったのです。
やがて彼はお酒に救いを求め、やがて体を壊し他界してしまうのです。
大好きだった父が精神を病み、体を壊していく様子をギンティは見ていました。
父親に対して何もできないことを悔やみながら。
幼い心で、ギンティ(=トラヴァース)は現実の世界は必ずハッピーになるものではないという諦め、そして父親に対しての後ろめたさを感じたのでしょう。
だからこそ、彼女にとってディズニーの楽天性が鼻につくのです。
それではディズニーはどうだったのでしょうか。
ディズニーも幼い頃、不幸な時を過ごしました。
子供の頃より厳格でケチな父親のもとで厳しい環境で働かされ続けました。
本作で具体的に描かれているわけではありませんが、そういった環境の中で彼は想像の翼を広げていたのかもしれません。
現実は厳しいけれど、とても楽しいこと、ハッピーなことは想像できる。
やがて彼の想像力、そしてそのハッピーな物語は人々の気持ちを明るくすることに彼は気づいたのでしょう。
だからこそそういったものを作り続けるのです。
人一倍想像力があって、そして不幸な子供時代を過ごした。
トラヴァースとディズニーは実は共通点があったのですね。
厳しい現実に対してのちょっとした捉え方の違いが、二人の性格の大きな違いと現れたのです。
本作を観ていけばわかるように「メリー・ポピンズ」の中に登場するバンクス氏は、彼女の父親そのものと言っていいのでしょう。
メリー・ポピンズには、父親が病気になったときに手伝いにきてくれた頼りになる伯母さんのイメージが強く表れているのでしょう。
おろおろしてしまっている母親に成り代わって、家事を仕切る伯母さんは幼いギンティにとってのメリー・ポピンズだったのですね。
だからこそトラヴァースは「メリー・ポピンズ」の登場人物たちを「私の家族」と呼ぶのです。
トラヴァーズが「メリー・ポピンズ」の映画化を拒み続けたのは、彼女が思っていたディズニー流の作り物めいた魔法で描かれたとき、父親や家族たちの存在も何か嘘くさいものになってしまうような気がしたのではないでしょうか。
また可哀想な父親の映し姿であるバンクス氏を描くことは、またもや父親の不幸と悲しみを繰り返し体験することになるかもしれないという思いもあったのかもしれません。
なにより父親が哀しい人であるということが定められてしまうというのが辛かったのでしょう。
しかしディズニーは「バンクス氏は大丈夫だ」とトラヴァースに言います。
バンクス氏はただの嫌みな銀行家ではない。
本当のところ心根はやさしい人なのだ。
バンクス氏にも幸せになってほしい。
トラヴァースにとっても、ディズニーにとっても自分の作ったキャラクターは自分たちの家族そのもの。
だから彼らにも幸せになってほしい。
それは二人にとって共通の想いだったのですね。
だからこそ「SAVING MR.BANKS」なのです。
バンクス氏の人生を哀しいもので終わらせるのではなく、バンクス氏が幸せになれるような結末を用意する。
それはトラヴァースにとって、バンクス氏の人生を哀しいものではなくすることは、彼女の父親の人生もただの不幸であったわけではないと認識できることにつながったのかもしれません。

正直言うと「メリー・ポピンズ」はしっかりと観たことはないのです(劇中歌は何度も聞いたことがありますが)。
今度ちゃんと観てみようかな。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 ブレない正義 | トップページ | 「アメイジング・スパイダーマン2」 大人になりきれない少年 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

脚本とても上手でしたよね。
考えて構成しているな、というのが感じられる作品でした。
そういう点がとてもプロっぽいなという印象がありました。

>反転、直ったようです。
よかったです!
なんだったんでしょうね・・・。

投稿: はらやん | 2014年5月 9日 (金) 23時22分

すっかり、「メリー・ポピンズ」を見た気になりました。
とってもうまい脚本でしたね。
複雑な物語をうまーく構成して、すとんと落としどころを持ってきて、すっきり見せた。
役者もベテランどころで安心して見れる・・って感じでしょうか。
欲を言えば、安心感がありすぎたところかも。

反転、直ったようです。
普通に見れます。

投稿: sakurai | 2014年5月 8日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59578058

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え!:

» ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン [カノンな日々]
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 09時16分

» 映画『ウォルト・ディズニーの約束』観たよ〜 [よくばりアンテナ]
公式HPはコチラ 1961年に製作されたディズニー映画の『メリー・ポピンズ』の 原作者と制作側の葛藤を描く。 P.L.トラヴァースが『メリー・ポピンズ』の作品にこめた思いと 子どものための楽しい仕掛けがたっぷりの映画を作りたいという意図が うまく噛み合ず、映画が実現するのにとても長い年月を費やしたのですね。 彼女の皮肉屋で気難しい人柄をエマ・トンプソンが演...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 16時39分

» 『ウォルト・ディズニーの約束』 [ラムの大通り]
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 18時11分

» ウォルト・ディズニーの約束 [心のままに映画の風景]
1961年、ロンドン。 パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスへと向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖をつけ、スタッフの脚本や構想にも頑なで、一向に了解を取り付けられない。 手を焼くウォルトは、映画化の契約書に署名してもらおうとト...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 18時38分

» 『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに応じる意向を見せたトラヴァースだったが、脚本に文句をつけ、ミュージカル化、アニメ化には悉く反対、出演俳優にもクレームを付ける有様。一体彼女は何故、頑ななまでに映画化に反対するのであろうか…?頑固一徹ワガママおばさんの繰り出すクレームの嵐に、必死に... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 18時58分

» 劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」 [日々“是”精進! ver.F]
父娘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403220000/ [CD] (オリジナル・サウンドトラック) ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラ...価格:3,675円(税5%込、送料別) 【送料無料】メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 20時41分

» ウォルト・ディズニーの約束 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 21時14分

» エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 00時12分

» 『ウォルト・ディズニーの約束』 [beatitude]
夢のある映画を作り人々を喜ばせてきたウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は、魔法を使うシッターを描いた児童文学『メリー・ポピンズ』を映画化しようとするが、原作者のP.L.トラヴァースはそれを拒否。しかしウォルトは決して諦めようとせず、トラヴァースは住んで...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 01時11分

» ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 15時01分

» ウォルト・ディズニーの約束 [そーれりぽーと]
『メリー・ポピンズ』製作の裏側を描いた『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。 ★★★★★ 楽しい『メリー・ポピンズ』の原作者がこんなにも偏屈な女性だったなんてと言うギャップにまずやられるのだけれど、幼少期を平行して描くことで彼女が心に抱えるトラウマを...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 18時38分

» ウォルト・ディズニーの約束 [映画と本の『たんぽぽ館』]
メリー・ポピンズは子どもたちを救いに来たのではない * * * * * * * * * * 1964年、ディズニーのミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の制作秘話。 ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は 娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 19時55分

» 「ウォルト・ディズニーの約束」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Saving Mr. Banks」USA/UK/オーストラリア P.L.トラヴァースに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」「パイレーツ・ロック/2008」「新しい人生のはじめかた/2008」「17歳の肖像/2009」のエマ・トンプソン。 ウォルト・ディズニーに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「天使と悪魔/2009」「キャプテン・フィリップス/2013」のトム・ハンクス。 ラルフに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 21時55分

» ウォルト・ディズニーの約束・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話は全く知らなかった。 原作者のパメラ・L・トラヴァース夫人と、プロデューサーのウォルト・ディズニーの間に交わされた約束とは。 物語の...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 22時43分

» ウォルト・ディズニーの約束 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 23時34分

» ウォルト・ディズニーの約束 [映画好きパパの鑑賞日記]
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/fd37d3dc830529e72789f088695164d7/a7 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/7c8336dbb9972248d30f88cdfe6c37ce/a7 [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 23時45分

» ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks [勝手に映画評]
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 6日 (火) 08時15分

» メリー・ポピンズ/父の娘~『ウォルト・ディズニーの約束』 [真紅のthinkingdays]
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズニー (トム・ハンクス)から、20年来持ち掛けられている映画化オファーの契約の ためであったが...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 6日 (火) 20時33分

» ウォルト・ディズニーの約束 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 6日 (火) 23時29分

» ウォルト・ディズニーの約束 [昼寝の時間]
2013年製作 アメリカ 126分 原題「Saving Mr. Banks」 公 [続きを読む]

受信: 2014年5月 7日 (水) 11時54分

» ウォルト・ディズニーの約束 [迷宮映画館]
メイキング・オブ、メリー・ポピンズ!そして、愛。 [続きを読む]

受信: 2014年5月 8日 (木) 12時26分

» 『ウォルト・ディズニーの約束』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 8日 (木) 17時16分

» ウォルト・ディズニーの約束 [象のロケット]
“ミッキーマウス”の生みの親で、記録的なアカデミー賞受賞歴を誇る映画人ウォルト・ディズニー(1901〜1966)。 彼はイギリス在住の女流作家P(パメラ).L.トラヴァース(1899〜1996)の小説「メリー・ポピンズ(メアリー・ポピンズ)」の映画化を決意する。 しかしパメラは、脚本も音楽も気に入らないと言い、映画化を拒み続けるのだった…。 名作映画『メリーポピンズ』(1964年製作)誕生秘話。... [続きを読む]

受信: 2014年5月 9日 (金) 08時43分

» 映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観て [kintyres Diary 新館]
14-33.ウォルト・ディズニーの約束■原題:Saving Mr.Banks■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・オーストラリア■上映時間:126分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:4月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:ジョン・リー・ハンコック◆トム・ハンクス◆...... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 22時01分

» ウォルト・ディズニーの約束 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ウォルト・ディズニーの約束 13:米 ◆原題:Saving Mr. Banks ◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」 ◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ ◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせてきた...... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 23時07分

» 映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”が活躍する児童小説『メリー・ポピンズ』の映画化を20年間熱望しているが、なぜか原作者のパメラ・...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 12時30分

» 「ウォルト・ディズニーの約束」 [prisoners BLOG]
人物の名前を周到に生かしたシナリオ。回想シーンのトラヴァース女史の子供の時の呼び方から始まり、P.L.トラヴァースがペンネームであり、本名が何なのかという謎解きにいたるまできちんと意味が割り振られている。 トラヴァース女史がアイルランド系だとは知らなかった...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 22時26分

» ウォルト・ディズニーの約束 [こんな映画見ました〜]
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー...... [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 14時38分

» ウォルト・ディズニーの約束  Saving Mr.Banks [映画の話でコーヒーブレイク]
ディズニーの「メリー・ポピンズ」は大〜好きな映画の一つです。 映画の挿入歌を歌いたくて、辞書をひいて、カタカナで発音を書き、何度も歌った覚えがあります。 本作を見ている時、思わず一緒に口ずさみました。結構覚えているもんです。 大好きな歌の製作シーンがこん...... [続きを読む]

受信: 2014年5月18日 (日) 22時13分

» 『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。ウォルト・ディズニーの約束 - 映画.comちょっと楽しみにしていたので2週目だけどやっと鑑賞。 この週末は、いろいろ飛び込みがあり、めっちゃピンポイントで時間を合わせた。けっこうスリルあったなぁ。 物語は、ウォルト・ディズニーが1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作するにあたっての原作者パメラ・トラバースとのやり取りを通じて作品が完成するまでの秘話を裏話映画としてたどったものです。 いろんな雑誌などで、「メリー・ポピンズ」が名作故... [続きを読む]

受信: 2014年6月 1日 (日) 19時36分

» ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で、1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話をトム・ハンクス&エマ・トンプソン主演で映画化した。ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映...... [続きを読む]

受信: 2014年7月16日 (水) 08時04分

» ウォルト・ディズニーの約束 [いやいやえん]
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。とにかく役者が巧い。最初は、偏屈で映画化に難癖ばかりつける鼻持ちならないトラヴァース夫人。しかし、なぜ、トラヴァース夫人は作品にここまでこだわるのか、さらにウォル... [続きを読む]

受信: 2014年8月 8日 (金) 08時14分

» 「ウォルトディズニーの約束」、メリーポピンズ誕生秘話 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ トムハンクスはウォルトディズニーを演じるにあたって徹底的に研究したというだけあってよく似ていた。(といっても実際には会っていないのだが) でもこの映画、ウォルトディズニーの映画というより、「メリーポピンズ」の原作者パメラ・L・トラヴァー...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 2日 (木) 08時29分

» メリー・ポピンズが出来るまで、 [笑う社会人の生活]
3日のことですが、映画「ウォルト・ディズニーの約束」を鑑賞しました。 ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診する。 映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下、なぜ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 00時35分

« 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 ブレない正義 | トップページ | 「アメイジング・スパイダーマン2」 大人になりきれない少年 »