« 「テルマエ・ロマエⅡ」 文化ギャップ | トップページ | 「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」 遠く未来の人の笑顔のために »

2014年5月11日 (日)

「プリズナーズ」 囚われ人

二人の少女が行方不明となった。
その容疑者としてアレックスという男が逮捕されるが、証拠不十分で釈放。
少女の行方は依然としてわからない。
行方不明の少女アナと父親ケラーは警察の捜査が進まない状況に焦り、やがてアレックスを誘拐監禁し、拷問まがい行為で自分の手で娘たちの居場所を聞き出そうとする・・・。

タイトルにあるプリズナーは「囚われ人」という意味ですが、これは当然アレックスのことを指しています。
しかしタイトルは「プリズナーズ」と複数形になっているのがポイントで、その他の「囚われ人」で注目されるのはやはり主人公ケラーでしょう。
アレックスを監禁している張本人です。
ケラーは敬虔なキリスト教徒であり、また「危機に常に備えろ」という父の教えを忠実に守っている男でもあります。
男は家族を守らなければならないという信条を強く持っています。
しかし、彼は自分の娘を何ものかに奪われてしまった。
そしてそれをきっかけに家族も不協和音を鳴らし始めます。
そんなとき妻は彼に「あなたといれば安心だったのに・・・すべてから私たちを守ってくれるって」という言葉を投げつけられます。
妻は娘が行方不明となっているときで非常に不安定な気持ちの中での気持ちだったと思いますが、その言葉は大きくケラーの心に刺さるのですね。
彼が持っている信条に彼自身は疑いをもっておらず、そして自分はその役割を果たせていると思っていました(だからこそ息子にもそれを伝えようとしていた)。
しかし本当の家族の危機が訪れたとき、彼は家族を守れませんでした。
信条を守れなかったという気持ちが彼を極端な行動に向かわせます。
信条を守れなかったわけではない、今からでもその信条は守れると。
そういう点において、ケラーは己の信条に強く「囚われて」います。
彼もプリズナーなのです。
ケラーはアレックスをベニヤ板で浴槽に閉じ込めるのですが、彼がその側で懸命に神への祈りの言葉を発している様は閉じ込めている側でありながら、何かに閉じ込められているようにも見えます。

ケラーの祈りは「我が他を赦すように、神も我を赦したまえ(言葉は違うと思いますがとこんな内容)」のようなものだったと思います。
これは冒頭で鹿討をするときと、アレックスを監禁しているときのケラーの祈りの言葉です。
鹿討の時の祈りの意味は、自分が生きていくために他の生命の命を犠牲にして(食べること)を赦してくれということだと思います。
しかし、アレックスのときは前半の「我が他を赦すように」というところはケラーにはあまり意味がなく、ただ単に自分が「赦されたい」という意味で使われています。
宗教は行動規範ともなると思います。
人間の行動にたがをはめるものであるわけですが、人間はそれによって「囚われる」とも言えます。
ケラーはアレックスを監禁し続けるという行為により、次第にその行動規範から自分でも気づかないうちに逸脱してきています。
自分の行為を自分の良心に咎められている気がしてケラーは苦しむのですが、その苦しみから抜けるためただ赦しを乞うというのは自分勝手でもあり、それは神の存在自体を知らぬうちに無視をしているのですね。
真犯人もかつてはキリスト教の敬虔な信者でしたが、ある経験により神の存在に疑いを持ちます。
そしてさらに自分と同じような気持ちの人間を増やそうと、あることをはじめるわけです。
犯人は、自らが囚われていた宗教という名の檻を破壊し、同じようなことを他者にもさせようとするのです。
人をアンモラルな道に引きづり込み、それにより精神的な「囚われ人」を開放するという歪んだ気持ちを持っていたのでしょうか。

ドラマとしても先の読めない展開で最後まで引きつけられる作品でした。
物語として重いところもあるので、なかなかしんどいところもありますが、シナリオの力量を感じた作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「テルマエ・ロマエⅡ」 文化ギャップ | トップページ | 「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」 遠く未来の人の笑顔のために »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

アメリカ人は、もともと自警(自分のことは自分で守る)という感覚があるから、ああいう行動をしてしまうのかもしれませんね。
特にケラーは自分の信条がそうなので。
アメリカの国民性のひとつが見える作品でもありました。

投稿: はらやん | 2014年7月27日 (日) 07時03分

そんな世の中に対する、特にアメリカ社会に対する痛烈な風刺のようにも感じました。何にしろ、人は何かに囚われるいるのでしょうが。。

投稿: sakurai | 2014年7月22日 (火) 15時16分

ここなつさん、こんにちは!

物理的なものだけでなくて、精神的なものにも、人は囚われるということなのですよね。
まるで見えない檻のよう・・・。

TBありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん | 2014年5月18日 (日) 07時23分

りおさん、こんばんは!

そうです、そうです。
特に洋画はタイトルにけっこう意味があったりしますからね(邦題だけだとちょっとわからないこともありますよね)。
この作品の登場人物は物理的にだけでなく、精神的にも何かに囚われているところがあります。
人間ってのはそもそもそういうものなのかもしれません。

投稿: はらやん | 2014年5月17日 (土) 21時32分

こんばんは、ここなつです。
ケラーが己の信条に強く囚われている事…そうですね、正にその通りで、それが彼を常軌を逸した行動に駆り立てていったのかもしれませんね。
TBさせていただきました。ご挨拶が遅れてすみません。

投稿: ここなつ | 2014年5月17日 (土) 00時44分

タイトルが表すところは深いですよね。
ケラーもそうだし、真犯人も、アレックスやテイラーも囚われ人。。。

投稿: りお | 2014年5月14日 (水) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59623406

この記事へのトラックバック一覧です: 「プリズナーズ」 囚われ人:

» 劇場鑑賞「プリズナーズ」 [日々“是”精進! ver.F]
狂気に駆られ、真実へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405030001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】プリズナーズ [ アーロン・グジコウスキ ]価格:702円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 12時36分

» 『プリズナーズ(Prisoners)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、核心部分、プロットなどに触れています。鑑賞後に御覧ください。 『プリズナーズ』(Prisoners)監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ脚本:アーロン・グジコウスキヒュー・ジャックマンジェイク・ギレ... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 20時21分

» プリズナーズ [そーれりぽーと]
愛する我が子を誘拐されたら…『プリズナーズ』を観てきました。 ★★★★ 娘を奪われ鬼子母神の如く容疑者を肉体的に精神的に追い詰めようとする父親の姿を観ていると、これは正義なのか悪なのか、しかも彼が犯人かどうか真相はわからないままなのに、当たり前にフツーに暮ら...... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 22時19分

» プリズナーズ [ダイターンクラッシュ!!]
2014年5月5日(月) 18:25~ TOHOシネマズ六本木ヒルズARTSCREEN 料金:0円(シネマイレージカードポイント) パンフレット:未確認 ウルヴァリン暴走す。 『プリズナーズ』公式サイト 韓国犯罪映画の匂い。陰惨で凄惨。(褒めている。) しかし、全く救いが無い訳でないのが、やはりアメリカ映画か。 ヒュー・ジャックマンは、大暴走してしまうが、完璧なる徒労。何も役に立っていないどころか、犯罪者状態。どのように責任を取るのだろう。 容疑者を、己のミスから自殺させてしまうジェイク・... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 00時12分

» プリズナーズ/PRISONERS [我想一個人映画美的女人blog]
ヒュー・ジャックマンtimes;ジェイク・ギレンホール 主演のサスペンス。 監督は、「灼熱の魂」(2010)でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、 本作でハリウッド・デビューを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ。 娘を誘拐された男をヒュー・ジャックマ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 01時35分

» プリズナーズ (試写会) [風に吹かれて]
見つけて! 公式サイト http://prisoners.jp5月3日公開 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 ペンシルヴェニア州の田舎町で、小さな工務店を営むケラー(ヒュー・ジャックマン) [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 09時58分

» プリズナーズ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【PRISONERS】 2014/05/03公開 アメリカ PG12 153分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス 、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ 愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 12時36分

» プリズナーズ [♪HAVE A NICE DAY♪]
この作品、前から楽しみにしてました。 これは・・・サスペンスだけど、とても重い作品でもありました。 監督が「灼熱の魂」の監督なんですね。なるほど〜 いや〜〜〜面白かった! ヒュー・ジャックマンが演じる父親が娘と友達の娘が突然姿を消す・・・ どこを探して...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 20時56分

» 『プリズナーズ』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
'13.04.07 『プリズナーズ』(試写会)@松竹試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます! ちょっと重そうだけど、ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホールということで気になった。まぁ、特別ファンではないのだけど・・・(o´ェ`o)ゞ でも、2人演技上手いし! ということで、楽しみに行ってきたー ネタバレありです!犯人は伏せますが、結末に触れています! 「ペンシルヴェニア州で工務店を営むケラーは、感謝祭を祝うため家族で友人宅を訪問する。6歳の娘アナは、友人の娘ジョイと忘れ物を... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 23時27分

» 「プリズナーズ」☆信じるものは救われる [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
劇場鑑賞券が当たったので、出来るだけ早いうちに・・・・と思いたって行って来たyo 本当は珍しく公開前に届いていたから、初日に観たかったのだけど。 [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 00時04分

» プリズナーズ/ヒュー・ジャックマン [カノンな日々]
ヒュー・ジャックマンの主演で誘拐された愛する娘を救い出すために危険を顧みずに犯人に挑む父親の姿を描いたクライム・サスペンス・ムービーです。監督が『灼熱の魂』のドゥニ・ ... [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 06時43分

» プリズナーズ [映画三昧、活字中毒]
■ イオンシネマ板橋にて鑑賞プリズナーズ/PRISONERS 2013年/アメリカ/153分 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ギレンホール/ヴィオラ・デイヴィス/マリア・ベロ/テレンス・ハワード 公式サイト 公開: 2014年05月03日 修理店を営むケラー・ドーヴァーは、感謝祭の日、妻のグレイス、息子ラルフ、娘アナを連れて、家族ぐるみで親し...... [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 06時57分

» プリズナーズ [象のロケット]
アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、ペンシルヴェニア州の田舎町で幼い少女アナとジョイが失踪した。 若き刑事ロキは現場近くに不審なキャンピングカーを停車させていた青年アレックスを連行するが、証拠不十分で釈放することになってしまう。 アナの父親ケラーは、アレックスが犯人だと確信し、強硬手段に出るのだが…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 13時10分

» 『プリズナーズ』 善人たちの犯罪 [Days of Books, Films ]
Prisoners(film review) ハリウッド映画といってもVFXのア [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 18時41分

» プリズナーズ/PRISONERS [我想一個人映画美的女人blog]
ヒュー・ジャックマンtimes;ジェイク・ギレンホール 主演のサスペンス。 監督は、「灼熱の魂」(2010)でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、 本作でハリウッド・デビューを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ。 娘を誘拐された男をヒュー・ジャックマ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月15日 (木) 00時32分

» 映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味で...... [続きを読む]

受信: 2014年5月15日 (木) 07時06分

» DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に… [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者のP・L・トラバース (エマ・トンプソン) ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月15日 (木) 07時07分

» 「プリズナーズ」 [ここなつ映画レビュー]
パン兄弟の作品が、怖い怖いと言っていた舌の根も乾かない内に恐縮だが、この作品も相当怖かった。質の違う怖さ。むしろこちらの作品の方が現実的で生々しい分、怖さもひとしお。どことなく「ゾディアック」に作風が似てると思った。ジェイク・ギレンホール&迷宮犯罪繋がりか?というだけでなく、作品の質感が。ジェイク・ギレンホールっていい役者さんになったよね。タイプじゃないけど。昔はトビー・マグワイアとの区別がつかなかったものだ。むろん、私だけだと思うけど。ジェイク・ギレンホールが出ている作品にあまりハズレはない。とり... [続きを読む]

受信: 2014年5月16日 (金) 12時03分

» プリズナーズ [ハリウッド映画 LOVE]
原題:Prisoners監督:ドゥニー・ビルヌーブ出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ビオラ・デイビス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード感情をむき出しにするヒュー・ジャックマンと、静かに行動するジェイク・ギレンホール、2人の対比が面白かった!... [続きを読む]

受信: 2014年5月17日 (土) 16時35分

» プリズナーズ [シネマ・クレシェンド]
「誘拐」シリーズの目玉はこれヒュー・ジャックマンが娘を誘拐された父親を、ジェイク・ギレンホールが事件を捜査する刑事を演じ『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督したサ ... [続きを読む]

受信: 2014年5月18日 (日) 06時40分

» プリズナーズ(2013)**PRISONERS [銅版画制作の日々]
 愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一線とは。 MOVIX京都にて鑑賞。悠雅さんの感想を見て、これは観なければと思い、、、、。本日行って来ました。MOVIXは新たな会員制になるということで今までのようなシステムではなくなるらしく。1800円を出しての鑑賞。う〜...... [続きを読む]

受信: 2014年5月18日 (日) 11時00分

» 「プリズナーズ」みた。 [たいむのひとりごと]
ヒューさま目当てで鑑賞。超人のヒューさまも好きだけど、人間らしいヒューさまも好き。その点で言えば、この映画は家族をこよなく愛する父親役がぴったりでとても良かったのだけど、サスペンスとしては今一つ盛り上... [続きを読む]

受信: 2014年5月18日 (日) 13時49分

» ショートレビュー「プリズナーズ・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
囚われているのは誰か? 問題作「灼熱の魂」で、煉獄で苦悩する家族の壮大な悲劇を描き出した、ケベックの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のハリウッド進出第一作。 静かな田舎町で、サンクス・ギビングの日に幼い少女二人が失踪する。 目撃証言から容疑者として浮かび上がった男はしかし、証拠不十分で釈放されてしまう。 有力な情報は齎されず、時間だけが過ぎてゆく。 少女の父親は、釈放された容疑者が...... [続きを読む]

受信: 2014年5月21日 (水) 22時13分

» 「プリズナーズ」、行方不明となった娘を追う、父親と刑事! [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ プリズナーズというタイトルだが、刑務所映画ではありません。 冒頭、鹿を射止める青年。父親の指導の下、育っていく。 そしてその鹿肉を持って友人の家へ。感謝祭の日だ。 父親と母親、青年と娘。友人宅には、夫婦と娘より一つ上の女の子が。 父親...... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 16時46分

» プリズナーズ [映画好きパパの鑑賞日記]
 予告編にも遭遇せず、予備知識ゼロで見たのですが、なんともハードなサスペンス。事件が動き出してからは、1分たりとも緊張をほどけず、鑑賞後はぐったりとなりました。上質のサスペンスなので、この手の映画が好きな人は、すぐに映画館にどうぞ。  作品情報 2013…... [続きを読む]

受信: 2014年5月25日 (日) 06時56分

» プリズナーズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『プリズナーズ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作(注1)の評判が随分と高そうなので、遅ればせながらも映画館に足を伸ばしました。  ペンシルヴェニア州に住むケラー(ヒュー・ジャックマン)の一家は、近所のフランクリン(テレンス・ハワード)の一家と親密...... [続きを読む]

受信: 2014年5月30日 (金) 21時25分

» プリズナーズ [ハリウッド映画 LOVE]
原題:Prisoners監督:ドゥニー・ビルヌーブ出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ビオラ・デイビス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード感情をむき出しにするヒュー・ジャックマンと、静かに行動するジェイク・ギレンホール、2人の対比が面白かった!... [続きを読む]

受信: 2014年5月31日 (土) 16時57分

» 「プリズナーズ」演技派ヒュー・ジャックマンを見る [soramove]
「プリズナーズ」★★★☆ ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、 ビオラ・デイビス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、 メリッサ・レオ、ポール・ダノ出演 ドゥニ・ヴィルヌーブ監督、 153分 2014年5月3日公開 2013,アメリカ,ポニーキャニオン;松竹 (原題/原作:PRISONERS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2014年6月 1日 (日) 11時20分

» 『プリズナーズ』 [My Pace, My Self]
今日は『プリズナース』鑑賞 一昨日レイトショーで遅く帰ったので今日は早く帰りたくて18時上映開始の回に 仕事終わってすごく急いでなんとかギリギリでした(まあわかってたけど) ※以下感想です  ネタバレありですのでご注意ください nbsp;... [続きを読む]

受信: 2014年6月 1日 (日) 22時25分

» プリズナーズ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『X-MEN』シリーズ、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが愛する娘を誘拐され、自力で犯人を捕まえようと行動を起こす父親を演じるクライムサスペンス。ヒューのほか、事件を担当する警察官に『ブロークバック・マウンテン』などのジェイク・ギレンホール、容...... [続きを読む]

受信: 2014年6月 5日 (木) 23時33分

» 迷路~『プリズナーズ』 [真紅のthinkingdays]
 PRISONERS  感謝祭の休日、ケラー・ドーヴァー(ヒュー・ジャックマン)の6歳の娘アナが、 友人のジョイとともに忽然と姿を消す。事件を担当するロキ刑事(ジェイク・ジ レンホール)ら、警察は近所に停まっていたRV車の持ち主・アレックス(ポール ・ダノ)を逮捕するが、証拠不十分で釈放されてしまう。  晩秋の田舎町で、愛娘を思うあまりに暴走する父親...... [続きを読む]

受信: 2014年6月10日 (火) 21時38分

» プリズナーズ 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールが 共演したサスペンス映画「プリズナーズ」が公開 されましたので観に行ってきました。 プリズナーズ 原題:PRISONERS 製作:2013アメリカ 作品紹介 『X-MEN』シリーズ、「レ・ミゼラブル」などのヒュー・ ジャックマン…... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 12時20分

» 14-083「プリズナーズ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
これは神との戦い  ペンシルヴェニア州ののどかな田舎町。感謝祭の日、工務店を営むケラーの6歳になる愛娘が、隣人の娘と一緒に忽然と姿を消してしまう。  警察は現場近くで目撃された怪しげなRV車を手がかりに、乗っていた青年アレックスを逮捕する。しかしアレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も得られないまま釈放の期限を迎えてしまう。  一向に進展を見せない捜査に、ケラーは指揮を執るロキ刑事への不満を募らせる。そして自ら娘の居場所を聞き出すべく、ついにアレックスの監禁という暴挙に出...... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 01時47分

» 映画『プリズナーズ』★愛するあまりスジ違いなことに囚われる人の業か [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164079/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 まず、ちなみに …… 『 フライトプラン 』 機内で娘が行方不明になってしまい、半狂乱で捜し出す母の物語でした。 少女が行方不明になったのだから、他の乗客も、親身に気遣ってあげるものだ..... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 09時27分

» プリズナーズ(Prisoners) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 2010年に発表した「灼熱の魂」が第83回アカデミー外国語映画賞にノミネートされ、世界的にも注目を集めたカナダ人監督ドゥニ・ビルヌーブのハリウッドデビュー作。娘を取り戻すため法をも犯す決意を固めた父親の姿を描いたサスペンススリラー。家族で幸せなひと時を...... [続きを読む]

受信: 2014年7月13日 (日) 18時07分

» 『プリズナーズ』の真のメッセージとは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『プリズナーズ』は米国らしい映画である。  監督のドゥニ・ヴィルヌーヴはカナダ出身だから、北米らしい映画と云ってもいい。  本作の公式サイトには、「世界の魂を揺さぶった問題作」「ヒューマン・サスペンスの金字塔」と書かれている。たしかにそのとおりではあろう。  しかし、日本と北米では魂の揺さぶられ方が違うのではないか。  本作は少女の失踪事件を描いたサス...... [続きを読む]

受信: 2014年7月15日 (火) 08時23分

» プリズナーズ [迷宮映画館]
怖い。。。 [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 15時16分

» 「プリゾナーズ」 じゃなくって 「プリズナーズ PRISONERS」 [映画の話でコーヒーブレイク]
随分前に見たのですが、アップがすっかり遅くなってしまいました。 タイトルといい、チラシの主演二人の表情といい、なんだか重そう…と思ったのですが、 いつも穏やかなヒュー・ジャックマンが行方不明になった子供を探して暴走する父親役、 今まで見たこともないジャック...... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 02時12分

» プリズナーズ [銀幕大帝α]
PRISONERS 2013年 アメリカ 154分 サスペンス/ドラマ/犯罪 PG12 劇場公開(2014/05/03) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ヒュー・ジャックマン:ケラー・ドーヴァー ジェイク・ギレンホール:ロキ刑事 ヴィオラ・デイヴィス:ナンシー・バーチ マリア・...... [続きを読む]

受信: 2014年10月19日 (日) 03時31分

» プリズナーズ [いやいやえん]
【概略】 工務店を営むケラーの娘が友だちと出掛けたまま行方不明に。警察はある青年を拘束するも2日後に釈放され、ケラーは自らの手で娘の居場所を聞き出そうとするが…。 サスペンス 最愛の娘を取り戻したい一心で、法律とモラルの一線を踏み越えていく父親、粘り強い捜査によって新たな容疑者の存在を突き止めていく刑事。その事件の背後には、想像を絶する闇…。 一言でいうなれば胸が張り裂けそうな映画でした。長い尺なので、これは腰を落ち着けてじっくり見れる時間をとらねばなるまいと思ったのですが、そ... [続きを読む]

受信: 2014年11月 4日 (火) 09時33分

» レベル高し、サスペンス [笑う社会人の生活]
12日のことですが、映画「プリズナーズ」を鑑賞しました。 感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪する。手掛かりは少なく、警察らの捜査は難航。 父親は証拠不十分で釈放された容疑者の証言に犯人であると確信し、自らの手で娘を助け出すため一線を超える決意して・...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 8日 (土) 18時33分

» プリズナーズ [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ 【解説】 『X-MEN』シリーズ、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが愛する娘を誘...... [続きを読む]

受信: 2014年11月30日 (日) 21時56分

» プリズナーズ [こんな映画見ました〜]
『プリズナーズ』---PRISONERS---2013年(アメリカ )監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演: ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール 、テレンス・ハワード 、メリッサ・レオ 、ポール・ダノ前作「灼熱の魂」が高い評価を受けたカナダ人監督ドゥニ・ヴィル...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 22時45分

» 『プリズナーズ』(2013) - Prisoners - [momoな毎日]
久し振りに見応えを感じたクライム・サスペンス。小さな娘達の誘拐事件を中心に、2組の家族、捜査担当の刑事、犯人と思われる人物達の、日常が失われていく様子がリアルに描かれる。台詞を多く使わない主役2人の演技に引き込まれ、時間の長さは全く気にならない。メリッサ・レオもまたもやいい仕事をしていた。 ■ プリズナーズ - Prisoners - ■ 2013年/アメリカ/153分 ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 23時31分

« 「テルマエ・ロマエⅡ」 文化ギャップ | トップページ | 「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」 遠く未来の人の笑顔のために »