« 「神様のカルテ2」 悩みは続く | トップページ | 「白ゆき姫殺人事件」 ここにいるよ »

2014年4月19日 (土)

「リベンジ・マッチ」 再戦で手に入れるもの

名作ボクシング映画「ロッキー」と「レイジング・ブル」。
それぞれでロッキー・バルボアを演じたシルベスター・スタローン、ジェイク・ラモッタを演じたロバート・デ・ニーロがライバルとなり60歳を越えた年齢でのリベンジ・マッチを行う!
映画ファンのツボをつく、なるほどという企画を思いつきましたね。
今回スタローンはレーザーを、デ・ニーロはキッドというボクサーを演じますが、それぞれの今までの作品を髣髴とさせる性格設定となっていて、ほんとにあの作品から30年後の彼らが戦うというような感じにもなっているところが気が利いています。
そういったつかみの設定だけでなく、中のシナリオの設定もよくできています。
互いに一度しか負けたことがなく、レーザーにとってもキッドにとっても、その一敗はお互いでした。
どちらがほんとうに強いのか決着をつけることなくレーザーは引退してしまい、それから30年が経ってしまいました。
レーザーはボクシングから背を向けて生きてきていて、キッドは事業では成功するものの何かし残しているような未充足感を感じています。
そしてふとしたことがきっかけになり企画が持ち上がった二人の「リベンジ・マッチ」。
再び彼らは拳を戦わせることになるのか・・・。
レーザーがボクシングを引退したのは、恋人であったサリーをキッドに寝取られてしまったから。
愛する者を奪われたことでレーザーは傷つき、そのため彼女を奪ったキッドの最も大切なもの=ボクシングを奪うためにボクシングを引退することとしたのです。
しかしレーザーにとってもボクシングは大切なものでした。
だから悔やまぬようにテレビも買わず、ボクシングを自分の目に触れぬようにしていました。
またサリーの謝罪も決して受け入れようとしませんでした。
レーザーは彼の頑さから、ずっと愛するもの=サリーとボクシングから、自らを遠ざけていたのです。
かたやキッドは。
サリーがキッドに身を預けたのは、愛する自分を差し置いてボクシングにストイックに向かうレーザーに当てこするためでした。
しかしそういった行為によりキッドとの間に子を宿してしまいます。
キッドは子ができたことに責任を感じ、サリーに結婚を申し出ますが、レーザーを愛するサリーに拒絶されます。
それによりキッドはずっと我が子とは離ればなれに暮らすことになります。
キッドとサリーの子BJは、リベンジ・マッチの話が出た頃に、初めて本当の父親であるキッドのことを聞き、彼の元を訪れます。
キッドについては初めて彼と出会うことになりました。
いままで何も父親らしいことをできなかったキッドですが、BJが彼のトレーナーをやってくれることとなり、初めて父子らしい関係をできるようになったのです。
しかし彼のちゃらんぽらんな性格が災いし、BJの子供(つまりは彼の孫)を危ない目に合わせてしまい、BJ
から軽蔑されてしまいます。
そういった状況の中で、レーザーとキッドは再試合に挑みます。
その試合は彼らが大事にしていたもの=ボクシングを再び取り戻すための場であったわけですが、もうひとつの大事なもの、レーザーにとっては愛する者=サリーとの愛、キッドにとっては親子の愛を得るための場でもあったのです。
設定としてはレーザーの愛する対象であるサリー、キッドにとってのその対象であるBJが母子であるというのが気が利いていると思いました。
これによりレーザーの側の視点、キッドの側の視点が上手く絡み合う形にできたと思います。
ということで脚本は割と良くできているなと思ったのですけれど、事前のつかみで期待した感じほど物語が大きく盛り上がる感じがしなかったのは確かです。
ラストはもう少しベタでもいいから煽る感じでもよかったかな、「ロッキー」のように。
老人自虐的なコメディ要素も楽しいかった(デ・ニーロはこういうコメディタッチも上手です)のですが、こういうのを活かしつつ、感動的に終わらすのもできるようにおもいました、「ミッドナイト・ラン」のように。
主演の二人ともいままで実績がある俳優ですし、名作と言われるいい作品にも出ています。
それだけで期待値があがってしまうので、演出面でもう少しがんばってもらいたかったかなという感じがしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「神様のカルテ2」 悩みは続く | トップページ | 「白ゆき姫殺人事件」 ここにいるよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59493570

この記事へのトラックバック一覧です: 「リベンジ・マッチ」 再戦で手に入れるもの:

» リベンジ・マッチ/シルヴェスター・スタローン [カノンな日々]
シルヴェスター・スタローンとロバート・デ・ニーロの豪華共演でライバル同士のボクサーが再びリングに立つ姿を描くアクション・ムービーです。それぞれ名作ボクシング映画を持つ ... [続きを読む]

受信: 2014年4月20日 (日) 21時47分

» シルヴェスター・スタローン、ロバート・デ・ニーロ主演、ピーター・シーガル監督『リベンジ・マッチ(GRUDGE MATCH)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。シルヴェスター・スタローン、ロバート・デ・ニーロという共にボクシング映画の傑作に出演した二人がまさかの共演。そしてリングに挑む『リベンジ・マッチ(GRUDGE MATCH)』監... [続きを読む]

受信: 2014年4月22日 (火) 20時49分

» リベンジ・マッチ [象のロケット]
造船所で働く独身の労働者“レーザー”ことヘンリー・シャープと、自動車販売とレストラン経営で成功した“キッド”ことビリー・マクドネン。 二人は1980年代に全盛期を誇った伝説のボクサーだった。 対戦したタイトルマッチは1対1のまま勝負がつかずに終わり、モヤモヤしたまま30年が過ぎている。 そんな彼らに、再びリングで戦う機会が訪れるのだが…。 アクション・コメディ。 ≪ハナタレ共、これが人生賭けた戦いだ≫... [続きを読む]

受信: 2014年4月25日 (金) 15時46分

» 『リベンジ・マッチ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リベンジ・マッチ」□監督 ピーター・シーガル □脚本 ロドニー・ロスマン□キャスト シルヴェスター・スタローン、ロバート・デ・ニーロ、キム・ベイシンガー、        ケヴィン・ハート、ジョン・バーンサル、アラン・アーキン ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月26日 (土) 22時10分

» 「リベンジ・マッチ」スタローンの到達点ともいえる [soramove]
「リベンジ・マッチ」★★★☆ シルベスター・スタローン、ロバート・デ・二―ロ、 キム・ベイシンガー、ケビン・ハート、 ジョン・バーンサル出演 ピーター・シーガル監督、 113分 2014年4月4日公開 2013,ポニーキャニオン、東宝東和  (原題/原作:GRUDGE MATCH) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告を劇場で見た... [続きを読む]

受信: 2014年4月29日 (火) 18時24分

» 映画『リベンジ・マッチ』を観て [kintyres Diary 新館]
14-32.リベンジ・マッチ■原題:Grudge Match■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■観賞日:4月5日、新宿ピカデリー(新宿)□監督・製作:ピーター・シーガル◆シルヴェスター・スタローン◆ロバート・デ・ニーロ◆アラン・アーキン◆ケ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 4日 (日) 18時42分

» 映画:リベンジ・マッチ  ディラン73才に元気もらう一方、 Old Rocky vs Old Raging Bull でもまた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まずは一言。 スタローン × デニーロ、これに尽きる。 それはつまり、Old Rocky vs Old Raging Bull。 ボブ・ディラン初日で経験したことが、この映画でまたデ・ジャブ。 それは例えば、Pay in Blood で腰を落としながら凄むディラン。 どう凄んでいるかというと、...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 6日 (火) 10時29分

» 「リベンジ・マッチ」 [ここなつ映画レビュー]
「ハナタレ共、これが人生を賭けた闘いだ」のコピーはいいね。ハナタレなのかハナタレを恫喝する方なのかは、もはや自分自身よくわからないのだけれど。コピーの割には軽いテイスト。大人のポップコーンムービー。まあいずれにしても、「レイジング・ブル」のロバート・デニーロや「ロッキー」のシルベスター・スタローンをライブで観て来た人にはこたえられない、はず。もちろん当時もその肉体の酷使には舌を巻いたものだが、今回も色んなハンディ(網膜剥離などの深刻なものから酒や不摂生などのあるあるネタまで)を乗り越えてリングに立と... [続きを読む]

受信: 2014年5月15日 (木) 11時33分

» リベンジ・マッチ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【GRUDGE MATCH】 2014/04/04公開 アメリカ 113分監督:ピーター・シーガル出演:ロバート・デ・ニーロ、シルヴェスター・スタローン、ケヴィン・ハート 、アラン・アーキン、キム・ベイシンガー、ジョン・バーンサル ハナタレ共、これが人生賭けた戦いだ 80年代に全盛...... [続きを読む]

受信: 2014年8月25日 (月) 10時29分

» リベンジ・マッチ [映画好きパパの鑑賞日記]
 デ・ニーロVSスタローンという、ともにボクシング映画の名作に主演した2人の初共演。ただ、さすがに70過ぎデ・ニーロと60過ぎのスタローンがボクシングをするという設定は厳しかった。また、コメディ映画専門のピーター・シーガル監督であり、笑える部分はあるも…... [続きを読む]

受信: 2014年8月26日 (火) 10時31分

» リベンジ・マッチ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【GRUDGE MATCH】 2014/04/04公開 アメリカ 113分監督:ピーター・シーガル出演:ロバート・デ・ニーロ、シルヴェスター・スタローン、ケヴィン・ハート 、アラン・アーキン、キム・ベイシンガー、ジョン・バーンサル ハナタレ共、これが人生賭けた戦いだ 80年代に全盛...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 3日 (水) 18時02分

» リベンジ・マッチ (Grudge Match) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ピーター・シーガル 主演 シルヴェスター・スタローン 2013年 アメリカ映画 113分 コメディ 採点★★★ “夢の対決”とか“夢の競演”ってまず叶わないからこその夢だったんですけど、ここ数年その夢ってのが片っ端に叶っていく風潮になってきましたねぇ。そ…... [続きを読む]

受信: 2014年12月11日 (木) 11時20分

» リベンジ・マッチ [こんな映画見ました〜]
『リベンジ・マッチ』---GRUDGE MATCH---2013年(アメリカ)監督: ピーター・シーガル出演:ロバート・デ・ニーロ 、シルヴェスター・スタローン、ケヴィン・ハート 、アラン・アーキン 、キム・ベイシンガー、ジョン・バーンサル「レイジング・ブル」のロバー...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 22時46分

» 14-259「リベンジ・マッチ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
ここで後悔したくない  80年代に全盛を誇った伝説的ボクサー、ヘンリー・“レーザー”・シャープとビリー・“ザ・キッド”・マクドネン。2人は1勝1敗で迎えた運命の第3戦を目前に、突然シャープが引退を宣言、誰もが望んだ完全決着は幻に終わった。  それから30年、シャープが独り身のしがない工場労働者なのに対し、マクドネンはビジネスにも成功し悠々自適の日々。そんな2人にひょんなことから世間の注目が集まり、お調子者のプロモーター、ダンテ・スレート・Jrの計略で30年越しの遺恨試合が実現することに...... [続きを読む]

受信: 2015年3月18日 (水) 01時56分

« 「神様のカルテ2」 悩みは続く | トップページ | 「白ゆき姫殺人事件」 ここにいるよ »