« 「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる | トップページ | 「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い »

2014年3月15日 (土)

「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇

おもしろかった〜。
ピーター・ジャクソンの作品らしく、例によって2時間半以上の長尺なんですけれども、見入ってしまいました。
3部作の作品では、2作目が活劇的でおもしろかったりするものですが(「スター・ウォーズ」だと「帝国の逆襲」、「インディ・ジョーンズ」だと「魔宮の伝説」)、本作もそんな感じがしました。
1作目は導入編なので登場人物や設定の紹介に時間は取られますし、3作目は物語を収束させるための構成になっていなくてはいけません。
2作目は余計な説明はいらないですし、どちらかと言えばまだまだ話を広げていってもいいので、活劇をとことん描く余裕がある感じがするんですよね。
本作も見所たくさんあるのですが、特に観ていて好きだったシークエンスは、ドワーフたちが樽に乗ってエルフの城から脱出するところと、最後のスマウグとの対決のところですね。
さきほど「魔宮の伝説」をあげましたが、特にトロッコのシーンが大好きなんです。
もう「ザ・活劇」という感じで何度観ても飽きません。
本作の樽乗りのシーンもそういうお気に入りの一つになりそう。
息のあったドワーフたちが武器を受け渡しながらオークを倒していく小気味よさ。
変幻自在に華麗に弓と刀を使い戦う、レゴラスらエルフのスピード感。
樽でゴロゴロしながら相手に体当たりしていくドワーフたちが醸し出すユーモア。
ピーター・ジャクソンの活劇のテンポの良さやスピード感、あと活劇のなかにあるユーモアのセンスは、スピルバーグのそれにけっこう近い感じがしますね。
樽のシーンは「タンタンの冒険」でタンタンがバイクで疾走する長回しのシーンとセンスが似ているように思います。
「魔宮の伝説」のトロッコのシーンは、ミニチュアを使った特撮と巧みなカット割りでスピード感とテンポのよさを出していましたが、本作はピーター・ジャクソン得意のCGを駆使していました。
最近はCGを使うのはとてもありふれたことになりましたが、使いこなしっていう点からするとピーター・ジャクソンは他の監督と比べてもとてもレベルが高いように思います。

「ロード・オブ・ザ・リング」以降CGを使ったファンタジーものが多く作られました。
しかし、それらの作品がピーター・ジャクソンの作品とは何か違う感じがあるのは、空間感かなと思いました。
映る秒数はそれほど長くはないのですが、「ロード・オブ・ザ・リング」にせよ「ホビット」にせよ、ロケで大自然を背景にキャラクターが旅をするカットが度々でてきます。
これを彼は実際に空撮などでやるのですが、他の作品はこのようなカットがあったとしてもCGでやっていたりします。
空撮はお金もかかりますし、いろいろ段取りも大掛かりなので、やるのは大変だと思いますが、ピーター・ジャクソンはしっかりとこういうカットも力を入れて撮ります。
短い時間ですが、実景が醸し出す空間感とCGのそれとはやはり違うところがあるので、この辺が違いとなって現れている気が感じがします。
またCGを使った場面も多く登場しますが(本作だと最後の山の中での戦いのシークエンス)、ピーター・ジャクソンの作品でのこういったシーンの空間はとても立体的に構成されていることが多いです。
地下などの限定空間ではあるのですが、それがとっても広く構成されている。
これをスタジオでは実写ではできません(セットが狭くて)。
せっかくCGで構築するのであれば、実際にはできないほど広く、そして入り組んだCGでセットをつくり、そこに縦横無尽にカメラを動かす。
これによって他の作品にはない空間感、スケール感を出しているように思います。
こういった空間感を出すことができるからこそ、その世界があたかもあるように感じ、そこで活躍する登場人物の姿がイキイキと見えるようになる。
これがピーター・ジャクソンが作るファンタジーが他と一線を画しているところじゃないかなと思いました。

前作「ホビット 思いがけない冒険」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる | トップページ | 「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い »

コメント

ブリさん、こんにちは!

>レゴラス無双
(笑)確かに!
バッタバッタとやっつけていきましたよね。
まさに無双。
オーランド・ブルームは最近あまり姿を見ていない感じがしましたが、はまり役だと輝いて見えますね。

投稿: はらやん | 2014年3月23日 (日) 06時57分

いやぁ、面白かったですよね。冒険活劇とはまさにこのことなりw。レゴラス無双も格好いい。オーランド・ブルームって現代の格好よりもコスプレ似合いますよね。

それよりも。LOTRのフロドよりもビルポのほうが活躍してない?

投稿: ブリ | 2014年3月22日 (土) 19時41分

Largoさん、こんばんは!
こちらこそありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ピーター・ジャクソンのファンタジー映画は他のジャンルと比べてスケール感が違いますよね。
お話のスケール感もそうですし、映像的なスケール感も。
映像的にCGを使った方がいいところ、実景を使った方がいいところという判断がいいのでしょうね。
お話もいいところで終わってしまったので(笑)、早く続きが観たいですね!

投稿: はらやん | 2014年3月20日 (木) 22時17分

はじめまして。
TBを送っていただき、ありがとうございます。

>それらの作品がピーター・ジャクソンの作品とは何か違う感じがあるのは、空間感かなと思いました。
私も全く同感です。
LORもそうでしたが、画面から高原の風が吹いてくるようで、こういう感覚は同じくCGを駆使した作品とは違うなあ、と。
水しぶきが感じられる急流のシーンもお見事でした。
次回作が楽しみです(^^

投稿: Largo | 2014年3月19日 (水) 11時05分

sakuraiさん、こんばんは!

>やっぱり相変わらず見にくい状態
なんでしょうね・・・。
原因がわからないので、季節も変わったので、春っぽいデザインに変更してみました。
きれいに表示されるかな?

こちらは、がああと見せるほうのタイプでしたね。
長い作品でしたが、ジェットコースターライドな作品でした。
いいところで終わってしまったので、続き早く観たいですよね〜。

投稿: はらやん | 2014年3月18日 (火) 20時30分

やっぱり相変わらず見にくい状態になってます。なんででしょうね。
あたし、なんか設定したかな。
家のPCでも、勤め先のでも同じなんで、原因はわからないです。

それはともかく、二作目はおっしゃるとおり、説明抜きで、がああと見せることができるか、中だるみになるか、どっちかのような気もしますが、これはよく出来てましたね。
しばし、呆然としてしまいました。
で、唐突に終わるし。。。はやく最後が見たい。。。。

投稿: sakurai | 2014年3月17日 (月) 17時49分

メビウスさん、こんばんは!

大活劇ものの名作ってストーリーとは関係なく、「ここが何度でも観たい!」という場面がありますよね。
本作の樽乗りシーンはそういう感じがします。
>アトラクションでも体験してるかのよう
まさにそんな感じです。
どこかのテーマパークでやらないかな、樽ライド(笑)。

投稿: はらやん | 2014年3月16日 (日) 22時23分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そいえば魔宮の伝説もトロッコシーンがハラハラして面白かったですけど、本作にある激流での乱戦も正にそんな感じがしましたよねwさながらアトラクションでも体験してるかのようで、樽から樽へと移動して華麗に戦うレゴラスや、ドワーフ達の連携もポンポンポーンって感じで非常にリズミカルでしたから、興奮もしたし楽しくもあったんですよねぇ^^3D鑑賞での臨場感も一役買ってたと思いますから、2章は樽乗りシーンを観るだけでも価値ありなんじゃないかと思いますっ。

投稿: メビウス | 2014年3月16日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59298519

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇:

» ホビット 竜に奪われた王国 [だらだら無気力ブログ!]
相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ! [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 00時25分

» ホビット 竜に奪われた王国 [Akira's VOICE]
開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w   [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 10時07分

» 『ホビット/竜に奪われた王国』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
トールキンの『ホビットの冒険』を三部作で映画化するプロジェクトの2作目で、予定では日本公開も本国と同じ昨年暮れで、しかも邦題のサブタイトルは原題に準じた「スマウグの荒らし場」というものだったが、興行成績がおそらく予想以上に悪かったのだろう、公開延期と邦題変更の憂き目を見ることになってしまった。この本国公開冬→日本公開春というサイクルは旧作『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の時と同様とはいえ、あまり歓迎すべきことではないし、前作に比べると配給会社の宣伝にも力が入っているというか、悲壮さも漂ってしまって... [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 19時24分

» ホビット 竜に奪われた王国 [I am invincible !]
ドワーフの王となるはずのトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)だったが、それには王の証でもある家宝を取り戻さねばならない。 [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 19時56分

» ホビット 竜に奪われた王国 [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ピーター・ジャクソン 【出演】マーティン・フリーマン/イアン・マッケラン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/ルーク・エヴァンス/エヴァンジェリン・リリー/ベネディクト・カンバーバッチ 【公開日】2014年 2月28日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 魔法使いガンダルフに誘われ、トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフたちとともに巨大な竜スマ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 22時04分

» ホビット 竜に奪われた王国 3D [そーれりぽーと]
いよいよドラゴンと対峙!『ホビット 竜に奪われた王国』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚であるこの『ホビット』シリーズ。 いかにも序章だった前作は、面白くはあるものの『ロード・オブ・ザ・リング』の人気に依存して盛り...... [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 23時52分

» 映画「ホビット 竜に奪われた王国」 [FREE TIME]
映画「ホビット 竜に奪われた王国」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 00時05分

» ■ホビット 竜に奪われた王国 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第337回「なぜこのシリーズを観る時は睡魔に襲われてしまうのか?」 このブログを過去に遡ると私はファンタジー作品のファンであること。そして「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのファンであることが書かれている。そしてそれの前日譚を描いた作品「ホビット」シ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 00時09分

» ホビット 竜に奪われた王国 [to Heart]
原題 THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 161分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/エイダン・ターナー/...... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 02時25分

» 劇場鑑賞「ホビット 竜に奪われた王国」 [日々“是”精進! ver.F]
スマウグ、飛び立つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402280001/ 【送料無料選択可!】ホビット 竜に奪われた王国 [2CD/輸入盤][CD] / O.S.T.価格:2,700円(税込、送料別) 【送料無料】ホビット?竜に奪われた王国? [ J・R・R・トールキン...... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 06時42分

» ホビット 竜に奪われた王国 [心のままに映画の風景]
魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン) に誘われ、トーリン(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフ達と、かつての王国があった“はなれ山”を目指していたホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、闇の森で巨大クモに襲われるが、間一髪のところをレゴラス(オーランド・ブルーム)率いるエルフに捕らえられ、城に連行される。 ドワーフを追うオークたちがエルフへ責め入り、...... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 11時09分

» イケメン、アクション、最高です☆・・・長いけど。(え)〜「ホビット 竜に奪われた王国」〜 [ペパーミントの魔術師]
PART1のときは最初からDVD出てからでいいやと思ってた「ホビット」 (おいおい) レビューカキカキこそ遅れましたが初日に飛んでいってしまったのは ひとえに キャ〜〜オーリー〜〜!!(くどいよ) で、この隣のオンナはなんなのさ〜って(なぜ敵対心) エヴァンジェ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 17時43分

» ホビット 竜に奪われた王国 [迷宮映画館]
なんか知らんけど、圧倒された。 [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 17時49分

» 『ホビット 竜に奪われた王国』('14初鑑賞22・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 17:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 19時50分

» ホビット 竜に奪われた王国 [あーうぃ だにぇっと]
ホビット 竜に奪われた王国@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 21時55分

» ピーター・ジャクソン監督『ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit : The Desolation of Smaug)』"ゆきて帰りし物語"が待ち遠しい! [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。「ロード・オブ・ザ・リング(以下「LOTR」)3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした前日譚を描く3部作・第2弾『ホビット 竜に奪われた王国(The... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 22時02分

» 映画『ホビット 竜に奪われた王国』★竜の炎に燃え〇〇に萌えまくる(*^_^*) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161234 ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、それほどでもないです ^^; ) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341645/rid67/p1/s0/c1/ ..... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 22時53分

» ホビット 竜に奪われた王国 IMAX-HFR3D/イアン・マッケラン [カノンな日々]
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台に描かれたJ.R.R.トールキンの冒険小説「ホビットの冒険」をピーター・ジャクソン監督が実写映画化した『ホビット』シリーズ3部 ... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 22時59分

» 『ホビット 竜に奪われた王国』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
'14.02.05 『ホビット 竜に奪われた王国』(試写会)@ニッショーホール もう早く見たくて見たくて、試写会応募しまくった! そしてハズレまくった やっと海外NAVIさんで当選!! ありがとうございます! よろこんで行って来たー そしてなんと! この記事書き終わらないうちにCheRishさんで、3D HFR試写会当選! 本日(2014.02.19)見てきたので、少し手直し&最後にHFRの感想を追加します! ネタバレありです!ラスト及びPJカメオ出演シーンも書いてます! 「ドワーフの王国... [続きを読む]

受信: 2014年3月17日 (月) 23時10分

» ホビットー竜に奪われた王国ー [はるみのひとり言]
試写会で観ました(3D鑑賞)シリーズ物が嫌いな訳ではないんですが・・・実は「ロード・オブ・ザ・リング」も前作「思いがけない冒険」も観ていません。今作を観る前に前作だけでもチェックしておこうと思ってたんですが、試写会は当たらなかったので、ゆっくりDVDで観てか...... [続きを読む]

受信: 2014年3月18日 (火) 00時02分

» あっ!という間の160分。『ホビット 竜に奪われた王国』 [水曜日のシネマ日記]
『ホビット』3部作の第2章です。 [続きを読む]

受信: 2014年3月18日 (火) 12時22分

» ホビット 竜に奪われた王国 ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月18日 (火) 17時43分

» ホビット 竜に奪われた王国・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
いよいよ“ドラゴンクエスト”へ! J・R・R・トールキン原作による「指輪物語」、即ち映画史のエポックである「ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)」三部作の前日譚、「ホビットの冒険」の第二作。 前作で結成された旅の仲間は、遂に邪悪な竜スマウグに占拠されたドワーフの地下王国、“はなれ山”への潜入を試みる。 熊人ビョルンや弓の名手バルドら原作ファンにはお馴染みの面々が続々と登場する一方、...... [続きを読む]

受信: 2014年3月18日 (火) 21時38分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・ ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。 ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・ (かなりDisってます。ロードオブザリングシリーズのファンの方はここまでで)... [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 09時10分

» ホビット 竜に奪われた王国 : なぬ??、突然のエンディング…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ウクライナ情勢、緊迫化してきました。株を少々やっている私としては、内戦状態になるのは何とも避けてほしいところであります。ちなみに、本日紹介する作品は、こちらの一本で [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 10時09分

» ホビット 竜に奪われた王国 (備忘録) [昼寝の時間]
2013年 アメリカ 161分 原題「The Hobbit: The Desol [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 11時06分

» ホビット 竜に奪われた王国 [象のロケット]
ドワーフの王子トーリン・オーケンシールドと12人のドワーフたち、そして“忍びの者”ことホビットのビルボ・バギンズは、はなれ山を目指して進んでいた。 まずは、ドワーフの財宝を奪い監視の目を光らせている巨大な邪竜“スマウグ”から、アーケン石という神秘の石を盗み出すことが必要だったのだが…。 ファンタジー・アドベンチャー全3部作第2弾。... [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 19時47分

» ホビット 竜に奪われた王国  監督/ピーター・ジャクソン [西京極 紫の館]
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー 【声の出演】  ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ) 【ストーリー】 ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いの...... [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 20時21分

» ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版) [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ 、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー 【解説】 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 21時20分

» ホビット 竜に奪われた王国 (試写会) [風に吹かれて]
三元中継で次回につづく 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug2月28日公開 監督: ピーター・ジャクソン ホビット [続きを読む]

受信: 2014年3月20日 (木) 10時29分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜邪悪な竜、目覚める〜 2013年  アメリカ/ニュージーランド合作映画    (2014.02.28公開)配給:ワーナー          上映時間:161分監督:ピーター・ジャクソン原作:J・R・R・トールキン脚本:フラン・ウォルシュ/フィリッパ・ボウエン/...... [続きを読む]

受信: 2014年3月20日 (木) 17時47分

» 『ホビット 竜に奪われた王国』 [ラムの大通り]
(原題:tHE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG) 「う〜ん。 最近、ブログから遠ざかりすぎだなあ。 またまた間があいちゃった」 ----そうだよ。 いくら一時期より数が減ったからって まだまだあんなに観ているのに…。 ほら、ツイッターではけっこう呟いているのに。 「...... [続きを読む]

受信: 2014年3月20日 (木) 21時51分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」いよいよ、これから!って、良い所で終わった、巧い作りだ [soramove]
「ホビット 竜に奪われた王国」★★★★ マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、 リチャード・アーミティッジ、ケン・スコット、 グラハム・マクタビッシュ、 ウィリアム・キルシャー出演 ピーター・ジャクソン監督、 161分 2014/2/28公開 2013,アメリカ,ワーナー (原題/原作:THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG ) 人気ブログランキング... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 11時05分

» ホビット 竜に奪われた王国 (2013) 161分 [極私的映画論+α]
原題は THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 久々のオーランド・ブルーム(笑) [続きを読む]

受信: 2014年3月25日 (火) 12時26分

» 『ホビット 竜に奪われた王国』 [キュートなバアサンになるために]
公式サイト  一年前に観た映画の続編です。 前作ではドラゴンとの戦いの前に作品が終わってしまい、消化不良の映画になっていました。  今回はドラゴンと戦ってスッキリできるかな、と思っていたのですが・・・ ホビットのビルボとドワーフ達はドワーフの王国を取り...... [続きを読む]

受信: 2014年3月27日 (木) 23時01分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」(2D字幕)みた。 [たいむのひとりごと]
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前章となる『ホビットの冒険』3部作の第2部目。第1部『ホビット 思いがけない冒険』は2012年12月に公開され、以来続きを待ち望んでいた。しかし、よりすっきり終わっ... [続きを読む]

受信: 2014年4月 1日 (火) 13時22分

» 『ホビット 竜に奪われた王国』 [beatitude]
魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 7日 (月) 00時01分

» ホビット 竜に奪われた王国 [Break Time]
今朝は、朝から雨模様で・・・ [続きを読む]

受信: 2014年4月20日 (日) 19時29分

» ホビット 竜に奪われた王国 [ぶっちゃけ…独り言?]
7点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 前作が思いがけない面白さでワタクシ的満足度も上々だったので、第二章となる今作もじゅ〜〜ぶん期待して観させて頂きました。 てかまぁ、よっぽどのことがない限りずっこけることもないだろーなぁ〜と。 で...... [続きを読む]

受信: 2014年5月10日 (土) 08時55分

» ホビット 竜に奪われた王国 [ダイターンクラッシュ!!]
2014年4月5日(土) 18:30~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 所謂「帝国の逆襲」 『ホビット 竜に奪われた王国』公式サイト 前作は、ほとんど記憶していないのだが、竜が目を覚ませたところで終了した筈だ。 よってもって竜との戦いで始まるのかと思いきや、竜の居場所に宝を奪回しに行くという話しだった。 見当違いだったのだが、前作の話を覚えていなくても、話についていくことは可能だ。 ドワーフの冒険にホビットが無理やり同行させられたということを... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 14時32分

» 映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て [kintyres Diary 新館]
■14-27.ホビット 竜に奪われた王国 3D■原題:The Hobbit:The Desolation Of Smaug■製作年、国:2013年、アメリカ・ニュージーランド■上映時間:161分■料金:2,100円■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作・脚本:ピーター・ジャク...... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 21時35分

» ホビット 竜に奪われた王国 [いやいやえん]
三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。 イケメンが多く出演しているので目の保養にも。原作にはいないレゴラスも登場。皮を変える者、大蜘蛛、エルフの森、キーリの命、スマウグとの壮絶な死闘、せまる敵の大群。どうなる中つ国!?というところで終わります。 「ホビットの冒険」は多分きちんと読んでない、と「ホビット 思いがけない冒険」のときに言及... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 08時43分

» ホビット 竜に奪われた王国 [銀幕大帝α]
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月11日 (金) 00時29分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」 [本と旅とそれから]
全然知らなかったんですが、この「ホビット」も、「ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)」と同様、映画は三部作なんですね。で、本作「竜に奪われた王国」はその2作目。 第1作目は2012年末に公開されたとかで、つまり1年ですぐ続編が公開されたってことですね。 「LOTR」はものすごく好きでDVDも持ってます(買っただけで見ていないけど)が、「ホビット」に関しては原作にもあまり思い入...... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 18時52分

» 「ホビット 竜に奪われた王国」、すごい龍が暴れまくります [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ ファンタジー映画ファン、特に「ロードオブザリング」ファン ☆☆☆☆ 不朽の名作を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前章となる「ホビット」3部作の第2部。監督は、いずれもJ・R・R・トールキン。 「ロードオブザリング」を引き継いでいる...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 2日 (木) 08時30分

» 14-182「ホビット 竜に奪われた王国」(アメリカ・ニュージーランド) [CINECHANが観た映画について]
その勇気がいつか自分を助けるだろう  魔法使いのガンダルフに誘われ、トーリン・オーケンシールド率いる勇敢なドワーフ一行の旅に参加した小さくて臆病なホビット族のビルボ。  幾多の危機を乗り越え、目指すはかつてドワーフの王国があったはなれ山。しかしそこには、恐るべき竜スマウグも待ち受ける。しかも道中ではオーク軍が、トーリンの首を狙って執拗な攻撃を仕掛けてくる。  そんな中、過酷な旅を続ける一行は、闇の森で獰猛な巨大クモに襲われ、間一髪のところをレゴラス率いるエルフたちに助けられるのだった...... [続きを読む]

受信: 2015年3月31日 (火) 02時24分

« 「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる | トップページ | 「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い »