« 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 | トップページ | 「LIFE!」 ちょっとした新しいこと »

2014年3月21日 (金)

「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い

1987年制作のポール・ヴァーホーベン監督の「ロボコップ」のリメイクです。
デトロイトの警官マーフィは瀕死の重傷を負いますが、企業オムニコープ社に改造され、半分ロボット、半分人間の”ロボコップ”として街の平穏を守るために生まれ変わります。
ロボコップのデザインは、1987年版のイメージを残しつつも、よりシャープに現代的にリデザインされていてかっこいい。
マーフィが改造されてロボコップとなること、そして彼の敵となるのが、デトロイトの犯罪組織、オムニコープ社、そして警察であるという基本設定は前作と変わりませんが、それらの物語の中での使い方は全く異なります。
ポール・ヴァーホーベンの「ロボコップ」を観た時は、かなり印象的であったと記憶しています。
ロボの警官ということでなんとなくスーパーヒーローものようなイメージで観に行ったのですが、割とハードであったため驚いたのです。
ハリウッドのこの手の映画にあるような予定調和的な気持ちの良さというのが1987年版にはなく、容赦のないバイオレンス、救いのない物語というのが、この作品の基調となっていました。
突然自らの肉体を人間性と奪われてしまった理不尽な暴力(犯罪組織による肉体への暴力、オムニコープ社による精神への暴力)、そしてロボコップとなったマーフィにとって家族の絆は失ったものであり取り戻す可能性がないという救いのなさ(そして唯一の理解者となった相棒ナンシーも殺されるという救いのなさ)。
この二つの要素はその後のヴァーホーベンの作品の特徴となっていきます。
1987年版の「ロボコップ」はこのようなヴァーホーベンのテイストによりカルト的な人気を誇りますが、今回のリメイク版についてはこのようなテイストはかなり薄味になっています。
物語に救いがあるという点で、ハリウッドらしい作品となっているかと思います(いいか悪いか別にして)。
前作といろいろ違いがあると書きましたが、一つ大きな違いはマーフィがロボコップになったときに、自らの記憶を保持しているかどうかというのがあるかと思います。
1987年版についてはロボコップとなったマーフィはマーフィとしての自我はない。
自らの受けた暴力の自覚もない中で、その相手の手足となって働くことになるわけです。
肉体だけでなく、精神すら支配されていた。
そのことに気づいた時のマーフィの怒りはとてつもないもので、そういった激しい感情に突き動かされるからこそのああいったバイオレンス描写になるわけですね。
本作は肉体へ暴力を受けましたが、精神的な支配は完全ではありません。
途中、コントロールされることはありつつも、マーフィは多くの人(オムニコープ社の関係者以外)にマーフィとして扱われます。
前作ではナンシー以外はロボコップという機械としてしか見てもらえなかったのです。
自らの立ち位置をすべて否定されている前作に比べ、本作が救いがあるというのはこういった点です。
あともう一つ違いは敵側ですね。
上で書いたように敵側は犯罪組織、オムニコープ社、警察となるのは共通です。
ただそれらの関係性はちょっと違う。
前作は最後にロボコップと戦うのは犯罪組織でした。
警察はオムニコープ社の手足のようなもので、そしてオムニコープ社はすべてを仕切っているように見えつつもあっさりと退場、結果的には最も暴力的な犯罪組織が最後にロボコップと対決するのです。
ラストの戦いはまさに暴力VS暴力という凄惨なものになるわけですが、怒りをぶつけ合う荒々しい戦いになるわけですね。
過剰ともいうべきバイオレンスは、低迷していた80年代アメリカの袋小路感がでていたのかもしれません。
本作では犯罪組織はほんとに手足のような状態であっさり退治され、警察は汚職まみれだったことは判明するも役割は薄く、真の敵はオムニコープ社となっています。
しかしオムニコープ社の役員たちも、悪を行うとかそういった強さがあるというのではなく、ただビジネスを拡大するため都合の良いようにマーフィ=ロボコップを手駒として扱ったということだけなんですよね。
彼らからするとビジネスをやってきて、その度ごとにいろいろ苦しい状況はありつつも、なんとか上手く立ち回ってきていた。
今回もそのように立ち回れるという感じだったのかもしれません。
悪を行っている自覚はさらさらなかったのではないでしょうか。
ですので、マーフィの怒りというのもなんというか暖簾に腕押し、糠に釘という感じで手応えがない感がありました。
そのため前作に比べて、爆発するような怒りのエネルギーのようなものが薄い印象なのですね。
万人ウケするような感じではありますが、ヴァーホーベンの「ロボコップ」の洗礼を受けている身としてはちょっと薄味に感じたのも確かです。

ロボコップのキメ台詞「Thank You Cooperation」があったのは嬉しかったです。
あとテーマも復活していましたね。
確か「2」「3」はあのテーマ音楽はなかったのですよね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 | トップページ | 「LIFE!」 ちょっとした新しいこと »

コメント

メビウスさん、こんばんは!

ロボコップのデザインは現代的にクールになりましたよね。
以前のものは今観るとやや野暮ったい感じにも見えます。
今回はいろんな描写がソフトになっていましたよね。
ヴァーホーベン版を初めて観たときは、あのようなヴァイオレンス描写はまだ珍しい方だったので、驚いた記憶があります。
今となってはあの程度は普通なのですけれどね・・・。

投稿: はらやん | 2014年3月25日 (火) 23時02分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分も今回のリブート版のロボコップのデザインは好きでしたね^^機能的で洗練されたデザインにも見えちゃいましたし、カラーリングもブラックにした所がちょっと挑戦意欲も見えて好感が持てました♪・・ただ『ロボットらしさ』は旧作の方が上かもしれませんね?(笑

その旧作と比べれば本作は色んな相違もあるようで、暴力描写やバイオレンスの薄さもその1つかと思いますが、自分はちょっと痛いモノが苦手なので、これくらいの薄味がちょうど良く感じてしまいましたw

投稿: メビウス | 2014年3月23日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59328743

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い:

» ロボコップ / RoboCop [勝手に映画評]
1987年の作品『ロボコップ』のリメイク作品。 何故に今『ロボコップ』?という気もしますが、敢えてそこには触れないことにします。さて、今回のリメイクに際して、舞台がデトロイトで、ロボット企業がオムニコープという所はオリジナルを引き継いでいますが、それ以外の...... [続きを読む]

受信: 2014年3月21日 (金) 18時11分

» ロボコップ(2014年版) [ぷかざの映画・本感想記]
ロボコップ(2014年版)観ました。 [自己満足度 ★★★★☆ 4/5] ロボコ [続きを読む]

受信: 2014年3月21日 (金) 18時50分

» 劇場鑑賞「ロボコップ」 [日々“是”精進! ver.F]
ロボコップ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403140001/ Robocop(ロボコップ)Profile ポスター 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】...価格:1,200円(税5%込、送料別) 【送料無料】「ロボコップ」オリジナル・サウン...... [続きを読む]

受信: 2014年3月21日 (金) 19時47分

» ロボコップ(2014) IMAX/ジョエル・キナマン [カノンな日々]
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション・ムービーです。オリジナルは画期的で面白かったですね。劇場で観てそのあとテレビで ... [続きを読む]

受信: 2014年3月21日 (金) 21時58分

» 映画『ロボコップ』(2014)★ボディも脇役もガッチリのリメイク [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159929/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ロボコップ( 1987 )のオリジナルを観たので、リメイクを鑑賞しました。 主人公は、同じ名前: アレックス・マーフィ。 ロボコップに改造する後ろ盾も、同じ名前: オムニ社 。 今回、マーフィ..... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 00時22分

» ロボコップ [to Heart]
原題 ROBOCOP 製作年度 2014年 上映時間 117分 脚本 ジョシュア・ゼトゥマー 監督 ジョゼ・パヂーリャ 出演 ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ/サミュエル・L・ジャクソン 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督...... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 10時27分

» ロボコップ [ダイターンクラッシュ!!]
2014年3月15日(土) 21:20~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 残虐度とユーモア控えめ。センスに欠けた程々のリメイク。 『ロボコップ』公式サイト ネタバレ。 マーフィーの損壊シーンが、腕は千切れの銃殺から、車の爆破に変わった。 オムニ社は、デトロイト警察を経営していく、アナハイム・エレクトロニクスのようなメーカーに過ぎない。 ロボコップは、当初から、人間時代の記憶がある。途中で判断回路などを改造され、人間味を失ってしまう。 時折差し... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 11時35分

» 『ロボコップ(2014)』('14初鑑賞26・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 3月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 21時25分

» ロボコップ (2014)★★★★ [パピとママ映画のblog]
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 22時16分

» ロボコップ(2014) [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 【解説】 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 07時33分

» ロボコップ [そーれりぽーと]
元が元だけに悪い予感しかしないリメイク版『ロボコップ』を観てきました。 ★★ このリメイクは必要だったのか? ごく序盤はスピーディーな展開でこのペースで行くのかと思いきや、ビギニングもの人気にあやかってかロボコップが誕生するまでのシーンに対して妙に尺を取...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 10時49分

» ■ロボコップ(2014) [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第339回「オリジナル作品を超える難しさとは?」 今回の「ロボコップ」という作品は私が中学生時代に映画化され大ヒットし、その後、続編が作られ、さらにはテレビシリーズと一世を風靡した作品だ。私もその面白さにすっかりと魅了された1人です。それがリメイクされ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 15時01分

» [映画][☆☆☆★★]「ロボコップ」(2014年版)感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1987年公開、世界中で大ヒットしたSFアクションを、ドキュメンタリー出身のジョゼ・パジーリャ監督、「イージーマネー」のヨエル・キナマン主演でリブート。瀕死の重傷を負った熱血警官が、残された身体の一部と機械を融合したスーパーマシン「ロボコップ」として復... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 19時57分

» ロボコップ [心のままに映画の風景]
2028年、アメリカのデトロイト。 巨大企業オムニコープのロボットが、世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。 ある日、警官のアレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負い、生き残る唯一の手段として、ノートン博士(ゲイリー・オールドマン )による最先端のテクノロジー手術が実施された。 最強のサイボーグ警官“...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22時15分

» ロボコップ(2014) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【ROBOCOP】 2014/03/14公開 アメリカ 117分監督:ジョゼ・パヂーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 半分人間、半分ロボット最強の警官誕生。 [Story]2028年、アメリカのデ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22時26分

» ロボコップ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ジョゼ・パジーリャ 【出演】ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ 【公開日】2014年 3月14日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む一方、アメリカでは法律によってロボットの配備は禁止されていた。市場独占を目論む巨大企業オムニコープは、メディア...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22時39分

» ロボコップ [はるみのひとり言]
ロボコップと言えば、吹越満さんがウィ〜ンガッチャン、ウィ〜ガッチャン言いながらロボコップネタやってたことしか覚えてないな〜。レディースデーだったんで、「アナと雪の女王」観たあともう1本観れそうだったので観ました。瀕死の重傷を負ったアレックス警官が、街の...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 23時41分

» ロボコップ [風に吹かれて]
ロボコップ 再誕 公式サイト http://www.robocop-movie.jp 2028年、巨大企業オムニコープがロボット・テクノロジーを牛耳っていた。世界各地でオムニコープのロボットが軍事利用 [続きを読む]

受信: 2014年3月24日 (月) 09時08分

» ロボコップ [象のロケット]
2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット・テクノロジーを支配する世界。 アメリカ・デトロイトで愛する家族と暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィーは、勤務中に重症を負うが、オムニコープ社の最新ロボット技術により脳、心臓、右手以外を機械で補った“ロボコップ”として新たな身体を得る。 驚異的な力を身につけたアレックスは、次々に凶悪犯を検挙していくのだが…。 人気SFアクション新シリーズ。 ≪この警官は、二度と死なない。≫... [続きを読む]

受信: 2014年3月26日 (水) 18時10分

» ロボコップ [I am invincible !]
2028年、アメリカ、デトロイト。 レイモンド・セラーズ(マイケル・キートン)がCEOを勤める“オムニコープ”は、軍事用ロボットを世界に送り出す巨大企業だった [続きを読む]

受信: 2014年3月29日 (土) 20時01分

» ロボコップ(2014年) [とりあえず、コメントです]
1987年の大ヒット作をジョエル・キナマン主演でリメイクした近未来SFアクションです。 前作は未見でしたけど、予告編を観てどんな物語だろうと気になっていました。 映画の近未来では中東でアメリカ製のロボットがテロの警戒警備をしていました… ... [続きを読む]

受信: 2014年3月30日 (日) 20時21分

» ロボコップ [みすずりんりん放送局]
 『ロボコップ』を観た。  【あらすじ】  2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな日々を過ごしていたが、ある日、車の爆破に巻き込まれる。かろう...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 14時53分

» 2014年の014「ロボコップ(2014)」 [Doing-on-the-fly]
 誰にも特別な映画というのがあると思う。 自分にとってポール・バーホーベン版「ロ [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 17時00分

» ロボコップ  監督/ジョゼ・パヂーリャ [西京極 紫の館]
【出演】  ジョエル・キナマン  ゲイリー・オールドマン  マイケル・キートン  アビー・コーニッシュ 【ストーリー】 2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックスは愛する家族と幸せな日々を過ご...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 20時54分

» 「ロボコップ」 [prisoners BLOG]
アメリカ以外の国を機械兵士で治安を維持するようになった世界で、アメリカ国内での治安維持(という口実のもとの市場拡大)のために企業がロボット兵士を売り込もうとして、機械的に射殺されるのはたまらないという市民感情の反発を抑えるために、人間の感情と判断を導入...... [続きを読む]

受信: 2014年4月13日 (日) 22時02分

» 「ロボコップ2014」現代に蘇ってもローテクっぽいのが御愛嬌 [soramove]
「ロボコップ2014」★★★★ ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、 マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソン、 アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー出演 ジョゼ・パジーリャ監督、 117分 2014年3月14日公開 2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ (原題/原作:ROBOCOP) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なの... [続きを読む]

受信: 2014年4月17日 (木) 21時19分

» 「ロボコップ」(2014)☆生まれ変わったイケメンコップ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
息子さんの大学受験も終わって、ようやくホッとした下コメ友と復活川崎IMAX☆ ゼッタイ観たい!とかねてから思っていたのに、ブロガーさんの反応がイマイチでやや心配だったけど・・・・ 期待値低めがよかったのか、これ結構面白いよー☆... [続きを読む]

受信: 2014年4月19日 (土) 18時01分

» 『ロボコップ』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『ロボコップ』を観てきました。ロボコップ - 映画.com 「ローボコン10点」ってガンツ先生に言われそうな感じ。 ロボコンじゃなくってロボコップなんだけどね(^^;; なぜ今どきリメイクなのか、、ふと考えた。あの高見盛でついたロボコップのイメージを引退とともに払拭させたい力学が働いたとしか思えないです。(ウソ) まぁまじめな話。本作のようにエンタテインメント性を極力排除してリアルな社会派の近未来SFになるとなんか角が取れてフツーのSFになってしまうんですよね。(以上おしまい) と、ここで終... [続きを読む]

受信: 2014年4月24日 (木) 23時14分

» ロボコップ (2014) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
4月に観た3本の映画の内の2本目は87年に公開 されたポール・ヴァーホーヴェン監督の名作 「ロボコップ」のリメイク「ロボコップ (2014)」、 2D作品ながらアイマックスで公開されていましたので 遠征して観に行ってきました。 ロボコップ (2014) 原題:ROBOCOP 製作:20…... [続きを読む]

受信: 2014年5月28日 (水) 22時40分

» ロボコップ(2014) [いやいやえん]
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はやっぱり旧オリジナル作品のほうが好きですね。人間でもありロボットでもある苦悩や悲しみ、哀愁も足りなかった。とくにユーモアと残虐性が足りないと思ってしまったのは、やはりオリジナルを知っているからなのでしょうか。 とはいえオリジナルに敬意をもったつく... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 08時59分

» ロボコップ(2014) [銀幕大帝α]
ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オールドマン:デネット・ノートン博士 マイケル・キートン:レイモンド・セラーズ アビー・コ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月24日 (木) 03時26分

» 14-219「ロボコップ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
マシンに街を守ることができるのか  2028年。ロボット技術で世界を支配する巨大企業オムニコープ。同社のロボットが世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。それでもアメリカ国内での普及を目指すオムニコープは、様々な手段を講じてこの法律の廃止を画策する。  そんな中、愛する妻と息子と共に犯罪都市デトロイトに暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィ。ある日彼は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ってしまう。  ところが、オムニコープのノートン博士による最先端ロ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月28日 (土) 02時22分

» ロボコップ (RoboCop) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョゼ・パヂーリャ 主演 ジョエル・キナマン 2014年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 街の至る所に交番があるってのが、日本独特の風景のひとつだとか。その辺が凶悪犯罪発生率の低さをもたらしてるって見方があるようですけど、別におまわりさん…... [続きを読む]

受信: 2015年7月27日 (月) 07時55分

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 | トップページ | 「LIFE!」 ちょっとした新しいこと »