« 「大統領の執事の涙」 犬と狼 | トップページ | 「獣電戦隊キョウリュウジャー」 最強のかけ算 »

2014年2月22日 (土)

「小さいおうち」 小さい罪

こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画祭で銀熊賞を受賞されたと聞き、観に行くこととしました。
黒木さんを初めて映画で観たのは昨年の「舟を編む」で、あちらは現代的な若者という役柄でしたが、本作では朴訥で一途な女中さんの役。
まったく違うタイプの役柄でしたが、どちらも自然に演じていて確かに上手いなと思いました。
決して目を見張るような美人さんではないのですが(失礼!)、本作で黒木さんが演じているタキちゃんの一途な振る舞いを観ているととてもかわいらしいと感じましたね。

さて作品の内容についてです。
本作は主人公であるタキという老女の葬式のシーンから始まります。
タキの遺品からは彼女がしたためていた自叙伝が見つかりました。
そこには彼女が昭和初期に女中をしていた一家での出来事「恋愛事件」が記されていました。
彼女は女中をしていた時の話をとても懐かしそうに、幸せそうに語ります。
健史(世話を時々しにくるタキの兄弟の孫)は時代的にも女中なんてそんな幸せであるわけないと言いますが、タキは「そんな奴隷みたいだなんて言わないで」と反論します。
僕もその当時の女中という仕事はよく知らないのですが、作品を観る限りはタキが住み込みをしていた平井家はタキのことを家族の一員と考えてくれていたように見えます。
特に奥様である時子は、主人と女中という一線はあるにしても、彼女に対して確かに愛情を持っていたと思います。
もしかするといろいろお話ができる妹のような存在に思っていたのかもしれません。
故郷から一人で上京してきたタキは家族を失っているようなもので、彼女にとっても平井家は大事な家族のように思えていたのでしょう。
特にタキにとって奥様は今まで見たこともないほどにあか抜けていて洗練されている大人の女性に見えたことでしょう。
また時子は女中である自分に対しても家族の一員のように接してくれる優しさももっていました。
タキにとって時子は憧れの存在であったに違いありません。
時子の親友である睦子が示唆するように、そこにタキの時子に対しての恋愛感情のようなものがあったかどうかはわかりません。
ただタキに自覚はなかったかもしれませんが、それに近いものはあったかもしれませんね。
そして奥様と旦那様の会社の若者の不倫疑惑が持ち上がります。
世の中も不穏になっていく中でそのようなことが露見すれば、平井家は崩壊してしまうかもしれません。
タキは奥様の想いを察しながらも、先行きへの不安な気持ちで胸を一杯にします。
大好きな家族がみな悲しんでしまう、ばらばらになってしまう。
自分のよりどころである大切な家族がなくなってしまう。
大好きな奥様を誰かに奪われてしまう。
自分でも上手く整理できない気持ちでタキは胸を痛めます。
結果的に出征してしまう奥様の思い人への最後の手紙をタキは届けずに、そのため二人は二度と会うことができませんでした。
この小さな家族は守られましたが、奥様の気持ちは犠牲になってしまったのです。
そして戦争は激しくなり、タキは平井家を離れなければいけなくなりました。
戦後故郷から必死の思いでタキは再び上京しますが、訪れた平井家の小さなおうちは焼けてしまい、奥様と旦那様はそこで死んだことを聞いたのです。
ここから先はどのようにタキが生きてきたかは映画の中では語られず、わかるのは現代でのタキの様子です。
タキは死ぬまで独身で、また親戚の世話を受けずに一人でずっと暮らしていました。
そして彼女が自叙伝で最後のくだりを書いたときに彼女は「長く生きすぎた」と涙を流します。
彼女は自問をし続けていたのかもしれません。
奥様の手紙を渡さなかったのは、大切な平井家を守るためということだったのだけれども、実は自分にとっての大切なものを守るためではなかったのかと。
そのために奥様が大切な想いをとげることの邪魔をしてしまい、そしてそれを叶えることなく奥様は亡くなってしまった。
大好きな奥様の幸せを奪ってしまったのは自分ではないのかと。
たぶんずっとこの想いにタキは苦しんできたのでしょう。
タキがずっと独身で、一人で暮らすことを望んできたのは、それに対しての罪滅ぼしであったのかもしれません。
戦後もずっと一人でそのような罪の意識で暮らしてきたことが幸せであったのかどうかはわかりません。
一途で愛情深いタキには幸せな暮らしをしてもらいたかったと思います。
が、罪を背負い続ける一途さもタキらしさであったのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「大統領の執事の涙」 犬と狼 | トップページ | 「獣電戦隊キョウリュウジャー」 最強のかけ算 »

コメント

ミス・マープルさん、こんにちは!

>タキが健志にその時代を幸せそうに振り返るのを、彼が「そんなはずはない」と反論するところに興味を持ちました。
確かにここは印象的でした。
戦争直前の時期っていうのは、戦後生まれからするとなにか鬱々として暗いイメージしかないですよね。
そういうところもあったのだとは思いますが、日常がすべてそういうことだけっていうのでもなかったんですね。
モダンでいい人たちが住む平井家を見ていたら、そう思えました。

投稿: はらやん | 2014年8月14日 (木) 12時19分

ミス・マープルさん、こんにちは!

>タキが健志にその時代を幸せそうに振り返るのを、彼が「そんなはずはない」と反論するところに興味を持ちました。
確かにここは印象的でした。
戦争直前の時期っていうのは、戦後生まれからするとなにか鬱々として暗いイメージしかないですよね。
そういうところもあったのだとは思いますが、日常がすべてそういうことだけっていうのでもなかったんですね。
モダンでいい人たちが住む平井家を見ていたら、そう思えました。

投稿: はらやん | 2014年8月14日 (木) 12時19分

TBありがとうございます。
そうですね。タキは奥様をはじめとして平井家が大好きだったのでしょうね。だからこの家族を守りたかった。しかし奥様の気持ちもかなえてあげたかった。
タキが健志にその時代を幸せそうに振り返るのを、彼が「そんなはずはない」と反論するところに興味を持ちました。当時は不自由はあったとはいえ、それなりの幸せがあったことを私たちは知るすべもありませんもんね。
いい映画でした。

投稿: ミス・マープル | 2014年8月14日 (木) 09時35分

sakuraiさん、こんばんは!

黒木華さんは今までそれほど注目していたわけではなかったのですが、本作をみてこれから注目だなーと思いました。
いい女優さんになりそうですね。
あきさん、登場は一瞬でしたが、見事につかみましたよねー(笑)。

投稿: はらやん | 2014年2月28日 (金) 23時10分

皆が不器用ながらも、懸命に生きてた古き良き時代の姿を見た感じでした。
現代版も必要だったと思いますが、ことさらに現代版を誇張してる風で、一層感じたのかもしれないですが。
黒木さん、どんどんとらしくなっていきますね。
昭和がほんとにぴったり。
当地では、あきさんが受けてました。

投稿: sakurai | 2014年2月27日 (木) 08時32分

kiraさん、こんばんは!

>その時期が幸せだったという
これは新鮮でした。
戦中というと後世の自分たちからみるとただただ不幸な時代、というイメージがあるのですが、そういった時代でもささやかな幸せはあったのですよね。
タキにとってその小さな幸せの象徴が、小さなおうちだったのだろうなと思います。
黒木華さんはよかったですよね〜。

投稿: はらやん | 2014年2月25日 (火) 20時01分

タキは、「良い女中」であろうとして「秘密」を持ち去ったけれど、
もうひとつの「秘密」のために苦しんだのですよねぇ・・
世間的には戦争で暗い時代であったにもかかわらず、
その時期が幸せだったという、それがホンネだったのでしょうね。
黒木さん、初心な昭和の女性、嵌っていましたよね♪

投稿: kira | 2014年2月23日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/59177740

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さいおうち」 小さい罪:

» 映画・小さいおうち [読書と映画とガーデニング]
2014年 日本原作 中島京子 物語の時代背景は1935年(昭和10年)から終戦直後、そして2000年(平成12年)から2009年(平成21年)頃ふたつの時代が交差しながら、やがてひとつにつながっていく様が描かれる 東京郊外のモダンな家で起きた、ある恋愛事件の秘密を...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 16時40分

» 小さいおうち : タキちゃんに見事に裏切られました [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は、晴れたり曇ったり雨降ったと大変にぎやかな天気となっております。こんな日には、こんな落ち着いた映画を観るのがよいかもですよ。 【題名】 小さいおうち [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 17時45分

» 小さいおうち [映画的・絵画的・音楽的]
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 20時42分

» 「小さいおうち」おうちの秘密を知った先にみた暗黙の了解の守秘義務を守り通した女中の中の女中 [オールマイティにコメンテート]
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 21時07分

» 映画『小さいおうち』観てきたよ〜 [よくばりアンテナ]
山田洋次監督最新作。 公式HPはコチラ。 あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゚∀゚) いつも地上波で放送されてから見てるな。 原作の記事はコチラ。 今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く役割で、 ダメブキじゃなかったよ〜(..◜ᴗ◝..) しかし、昨夜のTVでやってた『東京家族』と同じ顔ぶれが次々...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 21時37分

» 小さいおうち [あーうぃ だにぇっと]
小さいおうち@歌舞伎座 [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 22時37分

» 小さいおうち/松たか子、黒木華 [カノンな日々]
第143回直木賞を受賞した中島京子さんの同名ベストセラー小説を山田洋次監督が映画化したラブ・ミステリアスなドラマです。劇場予告編や宣伝チラシの印象は山田洋次監督っぽくない ... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 23時31分

» 小さいおうち [Akira's VOICE]
この世は小さいおうちの集合体なんだな。   [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 15時03分

» 小さいおうち ★★★★ [パピとママ映画のblog]
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 15時18分

» 映画『小さいおうち』★守ったもの・守れなかったもの〜良心と悔恨 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161479/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346418/rid30/p1/s0/c1/ 奥様役の 松たか子 さん、絶賛..... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 16時55分

» 『小さいおうち』 [ラムの大通り]
----『小さいおうち』−−。 “山田洋次監督が挑む、新しい世界”って、どういうこと?、 山田洋次監督の前作って『東京家族』。 その前も 『母べえ』だの『おとうと』だのって “家族”の話ばかりのような気がするけど…。 「う〜ん。 ぼくも観る前まではそう思っていたんだけ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 18時56分

» 『小さいおうち』 (2014) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本: 山田洋次 原作: 中島京子 出演: 松たか子 、黒木華 、片岡孝太郎 、吉岡秀隆 、妻夫木聡 、倍賞千恵子 公式サイトはこちら。 昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 19時29分

» 小さいおうち [花ごよみ]
中島京子の直木賞受賞作の 小説を映画化。 監督は山田洋次。 小さなおうちの主婦、 時子には松たか子。 小さなおうちの女中で、 昭和のタキには黒木華。 後の平成のタキには倍賞智恵子、 家の主人、雅樹に片岡孝太郎、 雅樹の部下の板倉正治には吉岡秀隆、 タキの親...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 19時50分

» 山田洋次監督『小さいおうち』松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、妻夫木聡、片岡孝太郎、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
2010年・第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化『小さいおうち』(脚本・山田洋次、平松恵美子)。音楽・久石譲物語・健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったばかりのタキ(... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 21時22分

» 小さいおうち [to Heart]
製作年度 2013年 上映時間 136分 原作 中島京子 『小さいおうち』(文藝春秋刊) 脚本 山田洋次/平松恵美子 監督 山田洋次 音楽 久石譲 出演 松たか子/黒木華/片岡孝太郎/吉岡秀隆/妻夫木聡/倍賞千恵子/橋爪功/吉行和子 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 22時36分

» 小さいおうち [こんな映画見ました〜]
『小さいおうち』2013年(日本)監督: 山田洋次出演:松たか子、黒木華 、片岡孝太郎、吉岡秀隆 、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功 、吉行和子 中島京子の第143回直木賞受賞作を「男はつらいよ」シリーズ、「東京家族」の名匠・山田洋次監督が映画化した感動ド...... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 23時11分

» 小さいおうち (2013) 136分 [極私的映画論+α]
 現在の感覚では決して小さくはないんだけど(笑) [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 07時48分

» 『小さいおうち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 08時16分

» 小さいおうち 完成披露試写会 [風に吹かれて]
タキの選択公式サイト http://www.chiisai-ouchi.jp2014年1月25日公開原作: 小さいおうち (中島京子/文春文庫)監督: 山田洋次 健史(妻夫木聡)の大伯母タキ(倍賞千恵 [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 08時59分

» 小さいおうち [心のままに映画の風景]
大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)が亡くなり、晩年つづっていた自叙伝を託された大学生の健史(妻夫木聡)は、若かりしタキの秘密を知ることになる。 昭和初期。 山形から東京に出てきたタキ(黒木華)は、赤い三角屋根のモダンな屋敷を構える平井家の女中として働くことになった。 玩具会社の重役である主人の雅樹(片岡孝太郎)と妻の時子(松たか子)は、一人息子と穏やかに暮らしていた。 心温...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 16時55分

» 『小さいおうち』('14初鑑賞11・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 21時11分

» 静かに反戦を謳う~『小さいおうち』 [真紅のthinkingdays]
 昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦 がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい 時子奥様(松たか子)がいた。  山田洋次監督の映画を初めて観た。感動しました。  原作は、直木賞を受賞した中島京子の同名小説。読後数日間は、作品世界か ら現実へ戻るのが難しかったほど、ここ数年読んだ小説の中でもずば抜けて印...... [続きを読む]

受信: 2014年2月25日 (火) 19時55分

» 小さいおうち [映画好きパパの鑑賞日記]
 山田洋次監督の戦前の中の上の家庭を舞台にした恋愛ドラマ。ストーリーそのものはたいしたことがなかったのですが、今と大して変わらない当時の家庭に結構、驚きました。黒木華さんはベルリンの主演女優賞おめでとうございます。  作品情報 2013年日本映画 監督…... [続きを読む]

受信: 2014年2月26日 (水) 06時56分

» 小さいおうち/映画 [あるがまま・・・]
小さいおうち公式HP 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した 中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、 東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。 家の主人で玩具会社勤務の平...... [続きを読む]

受信: 2014年2月26日 (水) 15時43分

» 小さいおうち [迷宮映画館]
え?なかなかよくできてるじゃありませんか。素直に面白かった。 [続きを読む]

受信: 2014年2月27日 (木) 08時33分

» 「小さいおうち」 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
赤い屋根のおうち。 一本独鈷の帯。 託された手紙。 [続きを読む]

受信: 2014年2月27日 (木) 18時10分

» ショートレビュー「小さいおうち・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
彼女が、本当に隠していた事。 ある老女の心の内に70年間秘められていた秘密を巡る、ミステリアスな心理ドラマだ。 山田洋次にとっては、挑戦的な新境地と言っても良いと思う。 舞台は昭和10年代、東京山の手の住宅地に建つ赤い屋根の小さな洋館。 山形の寒村から上京した少女・タキは、この家で女中として働きはじめる。 玩具メーカーの重役を務める旦那様と都会的で垢抜けた時子奥様は優しく、幼い...... [続きを読む]

受信: 2014年2月27日 (木) 23時07分

» 小さいおうち [そーれりぽーと]
松たか子が面白そうだったので『小さいおうち』を観てきました。 ★★★★ 切な過ぎるわー。 こんなに切なくなる話は、主人公のお婆ちゃんと同じ年代の方はご覧になられない方が良いかも、むちゃくちゃ重い気持ちになりそうで。 うちの婆ちゃんが観に行くとかって言ってたの...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 00時01分

» 小さいおうち [昼寝の時間]
2014年 日本 136分  公式サイト 原作:中島京子「小さいおうち」(文春文 [続きを読む]

受信: 2014年3月 2日 (日) 00時32分

» 小さいおうち [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:邦画 「小さいおうち」 監督:山田洋次 原作:中島京子 2013年 日本映画 136分 キャスト:松たか子      黒木 華      片岡孝太郎      吉岡秀隆      妻夫木聡      倍賞千恵子 昭和十年、東京へ女中奉公に出たタキは、平井家で 働き始める。その家は赤い瓦の洒落た家で、玩具メーカー 常務の夫を持つ美しい妻時子と一人息子が暮らしていた。 そして戦争が近づく中、年頭のあいさつに訪れた会社の 若い社員板倉に時子は... [続きを読む]

受信: 2014年8月14日 (木) 09時35分

» 14-132「小さいおうち」(日本) [CINECHANが観た映画について]
始まったものは、いつかは終わる  大学生の健史は、亡くなった大伯母・布宮タキから彼女が遺した自叙伝を託される。そこには、健史が知らない戦前の人々の暮らしと若かりしタキが女中として働いた家族の小さな秘密が綴られていた。  昭和初期、山形から東京へと女中奉公に出たタキは、小説家の屋敷に1年仕えた後、東京郊外の平井家に奉公することに。その家は、赤い三角屋根が目を引く小さくもモダンな文化住宅。そこに、玩具会社の重役・雅樹とその若い妻・時子、そして幼い一人息子の恭一が暮らしていた。  3人とも...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 01時53分

» 小さいおうち [映画の話でコーヒーブレイク]
今年の初め劇場公開された山田洋二監督の作品で、黒木華さんがベルリン国際映画祭で 最優秀女優賞銀熊賞受賞です。 直木賞を受賞された中島京子さんの小説の映画化だそうです。 テレビで何度もCMが流れたので気にはなっていたのですが…やっとDVDにて鑑賞。     **...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 2日 (火) 15時30分

» 「小さいおうち」 2014年 監 山田洋次 [トリ猫家族]
 前情報を入れずに見てみました。おもしろかったわ〜見て良かった。 原作も買ってきちゃった〜\( ̄▽ ̄)/ これから読むぞ。 HPはこちら  健史(妻夫木聡)とその一家が亡 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月13日 (土) 20時09分

» 小さいおうち [映画と本の『たんぽぽ館』]
原作を知らずに観るべきだった * * * * * * * * * * 中島京子さんの原作本がとても気に入って、 私としての満足度はなんと★★★★★★だったくらい。 でもそれだけに、イメージが壊れるのが嫌で、公開時にみていなかった本作。 この度ようやく拝見。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 20時19分

» 映画 小さいおうち [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp;  昭和初期の不倫を扱ったちょっと暗い感じのする映画でした。 nbsp; 見ているだけでちょっと滅入ってしまうのが難点ですね。 nbsp; 暗い時代が舞台なので当たり前かもしれませんが nbsp; もう少し華やかな部分があっても良かったのではと思いました。 nbsp; 昔の時代の『失楽園』といった感じでしょう。 n... [続きを読む]

受信: 2015年3月22日 (日) 14時03分

» 小さいおうち [タケヤと愉快な仲間達]
監督:山田洋次 出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき竹城 【解説】 第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある...... [続きを読む]

受信: 2015年3月29日 (日) 21時51分

« 「大統領の執事の涙」 犬と狼 | トップページ | 「獣電戦隊キョウリュウジャー」 最強のかけ算 »