« 本 「女子高生、リフトオフ!」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 »

2014年1月 2日 (木)

「桜ほうさら(テレビドラマ)」 万人向けになって物足りない

先日読んだ宮部みゆきさんの小説「桜ほうさら」をNHKで正月時代劇として放映したので、観てみました。
原作はかなりボリュームのある作品なので、1時間半くらいの尺で納まるのかなと気になりましたが、案の定削ぎ落とされてドラマ化されていました。
宮部さんの作品というのは現代劇でも時代劇でも人の絶対的な悪意というものと、それに対する人の善良さというものを描くことが多いのですが、原作の「桜ほうさら」もまさにそう。
主人公笙之介がその善良な人なのですが、いくつもの悪意にさらされながらもその心根を変えないというのが読みどころであるかと思います。
しかしテレビドラマのほうはそういう宮部さんらしいところにはあまり触れられなくて、わかりやすい仇討ちものの時代劇になっていて、物足りない感じがしました。
まあ元旦に放送される時代劇なので、いろいろな人(お年寄りも子供も)が観るということなので、わかりやすくしたのかもしれないですけれども。
宮部さんの原作そのままドラマにすると少々ドロッとしますからね、万人が観る地上波向きではなかったということでしょうか。
それならこの原作を使わずにオリジナルでやればいいのにと思いましたが、宮部みゆきさん原作というネームバリューが欲しかったのかな。

原作「桜ほうさら」の記事はこちら→

|

« 本 「女子高生、リフトオフ!」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58869229

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜ほうさら(テレビドラマ)」 万人向けになって物足りない:

« 本 「女子高生、リフトオフ!」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 »