« 「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く | トップページ | 本 「イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか」 »

2013年12月29日 (日)

「武士の献立」 姉さん女房の奮闘記

上戸彩さん、最近良妻役が多いですね(「半沢直樹」は観てないけど)。
本作で上戸さんが演じるのは、料理上手で気が強い出戻り娘の春。
その料理の腕と味覚の鋭さを買われ、ひょんなことから加賀藩の料理役(包丁侍)の家に嫁ぐことになりました。
夫なったのは舟木安信、料理役の跡継ぎです。
春から4歳年下なので、つまり春は姉さん女房。
けれど彼は包丁よりも刀を手に武士らしく主君に仕えたいと思っていて、てんで料理には興味がありません。
また父親が勝手に決めた縁談で嫁いできた春を「古狸」と呼び、つれない様子です(初夜の時、春の名前を「夏」と間違えるくだりは安信の無関心さを表していておもしろい)。
そんな夫を一人前の料理役にしようと奮闘する春の姿が描かれます。
夫を立て尽くしながらも、励ましそして時には厳しいことも言う。
多くの男性は春のような人が理想の妻のように感じるでしょう。
けれども妻が夫に尽くすばかりというのは何か違う、という方もいますよね。
夫婦のスタイルというのは、それぞれの性格とか相性とかあるのでどれが正しいというのはないかと思います。
尽くすというとなにか、やらされている感じに受け止められる方もいるかもしれません。
でも春の場合は、それが彼女にとっての幸せだからそうやっているのだと思います。
夫の成功を自分のことのように感じる、そのために自分ができることをやるということに幸せを感じる人なのでしょうね、春は。
春は決して夫に尽くすことを、つまらないと思ってやっているのではないのです。
安信が料理役というお役目は、侍として役に立つ仕事ではない、つまりはつまらないと愚痴を言います。
そんな夫に春はこう言います。
「つまらないお役目だと思ってるから、つまらない料理しかできぬのではありませぬか」
仕事にしても生き方にしてもそれをつまらないと思いながらやっていると、そこに価値は見いだせません。
逆に意味があると思ってやれば、そこに価値は見いだせる。
夫にそう言って春は励まします。
そしてまた春も夫に尽くすことをつまらないとは思っていません。
そこに意味があると感じていて、幸せに思っている。
だから彼女は一所懸命に夫のサポートを務めるのですね。

和食文化がユネスコの文化遺産になって、注目を集めています。
そういう点で本作はタイムリー。
映画の中で、加賀料理がいくつも出てきますが、どれもおいしそうでした。
カボチャと小豆をいっしょに煮ていた料理が素朴だけど、おいしそうだったなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く | トップページ | 本 「イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか」 »

コメント

Nakajiさん、こんにちは!

おもったより、お料理が映る場面はすくなかったですね。
加賀料理ってどんなもんかもっと知りたい感じはありました。

投稿: はらやん | 2014年1月11日 (土) 07時14分

こんにちは。

料理もっとメインに見たかったです。
どれもおいしそうでしたね~

投稿: Nakaji | 2014年1月 6日 (月) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58842394

この記事へのトラックバック一覧です: 「武士の献立」 姉さん女房の奮闘記:

» 映画『武士の献立』&舞台挨拶観てきたよ〜(*´∀`*)b.:゚+♪ [よくばりアンテナ]
ここ石川県のご当地映画です。 石川県だけ先行上映ってことで、本日から上映です。 県内のシネコン6カ所を次々と舞台挨拶で回られた、 朝原監督、上戸彩ちゃん、高良健吾くん、お疲れさまでした〜〜!! 前から3列目のいい場所で見てきました。 とにかく、上戸彩ちゃんは顔が小さくてスラッとしてて可愛いかった〜〜 高良健吾くんもなんて整った顔立ちで美しくてカッコいいんでしょう〜〜 ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 18時51分

» 武士の献立 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
君主とその家族の食事をまかなう役割を担うことから「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。 御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の家族生活を描いた「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸...... [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 19時16分

» 『武士の献立』('13初鑑賞109・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月27日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン5にて 18:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 21時47分

» 武士の献立/上戸彩、高良健吾 [カノンな日々]
加賀藩に実際に存在した料理担当武士・舟木伝内と息子が残したレシピ集「料理無言抄」を題材にして『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三監督がメガホンをとり江戸時代に包丁侍とし ... [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 22時04分

» 武士の献立 [だらだら無気力ブログ!]
イイ映画だったのに、ED曲がアレで台無し。 [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 00時02分

» 武士の献立 [はるみのひとり言]
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。公開1ヶ月以上前に観たので、感想も書こうと思いつつ、まだ先でいいかと思ってるうちに印象が薄らいでしまいました。由緒ある包丁侍の家に嫁いだ料理上手のお春が、跡取りで年下の夫 安信とぶつかり合いながらも内助の功...... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 00時50分

» 『武士の献立』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「武士の献立」□監督 朝原雄三 □脚本 柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三□キャスト 上戸 彩、高良健吾、余 貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、       柄本 佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太       (語り)...... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 08時43分

» 『武士の献立』 (2013) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 朝原雄三 出演: 上戸彩 、高良健吾 、西田敏行 、余貴美子 、夏川結衣 、緒形直人 、成海璃子 、柄本佑 、鹿賀丈史 江戸時代。優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となり1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室・お貞...... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 14時12分

» 映画『武士の献立』★夫をウマ〜く料理した姉さん女房の赤い糸☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューです(ネタバレ表示。▼で囲ってます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346347/rid29/p1/s0/c1/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161720/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 『 武士の家計簿 ..... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 23時20分

» 武士の献立 [ダイターンクラッシュ!!]
2013年12月14日(土) 13:35~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 あんなに沢山食えるのか。 『武士の献立』公式サイト 「武士の家計簿」に続くプロフェッショナル武士。 上戸綾が、亭主を只管罵倒して、一人前の料理人に育てるのかと思ったら、優しく教えていたので、少々、がっかり。 高良が主役でなく、上戸綾が主役の位置づけなので、サクセス・ストーリーではなく、夫婦愛の映画だな。 徳川家歓待の場では、十の膳くらい大量... [続きを読む]

受信: 2013年12月31日 (火) 14時26分

» 武士の献立 [勝手に映画評]
時代は加賀騒動の頃。加賀藩前田家に使えた料理人の船木家を舞台に、刀の代わりに包丁で殿様に使えた“包丁侍”の姿を描く。 正直最初は、「上戸彩と高良健吾かぁ。このキャストでの時代劇はなぁ・・・」と、若干否定的な視点で考えていたのですが、見終わったらその考えは...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 4日 (土) 18時13分

» 武士の献立 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
武士の献立 13:日本 ◆監督:朝原雄三「釣りバカ日誌20 ファイナル」 ◆主演:上戸彩、高良健吾、西田敏行、余貴美子、夏川結衣、緒形直人、成海璃子、柄本佑、鹿賀丈史、中村雅俊 ◆STORY◆春(上戸彩)は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過ぎて...... [続きを読む]

受信: 2014年1月12日 (日) 23時42分

» 武士の献立 [Spice -映画・本・美術の日記-]
「武士の献立」 丸の内ピカデリー 優れた料理の才能のある春(上戸彩)は、加賀藩の料理方である舟木伝内(西田敏行)に見込まれ、舟木家の跡取り息子・安信(高良健吾)の嫁に [続きを読む]

受信: 2014年1月16日 (木) 22時48分

» 武士の献立 [愛猫レオンとシネマな毎日]
「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三監督による作品。 本作では、脚本も担当されてます。 江戸時代、刀を包丁に持ち替えて主君に仕える“包丁侍”こと、武士の料理人がいました。 ストーリーは、そんな由緒ある包丁侍の家に嫁いだ主人公が、持ち前の明るさと 料理の腕前で、家族の絆を深めてゆくお話です。 王道で、まっすぐ、かげりのない陽のストーリーでした。 見ていて、心地よく、いい映画だったなぁ~と思う。 ワタシは、王道ものって大衆娯楽には大切だし、そんな映画が好きなんです。 本作は、時代劇のホームドラマ... [続きを読む]

受信: 2014年1月17日 (金) 23時35分

» 武士の献立 [映画的・絵画的・音楽的]
 『武士の献立』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)昨年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことでもあり久しぶりの上戸彩の主演作ということで映画館に出向きました。  映画の冒頭では、武家屋敷の台所で料理を作る武士の姿が映し出され、「包丁侍」と呼...... [続きを読む]

受信: 2014年1月21日 (火) 06時41分

» 武士の献立 [迷宮映画館]
金沢にはどんだけネタがあるんだ! [続きを読む]

受信: 2014年1月30日 (木) 08時18分

» 『武士の献立』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『武士の献立』を観てきました。武士の献立 - 映画.com 上戸彩が料理上手なんていいかも(^^) なーんとなく軽い気持ちで観に行ったらけっこうな大作でよかった。 武士の誇りあり、親子・友情・夫婦の愛のドラマあり、そんなこんなでホロリもあり、、素敵な時間を過ごせました。 出戻りの春(上戸)は、加賀藩の江戸屋敷の包丁侍の父に見初められ、加賀に嫁ぐことになった。やる気のない次男坊(高良健吾)を一人前にすべく。。。 二人の信頼が次第に深まっていくのは、ふつうにある作品だと思う。その辺は安心して観ていら... [続きを読む]

受信: 2014年2月25日 (火) 23時45分

» 武士の献立 [映画と本の『たんぽぽ館』]
自分の進みたい道を変更せざるを得ないとき * * * * * * * * * * 本作、単に武家の料理方としての成長物語と思ってみたのですが、 意外と骨太。 楽しみながらも結構見入ってしまいました。 実在した加賀の料理方をモデルにしています。 江戸時...... [続きを読む]

受信: 2014年8月14日 (木) 19時58分

» 武士の献立 [映画の話でコーヒーブレイク]
2010年公開の「武士の家計簿」のような感じかなと、DVD発売を待っていました。 「武士の家計簿」同様、実在の人物がいたと知り興味が沸きました。 武士でありながら剣術ではなく料理で仕える「包丁侍」。この言葉自体は低い身分を揶揄する ものだったようですが、幕臣を招...... [続きを読む]

受信: 2014年8月28日 (木) 00時03分

» 武士の献立 [ただの映画好き日記]
優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となって1年で離縁された春は、 [続きを読む]

受信: 2015年1月14日 (水) 12時02分

« 「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く | トップページ | 本 「イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか」 »