« 「かぐや姫の物語」 生命力のある線 | トップページ | 本 「桜ほうさら」 »

2013年12月 8日 (日)

「悪の法則」 人と運命、獣と弱肉強食

本作が始まる時「劇中のスペイン語は制作者の意図により字幕が出ない」という内容のおことわりがでていました。
この映画を観ていると「制作者の意図」とは何かがわかります。
主人公である弁護士”カウンセラー”は出来心で裏社会のビジネスに手を染めますが、ちょっとしたアクシデントからメキシコ人組織に狙われることとなります。
メキシコの麻薬組織はアメリカのアクション映画などで敵役で出てきたりしますが、けっこうステレオタイプな描き方をされることが多いですよね。
しかし本作はその存在は非常に極悪で、得体がしれないものとして描かれています。
その組織にはまったく人間性というものを感じられません。
組織の人間は画面に出てきますが、彼らが話すスペイン語には訳がついていないので、何を話しているかわかりません。
それによって、より得体の知れなさが深まります。
この得体の知れない存在は、メキシコ人の裏組織といった具体的な存在ととらえるよりは、人の手ではどうしようもない運命の象徴と受け取ったほうが良いかもしれません。
カウンセラーは悪事に手に染めていることを自覚していました。
彼は自分が頭が良いと思っているのでしょう、おそらく裏社会とのビジネスもうまくさばけると思っていたのに違いありません。
カウンセラーの友人ライナーもいっしょに裏のビジネスに手を染めていましたが、彼は危険性は知りつつも、それほど深く考えるたちではなく、己の欲望に流されるように生きている感じがします。
そしてカウンセラーに幾度となく警告をするウェストリーにしても、自分は如才なく立ち振る舞えると考えていますが、そんな彼もより大きな闇に囚われてしまいます。
この三人は「なんとかなるだろう」「なんとかできる」というほのかな望みを持って、負のスパイラルとなっていく運命に抗おうとしますが、その試みは全くもってなす術もなく、すべて打ち砕かれます。
彼らの行く末を握っているのはメキシコ人の裏組織なわけですが、それは先ほど描いたように抗えない運命の象徴だと言えます。
物語の終盤でカウンセラーがある人物と話す会話の中で、「世界」という言葉が出てきます。
カウンセラーは最悪な状況に一変してしまった自分の世界を元に戻す可能性があるのではないかと一縷の望みを持ちます。
しかし相手は、もうすでに選択はされてしまっている、その時点で世界は別物になったというような非常に哲学的なことを言います。
ちょっと飛躍してしまいますが、宇宙論にはマルチユニバース(多元宇宙論)という考え方があります。
何かしらの選択があったときに世界はその選択をした場合、しなかった場合とで分岐し、その後は複数の世界がパラレルに進んでいくという考え方です。
この考え方は選択のたびごとに世界は分岐するので、宇宙は無限に存在します。
分岐してしまった世界は元の世界に戻ることはありません。
カウンセラーは悪事に手を染めようとしたときにすでにその後の悲劇へ繋がる運命を選んでしまった。
その選択による結果はどう抗っても、人間の浅知恵では変えることができない。
他の二人についてもそうです。
抗えない運命、それに対して人間が哀しいほどのに無力であることが感じられました。
登場人物の中で、ひとりそのような哀しい存在としての人間を超越している人物がいます。
それがキャメロン・ディアスが演じるマルキナです。
彼女はライナーに「何を考えているかわからない女」と言われるように得体の知れなさがあります。
マルキナは人間というよりも、どちらかというと猛獣のような存在として描かれます(彼女がチーターのような入れ墨を背中にいれているのは捕食者であることを象徴している)。
彼女は世界を強い者が勝ち、弱い者は滅ぼされる弱肉強食の世界と捉えています。
滅ぼされる弱い者に対する憐憫は彼女の中にはなく、自分が彼らを食いちぎり生き残っていこうとします。
彼女にとってそれが世界のありようなのでしょう。
メキシコ人の組織は、彼女から見れば捕食者である別の猛獣という捉え方なのだと思います。
彼らと戦い、結果的にはどちらかが勝つ。
おそらく彼女は負けたとしても、その運命を悲観することはないのだと思います。
獣は倒された時、自分の運命を顧みることはありません。
マルキナはただ弱いから負けたと思うだけでしょう。
彼女にとって抗いがたい運命というものはそもそも存在しないのかもしれません。
獣にとって時間という概念がないように、彼女には「今」しかないのでしょう。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「かぐや姫の物語」 生命力のある線 | トップページ | 本 「桜ほうさら」 »

コメント

ブリさん、こんにちは!

マルキナのキャラクターは一般人からするとどうにも理解しがたい人物なんですよね。
他の人間への共感性というのが全くない。
彼女にとっては自分、今、しかないんですよね。
彼女にとって生きる法則は、動物と同じく「弱肉強食」なのでしょう。

投稿: はらやん | 2014年1月 4日 (土) 08時29分

ふうむ。なるほろねぇ。マルキナの考察は面白いです。
スピンオフとして彼女主演の「悪の法則」をやってもらいたいですねw。

投稿: ブリ | 2014年1月 4日 (土) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58716297

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪の法則」 人と運命、獣と弱肉強食:

» 悪の法則/マイケル・ファスベンダー [カノンな日々]
鬼才リドリー・スコット監督がテキサスを舞台に危険な裏ビジネスに手を染めてしまった男たちと周囲の人物たちがたどる運命を描いた心理サスペンス・ドラマです。この豪華出演者た ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 08時25分

» 悪の法則 [映画的・絵画的・音楽的]
 『悪の法則』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作に主役級の俳優が5人も揃って出演するというので興味を掻き立てられ(注1)、映画館に足を運びました。  映画の原題は「Counselor(弁護士)」で、映画の中でも単にカウンセラーと呼ばれる弁護士の男(マイケル・...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 09時03分

» タイトルデザイン_38(MOMOCO) リドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピット [映画雑記・COLOR of CINEMA]
豪華なキャスト、コーマック・マッカーシー初の映画脚本ということで注目を集めたリドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』出演はマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビエル・... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 19時07分

» 悪の法則 [ダイターンクラッシュ!!]
2013年11月27日(水) 18:30~ TOHOシネマズ川崎1 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 良く判らない。 『悪の法則』公式サイト フリーパスポート22本目。 全体的に良く判らないので、もやっとした状態だ。 リドリー・スコットは世界的巨匠なので、きっと俺の頭が悪いから、理解できないのであろう。 キャメロン・ディアスの行動が、全然判らない。何故、ノーカントリーに近付いたのか。二人の手下は何者か。トラックをどう奪還したのか。命を狙われないのか。 ブラッド・ピット... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 19時28分

» カウンセラーの失敗~『悪の法則』 [真紅のthinkingdays]
 THE COUNSELOR  メキシコ国境の町、エル・パソ。若くして成功した弁護士(マイケル・ファスベン ダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を考えていた。自らを過信した 彼は、麻薬絡みの危ないビジネスに手を染める。  ↑ いつも感想の冒頭に置く 「あらすじ(のような覚書)」 は、基本的に自分 の記憶に基づいて書いている。しかし...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 21時50分

» 悪の法則 [そーれりぽーと]
リドリー・スコットがメガホンを撮った、豪華キャストの犯罪映画と言うことで期待していた『悪の法則』を観てきました。 ★★ 1クールドラマを2時間にまとめてみたけど、語る場面や見せ場ばっか繋いでしまったせいで脈略端折り過ぎてさっぱりわからない、ナレーションを入...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 23時25分

» 『悪の法則』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「悪の法則」 □監督 リドリー・スコット□脚本 コーマック・マッカーシー□キャスト マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、       ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット■鑑賞日 11月17日(日)...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 08時27分

» 悪の法則  監督/リドリー・スコット [西京極 紫の館]
【出演】  マイケル・ファスベンダー  ペネロペ・クルス  キャメロン・ディアス  ハビエル・バルデム  ブラッド・ピット 【ストーリー】 メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称・カウンセラーは、恋人ローラとの結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 21時07分

» 『悪の法則』('13初鑑賞98・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 11月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 21時45分

» 悪の法則 / The Counselor [勝手に映画評]
監督がリドリー・スコットで、出演俳優陣がマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピットと言う錚々たるメンバー。凄い作品が予想されるんですが・・・。 いやぁ、一体全体どう言う映画なんですかね? って...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 22時18分

» 人生は戻れない。『悪の法則』 [水曜日のシネマ日記]
欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士と彼を取り巻く人たちを描いた心理サスペンスです。 [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 23時07分

» 劇場鑑賞「悪の法則」 [日々“是”精進! ver.F]
その女、悪女… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311160001/ ★枚数限定ポスター★■両面印刷B版■ [映画ポスター] 悪の法則 (THE COUNSELOR) [B-DS]価格:17,600円(税込、送料別) 【送料無料】悪の法則 [ コーマック・マカーシー ]価...... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 16時29分

» 悪の法則 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【THE COUNSELOR】 2013/11/15公開 アメリカ R15+ 118分監督:リドリー・スコット出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット 罪を、選んだ。 [Story]メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称...... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 17時25分

» 映画『悪の法則』★ヤラれたらヤラレッ放しだ!(_) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162535/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 理不尽の印象強い『ノー・カントリー』の作家 コーマック・マッカーシー の脚本ということもですが この豪華俳優陣に惹かれて、鑑賞しました。 ・マイケル・ファスベンダー :弁護士(=カウンセラー) ..... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 17時25分

» ■悪の法則 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第329回「超一流のキャストを使って、超一流のB級映画を観たかんじ。」 先週の土曜日にミニシアター系の映画館で「トランス」を鑑賞してしまったので、観たい映画が重複してしまいました。劇場の窓口の直前までどちらを観るか悩み続けていました。「悪の法則」と「キ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 19時28分

» 悪の法則 [こんな映画見ました〜]
『悪の法則』---THE COUNSELOR---2013年(アメリカ )監督: リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス 、ハビエル・バルデム 、ブラッド・ピット 「ノーカントリー」「ザ・ロード」の原作者でもあり、本...... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 23時16分

» 悪の法則 [心のままに映画の風景]
メキシコ国境付近。 通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)と呼ばれる弁護士は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。 実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と裏社会の麻薬ブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット)と手を組み、新ビジネスに着手することになるが…。 欲望に駆られ、裏社会のビジネスに手を出した弁護士が、危険な罠に堕ちて行く姿...... [続きを読む]

受信: 2013年12月12日 (木) 23時11分

» 悪の法則 [象のロケット]
メキシコ国境に近いテキサス州で弁護士(カウンセラー)をしている青年は、恋人ローラとの結婚を目前に控え、幸せの絶頂にあった。 彼はレストランを経営している友人ライナーと新しいビジネスを始めようとしており、そのビジネスには裏社会のブローカー、ウェストリーが絡んでいた。 ウェストリーは、今回の仕事が途方もない利益を生み出すことと、失敗すれば全員が皆殺しにされてしまうということを、生々しく説明するのだが…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2013年12月13日 (金) 18時04分

» 悪の法則  ★★★ [パピとママ映画のblog]
マイケル・ファスベンダーにブラッド・ピット、ペネロペ・クルスにキャメロン・ディアスにハビエル・バルデムという豪華スターが共演した心理サスペンス。欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険なわなにハマり否応なく堕(お)ちて行く...... [続きを読む]

受信: 2013年12月13日 (金) 18時11分

» 悪の法則 : 悪事に手を染めた覚悟無き弁護士の末路 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 広島カープの大竹投手、FA宣言しちゃいました。彼は、ぬるま湯が性にあっていると思うのですが。監督は代わらないし、中日は強くなりそうだし、二度と優勝できないのかなぁ。ち [続きを読む]

受信: 2013年12月13日 (金) 21時07分

» 悪の法則 [secret boots]
評価点:82点/2013年/アメリカ/118分 監督:リドリー・スコット こんな映画、つくるなよ。 カウンセラー(弁護士/マイケル・ファスペンダー)は恋人のローラ(ペネロペ・クルス)との愛を誓い、奮発して大きなダイヤでプロポーズを申し込んだ。 彼は人生...... [続きを読む]

受信: 2013年12月23日 (月) 20時41分

» 『悪の法則』 (2013) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: The Counselor 監督: リドリー・スコット 脚本: コーマック・マッカーシー 出演: マイケル・ファスベンダー 、ペネロペ・クルス 、キャメロン・ディアス 、ハビエル・バルデム 、ブラッド・ピット 、ブルーノ・ガンツ 、エドガー・ラミレス 、ゴラ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 14時23分

» 「悪の法則」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Counselor」2013 USA/UK カウンセラーに「プロメテウス/2012」のマイケル・ファスベンダー。 ローラに「ローマでアモーレ/2012」のペネロペ・クルス。 マルキナに「ホリデイ/2006」「べガスの恋に勝つルール/2008」「私の中のあなた/2009」「運命のボタン/2009」「モネ・ゲーム/2012」のキャメロン・ディアス。 ライナーに「トゥ・ザ・ワンダー/2012」のハビエル・バルデム。 ウェストリーに「ツリー・オブ・ライフ/2011」「ワールド・ウォー... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 22時43分

» 悪の法則 [メルブロ]
悪の法則(原題: THE COUNSELOR) 461本目 2013-32 上映時間 1時間58分 監督 リドリー・スコット 出演 マイケル・ファスベンダー(カウンセラー) 、 ペネロペ・クルス(ローラ) ... [続きを読む]

受信: 2014年1月12日 (日) 00時18分

» 悪の法則(THE COUNSELOR) [田舎に住んでる映画ヲタク]
  マイケル・ファスベンダーにブラッド・ピット、ペネロペ・クルスにキャメロン・ディアスにハビエル・バルデムという豪華スターが共演した心理サスペンス。欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険なわなにハマり否応なく堕(お)ち...... [続きを読む]

受信: 2014年1月21日 (火) 08時16分

» 悪の法則 [愛猫レオンとシネマな毎日]
リドリー・スコット監督の最新作は、心理サスペンス。 原題は「ザ・カウンセラー」 ハンサムで有能な弁護士(カウンセラー)が主人公です。 ちょっとした出来心で、裏社会のビジネスに手を染めてしまったことで 周囲のセレブたちも危険な事態に巻き込まれてゆきます。 “悪”の罠にはまる“法則”とは・・・ 豪華キャストによる共演が素晴らしいです! それぞれの魅力を楽しめると思う。 特に、カウンセラー役のマイケル・ファスベンダーと、謎の女性のキャメロン・デイアス。 2人の演技と存在感は、凄かった! キャメロン... [続きを読む]

受信: 2014年1月25日 (土) 21時17分

» 悪は操り、操られる [笑う社会人の生活]
18日のことですが、映画「悪の法則」を鑑賞しました。 弁護士は実業家のライナーと手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリーも交えて新ビジネスに着手する それは裏社会ビジネス、しかしその計画が崩れ始め・・・ 悪に手を染め追いつめられていく、ただそれだけのス...... [続きを読む]

受信: 2014年1月28日 (火) 00時15分

» 13-335「悪の法則」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
弱い心が破滅の果てへと追い詰める   若くてハンサムな敏腕弁護士“カウンセラー”。美しい恋人ローラとの結婚を決意した彼は、ふとした出来心から闇のビジネスに手を出してしまう。  派手な暮らしをする実業家のライナーから裏社会を渡り歩く仲買人ウェストリーを紹介され、メキシコの麻薬カルテルとの大きな取引に一枚噛むことに。  ウェストリーからは危険な相手だと脅されたものの、自分は大丈夫とタカを括っていたカウンセラーだったが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2014年2月 3日 (月) 00時50分

» 悪の法則 [銀幕大帝α]
THE COUNSELOR 2013年 アメリカ 118分 サスペンス/犯罪 R15+ 劇場公開(2013/11/15) 監督: リドリー・スコット 『プロメテウス』 製作: リドリー・スコット 出演: マイケル・ファスベンダー:カウンセラー ペネロペ・クルス:ローラ キャメロン・ディアス...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 15時38分

» 悪の法則 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
キャメロン・ディアスやブラッド・ピットなど 豪華キャストが共演し、監督はリドリー・スコット という映画「悪の法則」が公開されましたので 観に行ってきました。悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray] 悪の法則 原題:THE COUNSELOR 製…... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 23時36分

» 【映画】悪の法則…内容もキャメロン・ディアスの顔も怖い名作 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
お久しぶりです。 さて、最近の一番大きな出来事… 2014年6月22日(日曜日)にルンバ(※ロボット掃除機)を買ったことでしょうか。 なかなかの優れモノです ダイソンで人間が15分掃除するより、ルンバが数時間掃除続ける方が部屋は確実に綺麗になります。割とお高い買い...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 00時11分

» 悪の法則 [いやいやえん]
「黒幕は誰だ」という煽り広告が全然違う内容の話(黒幕が誰かなんてメインの話ではない)。小難しいと聞いていたが、そうでもなかった。しかも台詞回しがやたらと思わせぶりなのがなんだか嫌な感じだ。一瞬の隙で文言に翻弄されストーリーに追いつけなくなる。 婚約した恋人ローラとの幸せな生活のためにちょっぴり儲けようと思ったカウンセラーが、実業家のライナーにもちかけられて、麻薬取引の世界に入る。ウェストリーは麻薬取引の仲介人で、カウンセラーとライナーとウェストリーは大儲けしようとしたものの、何者かに運び屋... [続きを読む]

受信: 2014年8月 2日 (土) 08時19分

» 悪の法則 [miaのmovie★DIARY]
悪の法則 [DVD](2014/04/02)マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス 他商品詳細を見る 【THE COUNSELOR】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー (マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス) との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のライ ナー(ハビエル・バルデム...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 7日 (金) 16時51分

» 悪の法則 [映画と本の『たんぽぽ館』]
グッサリ心に刺さりすぎ * * * * * * * * * * このポスター、臆面もなく豪華出演陣を強調しておりますが、 しかし、豪華出演陣を目眩ましにした凡作かとおもいきや、 なかなかに鬼気迫る作品なのでした。 ベテラン陣がこれでもかと、私達をストー...... [続きを読む]

受信: 2014年11月30日 (日) 22時12分

« 「かぐや姫の物語」 生命力のある線 | トップページ | 本 「桜ほうさら」 »