« 本 「書店ガール」 | トップページ | 本 「テアトル東向島アカデミー賞」 »

2013年12月31日 (火)

本 「陽だまりの彼女」

こちらの作品は映画の方を先に観ました。
切ないラブストーリーですが、ほんわかとした雰囲気がまさに陽だまりのような感じで好きな作品です。
なので小説を読んでいる時も、浩介は松本潤さん、真緒は上野樹里さんのイメージで読んでました。
大きな流れは映画も小説も同じなのですが、細部のエピソードの順番などは違っていたりしますね。
映画の方が流れがよりしっくりくる感じがしましたが、僕の初見が映画だったからかもしれません。
後から作られた映画の方が構成をより練れているというのもあるかもしれません。
あとこの作品は音楽がひとつポイントになっているのですが、映画はそれをうまく使っていますよね。
これは映画ならでは。
映画と小説で大きく違うのはラストです。
これはどちらが好きかどうかは分かれるところでしょうね。
他の方のブログの映画レビューでは、原作を先に読んだ方では小説のラストがいいという意見もありました。
僕は映画のラストの方が好きかな。
あちらのほうがハッピーな感じで。
ビジュアルで見せられる映画的な強みがありましたけれども。

映画「陽だまりの彼女」の記事はこちら→

「陽だまりの彼女」越谷オサム著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-13561-6

|

« 本 「書店ガール」 | トップページ | 本 「テアトル東向島アカデミー賞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58855006

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「陽だまりの彼女」:

» 映画 陽だまりの彼女 [風竜胆の書評]
 越谷オサムの同名小説を映画化した「陽だまりの彼女」。主人公の奥田浩介とヒロイン渡来真緒の、不思議で、コミカルで、ちょっと切ない愛の物語を描いた作品だ。  交通広告代 ... [続きを読む]

受信: 2015年8月30日 (日) 19時00分

» 陽だまりの彼女 [風竜胆の書評]
 ちょっと変わったラブストーリーを読んだ。「陽だまりの彼女」(越谷オサム:新潮文庫)だ。主人公の奥田浩介は、大学を卒業後、交通広告を手掛ける中堅代理店に就職して2 ... [続きを読む]

受信: 2015年8月30日 (日) 19時00分

« 本 「書店ガール」 | トップページ | 本 「テアトル東向島アカデミー賞」 »