« 「2ガンズ」 フィルモグラフィを踏まえたキャスティング | トップページ | 「四十九日のレシピ」 与えることによる幸せ »

2013年11月25日 (月)

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」  わかりやすい冒険ファンタジー

前作は劇場では観ずにDVDで観賞しましたが、今回は劇場で。
とは言っても積極的に観に行こうというよりは、たまたま時間があったからという感じでした。
「ハリー・ポッター」のヒット以降その手のティーンが主人公のファンタジーというのは数々と作られてきました。
良い作品もそうでない作品もありましたが、やはりたくさん作られてくると観る方としてもやや食傷気味となるのは致し方ないところかと。
前作についてはそういったファンタジーブームの最後のほうで、やや飽きてきていたところだったので劇場には観に行かなかったという感じですね。
DVDで観たときの感想としても、面白くない作品ではないけれども、すごくいいというわけでもないという感じだったと思います。
ストーリーもあまり覚えていませんでしたし。
現在は「ハリー・ポッター」シリーズが完結し、ファンタジーブームもやや一段落というところでしょうか。
このシリーズの2作目が公開されると聞いたときは、今更という印象も持ちましたが、ファンタジー作品が一時期ほどはたくさん作られなくなっているので、目立ちやすいというところはあるかもしれません。
このジャンルは一定の需要はありそうですものね。
このような感じでそれほど気張った気分で観に行ったわけではないのが良かったのか、本作については普通に楽しめました。
やはりすごく良いって感じではないですけれど、誰でも気軽に楽しめるエンターテイメント作品にはなっていると思います。
ギリシア神話というとエディプスコンプレックス的な父親越えのようなテーマになるものが多いかと思うのですが(前作はそんな感じでしたよね)、本作はそういった主人公の葛藤といったシリアスなテイストはそれほど強くはありません。
本作の主人公パーシーの悩みは、自分が自分本来の力を出し切れていないこと。
どうやったら自分が自分らしく力が発揮できるのか、ということですね。
それは神の子供(ハーフゴッド)としての悩みというよりは、普通のティーンが抱えている悩みそのものです。
そういう点で本作は青春ものとしての側面もあるかとは思いますが、それもそれほど深く強く描いているのではありません。
どちらかと言えば、冒険活劇的側面が強いでしょうか。
宝物を探し求めて冒険冒険、また冒険といった感じでファンタジー版の「インディ・ジョーンズ」といったところです。
後半非常にダークになっていた「ハリー・ポッター」シリーズとは異なり、あくまでわかりやすい冒険ファンタジーを目指しているという感じがします。
作品全体のテンポもよくできているので、冒険活劇として合格でしょう。
ラストはまたこれ見よがしに続編を臭わせる終わり方ですが、果たして作られますでしょうか?

前作「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「2ガンズ」 フィルモグラフィを踏まえたキャスティング | トップページ | 「四十九日のレシピ」 与えることによる幸せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58642314

この記事へのトラックバック一覧です: 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」  わかりやすい冒険ファンタジー:

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS】 2013/11/01公開 アメリカ 106分監督:トール・フロイデンタール出演:ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ジェイク・アベル、ダグラス・スミス、スタンリー・トゥッチ 世界は<ギリシャ神話...... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 18時22分

» 映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』★大きな渦にグルグルのまれたくて^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162718/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 予告編の、“大きな渦にのまれそうな映像”にワクワクしたので、鑑賞しました☆ 前作 の続編です。 ギリシャ神話は、人物も多く、ゴチャゴチャしてわかりにくいフシもありますが ..... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 18時24分

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
リック・リオーダンの<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズの2作目『魔界の冒険』の映画化作品で、前作の監督クリス・コロンバスは製作総指揮にまわり、トール・フロイデンタールがメガホンを取った。ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオの主役トリオ、ライバル役のジェイク・アベルはそのまま続投。 前作映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は決して大ヒット作品ではなかったハズなので、『エラゴン/遺志を継ぐ者』や『ライラの冒険/黄金の羅針盤』『ダレン・シ... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 19時30分

» 劇場鑑賞「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」 [日々“是”精進! ver.F]
パーシーに弟が出来ました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311020001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/PERCY JACKSON : SEA OF MONSTERS【輸入盤】価格:1,751円(税込、送料別) 【送料無料】パーシー・ジャクソンとオリンポ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 19時34分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海 (3D吹替版)  監督/トール・フロイデンタール [西京極 紫の館]
【出演】  ローガン・ラーマン (声:宮野真守)  ブランドン・T・ジャクソン (声:林 勇)  アレクサンドラ・ダダリオ (声:渡辺麻友)  ダグラス・スミス (声:木村良平) 【ストーリー】 ギリシャ神話でも知られる海の神ポセイドンと人間の母の間に生まれ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 21時19分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海/ローガン・ラーマン [カノンな日々]
リック・リオーダンの人気ノベルを原作にしてギリシャ神話の神と人間との間に生まれた半神(ハーフゴッド)の少年、パーシー・ジャクソンが繰り広げる冒険劇を描いたアクション・フ ... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 21時54分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海 ★★★ [パピとママ映画のblog]
人間と海神ポセイドンの血を引く「半神半人(デミゴッド)」の少年パーシー・ジャクソンの活躍を描いたファンタジー「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(2010)の続編。封印された先代の神々の王クロノスの復活を阻止するため、パーシーは魔の海に隠された黄金の...... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 11時11分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [風に吹かれて]
弟は一つ目小僧 公式サイト http://www.foxmovies.jp/percy原作: パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2/魔海の冒険 (リック・リオーダン著/ほるぷ出版)海の神ポセイドン [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 12時21分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [ルナのシネマ缶]
シリーズ化が難しい ファンタジーもので、 監督は変わりましたが なんとか2作目が見れました。 (3作目と勘違いしていましたが まだ、2作目でした。) さて、第1シリーズは全5作ですが 全て映画化できるのでしょうかね〜。 ギリシャ神話の海神ポセイドンと人間の母親の間に生まれた、 ハーフゴッドのパーシー(ローガン・ラーマン)は、 ハーフたちの訓練所で生活していたが、訓練所に結界を張って守っていた タレイラの木が毒を盛られ枯れようとしているのを知る。 パーシーと仲間たちは、... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 23時19分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [象のロケット]
パーシーたちハーフゴット(半神)が暮らす“ハーフ訓練所”が襲われ、訓練所を守っていた“タレイアの木”が毒を盛られ枯れようとしていた。 この木を癒せるのは“魔の海”に隠された「黄金のブランケット」だけ。 ハーフゴットたちはブランケットを探す旅に出るが、邪悪な先代の神々の王クロノスの復活を企む者たちも、そのブランケットを狙っていた…。 冒険神話ファンタジー第2弾。... [続きを読む]

受信: 2013年11月27日 (水) 20時26分

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』('13初鑑賞94・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 19時42分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [ダイターンクラッシュ!!]
2013年11月20日(水) 20:20~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(フリーパスポート+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 ふなっしーは、出ていません。 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』公式サイト フリーパスポート16本目。 まゆゆは、日本語吹替版のヒロイン役なのだろう。 そして、このヒロイン、「悪魔のいけにえ」の主役だそうだ。あれは、黒髪だった筈だが、ここでは金髪。 「ライラの冒険」とか「エアベンダー」とか、2作目以降打ち切りになったファンタジー... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 12時58分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海 [愛猫レオンとシネマな毎日]
海神ポセイドンと人間との間に生まれた半神(ハーフゴッド)パーシー・ジャクソンの 冒険を描く、シリーズ第2弾。 今回の舞台は、海。 父親が海神ポセイドンのパーシー・ジャクソンにとっては、絶好の場所となります。 前作よりも迫力がありました!面白かったです! 本作の魅力は、ギリシャ神話が引用される荘厳さと、その神話から飛び出す 幻想的なクリーチャーの数々です。 今回、登場した“シードラゴン”なんて、品があって美しかったです。 甘えると、可愛いしね。 そして、ワタシ的なオススメポイントが、パーシー役... [続きを読む]

受信: 2014年2月 4日 (火) 22時42分

» 13-355「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
呪われた剣で、世界を救うか滅ぼすか   ポセイドンと人間のハーフゴッドであるパーシーは、他のハーフゴッドの仲間たちと修行に励む日々。  そんなある日、ハーフ訓練所を結界で守っていた大木が枯れ始め、ハーフゴッドたちに危機が迫る。木を再生し結界を修復するためには、“黄金の毛皮”が必要だった。  そこで、仲間たちとともに黄金の毛皮を求めて危険な“魔の海”へと旅立つパーシーだったが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2014年2月10日 (月) 00時52分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [銀幕大帝α]
PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS 2013年 アメリカ 106分 アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2013/11/01) 監督: トール・フロイデンタール 『グレッグのダメ日記』 製作総指揮: クリス・コロンバス 出演: ローガン・ラーマン:パーシー・ジャクソン ア...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 5日 (水) 22時34分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [いやいやえん]
あれ?前作と設定で違う部分がある…。なんだか変…と思ったら、監督が違うのね! パーシーは見事に大人になりました。前作から3年。子供の3年は短いっしょ。 あと思うところはまたAKBの吹き替えかよ!ってところなんですが…「声優」という職業があるのになんでわざわざアイドルを使うのだ?話題性?そんなもん感じねーわ。←私だけか? ギリシャ神話を現代世界に融合させた作品で、設定は面白いのです(つまり原作は面白いということ)。タレイアの木とか、婆さんの預言者とか、最初のレースとか、目玉のないタクシー... [続きを読む]

受信: 2014年3月 9日 (日) 09時39分

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 [とりあえず、コメントです]
神と人間の間に生まれた“ハーフゴッド”の少年の活躍を描くファンタジーの第2弾です。 昨年の公開時に見逃していたので、DVDでチャレンジしてみました。 遊園地みたいな楽しい乗り物やアイテムがどんどん登場してワクワク楽しめる作品でした~ ... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 09時51分

« 「2ガンズ」 フィルモグラフィを踏まえたキャスティング | トップページ | 「四十九日のレシピ」 与えることによる幸せ »